夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第12話

●ハイパーロボット

持参詐欺になりかけていたこのゲーム。今回はきちんと持ってきましたとも。
ロボットが目的地まで最短何歩でたどり着けるかを推定するゲーム。
最初に推定した人が出たら、砂時計を落として、カウントアップ(1分以内)までに
その推定より少ない手数を宣言し、実際その宣言通りの手数でロボを目的地に到達させることができれば1点。
失点要素はとくになく、単純に頭の回転の速さ勝負だろうか?
今回は初展開だったけど銀ロボット入りで遊ぶ事に。
…実は結果を知らない。
もともと3人戦で始めようとして、タキザワさんが加わって5人戦、
つちのこさんが来て6人戦…という風に参加者がどんどん変貌していってしまったw
ちなみに私が持っているのはRio版なので、
ABACUS SPIELE版にある方向転換タイルみたいなのはない。
純粋にパズルチャレンジになった。
これは一回でもいいから解けるようになるとすごく楽しくなるんだけどな。
次回も持って行ってみよう。
(というかやりたいw)

●ゲシェンク

俺が持っていってもなかなか動かないものだから、
最近はリストから外してしまっていたら、案外需要があった模様。
今回はビリ男さん持参のものを使う…というか未開封だし!
手持ちのチップは9枚。
山札からめくられたカードを引き取ると表示された点数分の失点となるが、
手持ちのチップを捧げると引き取らずに済む。
山札が切れたらゲーム終了。
終了時にチップを持っていたら1枚1点。
3-35までのカードが存在するので、
以下に失点を防ぐかが課題となる。
また、引き取ったカードで連番が組めれば、一番若いカードのみの失点で、
他のカードは0点扱いとなる。コンボ大事。
6人戦。
順当にカードを引き取っていくつもりだったが、よりによって35点カードを引き取るハメになり、
かつ、チップが貯まらないままふみえさんに逃げ切られて61点再開。
いや50点以上くらったの初めてですしおすし…。

●ボツワナ

俺が居れば立ちますよね。
せっかくひろきさんとダイキチさんが来ているんだ、
シニチロ3大ゲームの紹介しないわけにはいくまい、ということで建てました。
ゾウハンターもビリ男さんもいるというある意味大変美味しい卓を建てた自負がある。
ゲーム内容はカードを出して動物フィギュアを引き取る。だけ。
引き取った動物の価格は場に出たカードの末尾の数字できまるという
極めてシンプルなゲーム。
でも、
でもそのシンプルなルールに猛烈にジレンマが入り込んでいるってのがたまらない。
今回は2桁ビハインドは無く、俺は最下位だったけど
みなさん慣れていらっしゃるというか、ダンゴな状態のままゲームエンド。
前回のハンターは撃ち殺して順位落としたが、
今回は見事に密猟成功?

※誤解を招く表現だが、ハンターという概念は「ゲーム内」には存在しません。

●東京サイドキック

ビリ男さん持参。俺のは今回持ってこなかったため。
セキグチさん、俺、つちのこさん、ビリ男さんの4人戦。
まー4人戦以外で勝てる気がしないんですけれども。
ヒーローが悪を倒す、ゲームの目的はそれだけなんだけど、
中盤以後は明らかにヒーローとサイドキックだけでは荷が勝ちすぎる敵の強さになるため、
終盤に近づくにつれて、ヒーローが東京を守るために
ガンガン寄ってくる様は素晴らしい。表現が稚拙なことは放っておけこのさい。
前回はインストに徹してプレイしていなかったので、
今回は皆の助けになる「脳筋」枠で参戦。
前回はスーパーヴィラン2匹目で終了してしまったが、
今回はボスの「大怪獣ジラーゴ」を撃破。
これは繰り返してヒーローの特性覚えることがわりと重要なので、
いつか慣れたメンツでフジセンゲンを撃破したいもんだ。

…もやりたいし、パンレガ会もやりたいし…。

参加していないけどたった卓

●アズール シントラのステンドグラス

4人までのなので、外れてインストに徹する。
見た目も良いんだけど、前回のAZULやって不満だった部分が大分解消されている。
得点ボードは共通にするとわりとダンゴになる展開なので、
この辺分かり易く設置し易い改善なんかないかな。
twitterの観測では完全に高評価(4/4)だったので、
次はtsunagunoに持っていく。
俺は俺で大分インスト慣れましたとも。

●ダイスフォージ

つちのこさん持参。インストもつちのこさんがやっておられた。
これを見たときに我々ボツワナってたので、いかんともしがたかったけれども。
実はやったことがない。でも発売当初からの話題は一応知っているレベルなので、
次誰かが持ってきたら今度こそ遊ばせてもらいたい。

●スプリングメドゥ

雪山がだんだん草原になっていく様を
誰が一番素晴らしい草原にするか、がテーマなゲーム。
これまたインストだけやって4人戦を興じていただく。
得点計算フェーズでより長くタイルを敷いた人ってのが
手番逆順でよりながくの計算するってのは読解不足だった。

●ジャンキー

3人用トリックテイキングゲーム。
までしか紹介できない。
なぜならゲーム画面みるどころか写真を撮る暇もなかったため…。

●ハピエストタウン

東京サイドキックがおわらんので、なんか軽いゲームを所望されたので展開。
このブログを見て居る人ならルールを熟知しているはずなので割愛。
前回の反省も相俟ってきちんとインストできたと思う。

というわけでいつもより遅めな終了時刻でお開きとなりました。
サイドキック面白すぎィ!

というわけで次回は3月第1週

2019/3/5(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。


スキーに行ったばかりか知的障害の子とボドゲを遊んでみる 169

こちらは元々予定されていた方のスキー。
そういうわけでよりによって2週連続の泊まりがけスキー。
予定されていたはずなんだけど、日程ギリまで宿もとってなかったのは、
そもそも予定いれてもミスターがどんくらいスキーしてくれるか、半年前の時点でまったく未定だったため。
今シーズン最初というか人生初の戸隠スキーは猛吹雪で、
ミスターが立っているだけで吹き飛ばされるような、
考え得る中で最悪に近いコンディションだったので、今回間に合って本当によかった。

今回訪れたのはかたしな高原スキー場。
同行…というか先行しているひめっこはもう4年くらい通っていて
毎度毎度良かったという感想聞いているので、いつかミスターも同行させたいと思いつつ
漸く合流できたのはうちが長野に引っ越してより後になってしまった。
というかタイミング的にここしかなかったんだけど。
ちなみに奥さんは仕事の都合で同行できず。
(奥さんはスキーやらない人。)

うちは土曜日昼に着。そのままミスターをキッズスキースクールに入校していただき、
その間ひめっこチームに合流してなんとなく滑ろうかしら?なプラン。

問題となったのはスキースクール。問題というか、うちが一方的に気を揉んだ部分だけど。
とりあえず逆風に当たったら当たったで俺の責任の範囲内でなんとかしよう。
それよりも得るもののほうが大きいはずだし、
コミュニケーションもギリギリ及第点だろう…という判断でしれっと入校。
結果としては大成功だった。

スクール修了後は合流して、そのまま宿へ。
ミスターと2人でゲームと相成る。

●重機りんりん-16

いつ何時でも回るな、このゲーム。
定番過ぎる建設ゲーム。いや解体とかも入るから工事ゲームと呼ぶのが正しい。
今回はラウンド短縮ながら、ミスターにも通常ルールを適用することとした。
(2種類の重機パワーがないと工事カードが取れない)
但し、通常2人戦では用いない1点工事カードも加えることにした。

★観察できた内容
分かっているのか、分かっていないのかの境界線がイマイチ謎。
やはりミスターに取ってはこのゲーム、選択肢が多い。

1.取得出来るパワーを見る。
2.4重機作業させる範囲内でとれそうなカードを検討する。
3.実際に重機を使って溜まったパワーを見て1から検討しなおす。

カンタンに書き出すだけでシミュレート要素これだけあるものなあ。
ともかくミスターは重機に工事させるのが楽しいので、
そこを損ねないよう、パワーのシミュレートは無視し、
重機を使った結果獲得したパワーで、
「今これが取れるカードだよ」
という導線だけつくることにした。
今回は容赦無くいく予定だったが、本日は俺の箸がキレッキレで
縦積み8個とか成立させてしまった。
というわけで俺の勝利で終了。
ハピエストタウンと違って、重機を使った充実感で満たされるのか、
このゲームは勝敗には大して動じないミスターなのであった。

●ハピエストタウン-16

街作りゲーム。
最近重機かこれかが回るみたいな状況が続いていたけど、
またセットで回る状態にもどりつつ。
てか16回か、すげーな。

★観察できた内容
初手で家を買っていた。(勝利点のみのカードで収入はなし)
随分プレイングになれてきたと思って居たが、勘違いだったか?とも思ったけども、
ただ単に原点回帰というか、今日は好きな建物建てたいという雰囲気だったらしい。
ルールそのものはかっちり覚えているんだけど、プレイングはいろいろ試してみたいらしい。
うんうんよく分かる。
ただし、お金の数え方についてはまだ不安があるらしく、
やはりというか5金以上でても1円ずつ獲得にいく。
こういう固定って大変なんだけど、ある意味ミスがないプレイングができるから
ゲーマー的には一長一短な気がする。
いや実際「きちんと数える」って全てのゲームで最も重要かつ基本的な事なんだけど
それが出来なくて負けるってパターンがかなり多いので。
ミスターは丁寧にプレイしていたが、序盤で家を買ったこととか
その後も収入より建てたい建物を優先した結果、
金量が全然追いつかずに俺の圧勝で幕を閉じる。
ただし、大差のわりには作りたいものを作って満足してはいた。

ここまでやって夕食。
通常の3倍くらいの量が出てきて焦った。
ミスターは偏食極まりないので素泊まりで結構です、とお願いしていたが
もしかしてミスター分が俺に回ってきたのか?
確認は特にしなかったけどw

●キングドミノ-9

夕食後にまだやりたーいという話だったので、プレイ。
今回ボドゲは5つほど持ち込み、そのうち3種やればいいかな?と思って居たが
ミスターは5個見た途端に5個やるものと思ったらしい。正しい。

タイルを配置して5×5の自分の王国を作るゲーム。
タイルの配置は自分の城の周りに置くか、同じ色同士で繋げること。
繋げたタイルの中に王冠があれば、王冠の数x同色タイルの数で勝利点が決まる。
ミスターとやるときは7×7でやるか、5×5でやるか選んでもらっているが、
今回は5×5の対戦となった。

★観察できた内容
わりかしルールを忘れていたのでおさらいから。
というかここまでの知ボドで80あまりのゲームをプレイしてきたので、
普通に考えてミスターのキャパを余裕で超えているはずなんだ。
キングドミノのみならず、他のプレイ回数一桁のゲーム全部のルールが。
それでもタイルを引いて同色に配置する、とかは覚えていた。
否、キャパシティを越えているというか、
好きな物以外のキャパシティが極端に狭い、という表現が正しい。
なので、ボドゲは好きな方のカテゴリに入るし、
記憶野もそれなりに割り当てられているようだ。ありがたい。
おさらいしながらプレイだったけど、終始楽しそうにタイル置いていた。
ここまでの蓄積はわりと消えていたけども、俺と10点ビハインドくらいで収まっていた。
以前のプレイングなら鉱山に固執したプレイだったんだけど、
今回はその傾向はなりを潜めて、同色をどうきれいに繋げるか、について
工夫をしていた。

●パカパカお馬-8

定番になりつつあるすごろく。
4歳~プレイ可能なだけあって選択肢が少ないのがすばらしい。
この軽さのゲームを4戦目にもってきたミスターのペース配分ぷりにも着目しておきたい。
なんとなくでもいいからこのゲームは重い、このゲームは軽いの判断
ゲームをしてきたからこそ入ってくる蓄積情報がきちんと積まれている感じがした。

ゲームはダイスを2個振って道具を自分のボードに配置するか、馬を進めるかを選ぶ。
馬はガンガン進めても良いが、ボードに全ての道具が揃っていないと
ゴール(=厩舎)に入ることができない。

★観察できた内容
このゲームの個人ボードに入る道具は7種
袋x1 にんじんx1 バケツx1 蹄鉄x4
道具のダイスで☆が出ると好きな道具を1個ボードに入れることができるので
☆が出た場合は蹄鉄を選ぶのが定石…なんだけど
ミスターは必ずといっていいほど、☆がでたときに袋から選ぶ。
道具の大きさが袋>にんじん>バケツ>蹄鉄なので
大きさ順でワイルドカードの適用を考えて居るのかもしれない。
当然袋とかを選んだあとに袋のダイス目が出てもなにも起こらないので
その分細かく歩を進めた結果、ミスターが先行逃げ切り型でそのまま勝利。
定石つっても所詮は確率の話なので、持っている人には勝てないちゅうことかw

●雲の上のユニコーン-11

これまた久しぶりにプレイ。
すごろく系がよろしければこっちも…みたいなノリだったので、
まさか本当にプレイするとは思わなかった。
すごろくのような見た目をしているが、順位争いよりは
宝石を集めることが主目的なゲーム。
もちろん1位になれば宝石が4つ手に入るが、
途中途中で宝石獲得イベントを数多く得たほうが報酬が大きくなる。
とはいえ、ダイス運でその辺も決まるのでいかんともしがたい。

★観察できた内容
ミスターは目的も分かっていたし、ルールも完全に把握しているし、
その上ダイス運もあったのでまったく敵わない。
1位取られた上にこちらは宝石獲得イベントをこなすこともできず
ダブルスコアで俺敗北。
ともあれミスターが大喜びしているからそれはそれでいいか。
勝つ為にどうすれば良いかと言うことを論ずることができないこのゲームは
そろそろ会話的に厳しいものになってきたかもしれない。
たまにやる分には素晴らしいゲームなんだけど。

ここまでやってさすがに眠くなった(俺も)だったので、就寝。

二日目
起きてわりとすぐに朝ご飯。
スマホ持ってってなかったので撮影していないが、やはり通常の3倍くらいの飯量。
というか大丈夫なんかこの飯の量。すごいんですけど辰巳屋w
ミスターは相変わらず偏食凄まじいことこの上ないのでじゃがりこ食ってた。
端から見ると絶食虐待に見えるこの絵。どうなんよ。
親的にはじゃがりこでも食えるものがあってよかった、としか言い様がないのだが。
(麓のセブンイレブンでロールパンくらい仕込むべきだったか…)

