シニチロ参加予定イベント一覧

2019年
4月23日(火)  19:00~ 長野市tsunagnoボードゲームnight ! [URL]
4月25日(木)  19:00~ 長野ポーカー会 [URL]
4月26日(金)  19:00~ ライナー・クニツィアの作品で遊ぶ会 [URL]
4月28日(日)  9:00~ 長野市ボードゲーム会 [URL]
4月29日(火)  13:00~ 夜ノボードゲーム会in手打ち蕎麦桜 [URL]

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第16話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

天下鳴動
ブラフ
狩猟の時代
GUILDES
緑の幽霊屋敷
じっくりミレー
ツインイット!(ボードゲームエディション)
かたろーぐ新版

カタン
カルカソンヌ
ダイヤモンド
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
ハピエストタウン
ワードスナイパーファミリー
おねだりマシーン2.0

全21種
参加者6名

多目の次は少なめになる法則にまたもやハマる、とはいえ大人しかおらんかったので
容赦無くホールデムとかが回って満足度は極めて高かったりw
この会前後が自分の予定でバタバタしてて告知が大幅に遅れてたので
そこは十分に反省する必要あり。

やったゲーム

●緑の幽霊屋敷

フリードマン・フリーゼ先生新作。
ルールブックがない。それだけでなんなんこれ?状態になるのだけども、
一言で言うと真面目な「テストプレイなんてしてないよ」
ルールブックはない。
なぜなら山札をめくるとだんだんルールが追加されていくから。
そして追加されていくルールを見つつ、手札を出していく。
最初は手札をドローするとか、出すとかそういうルールもないw
ゲームを進めていくと、手札は上限3枚。
場に出したカードを読み上げ、合計値が16以上になったらバースト。
バーストしたプレイヤーは手札を捨て札置き場におき、
勝利したプレイヤーは手札と場札をシャッフルして山札に置く。
この繰り返しを行うので、とくにルール化されていなかったけど
わかんなくなったので勝利点を数えることにした。する必要がなかったんだけど。
とりあえず、負けた。VPで言うと4vs1くらいだったんだけど、
とあるカードの指示に従っていたら、負け宣告を喰らうw
うーん、先進みたい。
この類の緑シリーズ3部作あって、気になっていたのですでに3部作とも予約済み。
とりあえず幽霊屋敷クリアしてぇー!

●GUILDES

2年前にusalapbitにツインイットと共に教えてもらった一品。
もうむっちゃくちゃおもすれードラフト投票ゲームなんだけど、
そしてツインイットは日本のボドゲ界隈で知らない人いないくらい流行ったんだけど、
なぜかこちらは全然出版されないどころか、未だにフランスでしか入手出来ない。
このたびツインイットのボドゲエディションを買うことにしたので、
ついでにギルド探したら速攻見つかった。
そう、日本では探すのすらそもそも困難だった。
日本はおろかアメリカとかにも出回りがない。どんだけ。

ゲームは基本ルールのみで進行、4人戦。
場にプレイしたカードが一番枚数多ければその種類毎に得点できる。
3ラウンドやって一番得点大きい人が勝ち。

ラウンドそれぞれが3つのフェーズに分かれて進行する。

・ドラフトフェーズ
・プレイフェーズ
・得点計算フェーズ

ドラフトフェーズは読んで字の如く。
このゲームは最初に手札が配られるけど、それはそのまま使って良いものではなく、
一枚選んで左隣に渡す、を繰り返し、
選んだ手札が配られた手札と同数になるまでそれを繰り返す。
良い言い方をすればルールに積み込みが組み込まれている…んだけど。

プレイフェーズでは先ほど収集したカードを一枚ずつ場に出す。
原則はプレイヤー全員でいっせーのーせで開示する。
つまり、一つの札を集中して収集したら、マジョリティは取れるかも知れないが、
カードは種類毎に得点計算が発生するので、
できるだけ分散して、かつマジョリティを取れるのが理想。

そしてさらに
ラウンドをまたいでマジョリティ計算は進行する。
なので、1ラウンド目でマジョリティとって14点とか取れても
2ラウンド目で逆転されることとか余裕であり得る。
場をどれだけ支配しているかが分かっているのに、逆転されるもどかしさ!
今回は1ラウンド目のリードを守り切ったタキさん勝利。
もう本当におもろいので長野で布教していくだよ。

●テストプレイなんてしてないよ 黒

緑の幽霊屋敷が終わったとき、タキさんに「真面目なテストプレイなんてしてないよ」と説明したが、
そもそもテストプレイなんてしてないよをプレイしたことがないということだったので、
つちのこさん持ち込みの黒をプレイすることに。

幽霊屋敷同様、というかこちらが元だと思うけど、
基本のルールは手札2枚持ち、山からカードを一枚引いて、手札のどれかを選んで出す。
出すときには原則ルール読むけど、読んだら成立しないルールもあるので、
どこまで読むかはこのゲームに対する慣れが必要かもしんない。
一瞬で終了するバカゲーというか、時間調整ゲーというか、
でも面白いから困ってしまう。
そういえば俺も黒持っているんだけど、誰かが持っているゆえか、
俺の黒を展開する機会がなくて困ってしまう。
6人戦で、5人目に回るまでに4回ゲームオーバー、というか2~3手しか持たないシビアゲームにw
とりあえず負け無ければ勝ちだし、このハイペースでVPも数えている余裕ないし、
でもともかく盛り上がったのでおk!

●USテレグラフ

ビリ男さん持ち込みの一品。
前回も動いていたのは見てて、やってみたいなーと思っていたところ、
見た目と裏腹に軽いゲームなので一回どうですか?ということでやってみることに。

ルールはヘックスで敷き詰めたフィールドの四隅にいる自分の駅から、
対岸となる駅まで施設を建てて、自分の施設を繋ぎきれば勝ち。
施設建設のコストはカタン風に手札の資源を使う、けども
どの種類の資源が必要かについてはそれぞれの建物に記載がある。
またフィールド上に対象となる資材が落ちている場合は、その分建設コストが軽くなる。
手番でできることは

・施設タイルを2枚ドローし、個人ボードに配置。
(ドローできる施設タイルの山がつきたら、ヘックスの場タイルを追加する。

or

以下のアクションのうち3つ選択、
・個人ボードに配置してある施設タイルをボード上に配置。
・資源をドローする。

個人ボードは全員同じ建築物が見えて居るので、
後半は純粋に自分の駅に侵入されないようにするカット戦法がいいのかな。
基本は陣取りなので、先に取っちまえはわりと正義だと思った。
そして正義で押し切る。初見ゲーム勝つのえらいひさしぶりなきがするー。

●テキサスホールデムポーカー

さて、前回ポーカーが立っていたときには俺が場の仕切りだったので、
今回は場の人数少なめだったしわりと良い時間だったので、
満を持してポーカーやりましょうということに、
つちのこさんやタキさんにもやっていただける良い機会だと。
というわけで6人ノーリミットホールデム。
おっと、いつものノリで書いてしまった。
ルールは自分の手札2枚と場に開示される5枚の計7枚から選んで5枚の札で役を作る。
場の札を開示させるためにはゲームに対する参加料をラウンド毎に払う必要がある。
「ポーカー」というとおそらくドラクエとかジョジョ3部での最初から5枚配られるのが
世界一有名なやつだとおもうが、あの役だけ参照して、システムは全然別物になっている感じ。
もちろん賭け金は上乗せすることもできるので、
場のカードが開かれる前に上乗せして相手を引きずりおろすことだってできる。
運と駆け引きが絶妙な塩梅で組み合わさった良ゲームだし、
今年に入ってからほぼ毎週やるくらいには好きになった。

というわけでトーナメント形式の勝負。全員チップ3,000持ちでスタート。
いきなりレイズで相手を振り落とすとか駆け引き全開にすると
初めての人は正直なにしていいゲームかさっぱり分からないまま終わる。
ので、フロップ(5枚中最初の3枚だけ開く)まではレイズしないという自分ルールでやってた。
すると…最初に飛ぶw
いや純粋に手来なかったってのもあるんですけどね。
ビリ男さんがディーラー専念するということでチップ運用を任される。
と、ここで手が来始める。
最終的に俺と希瀬さんのヘッズアップでチップ量5倍差くらいだったけど
なんとか捲って勝利。いやー人のチップなんで俺優勝じゃないっす、惜しい感じ。
というわけで優勝ビリ男さん。おめでとうございます。
夜ボドではとくにやるゲームに注文を付けてはおらんので、
後半21時くらいからならポーカー立つかな、という今後の見込みが。
なんで毎回橋本のゲーム会で別室ホールデムが立っていたのかここ最近になってようやく分かったよ…。

というわけで今回も全力で楽しみました。
次回は5月第1週

2019/5/7(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 173

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●かたろーぐ 新版-1

満を持してやってまいりましたかたろーぐ新版。
をどう呼称すればいいのかわからんので(商品名はどちらもかたろーぐ)とりあえず新版、と付けておくぜ。
というわけで別ゲームとしてプレイ数カウンタも1から。
トータルでは間違いなく一番回っているゲームだけどな。
旧版かたろーぐとの違いは

・ハートトークンが木製に
・プレイヤーが差し出すカードがディスク方式に
・「石」がアクリル製の「吹き出し」に
・各マークも言いやすい様に明確に違う形に
・マニュアル記載のデモゲームが「ぱてぃろーぐ」準拠に

大まかにはこんくらいか。あとは箱が立派になったり、見本が大きくなってたりとか。
ルールそのものはかたろーぐで回すことにする。

 片方が吹き出しをかたろぐ上の任意の位置に置き、
 もう片方のプレーヤーが吹き出し内のランキングを決め、
 左から順(一番好きなもの)に裏向きにカードを出す。
 カード全部出したら、4番目だけオープン。
 吹き出しを置いたプレーヤーが1位から順にどの吹き出しが示すものが一番好きなのかを当て、
 予想と回答が一致すればハートトークンゲット。

予想、は今までもう片方のプレーヤーもカード出していたんだけど、
ディスクで選択になってわかりやすくなったかな?どうかな。
カードを扇状に持つのが苦手なミスター的に助かるんだけど。

★観察できた内容
ミスター、自分が気に入っているゲームなもんだから、
えらいリスペクト、特に箱リスペクトが激しかった。うん、立派な箱になったもんな。
最初の最初だったから、いつもの消防車とかの手製カタログは使わずに、
サンプルで入っている食べ物ランキングでいってみることにした。
最初はミスターが吹き出しを置く側。
さーて、偏食激しいミスターがどう置くのかが見ものなのだ。

結果ですが、スパゲティが一位。これはまーほぼ毎日食べているからそうか、
びっくりしたのは2位。ハンバーグ。
てっきりラーメンが2位かと思っていた。(幸楽苑のお子様元気セット大好物)
理由を聞くと、パパとママがよくレストランで食べるから、だと???
なーにー、そんなとこ観察してたか、というか自分の好みを持ってこないのあたらしすぎる!
いやゲームの趣旨からはちょこっと外れているんだけど、ありだ。
そして3番目にラーメン。3番以後はまー順当と言おうか、
あとはそもそも食べられるものがないので分かりましたというしかないランキング。
ホットケーキが最下位だったのは、ちょっと寂しい。
離乳食直後はあんなに食ってたのに…w

ゲームそのものはいつも通りだし、トークン変更もさして影響はなかった。
ただ、ディスクを指して好みのすりあわせをする、という部分が分かりづらかった模様。
俺も最初どの向きで指せばいいかよく分からなかった。

指定する好みのマークを親指で隠してね。

こう言うとマークそのものを隠してしまうし、
マーク隠さないで、というと本当に避けて、違う指定になってしまったり。
具体的にどうすりゃいいか、もう少し上手い言い方考えるかなー。
持ち方見せてみてもピンときてないご様子だった。
ミスターには「ディスクをどう持つか」にしか映っておらず、
持ち方の意図にまでまだ思考が及んでいない感じではあった。

●じっくりミレー-2

じっくりミレー2回目。
今回は鳥獣戯画そのものを使う、というか絵本持ってくるの忘れました。失礼。
画伯が4つの木枠を絵において、木枠でトリミングされた部分を
画伯プレーヤーが描いたこととし、その絵についての気持ちを手札(に書いてある感情表現)で表現する。
今回はミスター画伯。

★観察できた内容
鳥獣戯画自体は前回も見せているが、ゲームに使用するのは初。
ミスターはわりと暗い色使い、妖怪っぽい絵とか苦手なので、
いけるかな、どうかなと思ったけど全く問題なかった。
驚いたのは2つめの絵。


ウサギが弓をつがえている。

この絵について、俺は「ドキドキ」を選択。
ミスターの答えは「好き」あんでだ!?

「このうさぎさんは、弓をうつのがすき」

という答えだった。
なるほど、ミスターがどういう気持ちでこの絵を描いたか、ではなく
うさぎさんがどういう気持ちだったかを語るってのは大変面白いし、予想付かなかった。
題意としては、あくまで描いた側、画家としての心情を吐露すべきだったんだけど、
情景を表すって言い方も全然ありだよな。
自分で考えられなかった側面からの物の見方を教わった。ありがたい。

●ポニーラン-1

とうとう

記念すべき知ボド100種類目達成!!!

いやー長かった。
知ボドを初めて2年。2年か。2年で100種は8歳児にとってはむしろ多いのかもしんない。
8歳児というか、一般的な8歳児と比べるまでもないので、
ともかくミスター頑張った!という式辞を述べさせて頂きます。

さてポニーラン。
対人戦だとカード5枚ずつ持つ。
手番に出来ることは手札をプレイし、プレイした枚数補充する。だけ。シンプルだ。
7×7に手札を出していく。柵カードは外側にしか配置できないが、一度に何枚でも配置可能。
馬カードは同色を3つ同時に出す必要がある。
馬は馬体、服、たてがみの3パーツの要素にそれぞれ色が塗ってあるので、
例えばたてがみが黒の馬3枚が揃えば服の色が違ってもおっけー。
また、手元に2枚揃って居れば、もう一枚を他プレイヤーに高尚して譲って貰うことができる。
柵カードが置ききられる(=牧場が閉じる)前に5×5を干し草or馬カードで埋め尽くせばプレイヤー側の勝ち。
そうです、協力ゲームでした。

★観察できた内容
なんだか今日のゲームは協力ゲームばかりなんだけど、
ミスター協力の意味が分かっておるのだろうか?俺はミスターじゃないのでわからんけども。
協力するかどうか、という単語はともかく、
パパと目的を共有する、という部分については異存がなかったっぽいので、
プレイするカードさえ分かればわりとすらすら出てきた。
ただ、自分が2色持っているときにもう一色を相手にお願いする、という部分がまだ不得手。
あと柵、柵は出しまくると当然プレイヤーサイド負けになるんだけど、
遠慮せずにガンガン柵出すから焦った。
キャプテン・リノでガンガン柱置いていくあの感じw

「能登ごいた保存会金沢支部」設立祈念大会に行ってきたヨ

「ごいた」というゲームにどハマリ中なのです。
元々昨年5月の柳町で最初にやったのがスタートだったんだけど、
それからかなーり間が空いて、adhocでごいた会やるヨってんで参加、
勢いその場で長野市会を設立し、定例会を開くようになって今に至る。
つまり実質3ヶ月くらいのキャリア…なのに大会に出るというくらいにはハマる。

「ごいた」についてカンタンに語っておくと、まず4人ゲームペア戦のみ。
将棋の駒っぽい32枚の駒を4人で均等に分けて、
打ち始めの人から場に縦一列、2枚ずつ駒を出していく。
上側の駒が受け駒、下側の駒が攻め駒となり、
手番の人が攻め駒に対応する受け駒が手にある場合、
その駒を受けて自分の手の中の駒をまた2枚置いていく…を繰り返し、
手元の駒を全て場に出せば勝ち。最後にどの駒を出したかで得られる得点が変わり、
150点に達したペアが勝利する。

