第17回ゆるドミin長野を開催しました。

私のブログを読むような方々ならすでにご存じ、
ゆるーくドミニオンをやる会、略してゆるドミの第17回長野会を開催しました。
参加者延べ14人でした。この場を借りて参加者の方々に御礼を申し上げます。

ドミニオンの説明は「こちら」

本日はリピーターが多かったせいか、経験者多目なせいか、プレイ時間がいつもより取れた気がします、超嬉しい。
やれる人口が増えるのも喜ばしいけど自分自身もやりたいですからね。
小学生の子らが戦車競走気に入ったからまたやりてー、というリクエストにお応えして
ちょい難易度の高めなサプライだしちゃったのが若干の反省点…。

というわけでプレイレポートです。

1
ドルイド(風の恵み、太陽の恵み、川の恵み) 大使 遊牧民の野営地 工匠 盗賊
願いの井戸 カササギ 呪われた村 ならず者 市街

かんさん 27
希瀬 27
シニチロ 29
よしき 13

実はおすしさんが選んだサプライ。
ならず者に関しては知っていると知らないで大幅に差が付くこと、工匠作成のカードはデッキトップに置くことを
特別丁寧に説明することにした。
うーんいろいろ出来そう、と考えていたら2番手5-2。
工匠-ドルイドでインしてみる。
作戦として考えたのはドルイドでデッキ回しつつ適宜大使でアクション以外のカードを除外、
アクションの濃度を高めて市街ドローでならず者を回す、だった。
而してその作戦は大当たり。借金背負いまくって市街を集め、
工匠で呪われた村をデッキトップに置きつつ呪われた村で5枚ドロー、からのさらに村作成
ならず者は3枚いれて追加獲得VPだけで27点、勝利点は戻しきれなかった屋敷とラストに購入した屋敷の2枚だけだった。
属州の数で言うと完全に27点勢に出遅れていたのだけど、
落ちついてどうやってドローするかだけを考えていた。
何枚に一枚引けるか、「デッキに対するカードの濃度」をわりと真剣に検討できたと思う。
つーか普通に面白かった。良い勝負だったし。

2
投石器/石 パトリキ/エンポリウム PATRON 大君主 SILK MARCHANT
労働者の村 パトロール SPICES 巨人 王子
【プ】城門 【プ】資本主義

たけくら 19
希瀬 34
シニチロ 41

3人戦。ここでは希瀬さんにルネサンス関連の説明を特に説明。
2番手4-3。PATRON-城門で入ったかな。
とりまドローを増やす、金量を上げる(金貨よりSPICESを第一に)、パトリキ1-2枚入れて王子を目指す。
で、王子でSILK MARCHANTを置きわりと安定して6金出力。
その後PATRONも置き、エンポリウムは独占。巨人も2枚入れて8金アクセスを強める。
大失敗だったのは資本主義。王子でPATRON置いてたから村人トークンが8枚も余る。
たけくらさんに撒かれた呪いは投石器で全部消去。
ただやはりというか、王子2枚置きは手が遅れる。
普通に希瀬さんがラストターン8金アクセスできてたら十分負けてた。
(ラスト10金2購入で7点行動だったので。)
普通に希瀬さんが打ってたパトロールの出力が強かった。俺も後出しでパトロール入れたけど
1回しか打てなかったので費用対効果悪かったかな、と。
紙一重をくぐり抜けたのでこの戦いも印象深い。

終わってみればただの2試合なんだけど、非常に濃い2戦が出来たと思っている。


そんなわけで全身全霊で楽しませて頂きました。
みなさん楽しんで頂けていれば幸いですがいかがでしょうか。
次回は2020年1月8日(水)予定なので、参加出来る方は宜しくお願いします。

もっともっとドミニオンの裾野が広まることを期待しつつ、継続することが大事ということで
今日のまとめにしたいと思います。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。