一日目にミスターにスクールが好評だったので、
二日目も入校してもらうことにした。やりたいと思ったときがチャンス。ボドゲも。
俺は俺で前日久しぶりに全力で滑ったせいか、背中が若干筋肉痛。
滑れない程じゃあないので、ダーひめっこミノルンと一緒に数本滑り、
その後お昼になったのでミスターをキャプチャしてからリフトで上がった場所のカフェに。

さて、山田牧場についで人生二回目のミスターのリフトなんだが、今回は如何か。
リフト降りるときに転けた。
とはいえ、リフトの範囲外の坂の下だったので大事には至らず。
カフェの場所を指示し、じゃあゆっくり降りてみようかと提案したら
あれ、あれれ?
滑り始めてしまった。
しかも、前回は左のエッジしか使えてなかったのに
今日はまっすぐ進んでいるってかあれ?
普通に滑れとるやん!
ただしちょいと腰が不安定。
そもそもミスターはまっすぐ立つのが苦手なくらいぐにゃぐにゃした子供だ。
スキーでボーゲンが出来ているだけでびっくりなんだよな。
カフェにてひめっこ家族と合流し、
その後ミノルンが待ってましたとばかりに「ミスターと滑る!」とくっそ張り切っていたので、
俺は俺で一足先におりて一回券をもう一枚買いに行くというプランで
とりあえず子供らのしんがりを務める。

と、ここでまたミスターのレベルが1ランクアップした。
ミノルンの追尾、という目的だけなのに、スピードが先ほどの倍くらいになっている。
かつ、今度は左右のエッジを使い、きちんとボーゲンで20°くらいの斜面のブレーキをかけられるようになっていた。
うーん子供すげえ。伸びる。

山田牧場んときも思ってたけど、あのガンガン神経が繋がっていく感じは本当にすごいもの見たとしか言い様がない。
この勢い大事にしたいから今シーズンはこれで終了と思ってたけど
あと2回くらいいっとこうかなー。
スキーは面白いけど、スキーが面白いという再発見が20年ぶりくらいに来たよ。

ボードゲーム会@そる亭に行ってきたヨ その7

恒例となっている月一開催のそる亭(http://www.cafezac.com/salty/)ボードゲーム会に行ってきました。
珍しく。いや初めてかもしれん、
シニチロ3大ゲームを全て持って行ってた。気がついたら。
夜ボドでこういうアピールすりゃいいのに。

やったゲーム

●ブラフ

全然関係ないけど今回の写真はことごとく赤みが強くなっている、なんでじゃ。
それはともかく、6人一卓ということでゲームを所望されたので、
カンタンかつ俺がお勧めなブラフをチョイス。
25周年版持ってったけど通常ルールで行う。
まず俺とにしけんさんとはるさんでインスト込みの軽いゲーム。
その後つちのこさんとどりさんトモさん加えてフルメンバーに。
つちのこさんが速攻残り1ダイスになって、あらあらと思って居たら
俺も速攻1ダイス。あれ?
これはインストすると死ぬってやつですかな?恒例の。
とか思って居るうちに死亡。
うし、とどりさん上手かった。勝者だったし!(言い訳)

●ソクラテスラ

前回は俺が持ち込みだったけど、今回はつちのこさんの持ち込み。
大喜利…ではないんだけど、大喜利っぽくした方が絶対面白いじゃろこれ?なゲーム。
最初は5人戦。
トモさん以外の5人はドローしているだけ、
トモさんは召喚をしているだけでゲームが終わってしまった。
前回同様世界大戦w
あまりにも速攻で終わってしまったので
楽しい組み合わせについての検討を重ねていたところ、
水無月さん希瀬さんが入って6人戦という流れに。
今度はトモさんを打ち負かすべきじゃね?という流れだったはずで、
途中でハンデス与えて例の召喚を阻止したんだけど、
結局世界大戦でトモさん勝利。
あの召喚か、高い戦闘力か…w
このゲームこんだけ展開したから、
次はクリーチャークラッシュもってくか。

●ドミニオン

写真取り忘れというか撮る暇なかったです。
待望のいろりさんを含めた4人の初心者にインストするという流れに。
俺がインストするタイミングでは大抵水無月さんが初心者のセコンドについてくれるので
いろいろ助かっている。
今回は俺がプレーヤーとして入らなかったので、
6金というか属州のタイミングが誰にも見えていない感じで、
そこはゲーム経験が一番高いであろうゴーさんが
真っ先にレースを逃げ切り、そのまま6属州で勝利していた。
終了後、にいつさんと2人戦。
サプライをちょっといじって礼拝堂研究所祝祭とか入れてみた。
で、実際手札を圧縮するとはどういうことで、
引き切るってのはどういうことで、購入を増やす意味っていうのは
こういうことです、見たいなことを実演販売していたらゲームが終了していた。
ともあれ、4人とも満足頂けたようなのでよかった。
何かあったとき用に次ももってこう。

今回は人狼勢からお客さんが来ていたので、
なにげに俺が経験した中で最高人数だった。
いつもの女性勢がたまたま来なかったのはラッキーというか、
すでに札止めに近い状態だったので、
省スペースでなんとかできるゲームも用意しとかなくちゃあな。

やまぼく合宿と知的障害の子とボドゲを遊んでみる 168と雪山楽しかったヨ

盛ってみました。
イベント毎にわけりゃいいんじゃない?と思ったけど一気に書くことにした。
何事も勢い大事。

まず最初にやまぼく合宿の話だ。
https://yamaboku-ag.com/yamaboku-camp-2019/

かねてからヒロキさんにこちらでイベントがーの話は聞いていたし、
同じ県内だし2時間以内でいけるからいこっかなーとは思っていたものの、
時間面でいろいろ噛み合っておらんで今回もどうしようかな、と躊躇していたところ、
ヒロキさんゆるドミ参加。
正直時間面のひっかかりは子供を同伴できれば何ら問題なかったので、
その辺ミスターの難易度が高いんすよ、と相談させて頂いたが
「なんとかなるっすよ」の一言で合宿参加決定。
なんとかしてもらえるんじゃあしょうがないw

2月10日(日)~だったので朝行って荷物おいて一滑りして…みたいなこと考えて居たら
急遽仕事が入ってしまい、小布施に。
小布施から帰ってきて高山村、なんたる不経済。
(地理がよく分からん人に説明すると北に30キロ走って戻って北西に30キロ走る感じ)
ともあれ無事仕事は終わったので一旦帰宅後にミスターつれて出発。
たどり着くとひろきさんがすでにスタンバってた。道路に。
2日おせわになります。

前日まではえらい雪だったけど本日は快晴。
なのでまずスノーシューを借りてミスターに履かせて
俺はかんじきでロッジ真正面のちょっとした原っぱに出撃。
ところがそのちょっとした丘がミスター全然登れない。
スノーシューなんだから真横になるか、V字で歩くしかないんだけど、
もうなんかお行儀良くスキーを斜面に縦平行にして歩いてしまう。
あるいは横歩きすると左右の足を平行にするのではなく、交差させようとして失敗する。
20分もしないうちにミスターぶち切れ。
レイさんが横で原っぱにダイブしてたりして新雪を漫喫してたが、
こっちはわりと阿鼻叫喚で申し訳ない。
こういうときは俺わりとミスターの気が済むまで放っておくのです。
しかたがないので傾斜がそんなでもない斜面から原っぱに上がり、
一回滑り台してスノーシューは終了。

お次は俺のラジコン飛行機のテストフライト…はあえなく失敗。
飛行すればかっこいい飛行状態の写真とかレイさんに撮っていただけたと思うが
残念ながらそのようなものは一切なしw
重心の取り方があと一歩、エレベーターサーボの動作角をもうちょっとつける
あたりが課題かな。
あと雪山舐めてましたな部分は、バッテリーの電圧が急激に落ちるので
(わりと速攻でブザーが鳴った)
バッテリーを予め温めておくべきだった。上記はすでに修正済みなので
またテストフライトせな。

ひとしきり外遊びが終わってセルバンに戻り、
いよいよ?ボードゲーム。知ボド168開始。
てか外遊びなんだかんだでミスターはかんじきがお気に入りで
小一時間くらい遊んでたな。

やったゲーム

●小さなドラゴンナイト-1

まずはせっかくセルバンにきたのだから
しっかりとセルバンに置いてあるボドゲの見学。
吟味した上で俺が持っていなかった(というか知らなかった)小さなドラゴンナイトを
プレイさせていただくことにした。
マニュアルを一読しておいて、パオさんにインストをお願いする。
子供3人と俺が入って4人戦。
のぼるカエル城のようにボードを立体に組み立て、
2×2で向かい合って座る。
手番になったらダイスを振って、出目に対応する色のタイルを取って
ボードに対して配置する。
ボードの上を目指し、手駒のナイトタイルを一番上に置いて
ナイトの目が5秒相手側を見ることができたら、勝ち。
途中ダイスで灰色の目が出た場合は、落石イベントを発生させ、
石トークンを相手陣地に落とすことで、相手の妨害ができる。

★観察できた内容
直接アタック系のゲームはミスターにやらせてこなかった、意図的に。
ましてやお初のゲームなのにいきなりアタック来たらどうなるんだろう。
…とか考えつつ、興味が勝ちました。ともかくやってみようと。
で、心配したアタックなんだが、案外ヒットしない。
斜面を石トークン滑らせればいいんだけど、
相手側が陣地のどこにオブジェを積んでいるかが見えないのと、
石そのものが跳ねるのでうまく当てられないようになってる。
そら毎回ヒットしたら進まないもんなw
お陰様でというか、ただものを積むゲームだと、
それなりに訓練を積んでいるミスターが若干有利か?
というか一度もアタックを受けずに(受けたけどヒットしなかった、か)
そのまま積み上げて逃げ切り。
かなりご満悦だったので見かけたら調達しておこうかな。

ここでまたミスターの雪熱(言い方おかしい)がぶり返したので、
かんじきタイムに。ホント好きなのな。
今度はヒロキさん連れて30~40分くらい散歩。
一巡りして、圧雪車と記念撮影もして引き返す。

飯前に風呂いっとくかー、ということで貸し切り状態になった
温泉にミスターと2人でダイブ。
本格的な硫黄にミスターがちょっと参っていたけど、
温泉そのものは2人とも大好物なので、
しっかり暖まってロビーにもどる。

●重機りんりん-15

帰ったら先ほどのお子さん達とハピエストタウンでもしようかな?
と思っていたんだけど、すでにパクッとブリッとが展開されていたので、
待ちがてらひさびさに重機りんりん短縮モードでプレイ。

★観察できた内容
久しぶりというか、奥さんに怒られてからあまりやってなかった系。
一度怒られると幾ら重機が好きでも気持ちが遠ざかってしまうのよな。
こちらもこちらでフルラウンド戦えるほどミスターにゲーム体力がなかったことを
きちんと勘案すべきだったので、
今後は短縮させつつ、きちんと2種の重機を使ってカードを獲得する
という方向にシフトしていこうかなと思う。
2ラウンドやって勝負は8vs7でミスター勝利。
本当は1点カードをまぜて、ともかくカードを取って競うゲームで
レギュラールールを覚えさせたほうがいいんだろうけど、
それだと速攻勝利点とっちゃうミスターのダウンタイムが長引くからなあ。
本来であれば使った重機とパワーと残り出せる重機から
この工事を取るべきだという取捨選択のオンパレードだから難しい。
まだまだ工夫が必要だ。

●ハピエストタウン-15

お子様が空いたので子供3人と俺で4人戦。
高学年、低学年、ミスター、俺。
ミスターは相手が子供でハピエストするの初じゃな。
自分の収入で街の施設をどんどんつくって勝利点を得るゲーム。
(雑な説明)

★観察できた内容
さらっとインストしてプレイ開始。
初めてのお子様はとりあえず買い物をしてみるんだけど、
高学年の子は勝利点を大変気にする。
低学年の子はお母さんと一緒に何を買うか相談するんだけど、
結局低学年の子自体が買いたい物が最優先されてた感じ。
うーむよしよしうーむ。
高学年の子はどうしても勝利点を優先したかったらしく、
1金でるけど勝利点がマイナスになるカードは頑なに手を出さない。
ミスターは淡々と収入アップに向けて動く。
俺もミスターに負けじなレベルで動く。

うん、経験の差がもろに出た。
13-12-11-8で俺の勝利。
もうちょっと緩急つけたい感じだったけど、
ミスターのプレイングが普通に上手な人になっていたので、
それをリスペクトするのもなんかやだなあ、ということで
例えやまぼく合宿であろうが叩きのめすのでした。
いやすっごい僅差で焦ったけど。

●パクッとブリッと

低学年の子のお母さんがミスターがやるかな、
と思って展開してくれたんだけど、ミスター逃げる。
というかわりと夕飯に夢中だった。
なので、代わりに俺が入ることに。4人戦。
基本的に神経衰弱。あ、ミスターだめなやつだw

駄目ってか本当に神経が衰弱するので神経衰弱系は
最初カードさっぴいて成功体験を与えるってのが最近の定石に。

ルールは山札から一枚引いて、その動物の食べ物(絵札であり、餌札)を当てる神経衰弱。
動物は6種類くらいいたかな?
うまくマッチングできれば動物札、餌札ともに獲得。
そしてうんち札が一枚餌札の代わりに置かれる。
うんち札を間違えて獲得した場合は-1点。
山札が尽きるまで手番を繰り返し、勝利点の多い人が勝ち。

ちょっとミスターのお食事と薬の世話が入ってしまったので、
6手番くらいスキップしてもらった。
その後は普通にプレイ。
子供向け対策なのか、比較的取られた餌札に近い位置にうんち札が置かれたので
うんち札はほぼ避けて大人げなく餌札カウンティングして2位。

ここまでやったらわりと良い時間というか夕飯に突入。
合宿の要項には

バーベキュー

とだけ記載されていたが、
実際いただいたものはラクレット、塩釜、アヒージョ、バーベキュー、チーズフォンデュ
最初は鹿肉入りの豚汁。言い方おかしい。鹿汁?