このゲームの妙はやはりペア戦。
32枚しか場にないわけだし、自分の持っている駒を引くと24枚の駒が
場にどう存在しているか。自分の持っている駒の内容をどうやって相手に伝えるか。
相談できない相談を頑張るゲーム。
1戦20分くらいでケリが付くし、手駒次第で勝てる場合も負ける場合もあるので
うーんもう一回!と非常に中毒性が高い、というかハマったw

もともとポーカー会の終わりにひろきさんとおぎやさんに
「ぶり祭旨いし楽しい」とさんざ両サイドからサジェストはされていたものの、
1月は都合が付かずにやむなくパス。
次はいつかなーと思い始めていたところにまたお声がかかったので
今度は1も2もなく参加。
大会そのものは4月13日(土)の午後だけなんだけど、
せっかくの遠出だ、付属するイベントも満遍なく出たかったので、
日曜昼までのイベントには全て参加してきたのだった。
というわけで初日から。

●4月13日
前日入り…はにしけん邸へw
今回の旅程がすべてにしけんカーの予定だったので、
金曜ポーカー会、土日ごいただったらそのままにしけん邸にいりゃいんじゃねえ?
という提案に乗る。ひろきさんと。
土曜日は昼飯からの予定だったので、おぎやさんと合流しにしけんカーにて移動開始。

特段渋滞もなく、金沢着。塩尻組と合流して「魚河岸市場」にて昼飯。
お魚大好き定食なるものを注文したが、本当に大好きというか
想像の倍くらいのボリュームがあった、いやお魚尽くしだったんだけど。
いきなり胃袋的に大満足だ。

食べ終わってから移動開始。
予定だと大会会場に1時だったんだけど若干早く到着したので、
エントリーを済ませてからフリープレイ。

火曜日の長野市会からにしけんさんと組んだときの勝率が低いのが気になっていたので、
ちょっとで意志の疎通を巡らせたいな、と思っていたが、
フリープレイはにしけんさんと組まず。あれ?w
一回すませたくらいで開会式。

ここから怒濤?6回戦が開始される。
1戦目-5戦目まで全部負け。大体は最初リードするんだけど捲られるパターン。
3戦目以後は100点以上取って負けてた。勝ちきれない。
6戦目、勝って終わりにしたし、打ち上げでうまい酒が飲みたいということで
俺等的背水の陣で臨むと…漸く勝利!
24組中22位くらいでみすずあめをいただく。
にしけんさんが賞品ジュース2本を持ち込んだおかげで入賞した説大なんだけどw

大会終了→表彰式の前に慌ただしく宿チェックイン。
人生初の民泊だぜー。

だぜー

だ…!?

なにこのステキな眺めというかルーム。
(部屋全景撮ってなかった)

ここにあんな値段で泊まれてしまうのか恐るべし金沢。
というか今まで観光にきたときのホテルが如何に高かったか思い知らされた。

荷物だけ置いてまた会場にもどって表彰式、撤収。
運営の皆様お疲れ様でした。

撤収後は駅前の飲み屋に移動して打ち上げ。
飲み放題なのに日本酒が銘柄指定できやがるので

「上から順に2合」

とオーダー。
途中途中で出てくる料理のギミックがどれも素晴らしかった。
というか明らかに料理よりギミックの大きさがでかいw
バーニャカウダとかもっとくいたかったー。
盛り上がって盛り上がって、料理が空いたテーブルでまたごいたを始めようとした
(というか2ハンドくらいやった)ところで宴もたけなわというか終了。
ここまでで日本酒は2周半してた。わりと呑んでいたかもしんない。旨かったw


宿に帰還してから…ごいたw
どんだけやるんですか。
でも大会とかじゃあないんで伸び伸びやれるかなーと。


思っていた時期が俺にもありました。
途中から俺が負けハンドのときに、監査官さんに検討してもらえることに、
そしてさらに途中からいずさんの計らいで監査官さんに監査してもらうことに。

監査方法:合格手を打てば「エクセレント」とゆってもらえる。

というかエクセレントか不合格かどっちか、逆にプレッシャーじゃw
とはいえ、こんだけ打てて、どこが悪いかを一々解説してもらえるなんて
そうそうないというか、人生見渡してもないわけで、
強くなりたい、というかにしけんさんともそっと意志の疎通を交わしたいと考えて居たので
渡りに船とばかりに最大限活用させていただいた。
つまり、打ち上げ後はずっと俺勉強会といっても過言じゃあなかった。
監査さんいずさん、そして相手してくれたナンシーさんもりりんさんEmaさんにしけんさんひろきさんありがとう。


ずっとこんなノリで検討。

正直打ってる最中も呑んでいて、打ち上げからずっと呑んでいたので
細々したところは忘却の彼方かもしれないんだけど、
とりあえずなんで昼間無念に終わったのか、が分かった気がする。
負けたことそのものより伝達ミスとか、盗聴失敗とか、
なんだこのゲーム、デクリプトかよwみたいな感想に。
でも伝達できてあたりまえ、盗聴成功すれば勝ちってところはおんなじだよ。
そんなわけでどっぷりごいたを打つ週末と相成った。
寝たのは多分2時くらい。

●4月14日
チェックアウトが早い!とは思っていたけど
めざましなしで6時半に目覚める。というかトイレに行きたかった。どんだけ呑んだ。
酒量とごいた量がまったく思い出せぬ。
というくらい頑張っていたはずなんだけど非常にすっきりした目覚め、日本酒はいいぞ。
ごいたを床で打っていたから腰にきてたりとかも全くなく、
強いて言えば枕が柔らかくて軽く寝違えていたくらいか。

ささっとチェックアウトして全員で謎屋珈琲店に移動。
モーニングごいたのはじまりである。まだ打つのか。打つよ。

にしけんさんはバックギャモンリーグ戦。
俺はふらふらごいた打ったりモーニング食べたり、
しかしさすがにトースト一枚は少ないので追加でホットドッグ食したりごいた打ったり。
ひろきさんと土産を買いに行く話をしてたが、ちょっと時間があまったのでごいた打ったり。
遠征最後のごいたは前日の勉強会の成果?かどうかわからんが、
なんとか逆転勝ちを収めることができ、大満足。


俺は実を取ってホットドッグ。監査さん達は迷わずパフェ。


さすが監査さん、俺達にできないことを10時前から平然とやってのけるッ!そこにシビれるあこがれるゥ!

モーニングごいたをちょい早めに抜けてお土産調達後、
にしけんカーで寿司屋「松の」へ。
最後の最後まで魚介です。寿司好きだしね、素晴らしい。
にしけんさんが「呑んでいいっすよ」と言ってくだすったので、
えんりょなくにしけんカー3人衆は酒を呑む。止まらぬ。
ひろきさんとか前日の酒残ってるとかいってたのになw
酒と歓談。



寿司が一々美味しくて普段貝苦手な俺もさすがに握りはパクつきましたし。
あと卵が分厚いにも程があってプラレールのドクターイエロー状態になってたw

歓談後半はお隣のろんめいさん、向かいのでんでんさんとずっとドミニオンの話してた。
ドミニオンも良い。大阪いくことあったら是非お相手願いたい感じ。
というかろんめいさんはその場でstefフレになってもらった。
SNSフォローより早くstefフレ作ったのは初めてだ。是非お相手していただこう。
盛り上がってたら撤収まであと2分とかになっていた。
名残惜しいが、撤収。
最初から最後まで美味しくて身になる遠征だった。
非常なる充実感を胸に金沢を後にする。
また機会あらば是非参加したい、次の目標は2勝だ!

後日談
1.なかなか竹駒が手に入らないのでMDF(合板)ごいたにとうとう手を出す。
2.ごいてん(ごいたの得点カウンタ)が手に入らないとおもっていたら
 普通にろんめいさんのお店で売っていたので速攻所望。

ボードゲーム会@そる亭に行ってきたヨ その9

月一開催のそる亭(http://www.cafezac.com/salty/)ボードゲーム会に行ってきました。
トモさんにいろいろ忘れるっすねーと言われるが、
ウキウキした気分で当日に袋詰めしてると忘れるんだよ、
というか棚見た瞬間に気分変わるんだよw
というわけで今回もクリーチャークラッシュ忘れました。まずやることを忘れていた。
なんとなくホリケンさんがいたらトランプ・トリックス・ゲームやろうかなとか思ってたくらいだしな!

やったゲーム

●相性チェックゲーム

にしけんさん持ち込みの一品。
2人ペアになってそれぞれカードデッキを持ち、
場札のお題に合わせたカードを出していく。
自分の左手が一番お題に沿っていると主張できるもので、右にいくに連れて主張は弱くなる。
というか主張の強弱は主観でしかないのだから、
要は相方と札を出す順番が一致すれば良い。
順番も絵柄も一致したら3点、出す順番の相違絵柄一緒なら2点。
ラウンド毎にこの合計点分すごろくを進めることができる。
6人戦3ペア、俺ははるなさんとペア。
途中途中はダンゴになって進んでいたが、とうとう俺チーム2連続0歩。
このままではイカン!というところで3枚だし3枚一致という快挙で一気に9点。
ここで捲ったいける!とおもったが、どうやらそこがハイライトだったようで
最終的に他チームに捲られて1歩差敗退、ゴールしたかったなー。

●テストプレイなんてしてないよ レガシー

俺ってわりとテストプレイなんてしてないよ、をやっているはずなんです。
はずなんですけど、自分所持のテストプレイを出したことが実は今まで無かったりする。
(白箱はカイトからの預かり品、黒はもってるけど人の箱でしかやったことない。)
というわけでねんがんの、自分のテストプレイ初稼働w
今回のテストプレイなんてしてないよ、は概ね2つのギミック
というかレガシーシステムじゃな。これが重要。
ここで俺が大幅に間違えていた点があるのだけど、
勝利者=権利者となって最後に出された場札に自分の名前を書くことができ、
次にその札が出た場合権利者は敗北しなくてもよい、ということになる。
(敗北者が名前書くと思ってた。さすれば次同じので負け無くていいじゃん的な)
印象に残った場面はハルさんがずっとツボに入りっぱなしだったこと。
いやこんな面白がって貰えると出した甲斐あったけどw

今回は「会話時に各文節を1秒以上かけてしゃべる必要がある」ルールがツボった。
ゲームに敗北したらルールから解放されるはずなんだけど、
ノリで8人そのまま喋り続けるとかw
驚いたのはへんりーさん(長野の人)のあだ名の由来
ごちゃまぜカフェ店長の高山さんにつけてもらったのです…
てあんたごちゃまぜ常連さんですか!?みたいな展開に。

他ハイライトとして
ちぐささんのナレーション(ナレーターというカード効果で、相手プレーヤーの行動を実況し続ける)が
とても上手で逆に面白かった事。つーか他のゲームもナレーションしてくださいw
にしけんさんが箱の上蓋を頭の上に載せ、落としたら負けの条件で自分の手番まで維持できなかったことなどが挙がる。
レガシーシステムは自筆である必要があるので、書き込み中にテンポが落ちるのがちょいマイナス。
相変わらずアホルールがガンガン追加されていくのは楽しい。

●サントリーニ

正直トモさんとやるために持ってきた感。
で、予定通り3ゲーム目に立卓。希瀬さんもいれて3人戦。
あれこれ俺撃たれるやつ?(建設ゲーです。)
手番では、自分のコマ2個のうち1個を操作。
隣接する8マスどこかに移動し、移動後隣接する8マスどこかに家を建てる。
3階建ての屋根に乗れば勝利だが、4段目にドームをかぶせられてしまうとそこには移動不可になってしまう。
いかにして4段目にかぶせられる前に自分が上り詰めるか!

1戦目、1番手。よーく考えたと思いますよ。でもしかし、だがしかし
一回攻めに出た隙を突かれて敗北、かつ3位。
2戦目、1番手。よーく考えてやっていると思いますよ。だがしかし
希瀬さんに仕事を依頼するつもりで攻めに出たら手が足りなくなっていた病で敗北、かつ3位。
えーと、撃たれたでいいかな?w
あんまり悔しいのでサシでトモさんと勝負、こちらは1勝1負け。
見た目と裏腹にとても、超良くできたアブストラクトゲームなので、
これからもどんどん広めていきたいというか、
そろそろ拡張を展開しても良い頃なんじゃあないか、と思ってはいる。
あと4人戦もやってみたいな、実はやったことなし。煽りHANABIってなんやw
持ち運ぶのがめんどいというだけの理由でペンディングしてたけど、
よく考えたら1箱にまとまる大きさであった…。


知的障害の子とボドゲを遊んでみる 172

ミスター(息子)のステータス
8歳(小学校三年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

久しぶりの知ボド。
前回は3月中旬で、しかも家でやってないから、
自宅会はほんとうにひさびさかもしんない。
なぜか前日から「手作りのボードゲームをやりましょう」を連呼していたので、
しょっぱな2つは手作りをチョイスしておいたんだぜ。

●双六俳諧紀行おくのほそ道-2

手作りその1w
以前やったこともあるし、すごろくはできるし、
目的はお金稼ぎなのでとりあえず2回目開始。
ミスターは序盤から2両払ってとにかくリードを取ろうとする。
ただし、出目が大体3以下だったので俺は無料で追いついてしまう。
本来のゲームでは、チェックポイントに到達すると最初はボーナスがいただけるが
次のチェックポイントはあとから到達した人がボーナスを貰えるという形に
交互にボーナスが設定されているので、
早すぎず、遅すぎずという調整が必須となるのだが、
本来3人~のゲームでそういう調整なので、
2人戦かつミスター用アレンジとして、ともかく先に到達したらボーナスは貰えることにした。
俺はラストだけ早馬を使い、こんな便利なものもあるんだぜ?アピールをしようとしたら、
20面ダイスで19を出すという大快挙、というか逆転勝ちしてしまった。
というわけで収入面でも逆転。あれま。
ミスター的にはいろんなダイスが振れて満足だったっぽいけど。
あと地味に5両が使えるようになっていた。
ほんの3ヶ月前は10両x3、5両x3が45って答えられない子だったのに、常に成長しているんだなあ。

●じっくりミレー-1

満を持してやってまいりましたミスターとのじっくりミレー第一回。
うちの稼働回数第一位のかたろーぐに追いつく日はくるのだろうか。
今回気を遣ったのは以下

・お題に絵本を使う。(表情とか分かり易いほうがいいだろう)
・ルールアレンジ(かたろーぐのときと同様、2人でなるべく答えが合った方がいいので、2人でバラを5輪集める、とした。)

まず軽くどんなゲームか説明。
お題の絵に額縁を取付、その絵を自分が描いたものとして、
どんな気持ちで書いたか、カードを伏せる。
見て居る人は、芸術家役がどんな気持ちで絵を描いたか推理する。
「じっくりミレー」のかけ声で両者オープンし、両者の気持ちカードが一致していればバラが一輪咲く。
相変わらずミスターはカード複数枚を持つのが苦手なので、カードスタンド設置。
最初は俺が芸術家役をやって、絵本に対して枠を置いて、
説明したことを説明しながらやってみせる。
何かアクションをして、答え合わせをして、合っていたらご褒美がいただけるという
かたろーぐと同じ流れに極力なるように頑張ってみた。
かたろーぐと違ってどこに枠をおけば、みたいな話になるかなとおもっていたのだが、
そのためにわりと出番の多かった絵本で、かつ人物多目なのを持ってきたのだ。
そんな感じで交互に芸術家やっておしゃべりをして終了。
勝ち負けというよりはおしゃべりをするためのツールだった。
「パパ楽しかった?」と意外な質問をされる。楽しかったけど、そういう質問をさえたのは想定外でちょっとびっくりした。
最近ミスター気遣うの好きだからなー。