まず驚いたのは塩釜
実際に某料理漫画で初めて知ったくらいの知識ですが、
見ると塩の釜だった、本当に。圧巻。
そして中の塊肉がうまいんですの。豚バラ、猪の肩肉、あと一個なんだっけ…

お次アヒージョ。
普段内臓あまり食わないんですけどね、アヒージョむっちゃ旨かったですよ。
ブロッコリーも、玉ねぎも。

メインのバーベキューに行く前にもうお腹が良い感じになってしまってたので、
ラクレット炙ったりしていた。
アルプスの少女ハイジだとわりと一瞬だった気がした炙り、
実際暖炉でやってみるとわりと時間かかった。あれは演出だったのかw
じっくりあぶったおかげでこちらもすげーうまかったんですけれども。

そしてバーベキュー。
当たり前だけどコンロはベランダに置かれる。
そいて肉は牛肉、鹿肉、カモシカ肉、ソーセージ。
-8℃の中で頑張って焼いてたわけですね。
カモシカ肉は初だったけど独特の甘みと歯ごたえが良かった。
というかジビエ全体的に宜しかった。旨かった。

寝る前になんかする!といわれたので、

●ラビットラリー-11

ダイスを振って橋を架けて、ゴールを目指すウサギの物語。
因幡の白ウサギとおもいたいとこだが、普通の橋。
今回はこれを含めミスター用のボドゲを10種くらい持ち込んだが、
お手軽なこれが選ばれた。
ハムスターは4人いないとできないし、ミスターがそれを強く意識してるのが面白かった。
やりたいはやりたいんだけど条件を満たさないからしゃがむ、をミスターが実践できるとは。

★観察できた内容
本当は廊下全体とかやっちゃってもよかったんだけど、さすがに気が咎めたので
普通に机の上でプレイ。
(今考えたら貸し切りだったんだから廊下全体でもよかったのかw)
特段酒は入れてないし、見切りをはずすこたないと思って居たのに
なぜか3連続くらいで架橋失敗。あれ?
その間にミスターはせっせとさきに進み、2馬身差、いや2兎身差くらいで敗北。
最後競ったんだけどなー。

ここまででミスターは眠気MAXだったので、おやすみの時間に。
てか外泊で俺と2人きりて初か?
果たしてミスターはホテルで寝られるのか?

寝ました。

但し寝かしつけは普段より長かったのと、
いつも読み聞かせる絵本を忘れたので寝付きが悪かった。

よしようやく大人の時間…のはず。

●LARP

まずは昼間に参加表明してたLARPへ。
TRPGの一種?と紹介しちゃっていいのかな。
(Live Action Role-Playing Game)の頭文字だそうで。
現実世界を使って遊ぶロールプレイングゲーム。
逆ARとでも言えばいいのかな。

タイトル…実は聞きそびれました。
これをプレイするために思考さんが予めセッティングをしていた部屋に5人で移動。
部屋は致し方ない、純和風の部屋だけど、
セッティングは洋食屋さん。
ここを洋食屋さんの一室という体で物語りを進める。

なにをするか。
集まった4人(思考さんはGM)で
それぞれキャラカードに書かれたミッションを達成するために
4ラウンドロールプレイを行う。
一室には4人を招待したホストがいる。
(ことになっているキャラも居れば見えて居ないキャラもいる)
なんというか、即興劇。
インプロビゼーションでゲームというかお話が進む。
TRPGではあるけども、パラメータシートのようなものは一切なく。
プレイヤーはキャラカード、タスクシートと部屋の全てを使って
物語を組み立てていく。
終了後の評価…は勝ち負けと言うより恐怖体験が出来たかどうか、なので
エンディングを語る権利を得ることが強いて言えば評価にあたる部分かな。
俺、レイさん、ヒロキさん、いるかさんの4人でプレイ。
尚プレイ中はそれぞれ
ロイド(外科医)、チジェ(フリーター)、※名前忘れた※(ウェイター)、アサギ(新聞記者)
ホストはカフィという名前で設定。クトゥルフも入っているので舞台上の人は全員狂っている。
俺の役割はカフィの血をすする、という一言で書くと難易度高すぎなミッションだったので
とりあえず盛り上げるだけ盛り上げて一気にエンディングで落とす、みたいなことを考えて居たら
そもそもエンディングに行き着くための指名権が得られない(ディールの時点である程度決まっていた)状況に。
盛り上げたという自負はあるんだけどかなりの狂言回しになってしまった。
あ、狂っているからアリか。
まだ製品になる前のゲームのテストプレイという位置づけだったけど楽しませて頂きました。

●ラメットサミット

この合宿のいくつかの目的のうちの一つ、このゲームの作者でもある
ボドゲアイドルらめるんと直接対決したかったので、是非にとお願いして開始。
ヒロキさんといるかさんは初だったし、俺も俺で制作者のインストを非常に楽しみにする人種なので
インストもお願いすることに。
インストをお願いして、そして俺があとから気がついたんだけど
マニュアル見てもらえば良かった。
そしてご本人にマニュアル素晴らしかったんすよ、と言うのをすっかり忘れていた。
勝利点の獲得としては

行脚をしてらめるんライブに到達して直接VPを得る
6色あるマスに止まって写真を取る。最初にアップロードをすれば1VP。マジョリティを取れば5VP+α(アップした写真分加点)
SHOPに行って未使用カードを換金

の3通り。
前回はライブをおっかけて2着だったので、
今回は徹底的にマジョリティを取る戦略で行く。
終盤はわりといるかさんがぶっちぎっていたが、
誰にもカットされることなく4エリアマジョリティを取って20点ビハインドを覆して逆転1位。
ライブに行く方針でいくとライブをおっかけて逃げ切り、
マジョリティを取るならライブの移動スピードをみつつとにかく多色集めかな。
開始時点ではなんも決められないけど、2ライブくらい終わるとで大体どうするかが分かってくる。
らめるんがらめる、釣りというおよそtwitter通りのマジョリティ取りに行ってるので
こちらはそれ以外に狙いを定めていたんだぜ。

と、ここまでやったところで日付は変わっていた。
ほんとならダイキチさんたちとドミる予定だったけどさすがに明日もあるし寝るか-。

して2日目。
予想通りミスターが早起きさん。
そして早起きして速攻ヒロキさんに絡みにいく。いつもいつもお世話になります…。
ミスターに朝食を与え、大体休日午前はタブレットで動画みたがるので与えている隙に
ヒロキさんと密偵さんとドミニオン3人戦。

●ドミニオン

1
村 パトロール 絹商人 薬草商 念視の泉 秘密の洞窟 ゴミあさり 城塞 略奪 収税吏
[ラ]果樹園
屋敷場-属州場

密偵さん勝利。20点ビハインドくらいだった気がする。
念視と絹商人でなんとかなるかなーと思って居たが、
やっぱりというかアクション分厚くなっちゃって2ドローくらいじゃ追っつかない。
2人に収税吏されてそれなりに金量落とされていたり、
違う戦略を選んだわりに出力がイマイチすぎた。

2
ピクシー 旗手 司祭 救貧院 都市 遠隔地 悪党 吸血鬼 納骨堂 隠し財産
[プ]資本主義[プ]技術革新
屋敷場-植民地場

またもや密偵さん勝利。今度は7点差だったのでわりかしくやしみ。
旗手合戦と司祭合戦。
密偵さんはBoon試しにピクシーを多用していたが、
良い感じにピクシーを活用できていた。
俺は旗手山切れ見えて居たので都市を集めていたものの、
吸血鬼を入れるタイミングが一手おそく、そこで差ついたかなと自己分析。
お金は今回放り込まないほうが逆に強いとおもったので納骨堂は無視。

ここまでやって、お昼。
昼からはスキーやると決めていたので、
ミスターとYAMABOKUワイルドスノーワールドへ。
ってか山田牧場そんな名前だったっけ?30年ぶりだからことごとく忘れておるわい。

ミスターにとっては人生二度目のスキー挑戦。
前回は滑る→俺が受け止めるという、なんかただ立つだけのソリ状態だったが
果たして今回は滑れるようになるのだろうか。
ちなみにスノーシューですら蟹歩きだめだったので、
スキーに関してもなんら希望的観測は抱いていない。
強いて言えば前回突風というか暴風雪のため、
ろくなスキーデビューじゃなかったので、快晴のなか
大好きなリフトにのって、最悪おんぶして下ればいいかなーくらいにしか思って無かった。

とりあえず装着。

そしてリフトは乗車降車とも成功。あれ?
一旦転ける予定だったんだけどな。
というか最近は子供が乗るときにリフトのスピード緩めてくれるのか。
(高速リフトじゃあなかったので、本当にスピードが緩んだ。)
降りるときもどうかなーと思ったがなんとかなってた。俺が受け止めたけど。

そしてボーゲンの練習を開始。

…したかったんだけど出来なかったっ。
出来なかったんだけど、とりあえず滑るということを、
スキーを「使う」ということを覚えて貰おうという方針にシフト。
ちょっと滑っては受け止める。あわよくばエッジ使えればいんじゃね?くらいに。
(一応ハの字を作ってから滑ろう、は徹底した。)
前半300mくらいを降りるのにじっくり30分くらい。
ただ、このへんからちらちらとエッジが使えるようになってきたっぽい。
お、良い感じ。

ミスターは運動神経…という言い方が適切かどうかがわからんけど、
基本的に言われたこと、やろうと思った事と動作が直結しない。
基本的に、と書いたのは訓練すれば出来るようになるから。
蟹歩きが出来なかったのも両脚をどうすればいいか分からなかったし、
斜面にエッジを立てれば止まるという理屈も分からない。
2回目のスキーだったから、とりあえず板に足を乗せて踏み込めば履ける、
は理解できた位。
ここにきてようやくハの字、というものがどういう状況で、
それを維持するためには足にどうやって力をいれればいいのかが
なんとなく分かっていったっぽい。
文章だと上手く伝えられないが、
ミスターの思考とそれに対応する神経が繋がっていく感じが
本当に見ててたまらない気持ちになった。

中盤はちょっとペースがあがったけどやはり200mくらいに同じ時間を使う。
どうもエッジ、左足だけ上手に使えるようになっている。
利き足は右だと思っていたんだけどなあ。
受け止める回数は半分以下に減る。

ラスト3分の1はまったく受け止める必要がなくなってしまったw
ただし、左のエッジしか使えないので、
どんどんどんどん右方向に流れていくので、定期的に新雪にわざと突っ込んで
方向転換を行うという荒技に走っていた。

でもあれだ、ぶっちゃけ滑れた。素晴らしい。
合計1時間半使って滑ったので、一回券でリーズナブルに滑れた記録を更新した。
というか一回券を買ったことがミスター生まれてからしかやったことないんですけどね。

そんなこんだで無事ミスターの初リフト初滑り?も終わり。
俺は俺で一本滑って疲れ果てていたので帰路に。
ありがとうセルバン。また来るでw

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 167

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●お姫様を助けるのは誰だ-2

わりと動いているかとおもいきや、全然2回目だったこのゲーム。
ミスターが「今日久々にやるねー」とか結構やりこんでる感な台詞いうから
すっかりひっかかってたぜw
地面から鍵を掘り出して、掘り出した鍵をお姫様の居る塔?に差し込んで
お姫様が飛び出したら救出成功。
ぶっちゃけ黒ひげ危機一髪がすごろくつきのボドゲになったと思えば分かり易いか。
実は協力ゲームなんだけど、主人公陣営と魔法使いに分かれるので
2人の場合はただの対戦ゲーム。
すごろく部分については、ダイスを振って出目のマスに移動する…は通常通りなんだけど、
主人公にも魔法使いにもマグネットが仕込まれており、
マスの上を通って「カチッ」っと音がしたら鍵発見の合図。
発見した鍵を使ってお姫様救出ミッションのはじまりだ。

★観察できた内容
なんでこのゲームを選んだのかとてもとても気になったけど、
ともかくやりたかった以外の理由が出てこない。
本人の中で興味が一巡したからやったことないのに手を出したくなったんだろうか。

だったらとても俺好みのローテーションなんだけどw

一応最初に主人公側と魔法使い側どっちやる?と聞いたけど
即答で「主人公側」だった。
この辺普通の答えというか、そうか魔法使いというかダーティーヒーローの魅力にはまだ気がつけぬか。
魔法使いが勝ったからどうって話を誘導しないのはまずったとあとで思ったんだけど。
鍵発見はミスターが速攻行った。
そしてなんと一発合格でお姫様救出。まじで?
あまりに速攻でオワタ(本当にダイス1振りで終わってしまった)ので、
2ゲーム目を開始。
開始したんだけど、鍵的には一発合格、今回は4回くらいダイス振ったけど。
ミスター向きに鍵は予備いれて3つ用意しておいたけど、
さすがにカンタンすぎたかな?
今度は2鍵でやってみるか。

●のぼるカエル城-7

こちらも久しぶり、というか
重機りんりんとハピエストタウン以外はみんな久しぶりと言って過言じゃないんじゃあないか?
カードを引いて、引いたカードに描かれている玉の色に対応した玉をカエル駒の上に玉を載っけて
お城の窓にいる書く人物に玉(というかアイテム)をお届けするゲーム。
2フェーズあって、1フェーズ目はお城の各窓にだれがいるか当てる神経衰弱フェーズ。
2フェーズ目は窓に玉を運んでカードを得る(=VP)フェーズ。
正直1フェーズ目は空気?w

★観察できた内容
各窓の下に対応する穴以外にも無数の穴が空いているので、
お届けするときにその穴を避けつつ玉を運ぶわけだけど、
ミスターはもう大分熟練しているので、穴を塞ぐタイルはまったく使わず。
これは前回くらいからずっとそーなんだけど。
今回ミスターはお届けも神経衰弱もきっちり熟して
さらにお届けの際には砂時計の時間内にお届けするというミッションもこなせているので、
正直このゲーム卒業でいんじゃね?レベルに熟達していた。
おっかしいなあコソ練でもしてた?w
とにかく上手になっていたミスターに普通に4点差負け。

●ファウナ ジュニア-11

定番クイズゲーム、なにげに11回とかミスタークイズ好きなの?
好きなんだろうきっと。
「クイズ」って単語聞いたらわりと反応しまくるしな。
動物の生息地、重さ、卵生胎生、草食の有無について当てっこし、
勝利点を競うゲーム。

★観察できた内容
クイズゲームっていうのは基本的にチャレンジするゲームだと思って居て、
だから自分の言ったアンサーが外れていても、
「あーあ、やっちまったなあ」
みたいなノリで捲土重来を期すべきものかと思って居る。
いるんだけど、ミスターはそんなことわかるはずもなく、
今まではとりあえず外れると悲しんで泣き叫ぶ、分からない事はとりあえず人に聞いて探る
が基本だったはずなのに。
驚くべきことに。
驚くべき事に、今回はミスター外れてもなんも言わなかった。
粛々と結果を受け入れていた。
それどころか、きちんとトライアルアンドエラーを実践してた。
え?一体なにが?
変わった薬って多動を押さえるだけで落ちつきって関係あるの!?
みたいなもうともかく驚きと感動で???が連発されるような、そんな場だった。
でもひとまずはなんであれ、例え薬に援助いただいたとて、
ミスターが成長したことには変わりない。
なので、大喜びして褒め称えた。褒めないと、とにかく。

第七回ゆるドミin長野を開催しました。

私のブログを読むような方々ならすでにご存じ、
ゆるーくドミニオンをやる会、略してゆるドミの記念すべき第一回長野会を開催しました。
参加人数7名。

ドミニオンの説明は「こちら」

今回は経験者が集まった回になったので初心者卓は立たず。

取り急ぎ自分が参加した卓結果

1
玉座の間 交易場 見張り 船着場 隠し財産 豊穣の角笛 伯爵 封土 ゴーストタウン 納骨堂 果樹園 避難所有

あ 19
な 18
し 44

お初のアサヒさん加えて3人戦。
経験者とのことだったので、カードの説明のみ簡潔に終えてスタート。
全セットを見たことがない、とのことだったので、
アサヒさんが購入したばかりで試して見たいノクターンを入れ、
ノクターン以外も持っていないセットを中心に選んでみた。
主に伯爵船着場納骨堂隠し財産。
納骨を済ませればお金は回ると思っていたので、果樹園無視。
納骨後は8金普通に出て終了。
初っぱなから容赦の無い取り回し。
こんなカード回しもあるっすよ、が見せられたしよしとしよう。

2
灯台 熟練工 占い師 城塞 宝の地図 廷臣 保管庫 総督 スカウト 吸血鬼
[プ]踏査

あ 27
な 27
し 29

2戦目。今度はルネサンスも混ぜて見ましょう、ということで作ったサプライ。
あまりなにも考えずにスタート。
廷臣…はあまり美味しく無いなとか考えていたら、
なかさんが保管庫をステロ気味で回し始める。
俺はどうしようかな、と悩んでしまったので、とりあえずスカウトで城塞廃棄して
こんな使い方も出来まっせ的なことをやっていたらわりと遅れていることに気がついたので、
総督でため込んで置いた金貨をなんとかドローするために保管庫を少し厚くした。
うーむギリギリ、とおもっていたところで、アサヒさんの総督金貨廃棄獲得。
…のタイミングで丁度城塞がハンドにありました。
ので城塞廃棄→手札に戻る→公領獲得→自分のターン8金属州で
ギリギリ勝利。

3
灯台 秘密の洞窟 占い師 城塞 悪魔の工房 山村 保管庫 総督 スカウト 吸血鬼
[プ]下水道[プ]城門

あ 17
な 30手番差
し 30

3戦目、ささっと変更してもっかいやりますかね、ということで
一部変更したサプライでスタート。
途中LANDのあきさん、いいじまさんやヒロキさん、ダイキチさんが到着したので、
途中組で一卓作って頂く。尚そちらは「最初のセット」ご希望だったので、
基本のみで作って頂く。頂くというか俺がパパッと出しましたそういえば。
で、元の卓に戻ってまた総督城塞だったのだが、
今回は下水道があるし、とりあえず2個ともプロジェクト買っておくか~
と思ったのが最終的な負けに繋がるという悲しい結果に。
秘密の洞窟でせっせと願いを出して金量は圧倒できたんだけど、
セットアップが遅くなったので早めに買われたらそこでどう打つ手もなかった。
目論見としては金貨余らせて総督で金貨廃棄属州しつつ属州買う、だったんだけど
ちょっぴり足りない感じだった。

この後は両者のテーブルでプレイングジャッジするのも大変だなということで
敢えて抜けて、ジャッジに専念することに。
これはこれで見て楽しめるし、俺が進行に邁進できるというメリットがあった。

4-a
あきさん、いいじまさん、ひろきさん、ダイキチさんの卓
礼拝堂 実験 玉座の間 庭園 密猟者 祝宴 魔女 書庫 バザー 貴族
[ラ]焚火

あきさんからはLANDの時に「拡張もやってみたい」という話を聞いていたので、
いやいやせっかく来て頂いたのだ、今日は是非拡張に片足ツッコんでいただこう、
ということで基本にaddする形で適当にサプライ選びました。
適当とはいいつついかなる戦法に対しても救済が儲けられているみたいな感じで仕上げました。
本日担当致しましたシェフでございます。
ひろきさんは呪いを撒く人、ダイキチさんは庭園の人、いいじまさんはドローで8金届かせる人、あきさんは貴族を侍らす人
みたいな感じで役割がばらけていたのが見てて面白かったw
結局ひろきさんが呪いを撒きつつドローもがっつりやって3点差で逃げ切り勝利。
途中で庭園に気がついて庭園カットしたのは結構大きかったと思う。
焚火が焚かれることはついになかった。

4-b
旗 絹商人 夜警 山村 へそくり 橋 保管庫 スカウト 大君主 吸血鬼

アサヒさん、なかさん、アラシさんの3人戦。
夜は入れたいです!とアサヒさんからリクエストがあったので吸血鬼さんは続投。
ここでBOON入れると処理がおっつかないとおもったので、
あとはドローカード、そして多分見ることはなさそーなへそくりとかをこそっと混ぜておいた。
案外旗の取り合いは発生しておらず、そしてなかさんが保管庫をなぜか封印。
金量と城郭とドローで圧倒したアサヒさんが大差で勝利。
だれも実行してなかったけど城郭ドロードロービッグブリッジとかがかなり早期に成立するので
実はおっかない場だった。

5
あきさんいいじまさんなかさんが撤退したので、
ヒロキさんダイキチさんアラシさんアサヒさんの4人戦。
voteで決めてもらおうかなとおもったが、ダイキチさんヒロキさんがチョイスしたとこで
時間がかかりそうだったのでタイムアップ、俺チョイス。
ただのvoteじゃなくて、どんなカードがいいっすかね?みたいな
カードソムリエしたげればよかったか。

仮面舞踏会 山村 王笏 愚者 悪魔祓い 納骨堂 辺境伯 国境の村 狩猟団 宮廷
[ラ]墓標 [プ]回廊

仮面と狩猟団を最初に選んだダイキチさんが圧縮後に狩猟団のドロー純度を上げて
一番最初に11金に届き、そのままゴール。
ヒロキさんは金量出ていたけどbuyが1であることに途中で気がついて
buyの為に辺境伯を買いに行っていた。アラシさんは仮面を打たれて金が上手く回らず。
でも狩猟団をおっかけても…という話だったので、悪魔祓いで精霊を取っていく作戦。
アサヒさんは仮面舞踏会を追う側。立ち位置としてダイキチさんの上家だったので、
これは不純物撒くという部分で成功だと思うのだけど、
宮廷仮面だったのでせっかく撒いた不純物がヒロキさんのところに行ってた。
バラマキみて、これはもしや呪いを敢えて買って狩猟団側に流すって戦法もありなんかな?
と頭の中でシミュレートしてた。
全体的に狩猟団フィーバー。あと幸運のコインを98%くらい利用していたので
銀貨があと一歩で山切れ起こしそうだったw
えー、さて、ここで懺悔です。愚者の解決間違っていた。
懺悔の意味も込めて書いておくと、
愚者を打つ→森の迷子持ってない→森の迷子を貰う→その場合祝福3つ好きな順で受ける(強制)
     →森の迷子を持っている→なにも起きない。
が正解でした。
ちなみに森の迷子を持っている場合はターン開始時に一枚捨て札することで祝福を一つ受けることができる。
森の迷子の奪い合いはアーティファクトと同じ処理。
俺としたことが…失礼いたしました。

そんなわけで全身全霊で楽しませて頂きました。
みなさん楽しんで頂けていれば幸いですがいかがでしょうか。
月末には都内でオリジナルのゆるドミ
3月末には上越でもゆるドミin上越を開催予定です。

長野での次回は3月6日予定なので、参加出来る方は宜しくお願いします。
もっともっとドミニオンの裾野が広まることを期待しつつ、継続することが大事ということで
今日のまとめにしたいと思います。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第11話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

カタン
ヘックメック(拡張あり)
トーキョーハイウェイ 4PLAYERS
エクストリームス
カルカソンヌ
インカの黄金
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
6ニムト
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
アズール
ハピエストタウン
ハイパーロボット
真贋のはざまで
ボツワナ
ワードスナイパーファミリー
おねだりマシーン2.0

全22種
参加者9名

やったゲーム

●ハピエストタウン

みんな集まるまでなんか軽やかにやりましょうか、
ということで開始した街作りゲーム。
当初はインストしつつ4人戦に入ろうかと思っていたが、
おもったより開始時点での集まりがよかったので、
そのまま俺は抜けての卓となる。
それだけなら良かったのだけど、
建設できる建物は一人1種、インフラは1つしか取れない、
という極めて重要なルールの伝え忘れ…。
今日はこんな感じでなんだか抜けが次々に出てくる日になってしまった。
せっかく楽しんで頂けたとこなのに水を差すような結果になり申し訳ない限り。

●AZUL

シントラもってるし、経験しているんだけど、
いきなりシントラやるんじゃあなくて、最初のアズールからやりゃいいじゃん、
ということでもってきました初代。懐かしい。すでに懐かしい。
王宮の壁を美しいタイルで装飾する(という設定の)タイル配置ゲーム。

ゲーム紹介はこちら
こちらもインストから入ったんだけど、またしても抜け…というか
書いたインストが入手当時のいい加減な訳に準じたもんだから、
いろいろ不備発覚。次はきちんとやります…。

ゲームは大差で希瀬さんの勝利。
下から詰めるはあかんというか、相手みて打つべきだった。

●ボーナンザ

写真撮り忘れ。久しぶりに豆植えたくなったけど、
フルラウンドでやるのが本当に久しぶり。
こちらもインストから入る。
自分の手番でやれることは、

・手札の「一番左」から2箇所の畑のどちらか一枚場に豆を植える。
(空の畑か、すでに同種の豆がある畑にしか植えることはできない。)
・2枚目は植えても良い。(強制じゃない)
・山札から2枚場に公開し、自分の畑に植える。
(植えられない場合は交渉で人に贈与することができる。)

いつでもやれることは
・植えた豆を換金する。(換金条件に満たない場合はただ引っこ抜く)
・3金出して3つめの畑を買う。

書くとたったこれだけなんだけど、
この交渉の部分が非常に良く出来ている。悪く言えば複雑。

自分が有利にだけでなく、相手に利する、そこを同秤に掛けるか、
小学生には荷が重かったことは間違いない。
入ったのはいいんだけど、あからさまにジョジョ君(小学生)にはむつかしすぎて
あーゲームチョイス間違えたーと心の中で思っていた。
とはいえ、楽しんでいる最中にんなこといって水差すのは野暮に尽きるので、
というか本人楽しめてやれてたようなので、
次はもうちょっと緩い難易度のもの選ばなければいかんなー。

と書くと、俺が圧勝して小学生に対して大人げないみたいな図式を予想されるわけですが、
俺が最下位でしたwww
一番重要視している「ゲームしている相手が楽しめる」が達成出来てればよし!

●ニムト

2名ご帰宅となったので、7人1卓、なんかないかなーということで
これまた久々にニムト。
ニムトが猛烈に好きとかそういうことではなく、
ただ毎回持ってきてるのに開けてないなーと。
開けてないで思い出したけどボーナンザに至っては未開封じゃった。
けっこうやってるはずなのに自分の出していないヤツ。

ゲームの紹介はこちら

こちらはみなさん存じているから軽くインストして開始したが、
軽く、が問題だった。
セキグチさんがどうカードを出していいか分からない。
きちんと言うべきだったなー、と改めて反省。
列をなるべく引き取らないようにしましょう、を強調したのだけど、
アグリコラで言うところの餓死しないようにしましょう、と同じで
そう思っていてもなかなか引き取らないプレイが出来ない。
戦術を言うのはポリシーに反するので、
一番小さい数から処理されます、処理されたカードは
そのカードより小さく最も近い数字の横に配置されます、を強調すれば
もう少し違ったかもしれんと思うと悔やまれる。
もちろんゲームの合う合わないは人によって違うし、
難しいゲームは難しいけど、インストが雑で面白さを損ねたとすると
それは大変な損失だと思うし、そこについては考えざるを得ないので。

●インカの黄金

というわけで気分替えのためと、
きっちりインストできるゲームで、かつ多人数に対応できるやつを選択。
あと軽いってのが条件だった。
そういやこれはこれで結構やってるはずなのにインスト書いてないな。
インストというよりゲームマスターが楽しくてやってるきらいがある、インカは。
カードを出して進むか戻るかを決め、進んで宝石がでたら一時所得に。
戻るを選択したら一時所得を永続獲得できる。
進むを選択して危険カードが同種二枚出てきたら強制ラウンド終了。
一時所得は全部失ってしまう。
また、財宝カードなるものが各ラウンド1枚用意され、累積し、
一人だけ戻るを選択した場合は獲得できる。(高得点の宝石と思って差し支えない)

なんか違うゲームっぽい説明になってしまった。
ただルールを飲み込んで頂けたのをしっかり確認してからスタート。
毎回こうすべきだな。
3ラウンド目までは順当に…というか俺が一人で突き進んで17点獲得。
ここで大分勝負が分かれた、というか俺は速攻帰るモードに。
ラストの2ラウンドは5枚以内に危険カードが2枚重なるという
GMなにやってんだ案件で終了。
勝ちは勝ちですが、プレイングディーラーだったので若干後味悪しw

チラシを作ってからの初夜ボドだったけど、
初参加の方が2名いて嬉しい限り。
もう少しアクティブに告知をして、もそっと篠ノ井川中島のゲームシーンが
盛り上がってくれるといいなあ。

というわけで次回は2月第3週

2019/2/19(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 166

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●あぶない!工事中-9

久しぶりシリーズ継続の構え。
先日の知ボド165回目にて奥さんにギャン泣きの件を伝えたり
最近ボドゲから遠ざかっていたねと話したら
「そら164のときにあたしが叱ったからじゃね?」
という意見を頂いた。俺は忘れていた。
なるほど響いていたのか。だから重機りんりんこないのか。
そうなのか?
ゲーム内容は工事現場に書かれている重機を
手札から差し出して、工事現場カードの内容と出す重機を一致させる。
途中現場監督が出てきたら現場監督コマをトイレの上に置く。
いつの間にか普通ルールで出来るようになっていたし、
山札尽きるまで遊べるようになっていた。進歩したなー。
とはいえ、これ4歳~用なんだけどな。

★観察できた内容
手札をどう並べるか、で悩んでいた。そうだよなー。
ここでそうだよな、と思えるのはやはり自閉症っぽいこだわりを感じるから。
手札をいかに素早く場に出すかが問題なんだけど、
導線とかはあまり考えず、好みで並べていた。
後半になるにつれて、カードを滑らす位置に他のカードが干渉しないように気を遣っていたが、
優先度はやはり好きな重機がどのように整列しているか、だったようだ。