●スティッキー-7

7度目スティッキー。
お初のゲームもあったことだし、大分お疲れ様子だったので、単純ゲームにシフト。
これは手作りじゃあないな。
通常ルールで棒の色別に得点をするという形でスタート。
ミスターのほうが棒を多くとっていたのだけど、青2本取った俺が1本差で勝利。
思えばこのゲーム始めたときは色別をどうこうするって概念もなかったんだから、
随分成長したもんだわな。
ただ棒を取る→出目にあわせて棒を取る→色別に得点が発生する
ここまでくるのに約2年か。でも2年経てば出来るようになるんだから大したもんだ。

第九回ゆるドミin長野を開催しました。

私のブログを読むような方々ならすでにご存じ、
ゆるーくドミニオンをやる会、略してゆるドミの第九回長野会を開催しました。
呼応してくれたのは9名、俺を入れて10名。
前回はちょっと少なかったので再び3卓立って万々歳です。
この場を借りて参加者の方々、そしてリツイートしてくれた方々、会場をいつも提供してくれるSUBBOX様に御礼を申し上げます。

ドミニオンの説明は「こちら」

今回はtsunagnoでお話させていただいたTさんが参加してくだすったので、早速いつも通り初心者卓を立て、インスト。
いつもならここで俺も入って4人戦…となる予定だったけど、
まだ来ていないメンバーがいたので運営よりに動きたかったため、
初心者卓参加率が2番目に高いなかさんに仕切りをお願いしつつ
たかむらさん、セルバン2人衆(ヒロキさん、みねさん)、あらしさんが来たので2卓目を立てる。
1ゲーム目が終了したところで、トモさんヒラさんたけくらさんも来店。
ここで3卓の目処がたったので、3卓目を立てる。
ポーカー会なかったのでトモさんがこれたわけで、この機会を逃すまいと
今回はアグレッシブにゲームに入っていった。
そういえば新潟ゆるドミの長野メンバー全員集合でしたな。まだあれから4日しか経ってないとはw

というわけで1戦目からのレポ。
1
たけくら 15
トモ 14
みね 20
シニチロ 20

レプラコーン 山賊 軍団兵 夜襲 修道院 引揚水夫 暗躍者 収税吏 願いの井戸 戦車競走 ドルイド
[ドルイドのBOON]大地の恵み 山の恵み 炎の恵み
[イベント]結婚式 [ランドマーク]山賊の砦

ランドマーク以外はすべてみねさんに選んでもらう。
とりあえずざっと見て、まずバランスを取りましょうということでBOONは完全ランダムにする。
その後、ランドマークを一枚入れましょうということでトモさんに引いて貰う、
今回は金貨がざくざく手に入るサプライだ、だのになぜ、
男は黙って山賊の砦(金貨、銀貨をゲーム終了時に持っていると一枚-2点)
バランス取るつもりくらいの気持ちでいたら本当に絶妙なバランスになってしまうw

ざっとカードの説明して開始。とはいえ、
トモ、たけくら、みね、俺の4名なので本当にざっと。みんな見たことあるカードっしょ。
4人戦2番手。
そして…なんと俺以外初手5金(2-5or5-2)。死んだ?
でも諦めない。とりあえず銀ドルイドスタートから結婚式を我慢しつつ金量を上げる。
最終的にドルイドで貨幣潰すのは辛いとおもったので3ターン目引き揚げ水夫。
これだったら暗躍者で金貨いれつつ暗躍者が4金になるだろうという計算。
属州が2枚くらいでたところで、全員が山賊の砦警戒して銅貨保持をしていたのを見計らったタイミングで
収税吏購入、これが良い感じに刺さる。
アクション+が見込めなかったので期待値8金くらいに定めて落ちついて買い物しつつHEXバラマキ。
みねさんと同点ながら、手番差勝利。
俺のHEXとか収税吏が刺さった分、たけくらさんの戦車が空回りしまくってたな…。若干ごめんなさい。

2
商人, 拷問人, 交易場, 航海士, 農村, 神託, 騎士, 呪いの森, 戦車競走, 易者
[イベント]舞踏会[プロジェクト]兵舎

たけくら 12
トモ 18
みね 16
シニチロ 28

今度はアプリDomixを使ってランダマイズ。
おおっと、騎士きましたよ騎士。初っぱなマーチン卿かなーと思ったらビンゴした。
今度は4番手。
マーチンとはいえ、騎士は強い、というわけで交易場確保してから5ターン目くらいまでは出たとこ勝負で騎士にしてた。
あとインタラクションによって伸びる攻撃、呪いの森。
農村1枚仕込んだら拷問人。兵舎はわりとあとだったなー。拷問人2枚目買ってアクション切れる可能性が見えたので…みたいなタイミング。
今回の騎士は大活躍だった。といっても手札からプレイした記憶はほとんどなくて、
相手が騎士ってきたときの相討ち要因として大活躍だった。
普段は超加速するアンナに至ってはドローすらできなかったw
交易場があったおかげで、拷問人が飛んできても落ちついて呪いを手札に加えられる。
呪いは殆ど駆除できていて、あとは豊富な銀貨で8金取り出して1位獲得。

ここでヒラさんとTさんとあらしさんが撤収。
こちらの卓が終わったところで2卓シャッフルを行う
3
男爵, 破壊工作員, 原住民の村, 隊商, 航海士, 占い師, 岐路, ゴミあさり, 悪魔の工房, 剣士

篁 17
トモ 28
ヒロキ 21
シニチロ 29

今回もDomixでランダマイズ。
嗚呼、とうとう、とうとう破壊工作員が入ってしまった。
軽くカードの説明してから開始。1番手。
トモさんの打ち方傾向は基本圧縮。というかみねさんもそうなんだけど、TCG勢はまずデッキをキレイにする傾向があり、
そしてそれを維持するために全力を尽くす(という偏見を俺が持っている)
よって、今回は原住民の村を集中的にお買い上げ、もちろん男爵を入れるのも忘れない。
忘れていたのは破壊工作員というか、優しい世界に生きたかったのね、俺。
そして忘れていたころにヒロキさんが思いついてしまう。
占い師でめくられた勝利点て実はほぼ確で破壊できるんじゃね?

というわけで18点分の属州が破壊された。
あれおかしいな、6属買った記憶があるのに手元に緑が少ないゾ。
とはいえ、俺は俺でブレずに原住民確保と男爵作戦でいった結果、最後に悪魔の工房の4コス以下獲得で屋敷一枚獲得して逃げ切り。
本当に焦ったというかわりと負けてたと思っていた。
破壊工作員はすべてを破壊するだよw

4
Domixには各説明書に掲載されているお勧めサプライがすべて収録されている。
基本以外の拡張に関しては単純に説明書出すのが面倒くさいという理由で推奨サプライを触ったことなかった。
ということで満を持してルネサンスの推奨セット開始!

Capture the Flag(旗を取れ)
地下貯蔵庫 工房 前駆者 改築 祝祭 しもべ 旗手 学者 剣士 悪党
[プロジェクト]技術革新 野外劇
た 10
ひ 39
し 32

3人戦3番手。
コイントークンを溜める方法がわりとあるし、旗手はマストバイかなとおもったので、旗手スタート。
そして篁さんと旗手レースになってしまう。まあそうですよね。
今回は改築があったので、いざ旗手レースになったときに廃棄で旗とれるように改築も入れておく。
というか最後金貨潰すつもりもあったので、もちろん宝箱からの出力で。
その最中にヒロキさんは剣士のみでコイントークンを溜める。
遅ればせながら悪党と剣士で宝箱レースにも参加したわけだが、
わりとトークン使い切ってしまい、レース脱落が2ターンくらいあった。
また、ヒロキさんは初手野外劇でもトークン溜めてた。
旗手レース参加してなければ間違いなく野外劇だったんだけど、3番手だから焦ったかなー。
終わってみれば属州1枚以上の7点差。完敗!

そんなわけで全身全霊で楽しませて頂きました。
みなさん楽しんで頂けていれば幸いですがいかがでしょうか。

次回は5月8日(水)なので、参加出来る方は宜しくお願いします。
もっともっとドミニオンの裾野が広まることを期待しつつ、継続することが大事ということで
今日のまとめにしたいと思います。

第10回ゆるドミin長野 開催します。

早くも開催10回を迎えました。ので、漢数字表記を改めてみました。

100万回遊んでも飽きないステキなボードゲーム、ドミニオン。
さまざまなカードが織りなすドラマ、増えていく手札。
圧縮される思惑、いろいろな要素が絡み合ってきっと面白い是非面白いカードゲームです。

ドミニオンの簡単な説明は以下を参照してください。
【インスト】ドミニオン

私シニチロがドミニオンやりたい熱をこじらせたのと、長野市SUBBOX応援企画として、

第10回ゆるドミin長野

を企画致しました。
日時:5月8日(水)19:00~
場所:長野市 ボードゲームカフェSUBBOX
料金:SUBBOX利用料金に準じます。ゆるドミ自体への参加費は発生しません。

コンセプト
ドミニオン裾野開拓。ゆるーくドミニオンを遊びましょう。
ドミニオン立たない、待ち時間等は別ゲーム立ててもOK。
初心者、リハビリの方々にはルールインストも致します。

セットは私シニチロ持ち込みの1セット。(全拡張プロモあり)
基本カードが3セットあるのでトークンや避難所かぶりがなければ2卓立つ感じです。
SUBBOXの基本第二版をいれれば5卓(スペース的にギリギリ)立ちます。
また、お持ち込みいただける方については大歓迎です。

参加希望の方は下記フォームにてご応募ください。
飛び入りもできるだけ対応するようにいたしますが、
申し込み過多の場合はお断りする場合があるかもしれませんので、ご注意ください。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第15話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

天下鳴動
ブラフ
ワールドモニュメント
雲の上のユニコーン
ナンジャモンジャ・ミドリ
ピッチカー
きらめく財宝
ラビットラリー
じっくりミレー
狩猟の時代

カタン
カルカソンヌ
インカの黄金
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
ハピエストタウン
ワードスナイパーファミリー
おねだりマシーン2.0

全23種
参加者15名

春休み最終週ということでお子様多目でした。

やったゲーム

●ピッチカー

お子様多目ということで、ルールもなにもおはじきだよただの!というゲームをまず展開。
だがね、これ普通のゲーム会だとスペース的な問題であまり展開できないので、
ミスター以外に開陳するのは実は初かもしんない。
ルールはおはじきして自分のレースカーを3周させる、だけ。
途中コースアウトしたらアウトした場所からやり直しだが、
コースアウト後にまたコースに復帰すればレース続行。
この単純さが熱いのです。
勝負は大人げなくインストした俺がそのまま勝利。
一番年下だったたいせい君が最下位。
大人は勝って当たり前、どちらかというと子供同士で負けたことにショックを受けてべそかいた感じ。
初っぱなこれを選んだ理由はインストの軽さもあるんだけど、
たいせい君と他の子らがどういう遊び方をすればいいかを測定する必要があったという都合もあったりする。
「ぼくはこのゲーム向いていない」とふて腐れる様、
大人も子供もあり得る光景ですな。そこを楽しませるのがボードゲームソムリエたるこの俺の役割です。
というわけで次のゲームへ。

●スティッキー

棒倒し、ではない。
棒を引っこ抜くゲーム。倒れてはいけない、という部分では棒倒しに通じるルールとも言える。
棒を引っこ抜く過程で棒を束ねているリングが地面に付いたらゲーム終了。
引っこ抜く棒は青3点、赤2点、黄1点という通常ルールでプレイ開始。
引っこ抜く棒はダイスの色目で決まるので、運ゲーといえば運ゲー。
6人戦。たいせい君からプレイ開始。
前回の敗北が尾を引いていることも明らかだったので、お母さんとチーム戦でやってもらうことにした。
ダイス目も青3が出たので圧倒的優位のままたいせい君勝利。
この回は盛大にお祝いして終了に。

●きらめく財宝

ノってきたら次は豪華なコンポーネントで目を引くわけです。
というわけできらめく財宝。
9段に積まれた氷のリングには宝石が満載されている。
手番順に宝石チップを取っていき、順に氷のリングを取っていくと宝石が落ちてくるので
持っている宝石チップの色に対応した宝石を獲得出来る。
こちらも運ゲーと言えば運ゲー。
ゲームのバリエーションとしてはリング取る毎に宝石を取ってくゲーム、
全部のリングを取ってから一気に宝石を回収するゲームの2通りでやってみた。
どちらもほぼ結果は同一。
実力というよりはこういう偶発性に頼った物のほうが年齢差的にも納得がいっているようだ。
書き方が知ボドっぽいゾ。
3ゲーム終わったところで一旦休憩。低学年はとくにオーバーペースになりがちなので気を遣わねば。

●雲の上のユニコーン

休憩終了後はまた運ゲー。
このへんから「目的」に向けて突っ走るゲームを出してみようかな、と。
すごろくではあるのだけど、全員ゴールするまでに一番宝石を集めた人が勝ちなゲーム。
一番最初にゴールすると宝石が4ついただける。
途中途中のマスには宝石がいただけるギミックが仕込まれているので、
いち早くゴールすることも大事なんだけど、
途中途中でストップ&ゴーすることも勝利点に繋がる行動となる。
言うてダイスが全てなので、狙ってやれるわけじゃあないのだけども。
こちらは甥っ子Dからスタートしたが、
たいせい君がわりと良い感じに宝石獲得マスに止まり続ける。
最終的にリードを守ってたいせい君勝利。めでたしめでたし。

お子様にゲームを提供する際にはどうゲームを提供するか、
どうゲームを好きになっていってもらうかについていつも考えて居るけども、
人によって傾向と対策が異なってくる。当たり前だけど。
低年齢ほど実力が響くと負けを受け入れられないし、
でも低年齢だからといってやれることに差がつくのも納得がいかないという面もある。
技術が作用するゲームは今回控えめにしてみたが、概ね満足いただけたようでなによりであった。

●じっくりミレー

たいせい君ラストになるからなんかやろっか、ということで開始。
実は俺もやるの初めてだったんだけどね、
「かたろーぐ」のかわぐちさん作のゲームだ、なんとかなるだろうという不思議な信頼を寄せてスタート。
芸術家役とプレイヤーに分かれてプレイ開始。
芸術家役は絵画(でもいいし、絵ならなんでもいい)の中に、ミニ額縁を一個置く。
置いたところが注目すべきポイントとなる。
このポイント、というか額縁が芸術家役が書いた絵となる。(トリミングとか言うな)
この絵を描いたときの「気持ち」を6枚の気持ちカードを伏せて表現。
プレイヤーは芸術家役がどんな気持ちでその絵を描いたかを予想し、
気持ちカードを伏せる。
「じっくりミレー」のかけ声でカードオープン。
芸術家と気持ちが一致したプレイヤーはバラトークンを1個いただき、
4額縁が置いたらラウンド終了。その時点でバラトークンが一番置かれた人が
一番芸術家の気持ちに通じている、というゲーム。
そう、勝ち負けじゃあないんです。
ところがそれを伝えるのが大変難しい。通じてるからなに?って話になってしまう。
それならそれでまあいいかということでスタート。
初っぱなというか3ラウンドくらい俺が芸術家役をやり、
猛烈盛り上げモードで額縁を置いていく。
サンプルで名画がいくつかついているのだけど、名画は小学生わからんしなーとおもっていたら、
サンプルに鳥獣戯画が含まれていた、素晴らしい。
これならモチーフ沢山あるし絞り込みやすい。おまけにどのキャラクターも大体動きがある。
というわけで鳥獣戯画を置いてゲームスタート。
額縁を置く前に鳥獣戯画がどんな絵なのか、ということについて軽く説明してスタート。
昔の漫画です。いろんな動物がいろんなことしてて、
いや現実にするわけないんだけどそこが面白いんですよ的な説明。
現実にするわけないんだよ、という部分が刺さったのかな。
トリミングした絵についてもものすごい一生懸命気持ちを推察してくれるようになってた。
1ラウンド目はたいせい君が気持ち一番一致していた。
正直最初のラウンドではあまりに演出を濃くしたので、ゲームそのものに対する反応が見えて居なかったのだが、
続き続きーとせがまれて、あ、刺さったと判断できた。レスポンスありがたし。
俺が3ラウンド芸術家やって、さらに子供達それぞれが芸術家やって計6ラウンド続ける大盛況っぷりだった。
勝ち負け年齢を超えたふれあいが楽しかったことは疑いないので、このゲームはもっと広めていいと思ったし、
今後もインストおよび芸術家役の立ち回りについて考えてこ。

●トポロメモリー

座敷ゲームが終了後、結局子供達全員ポーションエクスプロージョンに走ったので、
タキさんと2人でトポロメモリー。
山札から一枚めくって場に出していき、トポロジー的に一致したカードがあれば札獲得。
場札が全部尽きたときにより多く獲得した方が勝ち。
前回LANDでやったときはトポロジー、即ち

構成するパーツの数
パーツに付随する穴の数

が一致していれば取れる、という条件をorで繋いでいたのでギクシャクした進行になってしまった。
今回は明確にandで繋いだ条件にしたので、サクサクとカードを取っていく。
取っていた?
28vs26で辛くも勝利。

その後、NONさん達加えて4人戦。
こちらも勝利、というか直前にやってしまうとトポロジーがキャッシュされていて
こちらが有利になってしまっていた。
ただ、プレイ回数3回以上の人同士での対戦とかはやってみたいなーとは思った。
軽くて素晴らしいゲームなので、タキさんに推しておくこととした。

●トランプ、トリック、ゲーム!

長野市にはトリテ警察がいる。
警察なのか、いやわからんけど自警団は間違いなくいる。
というわけでタイトルからも分かるとおりトリックテイキングなゲーム。
トリテの雑な説明をすると、プレイヤーは順に手札を場に出していき、
一番強いカードを出した人がまとめて取る。
このゲームにおいては、4種のカードそれぞれに足跡が1~3書かれており、
カードの色数x足跡の数でラウンドに取れる点が決まる。
で、最初のラウンドで良い点とってウハウハーとか思っていると、
取ったカードで次のラウンドを闘わなくてはならない。
自分で獲得した素晴らしいカードを放出するなんて!
トリックに勝てるのは1ラウンド3回まで。
4ラウンドあって、最後のラウンドは好きなだけトリックを取ることができる。
というわけでプレイ開始。
トリテの特徴だと思っているけど、やるまでその玄妙さがさっぱりわからない。
でも1ラウンドでもやって得点計算がおわると面白さが超加速する。
案の定今回もラウンド終了後に面白さがとても伝わった。
ゲームそのものはNONさんが3ラウンド目までに大幅に貯金作ってそのまま逃げ切り勝利。
実は知略悪略をやっていなかったので、次のトリテ手だすのちょっと待とうと思っていたけど
文句なしに面白かったので、ホリケンさんに発注案件と相成るw
さて、ここでこのゲームについて改めて調べてみたが、
どうも4種の計算に含まれるのは「足跡がついている」カードのみらしい。
これ全員計算間違った可能性が…。つぎはきちんとやったるあ。

やってないけど立っていたゲーム

●ポーションエクスプロージョン

なぜかシニチロさんが持っていない案件ゲーム。つちのこさん持参。
ずーーーーっと立ってたw
そして子供に大人気だった。いつかやりたし。
いつかというか次回やりたし。

●USテレグラフ

ビリ男さん持参。
こちらもみたことあるくせにやったこたないゲーム。
やってみると鬼単純すよ、と言われたのでこちらもやりたし。

●テキサスホールデム

合間の時間に座敷でポーカーやってた!
ので参加したかったけどもトランプ、トリック、ゲーム!の真っ最中で参加できず、惜しい。
次回立てて~と予約はしておいた。ポーカー正義。

やったゲームが多かったし、人数も多かったので長めな回かと思いきや、
終了時間は前回より早かった。
というかポーカーやろうとおもったけどその時点で22時半だったので理性が俺にストップをかけた形に。
お子様方も春休み最後を満喫しまくっていた感じだった。
ポーションエクスプロージョンすげえな。

というわけで今回も全力で楽しみました。
次回は4月第3週

2019/4/16(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。

第50回長野市ボードゲーム会に行ってきたヨ

前日はゆるドミしてたし、前々日はポーカー会で全力を出し切ったので、
かなーりへろへろで、出撃するかどうかすら要検討だったのだけど、とりあえず行ってきましたボドゲ会。
行って見たら記念すべき第50回という節目だった。

やったゲーム

●ネタ・タンカ(NETA TANKA)

サカモトさん持参のワーカープレイスメントゲーム。キックで入手したらすい。
プレイヤーはそれぞれ北米?の原住民となって、それぞれが村の発展のために頑張る。
頑張る要素としては、トーテムポールを出来るだけ高く立てる、
食事を出来るだけ作る。(ただし飢え死に要素はない。)
テントを出来るだけ張る。(テント=村の住人が増えるみたいなイメージかな)

特徴的な所としては、隣接するアクションスペースを取ることで、
アクションスペース間のリンクマスが発動できるようになる。
隣接を意識して取るようにすれば実質1ワーカー分余分に働きが期待できる感じ。

5人戦、にしけんさんと俺はトーテムポールを高くするルート、
しょうごさんがテントを張りきるルート
イウラさんとサカモトさんがその間のルートって感じで進み、
終局してみたらサカモトさんが43点一位。
まったくトーテムポールを無視するわけにはいかんし、
テントはそれなりに張ったほうがいいし、
料理はつくっておいたほうがいいということに。
まああれか、ワカプレで空きマスつくってんなよみたいな話。
掴んだ感じがするので次もやってみたい。一戦が長いので次がいつになるかまったく想像つかんが。


…さて、今回はそんなわけで1ゲームのみやって閉会。
だって長いゲームも好きなんだもの。
俺らがネタタンカしている最中にお隣では3ゲームくらい回っていた気がするがきのせい。
全力で楽しめたので悔いは無い。疲れていたことは否めないけど。

第一回ゆるドミin上越を開催しました。

遡ること4ヶ月前くらい…話はゲムマの帰りにだいちさんからの一言で始まった。

「上越でもドミニオン会お願いしますよ」

移動範囲内でドミニオンが出来れば都合の付く限りいっちゃうし、
長野でのドミニオン布教も随分やってきた、そろそろ他国(?)に進出しても良い頃だ、ということで開催しましたゆるドミ会。

ドミニオンの説明は「こちら」

開催すること自体は決まっていたものの、
自身の主催するゲーム会が月3つ、その他広報一件、日々のイベント参加などしているうちに光陰矢のごとしというか、
あっというまに開催予定の三月となってしまったので、急遽詳細を決めて告知開始、おせえよw
ともあれというか遅まきながらであれの告知、Kalabarの組織力に助けられつつ長野勢にも参加してもらってなんとか開催日を迎えることができた。

呼応してくれたのは20名弱、スイスドローは14名参加。
正直告知が遅れたこと、目玉となるコンテンツがドミニオンそのものでしかないことから
いつものKalabarメンバーがそろいつつ8名2卓くらい立てばいいかなくらいにおもってたら
なんと20人越えw
この集まり具合だったら本日の引きがどんなんなってもいいやとか思ったとか思わなかったとか。
(そしてそれはスイスドロー2戦目で現実となる。)

午前11時から開始予定だったので、開催宣言を行ったのち、フリー戦。
長野勢3人+そーまさんの卓、
それから新潟からきてくだすいったうすいさん達3人+りんりんさん卓の2卓を立てる。
ここからわらわら人が集う予感がしまくっていたので俺は参加せずに、カードの説明、効果の解決ジャッジ、
途中参加の人々の案内+立卓など進行に専念。


りんりんさんに初心者卓立てる言うといて、新潟勢がわりとやる感じだったのでそれなり卓を立ててしまった。ちょい反省。
それらの卓が終わってから卓分け。
とくに言及していなかったけど中級以上(説明せんでも読めばカードとゲームがなんとなく飲み込める勢)と
ライト勢(俺が並べたカード全ての説明をする)の卓にわけつつ進行。
2度目のりんりんさんはあとから合流したmiwaさん、ゆーま君、うすいさんと4人で完全初心者卓を立てた。
そういえばゆーま君はこの時点で初心者とゆってたし、この卓終わった時点では3位だったんだよなあ。
たけくらさんが合流したので、2人戦卓を準備してみねさんとたけくらさんでもう一卓。

午後になるとkarabalゲーム部(B.A.C.K)勢も集まってきたので
勢い初心者卓2卓目立卓。
長机2つに「最初のセット」が2卓立つ、どちらもインストできる、なんという至福の時間。
この絵を見るために俺は基本セット2つ持ち歩いていたのだ。いたのか?

15時頃になったのでスイスドローを開始。
前述の通り14人だったのだけど、同じセットが3つしか用意できない、致し方ないので2卓は5人戦。
もう1セットあれば間違いなく3人戦3卓立てたとおもうので、この辺は次への持ち越し課題ってことで。
初心者が多数入っているなどの都合上、セットは絞り込ませていただいた。
基本(2版なし)、陰謀、海辺、錬金術、繁栄、収穫祭、ギルド、3戦目だけ冒険も加えるが、イベントプロモはなし。

余談だけどここでやっと、本日初めてゲーム参加w

本家ゆるドミにてタイブレークにドミニオンそのもののVP使ったのが若干納得いってなくて、
今回は順位のみの評価VP、タイブレークは後手番アドバンテージという形を取らせていただいた。

1戦目
【金貸し 密偵 鍛冶屋 中庭 大広間 改良 島 隊商 行商人 農村 】
僅差で2位。
島島で基礎VPつくりつつ属4とればいいかなーとおもっていたら、
微妙にまにあってねーw
せっかく出てきてくれた密偵さんでしたが、どなたからもお声掛かりはございませんでした。
初手5-2改良だったので、もうちょっとやりようあったんじゃあないかというか
島が敗着か、いま考えると。



2戦目
【密偵 願いの井戸 宝の地図 探検家 宝物庫 策士 司教 投機 隠し財産 移動動物園 】
実は一回ランダマイズやり直しています。
というのも錬金術が6枚も入っていたため。
そもそも初心者が入るのにコストポーションを買わせる場を設けていいのだろうか?という配慮もちょこっとあった。
というわけで隠し財産金貨ウハウハルートでいきましょうかね、と腰を据えて3番手銀銀で入ったら
上家も下家も宝の地図買うし。
いやそうそう当たるモノではないとおもったら両者5ターン目で地図引き当てるし、なんなん?
というわけで金貨ウハウハされて4位。
ゆーま君伝説が始まった瞬間である。

3戦目
【書庫 魔女 宝の地図 宝物庫 行商人 移動動物園 カササギ 工匠 掘出物 騎士見習い 】
こういうサプライになってしまったので、2番卓3番卓には本当に丁寧にカード効果を説明した。
丁寧に説明したってチャンピオンがどんなもんか、工匠がどんな効果かってのは想像つかないだろう。俺なら無理。
普段は買った方がいいとかそういうことは言いたくないんだけど、
今回ばかりは魔女一人に持たせたら地獄絵図ですと助言せざるを得なかった。
さて、実戦だが方針は騎士見習いカササギ。
チャンピオンを置ければいいかなくらいに思っていた、それがいかん。
呪い飛んでくるわけじゃないですか、厳しいです。
移動のドローでかわそうとして移動を集める。
そこまではよかったし、移動の3ドローもかなり引き当ててたんだけど、
チャンピオン生成後の魔女ドロー(もちろんアクション切れ)でチャンピオンを引き当ててしまう。
不注意といえば不注意なんだけど、35枚のリシャッフルだからこねーだろ、と思っていたのが油断。
というわけで鳴かず飛ばずのまま5位。チャンピオンは意地で置きましたけど。
近年まれに見る酷いレースしてもうた。



さて、3回戦やって全勝の人はいなくなったが、勝利点1位は確定したので終了。
栄えある第一回ゆるドミin上越 スイスドロー大会一位は…

ゆーま君でした。

最年少参加者ってのも驚いていたけど、まさかの優勝を飾る。
決勝卓のmさんに聞いたところ、3戦目は山切れ終了を見越して早々に公領ルートに走っていたとのこと。
2戦目で宝の地図引き当てウハウハしていたときはラッキーボーイくらいにしか思っていなかったけど
認識を大幅に改めさせられた、うん強かった。

最終結果
14 ゆーま
12 mはげ
12 ミネ
11 高橋
10 そーま
10 アラシ
10 りんりん
8 たけくら
8 ぴよた
5 シニチロ
5 はた
4 おちゃほ
4 クロ
2 miwa

さて俺、俺ふがいないw
俺の戦績はさておき、今回のスイスドローの反省点としては

・ドミニオンの素点でタイブレークをしたら、サプライによって1点の重みが全然変わるから不平等であろうとおもったがゆえに
 素点の記録をなくしてしまった。
・後手番アドバンテージはよかったのだが、その点について明確に説明していなかった。
・アドバンテージに小数点以下、0.3点とかの加点を加えておくべきだった。
・それらによって決定された順位で次卓の手番順、席順も決めるべきだった。
・個人記録用紙が全然足りていなかった。参加人数舐めてた。
・マイク借りられたから、マイク借りて全体に一気にサプライ説明しちゃえばよかった。

ゆるくやっているし、スイスドローセットについては当日朝突貫で作るなど
いろいろ不手際もあったけど、参加者みんなに楽しんでいただけたので次に活かしていきたい。
サプライを複雑にしないように気を遣ったのも評価に繋がったと思いたい。

表彰式後に改めてフリープレイ卓作成。だーらだらやってもよかったけど、
本家ゆるドミと違ってただ卓が立つような感じにはならないだろうから、
こちらが参加者リストアップして、イージー卓、ノーマル卓、アルティメット卓に振り分ける。
イージー卓は基本から5種、その他の拡張から5種選んでサプライを作る、イベントランドマークプロジェクトなし。
ノーマル卓はランダム要素をある程度組みつつコンボパーツが組めるようなサプライを置いておく。
アルティメット卓はvote(4人の参加者で2~3種選ぶ)でサプライ決定。
イージーとノーマルに関しては人を配置してから俺がインストしてプレイ開始していただく。
ノーマルに関しては補足説明をみねさんにやっていただく。
イージーノーマルがプレイ開始後、アルティメット卓に入ってプレイ。

U卓一戦目
大学 薬師 医者 望楼 シルクロード 賢者の石 巨人 宮廷 ネクロマンサー 悲劇のヒーロー
voteだったんだけど、俺がインストに時間取られることが確定的に明らかだったので
3人に3種ずつ選んでもらって、俺はラス1を選ぶことに。
で、ラストのネクロマンサーをチョイスさせて頂いた。

たけくら 0
みね 5
mはげ 8
シニチロ 12

12点1位。
voteではあったものの、みんなの好みが反映されまくってて
だれがどのカードを選んだか大体分かってしまったw
じゃあってことで俺は大学と悲劇のヒーローに着目して即答でネクロマンサーをチョイス。
予想外だったのは強いて言えば賢者の石か。
とはいえ、こちらの目論見通りならば、だれが悲劇のヒーローとろうが
ネクロマンサーで先手を打ったほうが有利になると踏んでいた。
mさんが悲劇のヒーロー再利用して賢者の石を7つくらい集めてウハウハしているころ、
しっかりヒーローが何枚取られてるかを確認し、石がいくつで打ち止めになるか、
次16金出すにはヒーローを何回起動すればいいかを数えていた。
(さらにいうと数えるべきヒーローは手持ちと、廃棄置き場にあったので目視可能だった)
賢者の石を取るためのヒーローを起動するためのネクロマンサーがはけることも考慮に入れ、
mさんがターンエンドしたところでみねさんは気がついていたのだがすでにネクロマンサーを手に入れるすべがなく、
俺がラスト石とネクロマンサーを枯らしつつ属州購入して以上。