アクションゲームなので、MPの消費が激しかった。
普段動きまくっているのでHPの消費はどってことなさそうだったんだけど、
中盤以降は2枚カード取る毎に休憩を入れていた。でも継続してくれていた。

それから、中盤に入る前、MPがそれなりにある時点で
なんと4重機カード(一つのカード内に重機が4つ書いてある)を取った。
以前なら「むつかしい」と宣言して諦めていたんだけどな。
やる気を見せてくれてパパは嬉しいのだ。

ゲーム自体は24vs16でミスター勝利。
2台重機のみの勝負とかしたら圧倒的差で負けそうな気がする。
それほど前半の動きはキレてた。

●バンディド-2

山賊を閉じ込める協力ゲーム。
前回はなんとなくママの支度待ち時間に始めて
なんとなく勝利(閉じ込め成功)してしまったが今日は如何かな。
というかあぶない!工事中が時間かかりすぎだったので、
まさかこっちもやると思ってなかった。

★観察できた内容
ルール的に一枚場に出して一枚引く、だけなので非常にとっつきやすい。
目的も出口を無くせば勝ち、なのでわかりやすい。
あとは運か。
協力ゲームだからミスターが「どう置いたらいいかな」という問にたいしては
8割くらい返すようにしていた。
最初は全部返していたんだけど、全部返すとそういうゲームと誤認されるしなあ。
会話を成り立たせるのが目的なら全て会話してカードもオープンでいいと思う。
ただし重要なのは、「どうしてそのカードを置くのか」を明確化することかな。
明確にしてもミスターは分からない可能性があると判断したので、
残りの2割は自分で考えて置いてもらう、
また、トライアルアンドエラーでいろいろ試して貰った。
一つ失敗したなと思ったのは、トライアルの段階で、結果を明示してあげりゃよかったなという部分。
普通に考えると無意味な行動なんだけど、
ミスターには極めて有効なんだよね、もっとも積み重ねないと効果が出ないのだけども。
教材っぽい使い方しちゃってるのがちょっと後ろ髪を引かれる思いだけど、
楽しんでくれているようなので、また出そう。
ちなみに今回は脱出路が塞げなかったので負けゲーム。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 165

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

間隔が開きすぎている…のも致し方ない部分があったというか、
薬自体は従前同様の服用量なんだが、
夜のハイテンションはなんとかしたほうがいい、ということで
もう一つ飲み薬が加わったところ、効果はあったのだが、眠気が酷いらしく、
20時には寝てしまう、というサイクルが出来上がってしまった。
というわけで行動回数は12月と同等かそれ以上だったのに、
ゲームする時間は皆無となってしまっていた。
というわけでとてもとても久しぶりに稼働。

●コリドール デラックス-1

コリドールのデラックス版。
と書いてもコリドールを知らないとなんのこっちゃなので説明すると、
自分のコマを相手の陣地へ持っていければ勝ち。
手番でできることは2つ、自駒を1歩進めるか、手持ちの板(10枚)を設置するかだけ。
板設置は主に相手の妨害に使うわけだが、自分のルート確保にも使えたりするので
なかなか本気で悩ましいゲームになっている。
なんにせよルールが単純明快なのでお勧めな一品。
なわりにずーーーーっと導入してなかったんだけど。
初めて買おうと思ってから3年くらい経過してた。

★観察できた内容
ルール説明はあっという間に終わる。
ミスターとやるときはルール説明あっという間に終わるようにしないと
そもそも話を聞いてくれなくなるので、今回もスピードインストだったわけだけど、
本当に大丈夫かな?と思ってた。とくに板を置くくだり。
2ブロックまたいで置くようにしないといかんのだけど、
そこのニュアンスが伝えづらいので、とりあえずやってみせることにした。
したら、するする飲み込んでくれた模様。
一戦目は俺の勝利。ミスターギャン泣き。
久しぶりだなーギャン泣きとおもったけど、夜薬を与えてないからこうなるのか。なるほど。
うーんむつかしい。飲み薬だけカットするか?
それはさておき、2戦目はミスターにも見せ場を上げようかなと思っていたら敗北、
あれ一手足りねえwみたいな。
今回はしょっぱなということもあってかなり板を余らせて終了してしまった。
また、ミスターは「進む」と決めたら陣地目指すし、
「板を置く」と決めたら板を置くしかやらない。
いや従前はそれのどちらかだったんだけど、
今回は「相手の陣地に行けば勝つ」という情報がインプットされていたので
きちんとゴール目指して走っていた。
そこまではおっけーじゃなかろうか。
「パパがゴールに着いたら負けてしまう」という情報がインプットされると尚良いな。

●おねだりマシーン2.0-1

おねだりマシーン2.0 までが正式タイトル。
初代おねだりマシーンを2回しかやってないのに2.0になってしまった。
気になっていたけど即ポチせずに様子見してた。
その後、療育講座のあとすごろくやで現物を確認。
コンパクトになってるからいけてんじゃね?と判断。ポチる。
内容は前作よりも分かり易くなっている。
前作は札を1列4枚ならべて「ある」「ない」だけを言うことになっていたが、
今回は1列3枚並べて、かつ3枚の中にいくつかるか、をコイントークンで示すようになった。
単純に情報が増えたので絞り込みがし易くなった。
(ということになったので、勝利点としてのコイントークンが無くなったのはマイナスな気がするけど)
今回も本来3人~のゲームを2人向けにアレンジしているのでそこはご容赦いただきたい。

★観察できた内容
前作と決定的に違う部分があって、
1絵札複数シンボル、という絵札が出来てしまった。
それがゆえのコイントークンなんだろうけど。
複数絵柄が出てしまったことで、1列におねだりしていないシンボルが2個以上出てしまい、
本来おねだりしているシンボル数とおねだりしていないシンボル数が同一のときに
強烈なミスリードに発展するという問題が発生した。
ちょっと仕切り直して、こちらはおねだりする札を厳選し、
ミスリードがおきないように、慎重に設置することでなんとか回避。
論理の組み立てもまだまだなので、
4-5ポイント目は作文を作るというか、
一枚一枚設置しながら、これはいらないもの、についてコメントしていき、
おねだりしているものの数だけトークンを置き、
2列目以後で同様の説明をしつつおねだりしているもののの置き方を変えたり
複数個あるカードを出しつつ、おねだり品は1個というトークンの置き方をする、
まったくもって誘導プレイを行う事で、ミスターもすんなりゲームをしてくれるようになった。
とはいえ、論理の構築が難しいので、これは多用するのはもう少し待った方がいいか。
ゲームそのものは気に入ってくれているんだけど、
今は今日行くという側面が強くなってしまっている感じだ。

ボードゲームnight !in長野市tsunagnoに行ってきたヨ 第七話

今月も行って参りましたtsunaguno。
前回は記録的にに人数少なかったけど、今回はわりかしいつものメンバーな感じ。
ただし、回すゲームに問題があったので、
俺は2ゲームしか遊んでいませぬ。

そんなわけで、記録です。

●カヴェルナ(拡張込)

ようやく、ようやく回せたカヴェルナ。
アグリコラをやって、それから開封して
(つまりアグリコラを回した時点で購入はしていたわけだが…)
その後回さないまま忘れられてた部族(拡張)が入ってタイル抜きして、
うむ、これ絶対拡張入れてプレイしたほうが楽しいやつじゃね?
とか思ってから結構時間が経ってしまった。
やろうやろうといってるだけじゃあれなんで、トモさん巻き込めばいんじゃね、
ということでそる亭で約束を取り付けて今回に至ったわけだ、長かった。
ついでにいうとゲーム本編も長かったw
内容はワーカープレイスメント、アグリコラ同様。
アグリコラを説明すると長いのでここでは詳細な言及控えるけど。
自分の手駒をアクションスペースに配置して何かを得て、
報酬を元にさらに自分のやれることを拡張したり勝利点を得たりできるみたいな言い方が適切か。
アグリコラと違って、ゲームボードには地下と地上が描かれており、
本来はドワーフが地下を探索・建設しつつ、地上にも農場を作って行く、みたいな
半分アグリコラみたいな作りになっている。
拡張が入るとドワーフ以外の種族が入り、
今回トモ(青白きもの)にしけん(人間)俺(ケイブゴブリン)となった。
あれ、ドワーフいねえw
トモさんが最も経験者、にしけんさんは二年ぶり二回目、アグリコラは一番経験者
俺が一番ひよっこ、なんだけど持ってきた人という豪華だか貧相だかよく分からない布陣で開始。
トモさんが「机2個いるよ!」って言ったのはまったく真実で、
俺はオーガナイザーあるし大丈夫やろ?くらいにおもっていたけど全然そんなことなかった。机2個いる。

アグリコラっぽいんだけどアグリコラより全然食糧供給緩いっすよ、
と言われてたのだが、まさしくそれは最初の収穫で証明された。食糧は供給せんといかんが、
供給ルートがわりとふんだんにあるので、よほどサボらない限りは物乞いすることはなさそう。
(あくまでワカプレというかアグリコラ経験あればだと思っているけど)
あとアグリコラより失点要素が少ない印象を受ける。
物乞いは一緒だけど動物は一種類1点だし、なので動物居なくても1失点で済んでしまう。
というか不足分は全部1失点。
あと農業しなくても失点無い。洞窟の話だからかな。
(サブタイトルが「洞窟の農夫たち」なので農作物あったほうがいいとは思うけど。)
ワカプレ経験者同士、そして俺は早指しの人なんで、わりとサクサク進める。
サクサクのハズとおもってたし、アグリコラより2ラウンド少ない12ラウンドだから
速攻終わると思っていたけど、結局3時間くらいで終了。長いわw
最終得点は
トモ 131
にしけん 74
俺 76

今作はドワーフ(じゃないけど)の行動として「探索」という要素があるのが非常に面白かった。
要は資源を好きな種類獲得、なんだけど、
探索するごとに武装レベルがあがって、探索での選択肢がどんどん増えていくのが楽しかった。
最終レベルまで上がるとなぜか繁殖を始める動物。探索すると繁殖するってどんな物語が。
さすがウヴェ様、こちらのワカプレも大変美味しゅうございました。
いやーまたやりたい、数十回。時間がなー。

●ドミニオン

tsunaguno来るまですっかり忘れていたんだけど、
前回のtsunagunoでいろりさんとあいざーさんが「ドミニオンやりたいほげええええ」と言っていたのを
すっかり失念していた。
していたけど、「たまたま」車にフルセットが積んであったので問題はなかった。
というわけでカヴェルナ終わって既に良い時間だったけど、
あいざーさんを誘ってプレイとおもいきや、
せっかくだから遅れて参加したあらしさんやあんちゃんさんも加える。
初心者がいるので勿論「最初のセット」
地下貯蔵庫 堀 村 木こり 工房 鍜治屋 改築 民兵 鉱山 市場
軽やかにインストをしてプレイ開始、よりによって俺一番手。
でもいいか、見本の動き見せられるし。
(カッコイイ買い方ではなく、ABCを物理的に見せられる的な意味で。)
アタックを買わずにカードマネジメントで頑張ろうとしたが、
民兵をあいざーさんしか買わぬので、
最終金量であいざーさんに競り負ける…と思った俺は金貨買い足し、
最終的にあいざーさんが31点1位。競り負けました。
途中で「コンボかっけーのでやりたい」とか
終わったあとで「ちょー楽しかった」と言われたのは幸い。
そう言われるためにインストやっていますし、これからもそうしますし。
あんちゃんさんには水無月さんが、あいざーさんにはつちのこさんがセコンドとしてついてくれたので、
俺がすげー楽できた回だったw

というわけで今回も無事終了。
これは終わった後で気がついたけど、ホリケンさんとデクリプトやりましょう、の約束が履行できていないw
というわけで次回はドミとデクリプトはマストで持っていこうかな。

第七回ゆるドミin長野 開催します。

100万回遊んでも飽きないステキなボードゲーム、ドミニオン。
さまざまなカードが織りなすドラマ、増えていく手札。
圧縮される思惑、いろいろな要素が絡み合ってきっと面白い是非面白いカードゲームです。

ドミニオンの簡単な説明は以下を参照してください。
【インスト】ドミニオン

私シニチロがドミニオンやりたい熱をこじらせたのと、長野市SUBBOX応援企画として、

第七回ゆるドミin長野

を企画致しました。
日時:2月6日(水)19:00~
場所:長野市 ボードゲームカフェSUBBOX
料金:SUBBOX利用料金に準じます。ゆるドミ自体への参加費は発生しません。

コンセプト
ドミニオン裾野開拓。ゆるーくドミニオンを遊びましょう。
ドミニオン立たない、待ち時間等は別ゲーム立ててもOK。
初心者、リハビリの方々にはルールインストも致します。

セットは私シニチロ持ち込みの1セット。(全拡張プロモあり)
基本カードが3セットあるのでトークンや避難所かぶりがなければ2卓立つ感じです。
SUBBOXの基本第二版をいれれば5卓(スペース的にギリギリ)立ちます。
また、お持ち込みいただける方については大歓迎です。

参加希望の方は下記フォームにてご応募ください。
飛び入りもできるだけ対応するようにいたしますが、
申し込み過多の場合はお断りする場合があるかもしれませんので、ご注意ください。

第48回長野市ボードゲーム会に行ってきたヨ

今年初の柳町。
というわけで行って参りました。
前回は午前のみだったので、フル参加も本当に久々だ。
前日大雪だったので、開催が危ぶまれるというか、
「雪やべーどうなんのかな?」みたいなツイートを散見したが、
まあ普通にやりますわな。平常営業でしたな。
会場も駐車場に至るまで除雪が大変行き届いていて、
働く女性の家すげーなーと思ったり。
(すげーんだけど、トイレの水道が壊れているのはなんともならんのか…。)

やったゲーム

●バンディド

今度すごろくやさんから日本語版が発売とのことでおめでたいことです。
…とはまったく別ルートで、ミスターとやれやしないかという模索で入手してた一品。
ミスターとはすでにプレイしているのでルールは把握済。
アトウさん、Kさんと3人戦。
というか3人以上でやってみたくて、かつ軽いゲームということでこれをチョイスしてた。
真ん中の泥棒が脱獄するために穴掘るわけで、
行き止まり札で通路を全部止めればプレーヤーの勝ち、
でなければ泥棒の勝ち、ということでプレイ開始。
序盤はわりとサクサク埋めていったが、
後半にどうしても分岐を作らざるを得なくなり、
最終的に手札全配置で脱出口が6も出来て、泥棒は見事に脱出することができた。