U卓2戦目
宮廷 策士 学者 幽霊船 掘出物 剣士 仮面舞踏会 夜警 ドルイド 墓地
[ドルイドのBOON]沼の恵み 風の恵み 炎の恵み
[プロジェクト]道路網 運河

はた 16
シニチロ 9
みね 26
ゆーま 33

今度はルネサンスまで入れた全拡張vote、というか1戦目も特に制限付けてなかったな。
はた君、ゆーま君とどうしてもあと一戦やりたかったのでお付き合いいただいた。
ドルイドのBOONが神チョイスすぎる!とおもったんだけど、
アクション+がまるでない場だったので、宮廷+ウィルオウィスプでワンチャンするには遠いし
わりと見て居て途方に暮れた。
とりあえず剣士とって宝箱取って金貨かなーと思っていたら、
ゆーま君が初手5金幽霊船、マジか。
みねさんは落ちついてステロルートに入っていたが、
ゆーま君の幽霊船のクリティカル率、剣士の入り方、ドルイド仮面無視、
策士での18金2buyなどがことごとく作用して33点1位。強いわーこの子w
掘出物は取り返しが付かなくなるからやめておこうと敬遠したけど、
結局掘出物パワーにやられていた。
あとから運河+ウィルオウィスプイに気がついたんだけど、本当にあとから気がついたので嘆き悲しんだ。次は忘れまい。

U卓2戦目終了後はまったりタイム。
はた君中心にBACKメンバーでギルドと冒険のサプライが立卓していた。
見届けたかったけどわりといい時間だったので帰宅をすることに、
いけっちにリベンジしたかったんだがなーw

というわけでここまででゆるドミin上越のお話は一旦終了。
今回は参加者多かったこともさることながら、インストを長々やれたこと
長々やれたってことはそれだけ裾野を広げる活動になったってことだし、実際満足度が高かった、
とても面白かったという感想を直に頂いているのでこちらとしても開催した甲斐があった、超あった。
12時間ほぼ喋りっぱなしで帰りがけ若干喉痛いなと思ったけど
やっている最中は微塵も感じてなかったなー疲労。

開催しますエントリのレスに書いている通り、
第一回開催前に次回開催がすでに決定されてしまっているwので次回も間違いなく開催します。
今回の反省点も一通り出たんで、次回はもっと楽しい会にできると思う。
俺自身の感想も楽しかったです、大変充実しました。の2つに尽きる。
というわけで待て続報!

ボードゲームLAND 長野市に行ってきたヨ その3

基本的にLANDは水曜かぶりがあるので参加できないことが多い。
でも、でもだ。
先週金曜、Kalabar勢が「来週も長野行くっすよ」と言うならば、
ぱるさんが卒業してしまうならば行かざるを得ないではないか。
ということで今回も参戦してまいりました。

やったゲーム

●トポロメモリー

とりあえず4人だったので、なんか軽いのを…というリクエストを元に展開。
山札から一枚めくって場に出す、だけ。
場に出た札が2枚以上になり、かつトポロジー的に一致した場合に早い者勝ちで札を2枚一組で取ることができるかるた。
この「トポロジー的に一致」という部分、ぶうねん会でやったきりで思い出しつつやったんだけど、
正確なルールは

「パーツの数と穴の数が一致」

したら取れるらしい。
andでなくorで運用していたので最後場札が余ってしまった。
最初は勢いよく取れていたけど後半大幅にまくられて負け。
大体インストの妙は掴んだので、隙間に突っ込む有用なゲームとして持ち歩きたい。
スペース的にも!

●サントリーニ

tsunagnoに引き続いて立てた。二夜連続。
勝利条件は3Fに自駒を立たせること。
手番でやれることは一歩動いて1個建設すること、だけ。
建設そのものはレベルを1上げてけばいいのだけど、
一歩動く部分について、1フロア上がるは可能だけど、
2フロア上がれないという部分が相変わらず絶妙。
そして今回はトモさんお勧めの3人戦やってみることにした。
とはいえ、俺以外は初心者だったのでゴッドパワーの使用はない。
3人戦だったので考えることがむっちゃ増えている。
でもやることは変わらないのでくんずほぐれつの闘いになってしまう。
当たり前だけどガンガン建物が出来ていくのもプレッシャーに。
ラストは強制2択になったんだけど、
俺側の3Fが塞がれる形に。これはこれで悔しい。
ゲームと直接関係ないけど、土台を着色するときに、
当初は地面の色、つまりグリーン系というか芝生で統一しようかなと思っていた。
思っていたんだけど、やらんでよかった。
結局頭髪と同じ色にして視認性を上げる試みにしてみたけど、試みは当たったと思いたい。

●ダイヤモンド

ご存じインカの黄金

の原版。

元々はこっちのゲームが始まりで、それが版元変わったりだのなんだのでインカの黄金になったようですねえ。
そして俺、インカの黄金もっているにも関わらずダイヤモンド手出しました、何故か。
コンポーネントがステキだから。
インカの黄金は財宝カードというパワーカードがあるのが素晴らしいんだけど、
行くか戻るかをどちらかのカードを示して決めねばならない、これが案外面倒くさい。
本来は、というかダイヤモンドでは人形を握り込むか、握り込む振りして手の中をからっぽにするかなので
とても分かり易いしオペレーションが楽だった。
また、今回のダイヤモンドは改版ということもあり、
とにもかくにも獲得した宝石を入れる箱が豪華だ。
いろいろブラッシュアップされてるのはいいのだが、惜しむらくはなぜかインカの黄金から逆輸入されたカードによる行くか戻るか選択。
人形ももちろんあるので、今回は人形でプレイすることにした。
ただ、この人形をラウンドトークンと考えると、
たとえば人形を立てているプレーヤーは探索継続、寝かしたプレーヤーは探索終了みたいな見方ができるかもしれない。
それカードで代用できるやつなんだけど。
とまあ、軽やかにインストして開始。
この数年インカで勝ったことなかったのだけど、今回は欲の皮突っ張らせてみた結果、ダントツ一位が取れてしまった。
運ゲーということを強調したけど、本当に運ゲーだった。
運ゲー言うなら、入っていた飯島さんが後半のラウンドほぼオートプレイだったにも拘わらず
全体で2位という凄まじい好成績だったんだけどw
ラウンド3あたりでKalabar勢合流。

●デクリプト

俺はインストしかしていない。しかしながら、日本一デクリプトをインストした人を自認しているので、
だいちさんがインストしているところをインスト泥棒させて頂きました。
日本一インストしているかどうかはわからんが日本一デクリプトを楽しくプレイさせるという称号は欲しいかも。
経験者のKalabar勢が2人いたので白黒それぞれのチームにわかれてもらい、
改めてインストしてスタート。
以前上越でインストしたときには敢えて採用していなかった、
しかし長野ではデフォで採用しているハウスルール「解読30秒」で運用。
2ラウンド目で白が伝達失敗していたのでこれは長くて5くらいかなーとおもいきや、
俺も見たことがない8ラウンド目まで突入していた。
試合としては8ラウンド目で2解読成功の黒チームが勝利。
そしておなじみの単語当てクイズをしてみたが、これが意外に白チーム勝利…
というかほぼ4つ当ててた。(牢屋を檻といっていたくらいでほぼほぼ正解といえる)
多分白先行じゃなかったら勝負逆になっていたなー。

●pitango(pitango)

飯島さん持参のゲーム。
本当はこの直前にワードスナイパーやっていたのだが、
司会+ジャッジに徹したので参加せず。
デクリプト以来ワード系で攻めていたので、最後までワード系ゲームで攻めていったw
札を出しながらしりとりしていき、手札を全て出し切ったプレーヤーが勝利。
ただし、札にはお題が書かれており「まるい」とか「強い」とか
それと合致する文章をつくりつつ、単語はしりとりしていかなければならないという変則しりとり。
上記の例だと、

「まるい」>りんご
「強い」>ゴリラ

みたいな出し方になる。
文章の体を成していないなど、物言いを付けたければ?パネルを出すことで異議申し立てが出来、
同意が得られない場合は手札を出したプレーヤーは引っ込めなければならない。
基準は曖昧だが、とりあえず?は出していったほうが盛り上がる。
勝ち抜け方式ではじめたのだが、早々に勝ち抜けが出たので2周目が出たりして
勝負そのものは誰が勝ったか失念。俺は負けたってのだけ覚えているけど。
ペナルティをもっときつくすれば大人同士でもっと盛り上がれるかもしれん。
引っ込めるだけでなく+1枚とかw

今回はLANDというよりKalabar勢もてなしたいを優先したので、
ダイヤモンドを片付けきらずにデクリプトインスト始めてしまうとか、
わりとあるまじき行為をしてしまったことが悔やまれる。(しかも自分のゲームなのに)
メンバーが揃っていたとはいえ、蓋を閉めるのは持ち主がすべきであろう。

あとヘンリーさんがきていたのにキングドミノまたしてもやらずに終わったのが悔やまれる。
どのタイミングでやるか迷うのですよ。

わりとバタバタしたまま終了。
デクリプトは超絶気に入っていただけたようなので、次のLANDにももっていこうかな?

第九回ゆるドミin長野 開催します。

100万回遊んでも飽きないステキなボードゲーム、ドミニオン。
さまざまなカードが織りなすドラマ、増えていく手札。
圧縮される思惑、いろいろな要素が絡み合ってきっと面白い是非面白いカードゲームです。

ドミニオンの簡単な説明は以下を参照してください。
【インスト】ドミニオン

私シニチロがドミニオンやりたい熱をこじらせたのと、長野市SUBBOX応援企画として、

第九回ゆるドミin長野

を企画致しました。

日時:4月4日(木)19:00~(木曜開催です!)

場所:長野市 ボードゲームカフェSUBBOX
料金:SUBBOX利用料金に準じます。ゆるドミ自体への参加費は発生しません。

コンセプト
ドミニオン裾野開拓。ゆるーくドミニオンを遊びましょう。
ドミニオン立たない、待ち時間等は別ゲーム立ててもOK。
初心者、リハビリの方々にはルールインストも致します。

セットは私シニチロ持ち込みの1セット。(全拡張プロモあり)
基本カードが3セットあるのでトークンや避難所かぶりがなければ2卓立つ感じです。
SUBBOXの基本第二版をいれれば5卓(スペース的にギリギリ)立ちます。
また、お持ち込みいただける方については大歓迎です。

参加希望の方は下記フォームにてご応募ください。
飛び入りもできるだけ対応するようにいたしますが、
申し込み過多の場合はお断りする場合があるかもしれませんので、ご注意ください。

同人ボードゲームで遊ぶ会 with Red ℹ Gamesに行ってきたヨ@長野市SUBBOXに行ってきたヨ

実はあらしさんが主催!イベントでした。
元々同人ゲームで遊ぶ会単体でも参加する所存だったものの、
さらにKalabar勢も来るのであれば参加以外の選択肢がない。
というわけで行って参りました。

やったゲーム

●走れ!メトロ

吉池さん作ゲーム。
そういや吉池さんがゲーム作っているのは知っていたし、
製作苦労話とか聞いててちょー楽しかったんだけど、
肝心の何を作っているかは聞いていなかった上、探してもいなかったという一品w
知ったのはほんとつい最近ふとしたきっかけだったので、
満を持して登場というか、
やろうと思っていたところに丁度広げてあったのでみりあさんと2人戦開始!
帝東(仮想の東京かな)の地下鉄路線を広げ、
駅と駅を結ぶことで中間地点と駅の素点を掛け合わせて収入を得ていくゲーム。
全ての札を出し尽くしたら終了。
プレイする感じはカルカソンヌなんだけど、
やることは全然違う印象受ける。
ミープルとかがない分計算あまりしなくてフィーリングで置いていてもサクサク得点できて楽しい。
122vs106くらいで敗北。
やればやるだけうまくなれる気もあまりしないんだけど、繰り返しやってみたくはあるし、
なにより軽いってのが好印象なので、買いたし。
ミスターが地下鉄にピンとくればなおいいんだけどなあ。

●天下鳴動

マジョリティ取りゲーム。
同人ゲームではあるので今回の会にてあらためて広げようかな、と思っていたら
丁度4人になったしやりましょうか、ということで立卓。
相変わらずラストのぷよぷよがスリリング。
今回は12点を諦めて、というか12点が蝦夷にいってしまってたので
南北は早々に諦め、関八州の覇者を目指してみたらわりと京都らへんまで取れて
34点逃げ切り一位だった。
だんだんこのゲームの収支が見えてきたかもしんない。
というかこれだいちさんにやらせてあげたかったな。
新潟もってくだけもってってみるか。
これが終わったくらいでKalabar勢到着。

●クロxクロ

都合2回やっている。
一回目はにしけんさんと、というかインストのつもりが
多重のときのカウント忘れとかしてて俺のインスト危ういんですけどw
花をさかせること、テントウムシとアブラムシのルール、セットアップと置き方について説明し、スタート。
スタートしたのはいいんだけど、
2人戦でしょ。のっけからヘンリーさん(世界チャンピオン)とかの目を背負ってて超緊張した。
という言い訳。2セットマッチでやって2本先取されて負けました。あれ?w
今回の同人ゲーム会はKalabar勢を迎えるということもあって、
クロxクロトーナメントも開催されていた。
トーナメント、一回戦でヒラさんと当たって16-7で敗北。
今回は時間制限ないからわりと考えてやったつもりだったけど、
引きが、引きがあああ。
優勝者は世界チャンピオンのヘンリーさんと対戦する予定だったけど、
ウラキチさん(Kalabarボドゲ部、B.A.C.K部長)が優勝したのでエキシビジョンはなし。
ところで、進行についてだけど、Kalabar勢がきっとクロxクロKalabarバージョン持参するから
俺立てなくても大丈夫かなーとおもきや、
SUBBOXの一卓分しかなくて、進行が兆停滞していた。
参加人数は読めていたのにこういうとこで時間損するのは如何なものかなと思ってしまう。
トーナメントとかやってなきゃ1卓でも全然アリだとおもったけど。自省込みで書いておく。

●メックメイカー

同人ゲームでしょ、ということで満を持してペイントしたやつ展開。
総じてウケよかったです。フィギュアの。
とりあえずにしけんさんと2人戦。2人戦と書いたけど2人用ゲームでした。
メックメイカーと題する通り、腕、胴、脚の3パーツから
「メック」と呼ばれるロボットを作成する。
ゲームの目的自体は自陣のコンテナを敵陣まで運び込む事だけなんだけど、
コンテナを動かすことができる条件が、

・メックの破壊(3マス)
・激戦地区の自メックのみでの制圧(メックx1マス)

だけなので、
メックを壊すことで目的に近づくことができる。
自身で回したときにすでに思っていたけど、
カードの視認性がイマイチだった。
パーツを構成するカードと、山札の裏面が同一なので、混ざると分からない。
でも手札では混ざってしまう。
メックをいくつもっているかカウントさせるのを防ぐ措置かもしれないが
メックが何残っているかはフィギュアで可視化されているのであまり意味ないしなあ。
もう一つ、カードがどのパーツかを絵的に表示してあるのだが、
元々は白いフィギュアだったので、カード絵も当然白く、
ペイントしたことでカードと現物の乖離がちょっと激しく、
カードに色を塗るかどうか逡巡している。塗らないと思うけど。
というわけでプレイ自体は面白いんだけど、そしてコンポーネントも良く出来ているハズなんだけど、
プレイアビリティで大分損してしまっている印象を受けるゲームだった。
面白いんですよ、でもそこをカバーする力量が必要というか。ペイント含めて。
我らの闘いが終わったあとも違う組で回っていたのでやはりペイントしておいて良かったと確信。
「触りたくなる」って需要だと思うんだ。