つまり俺達は負けたってことさ…。

協力ゲームで、とくに相談規制もないのでお勧めではある。
相談規制とかしちまえば難易度跳ね上がるし、ザ・ゲームみたいなことになるんじゃあないだろうか。

●マニラ

協力?ゲーム(×
3艘の船で交易を行い株価をつり上げ、その過程で船の着順予想したり、
船に襲いかかったり、船をナビゲートして進めたりと
船そのものより船にまつわるいろいろを仕掛けつつ、お金を稼ぐゲーム。
うん、お金を稼ぐゲーム。大事な事なので2回言いました。
俺、アトウさん、エンドさん、Kさん、とどりさんの5人戦。
まずプレーヤー同士で競りを行って管理人役を決める。
管理人はスタートプレーヤーでもあり、ラウンド中株を買える唯一の人だったり、
仕込む交易品をチョイスできたり、3艘のダイスを(いっぺんに)振ることができたりと、
なかなかやれることが多い、というかぶっちゃけこれ取らないと勝ち目がないと言ってもいいかもしんない。
あんまり高額で管理人のポストを競り落とすと、その後の原資がなくなって詰むけど。
他のプレーヤーは船の着順を賭けたり、船に乗り込んだりと
自分のワーカーと、ワーカーを置くためのコストがあるだけ行動可能。
いろいろ仕込んだ後、ダイス目で船をすすめ、
船が進みきったら交易品の内容と乗り込んでいるプレーヤーで頭割りで報酬をいただけたり、
着順予想で報酬をいただけたりする。
例外的な動きとして、13マス目のみの適用で海賊行為が行える、というものがあり、
これは3回ダイスを振った結果13マス目に止まった船に対しての報酬を
全て奪い取ってしまう、なかなかダッシュ力の強い行動だったり。
とまあいろいろやることがあって勝ち筋もいろいろな気がするんだけど、
とどのつまりはダイスで左右されるものなので、
レベルの高いギャンブル、ルーレットといった趣。
俺は序盤から2連続管理人をとり、勿論途中で借金を抱えつつ株価1種を独占し、
なおかつ株価操作で値をつり上げたものの、
返済分の30金を支払って2位。
ツォッホらしいコンポーネント、ツォッホらしいゲームだなーと思った。
ほら、ナイアガラに通じるあれですよ。
出物があれば俺も欲しい感じ。

●マジョリティパーティー

とどりさん持ち込みの一品。8人戦だったかな。
というかLANDで見たときから気になっていた。
質問カードに4つの問が書かれているので、それを読み上げ、
自分を含む全てのプレーヤーがYESorNOの札を出す。
YESでもNOでも多数派に属していればその人は1点。
少数派に属した場合は出題者に1点を払う。
たったこれだけのシンプルルール。

なんですけど、俺があまりにマイノリティすぎて、
最終的に0点になり、あまつさえ銀行に代理支払をしてもらうという体たらくにw
初手でマジョリティとりつつ子からも報酬を得たvisionsさんが圧倒的勝利。

●デッドマンズチェスト

こちらもとどりさん持ち込みの一品。5人戦。
700円くらいでしたよ、と言われたので先ほど調べたら定価1,800円じゃったw
ちなみにamazonでは倍以上の値段がしていた。うーむ。
箱の中にダイス2個が入っている。
手番プレーヤーは箱を振って中身を確かめ、
サイコロの数字を読み上げる。ただし、必ず大きい出目を10の位にせねばならない。
読み上げたら次手番の人に箱を渡す。

箱を渡された人は、
・ダウトして箱の中の出目が宣言と差があるかチェックする。
・箱の中身を確認してシャッフルして、ビット。
・またはシャッフルして確認してシャッフルして、ビット。
・ノールックでビット。

の4択。ビットは必ず前の出目より大きい数字でなければならない。
ただし、ぞろ目は出目以外の勝負要素がなく、強い。
61よりも1のぞろ目のほうが大きい数字扱いということ。
また、例外的に21は最強。

ダウトした場合は実際の出目が宣言以上ならば宣言した人がライフを失い、
宣言より小さい場合はダウトした人がライフを失う。

ブラフそのものよりぴったり賞などがない分難しさを感じた。
感じたんだけど、お手軽で良い。
釣り上げるしかないってのがまたカンタン。
そしてコンポーネントも小さくまとまってて良い感じ。
インストが絞り込めれば常時持ち歩きでもいいんじゃないかなレベル。
負け抜けでやったので、今回は2戦2勝。

●オルビス

やりたいやりたい気になる気になる言ってた。
そしてそのツイートを拾ってくれた水無月さんが持ってきてくれるというありがたい状況、これはやるしかない。
つってもゲームについて下調べがあったわけじゃあなく、
ジャケ買いに近い。というかまずボドゲはジャケから見る物なんだけどどうなんですかね?
やることは場(天空)からタイルを取って、
ペンギンパーティのように土台?を作り、土台の上に更にタイルを追加する場合は、
土台の色2色のうち1色を選んでその色のタイルを置くことができる。
タイルにはそれぞれ条件別に得点があったり、タイルそのものを置くためにコスト(=信者)が必要だったりするので、
単純にペンギンパーティのようにガンガン取るわけにはいかないんだけども。
ラストまたは途中で神様のタイルを一枚取る。
これまた条件によって得点が加算される。
また隣接するタイルによって得点が入ったり、天空に置かれた信者を取り除くことで得点が入ったり
いろいろ勝ち筋があるゲームになっている。
4人用だったので、残念ながら水無月さんと対戦は出来なかったけど、
軽やかにインストしてもろてスタート。俺が取ったのは緑のバランスが多いと3点入る神様。
神殿マジョリティを取って11点を目指すものの、つちやさんに神殿取られて計画はお釈迦に。
荒野として置けば上には何色でも置くことができるけど、
わりと決断をサクッと行わないとあとで後悔することになる。
あと、途中までタイルを取るときにそのタイル上に置かれた信者を即コストとして支払ってタイル取れる、を忘れていた…。
序盤で希瀬さんに緑∞をパスってそのまま希瀬さんがリードを守って一位。
22-19-18-17で俺は3位かな。案外点数固まったし、プレイはし易いし、
そして見た目のイメージより全然軽いゲームだと思うのでペンギンパーティ経験者にはとくにお勧めかも。
俺も周囲に持ってる人がおらなんだら買ってたかも。ってくらいには気に入った。


●スマートフォン株式会社

さて出ました持っているのにやってない重量級ゲーム。
重量?プレイは2時間以上かかったので重量に分類しちゃうけど、
やってる本人達はたったの5ラウンドだしあんまり重量に感じていなかった模様w
スマートフォン株式会社と名乗ってはいるけど手持ちに現物のスマホがあるわけじゃあなく、
プレーヤーは各自スマートフォンを売る会社のCEOとなって、
自社のスマートフォンを売りさばき、沢山勝利点(というかお金でいいと思うけど)を得たら勝ち。
各ラウンドは大まかに

行動プロット
技術開発
生産
販路拡張
販売

みたいな流れになっている。
技術(GPSとかNFCとか)が載っていないと言い値でしかスマホが売れない、
販路がないとそもそも売れない、等売るための努力をいろいろしなければならない。
また、販路マジョリティボーナスや最初に技術開発した人にはボーナス点があるなど、
頑張ればそれだけのリターンが設定されている。
スマホの価格を安く設定すればそれだけ売りやすくなるし、
手番順も現在の勝利点とスマホ価格で決定されるのでスタートが取れて有利になるが、
単価が落ちてしまうので、後半になるほど厳しい闘いになってしまう。
なので、5ラウンドの中でいかにあくせく自分の行動をプロットするか、が
非常に重要かつ楽しい。というか行動プロットが6割くらいじゃないか?w
この行動プロットも各自に渡されたアイコン付きカードを重ね合わせて
そのカードに書かれたアイコンの分だけ行動コストを生み出せるという
今まで見たことない感じのプロット方法。
コルトエクスプレスみたいな行動になるんだけど、
正直無駄になる物(流れ弾みたいな)が全くないので、
その分いかにでも効率よくできそう、というよくわからない欲が出てきて大変だ。
5ラウンド終わってVisionsさんがぶっちぎりトップ、一人だけ200点越えてたかな。
俺は最後に2位のサガ君を沈めようと画策し、
彼のエリアマジョリティを全部カットに入って4位。
そんかしスマホの単価を大幅に下げてしまったので、勝利点はあまり取れず。
今回はこーやって負けたので、次はもっと行動を洗練したいもんだ。
あとVisionsさんのインストが非常に分かり易かった、ありがたかった。

今後うちにきたお客様はどっかのタイミングでこれをプレイすることになりますw

●スプリングメドゥ

希瀬さんリクエストで持ってきた一品…だったんだけど、
なかなか出す機会がないというか4人一組にならんままここまできたので、
やむを得んサシでやるか!ということで開ける。
事前にルルブを読んでおいてもらって、2分ほど確認してからスタートw
ウヴェ様パズル3作目にして、作を重ねるたびにどんどんボードが大きくなっている。
大きいことを良いことだ、たくさん得点貰えて嬉しい感じがするしな。(得点を稼げることと同意ではないw)
やることは場のガイドポストが置いてある列から一枚ピースを取って
自分のボードに敷き詰めていくだけ。
重力が働いているわけではなく、雪山が草原になっていくというテーマからして、
とくに下から詰めろみたいな話でもなく、好きな場所に置いて良い。
ただし、得点計算は敷き詰めてある左からもしくは下から順に埋まった列と
埋まってないけど埋まった列からせり上がったマス分x1点を獲得する。
非常に単純なんだが、ピースがむっちゃあるので、引きにも左右されるかもしれない。
エキスパートルールでピースを特定するルールもあるみたいだけど。
それから、ピースや個人ボードには穴が開いていたり描かれている。
基本的に穴は開けておけばそれで1点。
また、穴同士が隣接すると追加で岩タイルを貰える。
手番中に2枚目のピースが手に入ると同意なので、これは結構重要。
穴を塞いでしまえば得点ができなくなる。(その場合マーモットトークンを穴にかぶせる)
場のアクティブ列が2以下になったタイミングで得点計算。
その時点での得点が高い方にピクニックバッジが渡され、バッジを2枚獲得すると勝利。
1戦目は希瀬さんの手堅い打ち方に対して、穴グループ作りを狙いすぎて
10点差くらいで敗北。
さくっと終わったので2戦目。今度はとにかく場を埋める。
多少穴埋めしてもとにかくマスを沢山埋める作戦で突撃し、勝利。
ウヴェ様はワーカープレイスメントのイメージが強いけど、
こういう単純なパズルもとても面白い。
他2作を実はやったことがないんで、入手しておこうかな…。

ボードゲームLAND 長野市に行ってきたヨ その2

LANDいきてーなーいきてーなーだったんだけど
前回参加した9月を境に夜がものすごく予定詰まってしまって
なかなかいけてなかった、ので、
今回久々に参加。
参加メンバーの半分が知って居る人といういつものボードゲーム風景チックな。
(うち2人は連日だしなw)

やったゲーム

●ワードスナイパー

ノーマル版。
山札のお題と、めくったカードの書き出しを合わせて単語を作れば
めくったカードに書かれている勝利点を獲得できる、シンプルルールなゲーム。
得点集計したら俺とタッキーさんが15点イーブンとなっていたので、
飯島さんディーラーでサドンデスマッチ開始。
「ぱ」「ぴ」「ぷ」「ぺ」「ぽ」の植物で「ポインセチア」を発言して勝利!
前日ボブジテンがボロボロだったので、
ちょっと自信が回復した、かも。

●ドミニオン

前回のそる亭にて、あきさんが「ドミニオン好きっす」と言ってたのを
しっかり拾ってたので、今回は持参しておいた。基本セットだけだけど。
そしてたっきーさん、記念すべき第一回ゆるドミで初心者講座を受けてくれた人。
なんか思い入れがある卓になりそうだな、とおもっていたら
つちのこさんも同卓してくれた。昨日クォーリアーズやりましたしね、ありがたや。
基本セットだけなので、ランダマイザ使わずにフィーリングで良いか、ということで
以下のサプライで。

礼拝堂 玉座の間 祝宴 民兵 木こり 市場 金貸し 魔女 研究所 議事堂

適当に選びつつ2版でリストラされたカードをぶっこんでおきました。
でもさすがに宰相はねえかなと思ったんで止めといたけどw
つちのこさん以外が魔女買い。
俺はアタック入れるかどうか迷っていたんだけど、
つちのこさんが民兵入れたのと、上家下家が魔女ってるので、
参戦しないわけにはいかんなということで魔女買い。
あとは呪いが乱れ飛ぶ。
結局3山切れ終了。

俺 23
た 15
つ 11
あ 8

あきさんがちょー悔しがっていた、そしてたっきーさんは後半ものすごい追い上げでちょっとびびった。
ならば次は拡張いれても良いだろうということで
次回もドミニオン持参します。

●トーキョーハイウェイ 4PLAYERS

映えゲー。
でもそこに行き着くまでの煽り、爆笑、崩壊。
ドラマチックバカゲーというのが俺の中での紹介文。
ドミニオンメンバーでそのまま4人戦となる。
手持ちの柱と道を駆使して道路を引き、
自分以外のプレーヤーと立体交差すれば車を走らせることができる。
手持ちの車を全部走らせたら終了。

このゲームはやる度にドラマの違いが見られて面白い。
煽っておくのも大事なんだけど、
落ちついた、落ち着きを取り戻す手番プレーヤーを見て居るのが本当に面白い。
この面白さを追求するためなら勝利点度外視でもいいんじゃないかとさえ思える。
思えるけど、たっきーさんが強いのでおこぼれにあずかる形で2位。
途中震災レベルの崩壊があったんだけど頑張って修復した…。

●デジャブ

トーキョーハイウェイで大分時間をくったので、
最後は軽いのやろうってことでとどりさん持参のデジャブ。
お、LANDきたら毎回デジャブやってる気がする。まだ2回目ですけどもw
絵札に書かれているオブジェクトを場から取ればそれが得点。
しかし絵札山には同じオブジェクトが2つ書かれており、
2回目に出現したものを取らないといけない。
もし一回目の出現で取ってしまったら脱落(つまり2回目に絵が出現したら脱落判明)
前回も負けた気がするが、
今回は総じてたっきーさんが強かった。
慌ててミスってくれれば助かったんだけど、ミスがない上に、早い。
一番強いパターンだこれ、と思いながら眺めるだけだったし、
4ラウンド目に至ってはいきなり脱落してた。ディーラー楽しい。
たっきーさんが都合3回勝利したかな?圧倒的強さで、
かつこのゲームをとても気に入っていたようだった。買うとかゆってた。

というわけで今回も楽しませていただいた。
都合が合えばもっとも最寄りのゲーム会なので出来るだけ参加したいなあ。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第10話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

カタン
東京サイドキック
ヘックメック
ヘックメック拡張
トーキョーハイウェイ 4PLAYERS
ナイアガラ
エクストリームス
カルカソンヌ
インカの黄金
ホシアツメ
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
6ニムト
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
真贋のはざまで
ゾンババ
すべてをそこに置いてきた
ワードスナイパーファミリー

全23種
参加者8名

病欠組が復活してまた2卓立つようになりました。
やはり大勢のが盛り上がるヽ(´―`)ノ

やったゲーム

●ボブジテン

持っているのに全然自分のが開封できていないカードゲーム。
例によって、いやよっているかわからんが、
つちのこさん持ち込みのボブジテン。俺のやつ開封はいつになるのやら…。
(しかも1開けてないのに3は開いているふしぎ。)
手番プレーヤーはカタカナ語をカタカナ使わずに説明し、
その内容で該当カタカナ語を当てれば手番プレーヤーと当てたプレーヤー双方に1点。
当てたプレーヤーに手番が移る。
カタカナ語をうっかり使ってしまった場合はその指摘をした人に1点。
ルールはこんだけなんだけど、俺弱かった、語彙力w
多分ね、人の話をしっかり聞いてしまうから
説明が終わった頃には誰かが回答してしまうのですよ…。

そして本気で取れていない主催席w

●ヘックメック(拡張ちょい入れ

前回ヘックメック好評だったので、
今日はお初の人いるけれども、殆ど経験者みたいなもんやろ、ということで
拡張ちょい入れ(11と13入り)でプレイ。
前回同様、序盤はどうダイスを取って良いか悩むのだが、
3ターン目あたりから加速してくる。
そして4ターン目あたりから返却が始まり、
そこから奪い合いも開始され…なんだけど、11と13が長らく手つかずだった。
とりあえず俺が29に13で蓋をして…まではいったのだけど、
そこから返却やら奪われるやらでポイントが彼方へ行ってしまった。
13が最後まで残り、それをゲットした希瀬さんが1位。
ラストに低数字くると逆に取りにくいので、
返却がわりと起きやすい。
次は完全に拡張入れようかな。拡張面白いのです。

●クォーリアーズ

ここで2卓分け。
前々からつちのこさんがツイートしたのみて、やりたいと思っていた一品。
当然つちのこさん持ち込み。
ダイスを使ったデッキビルディング、いやダイスビルディングゲームか。
手持ちのダイスを振って魔力値(ドミニオンで言うお金)を出し、
色つきダイスの魔物を召喚し、召喚した魔物が次のターンまで生き残れば勝利点。
その他、召喚するだけで勝利点とか、
召喚した効果でバトルが有利になったりバリヤー張ったりなど、
ダイスしか使わないんだけど、フレーバーのおかげで本当に楽しい構築ゲーム。
ドミニオンと違って召喚した魔物が勝利点を生み出せば
かならず廃棄のタイミングが生じるので、圧縮もとてもやりやすい。
というわけで大体把握してからプレイ。
カード(というかダイス)効果を押さえ、強めの攻撃力持ったドラゴンを複数買いで回しつつ
圧縮も捗らせて引き切りの勝利。
勝ったからというのも加味しつつ、普通に面白いゲームだった。是非欲しい感じ。


一方その頃、もう一卓ではもっとホイップを!が立っていた。
今回主催は参加せず。

●ナイアガラ

俺持ち込みゲーム。これを見る度にボドゲ草創期を思い出す。
つってもドミニオンとかよりはずっとあとに購入したものだし、
購入した時点でそれなりにボドゲやってる人ではあったんだけど、
ここを境に収集が始まった的な意味だと記念碑なのかな。
インストを書こうと思ったのもこれのインストが大変だったから、というのが大きい。
最初にやったときはインスト込みで2時間越えてしまって、
面白いのになんてことだ!って思った思い出があるので。
(ちなみにすごろくやで買ったのでインストビデオは
 付属していたけどそのときは機材的な問題で見なかった。)
今日は丁度5人だし、実はフルメンバーでやるの初なのでいろいろ丁度良かった。
もちろんインストを担当し、ゲームスタート。

ルールはこちら

…5人だとまた考え方変わるというか、ラウンドが長く感じる。
原則シンキングタイム無制限だけど、ここなんか持ち時間あったほうが面白いのかなと思ったり。
きちんとすごろくして、宝石を拾って帰るのがゲームなんだけど、
もっと滝壺に落っこちても面白かったんじゃあないかなと。
勝利条件を満たすと終了フラグが立ち、そのラウンド(=手札を全員出し切ったら)終了となる。
今回はセキグチさんとつちのこさんが勝利。
俺もラスト6まで持ち帰ったけど1個たらず。
途中で滝壺に落ちなければ~w

今回は人が戻ってきてこんな感じだったけど、
前回の反省からチラシを作ることにしました、のでそのうちどこかで見かける事もあるかも知れません。
もうちょっと広報頑張ると行ったので、今月忙しいながら出来るだけ積極的に動きたい。

というわけで次回は2月第1週

2019/2/5(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。

中野kurumariに行ってきたヨ-20190120

療育講座帰りkurumari再び、というか今年のkurumari初め。
明けましておめでとうございます。
ふらっといってふらっと腹ごしらえしつつ酒のみつつ
さらにゲームまで出来るなんて、ありがたすぎて罰が当たりそうなんだぜ。

今回は行ったら…すでに満員近い、つーかカウンタしか空いていなかった。
いやまあいつもカウンタだからいいんですけど、
行く度に人口密度があがっている気がするぜ。
しょうさんとくっちゃべりながらまずはチキンカレーオムライスと生中。

あれ、写真取り忘れた。まあいいか。オムライスは美味かったというテキストで。

上野さんが手空いてからカードスタンドの話。
俺は紫檀が手に入らなかったので見送ったスタンド、
adohocで初めてみましたよって話したら、
紫檀の仕上げ前Ver見せて貰えた、いいなーやっぱりこれ。
普通のカードスタンドだと転けるアブルクセンとかでも
余裕でこなせそうではある。

その後、しょうさんとPSYCOLOをプレイ。
ゲムマ秋の新作で、サイコロを転がして陣取りするゲーム。
あれこれってジグザ?とおもったけど
普通にマスを進むし、ジグザのように出目余りではバトルできずに、
きちんと出目分進んでからのサイコロバトル。
バトルは出目の大きい方が勝ち。負けた方はサイコロ没収。
同点の場合はバトルを仕掛けた側が負け。
また、取られた側は黒タイルを一枚置いて、行動不能の場所を増やすことができる。
酔っ払って洞察力ゼロエモンになっていたのでわりとあっさり負けてしまった。
これはこれで面白かった。

お隣の席の人がヒトトイロやっていたので
サイコロ組も加わる事に。
ヒトトイロならまかしとけー、いろんな意味で。
今回のハイライトは俺のお題

「北海道を舞台にしたマンガ、もしくはアニメ」(ゴールデンカムイ)

に対してしょうさんが青を設置。
さて、なんで青すかね?と問うた所

「で、ディープブルー…。」

との回答が得られる。
なんのマンガだ、ディープブルー。
北海道の荒波に、突撃するらしい、よくわからんw
毎回突然1時間半くらい滞在しても十分楽しめるkurumariステキ。

…次はボドパス忘れぬようにせんとイカン…。

アナログゲーム療育講座にいってきた(中高生・大人編:2周目)

今月も行ってきました療育講座。

https://sugorokuya.jp/event/dccw/
イベント概要については上記WEBを参照されたし。

さて、昨年の時はたしか
中高生・大人編は前後編にわかれ、
なんと午前中から開催されて昼休憩はさんで応用編との2本立て
後編は別日でやった気がする、というか記録みたらそうなっていた。

今回は中高生・大人編が一つにまとまった体裁となるので
どんな感じなんだろう、そもそも1ゲームがそれなりの重さだった気がするんだけどな…
と思っていた。

結論から言うと時間が足りていなくて残念。まずはそこ。

なんか気になる点が多くて写真取り逃してしまうし、
俺は俺でペースが乱れていたっぽいけど。

テーマとしては昨年の中高生編と同様、「見通しと立てる力」の欠如について、
そこが問題であるかをどうあぶり出し、
改善していくかについてが話題の中心だった。

やったゲーム

●バウンスオフ

ん?これ中高生・大人編だっけ?というか学童後編でやらなかったっけ?
なぜこれが採用されたのかは、
そもそもゲームをやらない人への「つかみ」としての作用。
今資料見返したら学童後編のスライドではとくにバウンスオフが
触れられていなかった。だから今回採用したのかな。
前回同様に2vs2でプレイ。
プレイそのものは恙なく終了したけど、
「つかみ」としてのバウンスオフ、俺がもし療育受ける中高生の立場だったら
やっぱり敬遠したかもしんない。投げるとか苦手という理由で。
同じく「つかみ」用としてイチゴリラが紹介されてた。
ついでにキャプテン・リノ紹介もあって良かったんじゃあ無いかな。

●街コロ

見通しを立てる力の課題発掘・訓練として。
お金を稼いで街の施設を作って行くゲーム。
ってかくとハピエストタウンみたいな感じがあるなー。こっちのほうが先だけど。
決定的に違うのはサイコロの出目と建設した施設カードによって収入が決まること。
ハピエストタウンと違って、サイコロを出してしまった人からお金が貰えるなど、
アタック要素があったりもする。
勝利条件はランドマークカード4枚を一番最初に全部めくった人が勝ち。
ゲームそのものはメンバーがどう買うかを見てから考えようと思っていたが
上家の人が初手カフェだったので、
こちらは6以内のカードのみでプレイすることにした。
これが開始された時点で一時間経過していたので、あれ今回時間大丈夫?とか思ってた。
案の定時間が来たので終了。俺は一枚もランドマークをめくらず終了。
いやこっからなんですけどね、セットアップが終わったところなので。
終わったあとの事例紹介で
「ASDの人:1~6だけの施設を集めて、新しい段階に進まない」
となっていた。俺と同卓した人はこのパターンで俺のこと見てたかなw
解説するのも野暮なので黙々と1-6までのカード集めていたけど。
(期待値的な話で、1-6、8が1/6で発生すると考える)
どちらかというと、そういう見通しを立てた上で1-6を買っている人に
「より効率よく発展させてこ」とアドバイスが入ってしまうことをスライドみながらちょっと危惧。
ハピエストタウンをさんざんヤリ倒してから街コロみると
じつに選択肢が多くて、むつかしいw
何が一番効率がいいのかはやっぱサイコロの確立で推し量るしかないんじゃあないだろうか。
あとプレイヤー同士のインタラクション。
選択肢がおおい、それなりの難易度で読解力を要することから
いろいろな訓練にはなり得ると思っている。
ただしミスターにはまだはええかな…。

スライドで、「複数回プレイしてみる」ことにも触れられている。
これ療育のみならず俺のインスト論においてもとても重要で、
何をすれば良いかは敢えて語らず、インストを長たらしめず、
ゲームをしっかり楽しんで貰う、リプレイ保証をすることを重要視している。
もちろん訓練であればきちんと記録とって見返すことも重要だし、
「もしこうすれば~だった」の話ってとても重要だと思う。
質問し忘れてしまったけど「2~3回プレイして改善が見られるかに注目」
の部分は改善が見られなかったらどうするんだろう、ゲーム差し替えかな?

と書いて、そもそも差し替えねばならんようなゲームは複数回やるべきではない、
少なくとも連続でやるには未だ早いということになるから
やはり「改善が見られるように指導を考える」でいいのかなと思った。

フィードバックも超重要。
ハピエストタウンで特に顕著だけど、
最初はどうして負けちゃったか分からず、理由聞いてもピンと来ずだったんだけど、
繰り返すうちに
「パパお金があってすごい」と自分と比較するようになり、
そのうち収入重視で建物建ててくれるようになった。
フィードバックというか、リプレイに近い、
「今日はこうしたから~なった」と言うだけでも効果はあるんじゃあないかな。

●ボーナンザ

豆を畑に蒔く。
撒いた種を収穫して換金して勝利点を得るゲーム。
交渉ですな。

自分と他者の関係において、コミュニケーション困難に当たったときに、
他者を塊として捉えるという状況が起きている場合がある。
他者を弁別してコミュニケーションを取る練習に
「交渉ゲーム」はうってつけ。
ボーナンザは先の見通しを立てること、
交渉によって自分の豆を増やす(=勝利点を稼ぐ)ことの両立が大事だ。
時には敢えて交渉に乗らずに相手の畑を廃棄させる手とかも必要。
真面目にゲームやるとこれも大変奥が深い。
関係ないけど夜ボドでやってないのでやろうw

ボーナンザが数手終わったところでタイムアップ。
もう時間が無くなってしまったので、このあとのスライドが大分カットされてしまった。

今回は他協力ゲームとして、カタンやパンデミックがあがる。
昨年挙がってドキッとしたドラスレは挙がらず。難しいもんな。
交渉はミスターにもちょいちょいやらせてるけど、本当にハードルが高い。
利害を見通すってことは先が見通せている前提だから。
ただ、中高生・大人編で取り上げるには大変重要だし、
うちの甥っ子姪っ子とか交渉スキルが大変不足しているので、
機会があったらこのへんのゲーム出してみようかな。

というわけで長々書いていたが、もう一度。
今回は時間が明らかに不足していた。
昨年前後編に分かれていたものをマージしたのだから当然といえば当然。
でもそのために特にボーナンザの使われ方が微妙な事になりそうだなと危惧。

昨年あって消えてしまった協力ゲーム編、
実は超重要だと思っているので復活してほしいし、
大人編はまた前後編にわけたほうがいいんじゃないかな?と思った。
あーぎ!てくと等、入手困難なゲームがあるので
おいそれと再開できない事情もあるかもしれないんだけど。

というわけで2周目も無事終了。
次の周回は様子見で、なんか変化がありそうだったら参加かなー。

ヨミヤスミとアグリコラとドミって来たヨ

この週末はそもそもアナログゲーム療育講座だけ行く予定だったのに、
そういえばヨミヤスミさんが21時からのレトロゲーム一周年だし、
(第一回参加者)
だったら上京ついでにビーマニメンバーで集まれないかな
(忘年会出来なかったし)
とか詰め込んでみたらもろもろ噛み合ったので連休にして上京してました。
というわけでまずは “21時のレトロボードゲーム” から。
ちなみにヨミヤスミはゲームカフェとかバーではなく、