●雷轟

POP帰りににしけんさんが本日参加すると聞いた瞬間に、
雷轟をにしけんさんとプレイする絵は描いていた。
他にもREDiでやりたいゲーム一杯あったけど、とくにウラキチさんのクスリのリスクは
ブラッシュアップ期待とか自分で書いておいたのでブラッシュアップ版をちょーやりたかったけど、
でも雷轟を優先した。
中身は以前紹介した通り、一言でいうとアタック要素ありのすずめ雀。
一般的にいうとアタック要素ありの簡易麻雀。
まず何がびっくりしたって、だいちさんがレーザー刻印機を調達し、
牌がきちんとしたフォントで書かれていること、雷マークもあるし。
巻物もサマリがついたものに。もうなにもかも立派になっている。
あまつさえペイントしていないので木の香りが心地よい。
ルールは大体一緒だけども、大きく変わったのは6段積みしたときの刻子順子の組み合わせが○になったこと、
同じ言霊は手番中2回までしか唱えられなくなったことかな。
前回終盤の蛇連打とかひどかったからな。
だいちさんの懸命な巻きインストを終えてプレイ開始。
開始時点で23:30なんだから巻くしかない。急がせてないw
なにげに4人戦で、かつチーム戦が初。にしけんさんと組んでやることに。
終始リードを取っているはずだったが、最後にぱるさんに捲られて同点エンド。
にしけんさんが四段積んでイチバンしたに関係ない牌を巻き込んでいたので
その気になれば斬できたんだけど、知る由もなくスルーしてしまった。
チーム戦はなんらか意志の疎通ができる仕組みがあると良いかもしれない。ごいたくらいのレベルで。
あれは相談禁止だからまた難しい参考だと思うけど。
にしけんさんぱるさんは言霊の把握でいっぱいいっぱいだったっぽい。でも気に入ってくれた様子、ありがたい。
だいちさんはこれをできるだけお安く出したいと言っていたが、
俺の初見では6Kでも問題ないと思っている面白さと出来。
あとはマニュアルとプロモーション。というかプロモーション。そのへんはクロさんに軽く言っといたけど。
試してないけど導入用に言霊無しでプレイするバリアントとかあってもいいかもしんないな、と思った。
今後に期待だし、俺も出来ることあればからみたいなこれ。
つーかレーザーカットマシン買おうかなと本気で検討を開始。

てな感じで気がついたら日付変わっておりました的な。
同人ゲーム会と銘打っていたけど実質はKalabarが長野降臨みたいなイベントで、
全然アリだったし、しかも同人ゲームができて、かつ面白かったので大変満足。
来週のゆるドミin上越は逆にこちらがお邪魔する側になるわけだが、そちらも楽しくしたし。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第14話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

Reef
ブラフ
真贋のはざまで
ワールドモニュメント

カタン
カルカソンヌ
インカの黄金
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
ハピエストタウン
ワードスナイパーファミリー
おねだりマシーン2.0

全17種
参加者9名

やったゲーム

●ウボンゴ

俺…ではなくビリ男さん持ち込みゲーム。
序盤で大分リードしてたのでいけっかな?と思いきや
後半セキグチさんに大分まくられて、終わってみれば10点差くらいで死んでいたw
赤とれるかどうかがわりと運ゲーなんだよなー。
これをやるといつも女帝さやちゃんを召喚したくなるので、
長野来ることあったら是非胸を貸して貰おう(もはやリベンジの気概なし!)
女帝が強かったことを勘案するとだ、
このゲームに関しては少なくとも稽古すれば強くなる、ということが実証されている。
セキグチさんジョジョ君は3Dを先にやったので
こちらが原典と知るとちょっと驚いていた模様。

●真贋のはざまで

tsunagunoに続いて2回目。5人戦。
実は5人でやるとそれなりに、というか
普通に中量級ゲームだった。
ここで俺のルール読みミスが発覚。
お金は持っていてもある職業カードを持たない限り勝利点にならない。
tsunagunoでそのままやってたから気がつかなかった。
いやそれ全然ゲーム変わるんですけど、ということで
俺ビリ男さんつちのこさんのお金収集チームが死ぬ。
うーん、本当に申し訳ない。
申し訳ないのだけど、もっかいきちんと立てたいなあ。
絵の偏りもわりとあったので、その辺もどうにかして是正したい。
勝負そのものはセキグチさんが3億点↑で勝利。

●ワンナイト人狼

真贋やっている最中に隣がオルビス立てていたので、
オルビスが終わるまでの間、軽めのということでスタート。
通常VerにモンスターVerのハングドマンを入れる。
2周やってどちらも人狼側勝利。
というかワンナイトは一晩で2匹吊らないといかんので、
そのへんもう少ししっかり念押ししないとあれ?ってことになるなー。
もっというと通常版じゃなくて、
この機会だからこそ狂気Verをやるべきじゃあなかったか…?

●サイズ -大鎌戦役- (SCYTHE)

念願の初サイズ。
というか俺がサイズやってないと告白すると方々で不思議な顔されるくらいメジャーなゲームだったりする。
やることは、お金を稼ぐこと。
巻きでやったので大体のバックストーリーは聞いたんだけど、
じゃあなんでそこでお金が勝利点なのか、って話に触れてなかったw
じゃあどうやってお金を稼ぐか。
わかりやすく内政ボードで稼ぐ、最終得点計算で稼ぐ等が存在する。
じゃあこのゲームの「戦役」ってなんだ?
最終得点計算では民心ポイントに対して、領土をいくつ支配しているとか
資源をいくつ所有しているかとかで報酬が変わってくる。
うん、つまり沢山支配する、とくにど真ん中のファクトリーを支配すると良いわけだな。
俺はクリミア国をチョイス、チョイスというか配られたんだけども。
戦闘カードがガンガン貰えるし、あまつさえそのカードを資源代わりに出すことも出来る。
戦闘民族サイヤ人みたいな国だが、その分生産が若干滞る印象を受けた。
ワーカープレイスメントと誤解していたが、完全にワカプレというわけではなく、
もちろんワーカーがいないと資源が生み出せなくて困るんだけど、
メックという機械が存在することで河が渡れたり、
ワーカーをメックに乗せて移動させられたり、他国のワーカーを追い出したり戦闘して支配権を得たり出来る。
また、主人公に値する「キャラクター」コマがあり、こちらもメックの能力を開放するにつれて
同様の行動が取れるようになる。ワーカー乗せられないけど。
5人戦。
最初はやること大杉で飲み込みづらいとは思っていたけど、
前々日にオーディンをやっていたおかげと、ビリ男さんのインストのおかげで
とりあえず必要たる行動は絞り込めたかなと。
むしろ周囲のインタラクションというか、
☆6を達成したらゲーム終了なので、しまさんがガンガン戦闘勝利して☆置いていくのみて焦った。
ラストはお金をカウントし、しまさんのお金ではおいつけんだろうと判断して、戦闘わざと敗北して☆献上終了。
さて、最近ワカプレづいていたせいだと思うんだけど、
エリア報酬が1エリア2点ということをまったく勘案しておらず、
マジョリティで2点つくと勝手に誤認していた。誤算にもほどがある。
ファクトリーを支配し続けたのでエリアはそれなりに伍する結果になったものの、
最中的に1点差で敗北www
ぶっちゃけすげー面白かったので、確保するかどうかちょー迷うやつになってしまった。
(迷う理由が他のワカプレやりたい、なんだけど)

やってないけど立卓してたゲーム

●オルビス

以前柳町でやったゲーム。
ヘクスを組んでいって最終的な勝利点を求めていくゲーム。
もっかいやっときたい感じ。

●コードネームデュエット

サイズ長過ぎだったのでつちのこさんとふみえさんで立っていた卓。
長過ぎ申し訳ない…

ここまでやって、今回も遅めな終了時刻でお開きとなりました。

というわけで次回は4月第1週

2019/4/2(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。

松本POP行ってきたヨ その1

さて、みなさんがPOPPOPゆってるから、
俺はてっきり会の名前がPOPだと思って居たわけですが、

松本市ボードゲームサークル”POP!!” 

が主催する

【3月17日(日)】ボードゲームで遊ぼう会vol.70

でした、認識改まりましたので次回は改題する予定。

なかなか南信には行くことがないわけですが、今回いろいろな偶然が重なり、
にしけんさんの車に同乗させていただけることになったので、満を持して参加することになる。

車に乗ってみたらすでにビリ男さん希瀬さんがいて、キタさんもにしけんさんもおり、会場にはすでにおぎやさんがいて
北信勢は俺あわして6人という、あれこれわりといつもの布陣?とおもいきや、
それでも圧倒的にあったことないひとが多かったので新鮮新鮮。
お初やから主催のなおゆきさんにご挨拶したら「ツイッタ読んでいます^^」と。
おおっふ、すでにご存じでしたかでも改めてよろしくお願い致します。
川崎さんやもりりんさんはすでににしけん会で会っていたりするのでご無沙汰していますm(__)m

やったゲーム

●フランチャイズ

ここ最近一押しな縮小再生産ゲーム!w
目的は自分のフランチャイズ店をガンガン立てて都市を独占し、勝利点を得る事なんだけど、
都市に出店するたびに収入は漸減していく。なんでだw

ゲームの重さのわりに回数やってるはずなんだが、勝てないw
インストすると勝てない病というのがあるのでそれもあるかもしらんが、人によって筋が全然変わるんで、
前回これで負けたから、今回こうやってみよう、が通用していない感じ。
いやいや面白いんですよ?
また序盤と後半しかないという後半収束性が非常に強いゲームなんで、
一瞬の油断が命取りな感じもたまらない。
今回は希瀬さんと俺以外の3人が初参加という5人戦。
軽やかにインストし、軽やかに5番手取って、軽やかに動いていたはずが、
僅差で負けていたッ。
お金あったし、ボーナスカードも持っていたので、もうすこし積極的に都市なりエリアなりをとるべきだったかー。
俺的には損切りが非常に見極めがたいゲーム。
またこれ手番が変わったら考え方リセットする必要があるんだろうなー。
ワカプレとはまた違った、勝ち筋がいろいろあるゲーム。
マジョリティを取るのが基本なのに、癒着度合いをもっともっと煮詰めないと辛いかもしんないゲーム。
いろいろ考えることあるなー、録画なりして反省したいわ。

もりりんさんが非常にやりたがっていたのに2回目立てられなくて申し訳ない。
次回いけたら必ず立てさせて頂きます。

●スカル

何年前だろう、髑髏とバラって触れ込みで一回やったんだから多分5年位前か。わりとすっぱりルール忘れていた。
やることは自分の目の前にゴーフル…ではなく、手持ちのパネルを一枚出し、
あとはスタートプレイヤーがコールするか、一枚パネルを重ねるかのどちらかを手番順に行う。
コールはつまるところ「何枚めくりますよ」の合図で、宣言した数と同じだけの花が各プレーヤーのパネルめくって出現すれば1VP。
めくっている過程で髑髏が出たらドボン。
また、めくるのは必ず自分のパネルから。2VPで勝利。
最初はルール飲み込めてなくていきなりパネル2枚失うが、
あとはブラフを立ててそうなところを避けつつ2枚で粘る。
6人戦、てかおぎやさんとボドゲしたの久しぶり?
粘ったのはいいんだけど希瀬さんが2VP取って勝利。
うーん、でも次は良い結果残せそうではあるw

●オーディンの祝祭

満を持して、というかウヴェ様作のワカプレ、ゆにさんが以前おもしれーつってたよな、
そういえばキタさん昨年小諸いったときオーディンやりてへ!と言ってたけどやれずじまいだったよな
なんならLINEでも強調していたよな、とかいろいろな思いが積み重なって立卓w
もちろんやってみたかったので参加、4人戦。
やること、本来は海賊が頑張る話…なんだけど、
今作は個人ボードを各自受け取り、そこに記載されているマイナス勝利点を獲得物パネルで埋めていくのが目的かな。
それだけではなく、自分が所有している商船やら、ドラゴン船やらをどんどんパネル上部に移動させて勝利点を稼いだりという要素もあり。
というか移住の点数超でかい。
今までのワカプレではとりあえず畜産やってないと死ぬだったんだけど、
今作に関しては畜産なしでも行けた。あれ?
ゲームの流れはメインボード上に1-4人の好きな人数を配置して、アクションを行う。
手持ちの駒は初期6人、ラウンド毎に追加されて最終的に12人。
アグリコラとかと違って最初からすべてのアクションが開放されているので、
素材さえそろってしまえばわりとやりたい放題。逆に言うと何して良いか分からないw
最初のボードで80点近い失点がすでに存在しているので、とにかく7ラウンド終了までに
できるだけタイルで失点を覆い隠さなければならない。
また、収入を増やすためには収入マスに対しての縦横がすべて埋まってないと埋めることができないという
特殊なパズル要素もあったりする。
4人戦4番手から開始。
とりあえず素材かな?ということで木材を取る、マスを埋める。
それから探険ボードという追加ボードで加点と収入を早めに期待する、みたいな作戦でいってみた。
終了し、78点2位。
船の移住アクションという、船を使えなくするけども大量得点が見込め、さらにラウンド毎の食糧が減らせるという行動と、
もう少し追加ボードの失点を抑えれば100点台のったかなー。
うまい人は180点とかいくらしい。まだまだじゃな。
というかこれはよかった。置き場所を作ったらお助けしようw

ところでスタートプレーヤーマーカーが、最初こんな感じで置かれていたんだけど

普通に生ハムかと思ったw

●天下鳴動

オーディンはなんだかんだでインスト込み5時間くらいやっていたのか?
本来は18時に帰る予定だったけど、にしけんさんたちのサイズが開始されてしまったので、
サイズが終わるまでに軽めのゲーム、ということで2日ぶりに出してきました天下鳴動。
いやーマジョリティマジョリティw
11の国取りを行って、できるだけ勝利点を稼いだ人が勝ち。
オーディンのメンバーそのままで4人戦。
基本煽り合いというか、あれこれ癒着で進めるゲームのはずなんだけど、
もう4人とも疲れ切ってて出目いいとこでバチバチw
競うと競うだけ1兵士あたりの勝利点が薄くなってしまうのだが、
希瀬さん以外の3人わりと京都周辺で兵士溶かし、希瀬さんがそのまま30点取って1位。
フタを開ければ大城4つも取られているじゃあないですか、しかも6,10が無血開城w

止められるものなら止めたかった。(千曲市 Sさん・自営業)

●GREED

鳴動やってもまだ時間がちょこっとあまったので、
EMaさん持ち込みのダイスゲーム、GREEDをプレイ。
俺、キタさん、希瀬さんの3人戦。
6つのダイスを振る。ダイス面にはそれぞれ$GREED(Eつは色が違う)が
出目の揃い方によって得点がいただける。
得点をいただける面を確保して、役が出続ける限りダイスは振り直しができる。
ただし、最初のラウンドは通算500点を獲得するまで上がり止めはできない。(ハウスルール、本来は全てのラウンドそうらしい)
また、6つのダイスを使い切った場合は強制振り直しとなり、次の出目で何らか役ができていないと上がり止めができない。
($GREEDが出来れば1000点獲得できるが、続けて振り直しを1度する必要がある)
累積5000点を獲得すると終了フラグが立って、そのラウンドの全員の手番やって終了。
さて、2投目でまさかの$GREED達成。うお早い!
あまりの衝撃と、疲れていたので写真とりわすれ、くっそうw
序盤で2000点くらいのリードをとってそのまま逃げ切り。
5ラウンドくらいで終了さしてたので、1ラウンド平均1000点くらいか。
その後もそれなりに役を重ねていたので。
運ゲーだけど、さくっと始められてサクッと終われて素晴らしい。
単価もそれほどじゃあないので、来月購入候補筆頭に。

とまあ、フタを開ければ北信メンバーとばっかり遊んでしまっていた。
重たいゲーム2発できて大変満足ではあるものの、重ゲーをやってしまうと交流が薄くなってしまうのがジレンマかな。
フランチャイズとかもできれば立てたくて、流行らせたかったし。
という無念部分は次への課題ということで、楽しみました。
また来るぜ塩尻!

余談:
にしけんさんが南信いくたびにうまいうまいと絶賛するつけ麺や、尚念。
ようやく念願叶っていける!とおもいきや「材料売り切れのため、閉店」とのこと。尚念無念!

ゆるドミin上越 開催します。

いつもは長野で行っているゆるドミ、今回は上越karabarにて出張開催を行います!



100万回遊んでも飽きないステキなボードゲーム、ドミニオン。
さまざまなカードが織りなすドラマ、増えていく手札。
圧縮される思惑、いろいろな要素が絡み合ってきっと面白い是非面白いカードゲームです。

ドミニオンの簡単な説明は以下を参照してください。
【インスト】ドミニオン

●日時:3月30日(土)11:00~21:00

●場所:新潟県上越市

Cafe & bar Kalabar
最寄り新幹線駅:上越妙高駅
(事前に連絡いただいた方は、上越妙高駅まで送迎致します。)

●料金:800円

(参加費・ワンドリンク付)

●コンセプト

ゆるーくドミニオンを遊びましょう。
ドミニオン立たない、待ち時間等は別ゲーム立ててもOK。

初心者、リハビリ勢大歓迎!ドミニオン歴が無駄に長く、
かつ丸一年毎月インストしてきたシニチロが懇切丁寧にルールのインストをさせて頂きます。

セットは私シニチロ持ち込みの1セット。(全拡張プロモあり)
私持ち込みのドミニオンで5卓(スペース的にギリギリ)立ちます。
また、お持ち込みいただける方については大歓迎です。

●イベント

8人以上集まったらスイスドロー大会開催予定です。
優勝者にはカラバル様より賞品が進呈されるとのことです!

参加希望の方はこの

・ブログにレスをつける
・@synitiro宛にDM
・その他なんでもいいのでシニチロに連絡

等で申し込みをお願いします。

飛び入りもできるだけ対応するようにいたしますが、
申し込み過多の場合はお断りする場合があるかもしれませんので、ご注意ください。

ボードゲーム会@そる亭に行ってきたヨ その8

月一開催のそる亭(http://www.cafezac.com/salty/)ボードゲーム会に行ってきました。
…前回のレポートみてから行けばよかったかいな。
クリーチャークラッシュの件すっかり忘れておったわい。
今日も今日とて収容ギリギリな感じの賑わいを見せていました。
いいね、長野市ボドゲ盛り上がっている。

やったゲーム

●天下鳴動

11の国を取り合い、天下に号令するゲーム。
自分のやることは18個の兵士タイルを各国に配置し、
最終計算のときに最も多くなるようにしむければその国に対する勝利点が頂ける。
マジョリティを取れってやつですな。
俺最近マジョリティづいてるけどこれもマジョリティでした。
だって面白いんだもん。
このゲームの素晴らしいところは価格…もそうなんだけど、
11の城にはそれぞれ2-12の勝利点が記されており、
最終得点計算は2の城から順番に行う事、
そしてマジョリティが取れた場合、隣接している国に自分の兵士が一人でもいれば
援軍を送ることが出来る。連鎖ってやつだ。
城の得点は公開情報なので、
どの城が連鎖しそうか考えつつマジョリティを取ることが大事。
もう一つ、プレイヤーは3つのダイスを振る。
このうち、ダイス2個は目的の国の数値、あと一つのダイスは出兵数の決定に用いられる。
兵士は1-3まで配置可能なので、長くても8ターンくらいで終了する。
つまり、ゲームもそこまで重量級にならない。
4人戦で、2手番目のトモさんが12の国(というか関東一円)に配置したので、
俺は西日本の覇権を握る作戦で。
京都近郊まで大分競ったんだけど、36vs34の2点差負け。
琉球のマジョリティがとれてればーーー。

●ピクトマニア

お絵かきゲーム。
ただしそれまでのお絵かきと違って、スピードお絵かきゲーム。
お絵かきをし、他のプレイヤーが書いている絵のお題を予測する。
お題は常時18個提示されている上、自分と同じ数字のお題がかぶることはありえないので、
実質15択とも言える。
ともかく早く書く、そして早く推理する…と思いきや、
自分の絵を当てて貰わないと、
自分の得点トークンが=失点に繋がるため、
のんびりしていても死ぬけど、じっくり書いたわりに推測不能だとそれも死ぬという、
いろいろ死ぬ要素が多いゲーム。
お題カードはラウンドによってレベル1~4まであるが、
レベル2の時点で「モンテクリスト伯」とか、どう書けば分かってもらえるんだよ的な要素が増える。
おまけにこのゲームの妙として、推測失敗した番号札は没収というルールがある。
一度はずしてしまうとゲーム中二度とその番号を指定することができない。
すなわち発言権を放棄するようなものなので、慎重な対応が求められる。
結果は俺が-8点のビリ。
今回場所の都合上狭い机でプレイしたが、
十分なスペースがないと、俺みたいに推測すらしてもらえずにマイナスをとり続けることになるので、
次はもっと広い机でやることにしよう。
推測されなかったのはあくまで立地の上での話であって、
画伯の絵が秀逸すぎて凡人に理解不能だったとかそういうアレを主張するつもりは微塵もない。

●禁断の砂漠

直前までスピード系ゲームをやらかしていたので、
リクエストを聞いたところ、ゆっくりゲームが良い、とのことだったので砂漠チョイス。
本当はテストプレイのレガシーをやろうと思っていたの、でも箱間違えてノーマル版持ってきていたの。おれのばか。
砂漠に不時着した5人が飛空艇のパーツ4つを発掘し、
発着場から無事脱出するゲーム。
何度かやっているけどそる亭では初かな。
飛び飛びでやるのでインストが不安定。
プレイヤーカードもとくに和訳を貼ってないので、都度説明せねばならない。
つーか和訳作ろう、不便だ。
ゲームそのものは大変面白いからこゆとこで損するのはよろしくない。
協力ゲーの例に漏れず、ターン終了する度に災害カードを規定枚数引く。
砂漠はどんどん動く、その上動いた砂漠にはどんどん砂が積まれていく。
砂が2枚積まれると埋没状態となり、そのマスに移動できないし勿論発掘もできない。
埋もれる前に掘れ、がこのゲームの一番大事なところかもしんない。
でも最初のうちはどんどん水も涸れてしまうし、
5人でそれこそ各自の行動を相談しながら慎重にゲームを進める。
今回は給水士がいないというハードモードでスタート。
なんだかんだでアイテムをそれなりに取得し、
飛空艇もきちんと汲み上げたのだか、ゴール行く前に干上がって死亡。
いいバランスだ。次はホットショットもってこうかな。

YAMABOKU 知的障害の子とボドゲを遊んでみる 171 そしてドミニオン

趣味全開の1泊2日だったので報告。

前回の合宿がミスターに大好評だったので、
また行く、とは書いていた。
その後ミスターはスキーが上達し、俺はやまぼくというかセルバン再びの機会を狙っていた、ところ

このイベント。

知らなかった風に書いてみた、けどネタバレするなら半分しってた。
ひろきさん曰くともかくアナログゲーム盛り上げたい、願わくば定例会を作りたい、と。
ただ、普通のゲーマー共に混じってミスターがゲームするのはまだちょっぴり敷居が高いこと、
なにより土曜日は普通に仕事なんで、終わってから参加することとなった。
いやー山田牧場近くてよかた。
そんなわけで趣味全開の2日間が始まるわけだ。
まずはヘリで優雅に現地集合

ウソです。

でも初手ヘリはホント。
集まりがどーなってるか不明だったけど、途中でひろきさんに連絡した時点では
ビリ男さんアラシさんが来ている、あと「蓼科のカップルの人が来ててシニチロさんを知っているそうですよ。」
ん?誰だ?
俺今年名前売りまくってたから誰かに知られててもオカシクないけど、カップルは一組しか思いつかん…ぱるさんか?

…正解でした。
なるほどそういや移住ゆってたわ。
てゆか来るって言ってくれれば俺もちょい早くセルバンいったのに!w

挨拶もそこそこに、というかゲームは開始されてたのでミスター込みで割り込むわけにもいかんじゃろう、
ってなわけでミスター雪遊び、俺はヘリ遊び。
本当は飛行機行きたかったんだけど、前回の飛行場は徒歩移動が困難になっていた。
雪があるのは素晴らしいけど圧雪しないと先すすまんw

久々のヘリ、いろいろ不手際があったけど飛ぶは飛んだ。
でも、しかしながら、雪山でしょう、寒いとバッテリーの持ちがすげー悪かった。
大容量バッテリを持ち込めば良かったんだけど、次の大きさになるとヘリに収まらないしなあ。
予定の一つだったセルバン空撮はできたけど、イマイチ。
やはり撮影性能はドローンの方が高い。当たり前だけど。

ヘリ終わってからセルバンに戻る。
ぱるさんが帰宅し、ビリ男ディーラーでポーカーが始まる。
さすがにそれは参加せざるを得ない。
ミスターは見学、というかタブレットで動画を見て良い許可を与え、ホールデムる。

トーナメント。ノーリミットホールデム。
プレイングディーラーを行ったビリ男さん、の運用を行ったアラシさんが優勝。
ぱおさんも含めて6人戦だったかな。
まさかポーカーやれると思ってなかったので大変満足。つーかポーカーおもしれえよ。
ポーカー終了後ビリ男さん撤収、しかしながらアラシさんいてくれたので、
飯食ってからの知ボドに突入させていただいた。
ひろきさん、アラシさんを加えての4人戦。

●重機りんりん-17

うちでは定番のおはじき集め建設ゲーム。
建設と書いたけど、解体も建設に含まれるんだよね?
もちろんひろきさんとアラシさんは初なのでインストからスタート。
真面目にインストするとすっげえシビアな印象もたれるんだよな、このゲーム。
もちろんシビアではあるんですけれどもw

★観察できた内容
ミスターが入っているので2ラウンド制ということでスタート。
でもミスター、思った通りの工事が入手できなくて涙目になってラウンドおかわりを要求。
そんなわけで、急遽3ラウンドに変更。
ともかくこのゲームは1枚でもカードを取ることが最重要なので、
とりこぼしなくカードを取りつつ、箸が一番経験値の多い俺が6点1位。
結局最後は箸。真面目にゲームするなら。
ミスターは17回目にして漸くルールが飲み込めてきた。
飲み込めてきたのはいいんだけど、そこがASDの悲しさというか、
2種の工事パワーのうち、満たしている条件から選ぶ、というところでどうしても苦戦してしまう。
がんばれ、君はまだまだこれからなのだ。

●ハピエストタウン-17

街作りゲーム。
ひろきさんはやったことある感じだったので、アラシさんにインスト。
こちらはミスターに分があるかも…しれない。
経験ありといっても子供ルールをやるのは初だし。

★観察できた内容
確か初手ミスター。
そしてミスターいきなり「家」を買う。(勝利点1、収入0)
アラシさんも家を買う。
俺とひろきさんは条件を満たすまでしゃがむプレイ。
ミスターはいつになく収入でかかったんだけど、
ひろきさんのクレバープレイに一歩およばす。ひろきさんが13点1位。
ゲーム開始直後に「このゲームに関してはミスターに対して容赦無く運営しております」
と宣告しておいたので、みなさんしっかりプレイしてくださった、本当にありがたい。

●キャプテン・リノ スーパーバトル-12

定番…にはなっていないんだけど、比較的プレイ回数が多く、
ミスターがフルルールでやっており、かつそれなりにスキルが見込めて
かつ盛り上がり、映える、という条件をクリアしていたので開始。
みなさんルール大丈夫すかね?と確認したらミスターもルールわかんなくて軽くがっくり。

★観察できた内容
相変わらずミスターの思い切りの良さは凄い。
悪く言うと何も考えて居ないのだろうけど、よく言えば切り替えが超早い。
そしてその判断が概ね良い方向に作用している。
なので、おそらくというか確信に近いんだけど、ゲームにセンスというものが介在するなら
センスは間違いなく俺より良いと思う。つまり奥さんの血かなと思う。
このへんいろいろ書いておきたいんだけど話がそれる。
うちでやる平均hightは達成し、そしてひろきさんが絶妙に湾曲するエリアを作ったおかげで
ミスターの思い切りの良さがさらに加速。
アラシさんが崩壊し、その時点でメダルを保持していたミスターが勝利。
ダイス運があるとはいえ、このメンツ相手に1位を守りきったミスターすげえぜ!

ガッツリ盛り上がったのは良いんだけど、この時点で8時半。
あ、しまった。ミスター寝る時間じゃん!ということで急遽風呂に入って寝ることに。
さすがに寝かしつけをしたあとだとアラシさんは帰宅だと思うので、御礼をいっておやすみなさい。

Reef

ミスターを寝かしつけたあと、密偵さんが「ウイスキーでうまいのあるんですよ」とおっしゃるので期待しつつ次のゲーム。
なにをしたか、Reef
積んでることをふうかさんにむっちゃ突っ込まれたゲーム。
翌週稼働させるのですよ、と大見得切ったが2週後になってしまった。まあいいか、誤差。
カードをプレイして、どんどん珊瑚礁をつくっていくゲーム。
やることは単純で、カードを引くorプレイする、だけ。
珊瑚礁の段数も4段までと制限がかかっているので見た目に反して超分かり易いゲームだと思う。もっと早くやっておけばよかった。
というか知ボドに入れてもギリいけるんじゃあないかと思っている。
最初は密偵さんと2人戦の予定が、
途中でぱおさんが入り、アラシさんを送ってったひろきさんが入り、結局フルメンバーでやることに。ありがたい。
とにかくやってみないとわからーん、ということで適宜ドロー適宜プレイの方針で挑む。
1人で回している時にはまったく気がつかなかったけど、4人でやると案外サンゴ切れが早い。
体感9ラウンドくらい。
最後は密偵さんの15点プレイで一気にまくられて終了。たしか2位。
繰り返し言うけど、すっげえ分かり易い上に映えるゲームなんで、次の夜ボドにももってこう。面白いし。

写真撮り忘れたけど、トリスのハチミツ入りウイスキー、すっげえうまかったです。

フランチャイズ

tsunagunoで一回やってる上に、ゲーマーが集まる場所なら出すべきでしょう、ということで展開。
最低90分のつもりで説明し、ぱおさんは残務があるので抜け、4人戦。
このゲーム、何故異業種同士でフランチャイズが競合するか、とかは考えてはいけない。
ともかくマジョリティを取ればいいのです。
ただし、参加したメンバーがメンバーなので、
マジョリティとるゲームだから喧嘩してはうまくいかんですよ、という説明がみんな腑に落ちてた模様。
表面上は、そしてゲーム盤上はすっげえ仲いいんだけど腹に含んだものが全員の頭で共有されるという恐ろしい展開。
90分のはずが余裕で3時間越えていた。
トリスの一滴は血の一滴ってくらいトリスうまかったし、黒龍もうまかった。
つまりダイキチさん以外はわりと酩酊状態だった気がするのだけど、勝負自体はすげーシビアだった気がする。
2時間越えたくらいでぱおさんが来て「まだ終わってないの?」と聞いてきたけど
この時点でエリア計算1箇所だけだったしな。(ただし残り8箇所の計算はある瞬間にいっきに訪れると予想していた)
2時すぎてもそろそろ寝ましょうか、みたいな話には全然ならず、
最後の一手まで思考を突き詰めて勝負してた。
勝敗そのものはひろきさんの勝利。80点越えてた。
というかひろきさん所見強い人なんかな?シントラやったときも86点とかだったし。
ちなみに俺は最下位。唯一の経験者なのに!w
1位と20点ビハインドでした。

2日目

相変わらずミスター早起き。俺は前日(というか当日)全ての力を出し切って眠いのに…w
朝イチでミスターがひろきさんにからむのももはやお約束。

とりあえず朝飯ということでペンギーノキッチンへ。
ここ、昨晩の夕飯もそうだし、お酒のつまみ、朝飯と
三食ベーコン尽くしだったにも拘わらず、燻製超旨かったにも拘わらず、
食い終わったあとで写真撮り忘れに気がつくという大失態。
まー食レポじゃないから良いと言えば良いんだけど、もったいない。
本当にベーコンうまかったです。

食事後はミスタータブレットタイム。
そして俺はドミニオンタイム。
前回ダイキチさんとやれんかったの心残りだったしね。
起床一番のダイキチさんが「ドミニオンやりにきましたー」と言っていたのが印象的ィw

1
玉座の間 魔女 拷問人 破壊工作員 よろずや 伯爵 案内人 軍団兵 守護者 悪魔祓い
城郭* 輪作*
属州場-屋敷場

ダイキチ 21
密偵 21
シニチロ 37

4-3で一番手。これはもうよろずやしかないなー、相手に5きませんように、と思って居たら密偵さん5-2
死んだ。と思いつつ淡々とよろず。
潮目が変わってきたなと思ったのは最初の守護者で魔女をガードしたとき。
なるほどだったら城郭と軍団兵でハンデスコンボ組んで、かつ守護者が場に残れば
デッキ枚数さほど膨らませずに8金でるんじゃね?が大当たり。
呪い被弾1枚のみで勝利。

2
研究所 パトロール 漁村 策士 シルクロード 死の荷車 橋の下のトロル 恵みの村 悲劇のヒーロー 司祭*
属州場-屋敷場

ダイキチ 15
密偵 0
シニチロ 12

うーん、策士ループいかれたらやっかいだなー、
そして一番手だし、密偵さんは確実にループいくやろから
そこをトロルで1金削って嫌がらせしようかな、というネガティブ作戦でイン。
大体あってた。でも先にトロルを集めてしまうと
アクションが回らないという不具合が高確率で発生する。
だったら策士からいけば?とも思ったんだけど点差を見れば結果論ぽいから、
ループ発生前に収束させた結果を良しとしたい。

3
大広間 広場 移動動物園 木こり 鍜治屋 幽霊船 宝物庫 へそくり 研究所 偽造通貨
[プ]城門
属州場-屋敷場

ぱお 16
シニチロ 21
密偵 33
ダイキチ 21

とうとうぱおさんも入る。
いつも見てるだけだと物足りないですしね、わかります。
ぱおさんは完全初心者なので、最初のセットでやろうかどうか迷ったけど、
密偵さんとダイキチさんが鍜治屋ステロすることは火を見るよりも明らかだったので、
この選んだサプライのまま進める。
アタックたる幽霊船を全員が持つ。
幽霊船はアタックだし、使うヤツはくず野郎ですよ と説明したけど持ち持ちw
密偵さんはキレイに移動をからめた引き切りデッキ構築
ダイキチさんは幽霊船を避けたルートのまま8金出たらリード取る作戦
俺はあいのこ、しかし初手城門
ぱおさんは効果確認しつつ偽造で金量上げていく作戦。
4者4様になった模様だが、結局密偵さんの16金2購入を炸裂させてしまい、敗退。
俺も16金2購入出してたけどやっぱし早かった。捲られた。

ここまでやってドミニオン終了。
途中で密偵さんが持ってきてくれた甘酒ちょーうまかった。

午後からはスキーの予定だったので、部屋の片付けと撤収。
かたしな高原スキー場でうまいことスキーが出来るようになったかつ、先生の言うこと聞いてくれることが分かったので
(全般聞くという判断はくだしていない、あくまでも得意科目のみ、という判断)
今回もスキー教室に入ってもらい、俺は一人滑り。

なにげない、ただの準備運動の1ショットだけど、
この写真には非常に重要な意味があって

ミスターが「不必要と思われることを」「右に倣えで実施し」「ストレスを感じていない」

見ている最中は気がついてなかったけど、本当にあとから驚いた。
この日のレッスンは小学生2人で、かつ相方が高学年ということもあってわりと気を揉んだまま送り出したのだけど、
終わってみればしっかりと止まれるようになり、エッジを効かせて左右ターンが出来るようになっていた。
運動神経が良いです、と小学校の先生には言われていたが、
間違いなく俺の小学生時代よりうまいと思う。
なにか得意なものがあるってのは自信に繋がる、褒めて伸ばそう。

なんやかんやで今回も満喫させて頂いたぜYAMABOKU
ゲームイベントそのもの、あと2日目の時計さんとのからみも実現できなかったけど
長い人生、そのへんはおいおいカバー出来そうだ、場所はあるし。
次回は来シーズンかもしれんが、必ずまた来ます。ありがとうございました。

第八回ゆるドミin長野を開催しました。

私のブログを読むような方々ならすでにご存じ、
ゆるーくドミニオンをやる会、略してゆるドミの第八回長野会を開催しました。
今回参加者は4名。最小記録をまたまた更新、
とはいえ一人でも居ればやるつもり満々なんですけどね、続けましょう、とにかく。

ドミニオンの説明は「こちら」

1 初心者卓
初参加のはやしさんが初めて、とのことだったので、
「最初のセット」を立ててコマさんと3人戦。
軽やかにインストを熟したのち、はやしさん先手番で開始。
やはりどこで最初にお金を買い始めるとか、どういうカードを買って良いのか迷っていたので、
迷ったらとりあえず買って、使ってみましょう、ということを中心にしていた。
コマさんが36点1位。
今回初の試みなんだけど、終わった後で全員でカード枚数を数える、というのをやってみた。
枚数を数え、どんだけ買い物をして、その買い物の中から
目的の5枚、というか8金を出す工夫をしなければ属州買えませんね、みたいな話。
終わったあとのアプローチ大事。ここらへんこれからもブラッシュアップしてきたい。

終了後はやしさんが帰宅となったので、あきさんを加えて3人戦。
今度は全カードからランダムチョイス。

2
ピクシー パトリキ/エンポリウム 宰相 護符 使者 襲撃者 馬上槍試合 総督 ならず者 拡張
植民地場-屋敷場

ランドマークもあったけど、あきさんがカード説明でもう混乱を来すかな、とおもったので
ランドマーク追加はなし、たしか征服とかだった気がする。
廃棄アイテムが拡張…くらいか?
邪魔をばら撒くというのは魔女で経験済みだったけど、
あきさんそもそも暗黒時代入りが初なんで、襲撃者はほっとこうかな、と思って居たら
容赦無くコマさんが襲撃ルートを採用。
いやこれは持ち持ちでやらないとサンドバックになるやつだとおもったので、
普段戦術に口を出さない俺だが、さすがに襲撃者持たないと大変が起きる、ということだけアドリブ説明。
で、馬上とりました、こちらも説明はしたものの、
馬上と属州をどう合わせるかということを工夫すると他に手回らなくなるので、
詳しい説明は省略。ハンドも適宜調整できたので褒賞を4つ取り、
これはもう勝ち確じゃね?とラスト6金以下の屋敷をスルーしていたところ(VPが25点あり、公領は売り切れ)
65対64の1点負け。なにやってんだー!!

さいごまで きをぬかず がんばろう (字足らず)

3
国際通貨 剣闘士/大金 神殿 ワイン商 護符 語り部 ならず者 街道 宮廷 鍛造
[プ]輪作[プ]資本主義

物足りないのでもう一試合。
今度はプロジェクトまで混ぜ混ぜ。
混ぜのつもりだったのに2連続ならず者っすね、しかも宮廷入りやがった。
この試合開始前に剣闘士が一枚足りないことに気がつく…どっかにまぎれこんでいるはず、
しばしブランクで代用するしかない(ノ∀`)
資本主義が凶悪過ぎ。
なので、資本主義がどうしてあかんのか、ならず者はさっきの場で出たから
これが財宝ターンに出続けることになる、悪夢です、みたいな話したはず。
幸いというか拷問人と違って3枚以下にはならんので、手札のお金密度が高まればよろしい、かも。
というわけでワイン商ならず者ルート。
街道はあまりドローの足しにならんなということ、大金は買っている時間がなさそうということでスルー。
宮廷ワイン商とならず者x2がヒットし、そこで勝負が決した感じ。

そんなわけで今回も全身全霊で楽しませて頂きました。
本当毎月インストができるのは幸せの至り。
みなさんも楽しんで頂けていれば幸いですがいかがでしょうか。

次回は4月4日(木)予定なので、参加出来る方は宜しくお願いします。

※第一木曜日になります。

また、告知ページを作っていませんが

ゆるドミin上越

が今月末3月30日(土) 10:00~より開催予定です。(@Cafe & bar Kalabar ワンドリンク付き800円)
こちらは不定期開催な上に、新潟での初ドミニオンとなります。
ご都合が付く方は参加して頂ければ非常にありがたいです。

もっともっとドミニオンの裾野が広まることを期待しつつ、継続することが大事ということで
今日のまとめにしたいと思います。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第13話

月2回の夜な夜なオープン会のレポートです。

持ち込みは以下。

アズール シントラのステンドグラス
クロxクロ
王と枢機卿
デクリプト
天下鳴動
Reef
無礼講-スター
ピクトマニア

カタン
ヘックメック(拡張あり)
カルカソンヌ
インカの黄金
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
ハピエストタウン
ボツワナ
ワードスナイパーファミリー
おねだりマシーン2.0

全25種
参加者11名

やったゲーム

●アズール シントラのステンドグラス

SUBBOXタキさんのご所望で先週に引き続き立卓。
今日は序盤逃げ切り戦法でいこうかなーと思ったら
後半皆様にぶっちぎられて最下位。
1位は希瀬さん83点。
ゲーム開始時に「そんないくもんですかねえ?」みたいな話があったはずだったけどどっかいった。
やはり希瀬さん強し。
パターンの決め方がランダムなので、
こっちのほうがやはり運ゲーじみてて好きかなー。言い方が悪い自覚はあるw

●クロxクロ

希瀬さんやってみたいということと、
タキさんが22日に向けて回しておきたいとの希望で、
俺とタキさんの持ち込みで2卓。
ルールを軽やかにインストし、それぞれプレイ開始。

1:つちのこさんvs希瀬さん
2:俺vsタキさん

双方一勝一敗だったっぽい。
最初はアブラムシというかテントウムシで上書きルールがすっごい掴みにくいので
それが頭に入ってからが本当の闘いって感じなんかな。
タキさんもルール誤認があったようなので、
やはりインスト損している感じが否めない。
もう一工夫するか、とりあえず俺がリライト版作ってみるか…。
良いゲームなんでもちょい広めたいんだけどなあ。

●DEAD OF WINTER

ゾンビから逃げつつ町を探索しつつ、目的を達成する協力ゲーム。
プレイヤーはそれぞれ生存者達の隊長として振る舞い、
盤面の人間達が死なぬよう指揮しなければならない。
つちのこさん、タキさんと3人戦。
東京サイドキックとは違い、戦闘そのものはカンタン。
どちらかというと加速度的にふえるゾンビ、
主人公サイドが死ぬと減る士気ゲージ、
ゾンビと相対するごとに判定される感染判定がやばい、やばすぎる。
と書くとパンデミック的な印象をうけるかもしれない。違う。
パンデミックの感染速度が3倍に感じられるレベルで加速度的にゾンビがふえる。
なにしろゾンビを素手で殴るだけで感染判定だ。やばい。
感染判定は12面ダイスを使用し、6面はなにもおこらず、
4面は負傷、1面は凍傷、1面が即死。
負傷は3回目をうけると死ぬし、凍傷はターン回る毎に負傷がふえ、やはり3カウントで死す。
というわけでゾンビはどんどんふえるし、プレイヤーはわりと死ぬし、
盤面もすぐに収束するという、字面だけだとクリアできるんかいなこれ?みたいなゲームw
今回は難易度低めのシナリオかつ、裏切り物をなしにするというバリアントで遊んだが、
それでも死んだ。
そもそもの士気ゲージが6なのに、感染判定での即死が3回(しかもうち2回俺w)
ダイス運によっては本当にどうしようもないと思う。
また、死すると自分がアクションのために使用できるダイスが減るので、
ぶっちゃけ人数は多い方がいいのに、ガンガン死ぬとどうしようもなくなる、
あー、ワカプレする協力ゲームって感じだ。
結果はゲームオーバーだったけど面白かったし、なにしろ悔しかったので
次は目標達成したし。

同卓できなかったけど立ったゲーム。

●王と枢機卿

マジョリティ取りゲーム。
手番になったら地域カードを出して、
対応する地域に修道院やら枢機卿やらの駒を置いて
決算時にどれだけその地域を牛耳ったかで得点を競うゲーム。
軽くインストして5人で始めていただいた。
というか、インストしといてなんだけど俺が入れなかった。
まあそういう役割なのでOK。
次柳町かtsunagunoあたりでやれりゃあいいやさ。
インストは軽やかすぎて、修道院を複数プレイしてしまうという不具合が発生した模様。
もっともっと3-2-1ルールを強調しとくべきだったと反省。
(3枚までカードをプレイできて、1「国」に2駒まで置けて、補充するなら1枚交換)

●スカル

ブラフゲー。
プレイヤーは場に任意のカードを出し、
髑髏をめくらずに何枚連続でめくれるか、を当てるゲーム。
フクさんとムサシさんがいらっしゃったのでビリ男さんに立てていただく。

●タンクハンター ガールズ&パンツァー エディション

フクさん持ち込みのゲーム。
原版のタンクハンターもやったことないし、
基本的にガルパン大好きなので、次柳町でやらしていただきたい、とお願いしておいたw

●インディアンサマー

前回スプリングメドゥを持ってきた俺に対抗した?のかは知らないが、
ビリ男さんが持ち込んでくれたタイル当て嵌めゲーム。
今回は3卓立ったので座敷にてプレイ。
希瀬さんが鬼勝ちだったらしい。

●ボツワナ

DEAD OF WINTERが全然終わらないので4人で立てて貰った。
インスト担当はアラシさん。ありがとう。
てか俺抜きで立つボツワナって珍しい。
珍しいし、結果をしっかり聞いておけばよかったかなー。

●ザ・ゲーム フェイスtoフェイス

DEAD OF WINTERが終わらないので希瀬さんビリ男さんでプレイしていた模様。
本来のは協力ゲームで、1から昇順に札をプレイするか、
100から降順に札をプレイし、
手札を全プレイヤーが無くすゲーム。
それを2人用にアレンジした模様。ああやってみたい。

●デクリプト

まだDEAD OF WINTERが終わらないので、申し訳ないことこの上ないんだけど
6人1卓で立てていただいた。
いつもなら俺がインストするところ、
当たり前というかゾンビと戦闘中だったのでインストできず。
希瀬さんにインストを担当していただくことに。
要旨をブログにまとめておいてよかった。
経験者3名なので砂時計ありで回していた模様。
そしてリプレイまでしてもらえた。
インストが功を奏したわけだし、面白いと思って貰えたので
場にいなくとも大変嬉しい出来事。


ここまでやって、今回も遅めな終了時刻でお開きとなりました。

というわけで次回は3月第3週

2019/3/19(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。