Book Cafe ヨミヤスミ
https://www.facebook.com/yomiyasumi/

です。喫茶店+本が読める場所、が正しいw
紹介は上記リンクを触ってください。

今回のバンゲームは

「人生ゲーム 初代復刻版」

初代っす。
復刻なので、箱裏に説明書きがあるなど、
今のユーザビリティからは考えられない仕様がいくつかあるものの、
きちんとゲームとしては面白いものになっている。
やることはまあここで説明するまでもない気がするが、ルーレット式すごろく。
いちいち言い忘れているんだけど、
人生ゲームのルーレット作った人は本当に天才だと思っている。
あんなに回しやすくて爽快感があって音まで心地良いルーレット他にあるだろうか。
だれが回してもきちんと回るってのもすごい。

復刻版というとまっさきに「初代は子供売れましたよね」みたいな話になるが、
復刻された暁に添付された補足説明書にしっかりと

「子供は一人あたま$20,000を決算日に貰えますが、売るわけではありませんよ!」

とか書いてあるw
今回は5人戦。
一年前はたしか4人戦だった。あと忍者増田さんに大差で負けた記憶だけしっかりと残っている。

順当に駒を進めて職業とって~と進めているつもりが、
去年のシャクライさんを彷彿とさせる台風で振り出しに戻るが炸裂。
一度ビジネスコースを歩んだのになぜか学士となってやりなおす数寄人生。
途中のギャンブルで30万当てを2回炸裂させ、
そのままリードを守ってゴール。
リードしているから仕返しも3度くらって内一回は15マス戻るとかだったんだけど、
2位に$100,000差くらいつけて勝利。
お、実はバンゲーム勝つの久しぶりじゃね?

edf

補足で書いておくと、当時のでかいボード使うゲームは、
説明書にも箱書きにもバンゲームと書いてあったので、
ボードゲームではあるけども、俺はリスペクト込めてバンゲームと表記している。
ちなみにうちにも4つほどあるので機会があれば展開したい。
なんだかんだで商業ベースにのっただけあって面白いのですよ、どれも。

ヨミヤスミ終了後は宿兼ドミニオン会場なmさん邸へ。
カイトくるまでドミニオンして、
カイトきてからアグリコラして、
またドミニオンになったわけだけど、時系列で並べるのめんどいのでまずアグリコラから。

m 47
s 40
k 34


とりあえず30点こえてー、都合3度目だし、とかおもいつつ打ってたら
40点達成。
最初の山越えた感全開だったけど勝負としてはmさんに負けたので悔しみ。
増設のタイミングと子供のタイミングは今までで一番しっくり来た感じだったけど、
牛が最後1匹のみとか、やっぱりどっかそっかで無駄打ってるんだなーと。
mさんは石の家6と9マス牧場1個だったのに
石の家のリード分そのまま負けているので、改築打てばよかったかな。
カイトと癒着するために改築しゃがんだんだけど。
毎回毎回終わった後も、やってる最中でさえも改善点が次々見えてきて本当に面白くて
どうかしているゲームとしか言い様がない。
次は録画してみようかな。
棋譜起こししたほうが次に繋がる気がする。
一回一回が長いから直に書いた方がいい気がするけどw

ドミニオン
途中でカイトが来たら人数変わったり、最後は観戦だけだったから俺がいなかったりするが、記録。

1
役人 秘密の部屋 銅細工師 貢物 宮廷 盗賊 商人ギルド 案内人 巨人 偶像* 峠 果樹園 】#ふつドミ #ドミニオン https://dominion.highemerly.net/card.html?k=13,24,36,43,106,171,188,207,218,298&la=2082,2085

m 42
s 27

起き抜け一番の2人戦。起き抜けだったのでイベントランドマーク置き忘れてましたすみません。
商人ギルドか偶像か迷って偶像ルートだったんだけど。
というか銅細工師と偶像だったんだけど、そして偶像のちょい商人ギルドだったんだけど、
商人ギルド先行で銅貨の濃度増やせばもうちょっと銅細工師が増えたんではないか。
3ターン目で属州とれてしまったのが油断の始まり…。

2
中庭 願いの井戸 見張り 玉璽 行商人 ゴミあさり 遺物 掘出物 納骨堂(地下室*) 取り壊し 立案 征服 】#ふつドミ #ドミニオン https://dominion.highemerly.net/card.html?k=23,28,55,99,109,161,221,225,295,1005&ev=2047,2069

m 24
s 34

mさん邸に王子あるとおもったらなかったので、最初のランダマイズから
王子を取り壊しに変更して開始。まず考えたのは願いの井戸+立案。
これはmさんも考えて居た手なのでおっけー。
廃棄が進めば予想も進むので、実質願井戸が研究所として機能するだろう、についても
7割くらい予想とれたのでおっけー。次に考えたのは納骨堂をどう有効活用するか。
遺物が2枚くらい入れば納骨堂を買って征服買って、余剰銀と遺物を納骨してみたいな、
あわよくば金1枚いれちゃえば
わりと安定し、かつ秘密の予想も立てやすくなるとおもい、納骨堂3枚入れ。
あとは金量展開を有利に進めて勝利。

3
パトロール 護符 大市場 山賊の宿営地 盗賊 商人ギルド 魔除け 港町 大君主 羊飼い* 宮殿 墓標 】#ふつドミ #ドミニオン https://dominion.highemerly.net/card.html?k=270,92,102,164,171,188,203,212,256,292&la=2086,2087

m 40
s 47

商人ギルド再び!
じゃあ買うのかというと、買わない。
商人ギルドでアクション切れるのが嫌なんですよ病なので。
まず魔除けと墓標で銅貨消しセットアップ。
羊飼い大量購入用に護符を仕入れ(しかし護符は機能しなかった)
よって最初の5金は山賊に費やし、次の7金は大君主で商人でも山賊でも化けられるようにし、
ワンチャン狙い宮殿に7金投入。
宮殿もさほど大きな効果は出なかった。
ただし、トークン余らないように8金すれすれくらいの金量維持で推移させ、逃げ切る。
墓標が美味しかった。
(あとmさんが7金で商人ギルド買ってくれたの美味しかった。)

4
祝宴 民兵 公爵 身代わり 漁村 労働者の村 熟練工 商人ギルド 変容 レプレコン* 山賊の砦 汚された神殿 】#ふつドミ #ドミニオン https://dominion.highemerly.net/card.html?k=9,12,44,271,56,90,187,188,213,282&la=2073,2078

m 24
s 24(手番差勝ち)

山賊が本当に嫌なので、銀は一枚、あとはトークンなり仮想通貨なりで対応しようと
最初から決めていた。
想定外だったのは変容。それももともと汚された神殿で呪い引き取ったら
呪いを銅貨に替えて手札かなとかくらいにしか思って居なかったのに、
これがどうしてなかなか仕事しやがってた。
互いに身代わりで呪いを撒く、想定内。
mさんが金量で圧倒しにくる、想定内。
漁村もついでに枯れる、想定内。
だったので、こそっと変容様で呪い消すだの勝利点仕込むなどやっていた。
ラストはmさんが汚された神殿+1VPで終了。
不謹慎ながら壁があればもっと面白かったのに、とか思ってた。

5
鉱山 中庭 ハーレム 都市 香具師 拡張 豊穣の角笛 ワイルドハント 靴の妖精* 厄介者* 白金貨/植民地有 】#ふつドミ #ドミニオン https://dominion.highemerly.net/card.html?k=17,23,46,96,98,105,121,254,294,301&pr=2027,2028

m 29
k 30
s 41

アグリコラから30分も経ってないのに始めた5戦目。
mさんと俺で香具師やれば呪い売り切れて自動的に都市強くなるかな、と想定してたら
本当にそうなってしまったので、あとからせっせとドローカードも仕込む。
特に山賊の砦じみたこちとはなかったが、4金以下なら銀貨と決めていたので、
結果的にそこが金量押し上げと、勝利点獲得に資した。
引き切りではないが、安定して買い物しつつ、
こちらも中庭香具師呪いの3山切れで終了。

6
改築 パトロール 石切場 会計所 広場 道具 港町 王室の鍛冶屋 剣闘士/大金 プーカ* 交易 果樹園 】#ふつドミ #ドミニオン https://dominion.highemerly.net/card.html?k=198,270,91,93,193,206,212,257,239,299&ev=2053&la=2085

m 44
k 22

新年会にいくのが17時からだったので、横で観戦モード。
とくに運用について述べる点はなかったので割愛。
mさんが大金いくかとおもったらわりと無視して驚いた。
というかmさんは仮想なんとかに釣られるってのが最近無くなってきつつあると思う。
あ、でも初任ギルド買ってるな…w
カイトの王室の鍜治屋+会計所は見て居て面白かった。
残念ながら銅貨で8金構成できてなかったから、呪われた金貨つかって
やむを得ない呪い喰らってた。
開き直って呪われた金貨整理して銅貨だらけにしてれば
実はものすごいこと起きていたんじゃあないか?といろいろ想像をかき立てるデッキだった。
ただ港町連発だけはいただけないw

というわけで1.5日の間にものすごくいろいろ詰め込んでしまった。
実はそのあとの新年会もものすげー熱かったけど、それは記事にはせず、
とりあえず明日の療育講座かなー。

ともあれ、遊んでいただいた方々どうもありがとうございました。
生きている限りまた何度か遊ぶ気がするのでこういうご挨拶をば。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第9話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

カタン
東京サイドキック
ヘックメック(拡張あり)
スプリングメドウ
トーキョーハイウェイ 4PLAYERS
ナイアガラ
エクストリームス
ワードバスケット
カルカソンヌ
インカの黄金
ファミリートレード
ホシアツメ
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
6ニムト
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
真贋のはざまで
ゾンババ
すべてをそこに置いてきた
ワードスナイパーファミリー

全22種
参加者6名

過去最少人数。年明けと風邪とインフルとかいろいろ要因が考えられるけど、
一番は俺の広報不足だと思っているので、チラシ作りますそろそろ本腰入れて…。

やったゲーム

●ヘックメック

19時くらいまでなんか軽めのやりますか、というノリと、
有名なんだけどやったことがないという人がわりと多いヘックメックを展開。
拡張も持参していたけど今回は基本箱のみでプレイ。
8個のダイスを振って21-36の出目を作り、
場に出ているイモムシタイルを獲得するゲーム。
虫苦手な人にはお勧めできない。俺虫苦手ですけど!
8個のダイスのうち、獲得したい出目については同じ出目を全て獲得する。
5が2個出たら2個とも獲得するみたいな。
獲得したダイス以外は振り直し。
振り直したダイスについては獲得したダイスと同じ出目を獲得することが出来ない。
つまり、3あたりが4つでたとしても、合計12だし、
12でダイス4つ使用不能になるのか?とか検討する必要がある。
21~しかイモムシタイルが存在しないので、
単純に8で割ってみるとダイス1個あたり2.7くらい出さないと損してしまうのである。
(したら12でダイス4はアリか…w)
21に満たなければ手番失敗となり、既に獲得したタイルを1個場に返却する、
場に出ている一番出目の大きいタイルが使用不可になる、と
やらかしたときのペナルティが結構大きい。

で、この辺のルールがやらないと飲み込めない。
そういう意味で初心者にはお勧めしづらいのだが、
今日インストしたことによってなんか肝は掴めてきた気がする。
tsunagunoあたりで出してみようかな。
ただし、プレイ人数上限の7名とかでやると
ダウンタイム長過ぎなのでやはりお勧めできない。
4人くらいがベストなんじゃなかろうか。

そして、例によってインスト負け喫したわけだ。

さらに、インストに夢中というかプレイに夢中で写真取り忘れたわけだ。

●東京サイドキック

協力して悪をやっつけるゲーム。
すでに自宅クローズ会ではやっているものの、オープン会持ち込みは初めて。
カイトの委託品ではあるので、厳密には俺のじゃあないんだけど、
遊んでください、とのことだったので遊ぶ。
というか持ち込みたくなるくらいの面白さ。
協力ゲーなんだけど、選択肢が多すぎる。そこが難しい、面白い。
今回は俺入れて4人戦いこうとしていたが、希瀬さんがきたので
俺はインスト。
面白さが伝えられればというか、サイドキックは観戦でも十分楽しめるというか、
なんならヴィラン役として頑張っちゃってもいいくらいなのだ。
(そんな役はないんだけど)
で、実際のプレイだけど、本当に選択肢が多い。
マップで行ける場所も多い。
そもそも一人で2キャラ動かすことができるってのもなかなか大変だ。
そしてターン毎にくらうダメージ。
デッキビルディングなのにターン一周すると呪い喰らうみたいな。
今回は小学生にもやらしてみたけど、やっぱし難しいようで、
そこは要所要所助けてあげるようにした。選択肢多いものな。
今回は初っぱなのラウンドでヴィランを倒しきれなかったので、
どんどんダメージが蓄積し、最終的に全員ブラッシュアップ(札廃棄)の暇すらなく、
メナスを拝む前に全滅となってしまった。
それはそれでドラマチックなんだけど、プレイヤー的には
ボスに一太刀浴びせたかっただろうなーと思う。
なので、終わった後で軽い反省会。ダメージはほっとくと本当に痛い。
ヴィランは蓄積できるけどダメージは本当にやばい、みたいな話。
前回やったときも思って居たが、セットアップの煩雑さ、
だんだん反り返ってくるボードがこのゲームの大弱点。
何か付け外しできるボード止め、オーガナイザー作るなどして
プレイアビリティを上げればもっといい感じになると思うんだよなあ。

●もっとホイップを!

希瀬さん持ち込みゲーム。気になっていたけど買っていないしやっていなかったゲーム。
12等分されているケーキには勝利点とホイップが記載されている。
ケーキを食べないで表向きに保管しておき、山がなくなるまでに最大数保持すれば勝利点が、
その場でケーキを食べてしまう(=裏向きにする)のであれば
山切れ時に記載されているホイップ分だけ勝利点がいただける。
単純にバクバク食べていればもちろん勝利点マジョリティで敗北してしまうし、
勝利点マジョリティに固執しているとホイップ不足で負ける。
なるほどもっとホイップを!

1戦目は食べまくったわりにはホイップ点を稼いでいたのでわりと良い勝負。
2戦目にきちんとそれぞれのケーキがあと場にいくつあるか丁寧に数えつつ
マジョリティが均等化するように気を配ったにも拘わらずホイップが大量に不足して敗北w
俺みたいなプレイヤーはあまり考えずに食っておけってことかな?
お値段のわりにはインストはカンタンだし、多人数でやったほうがジレンマが増えて面白いかもとおもった。
うちにも一個入れておこうかな。

大人数で狂喜乱舞したら少人数更新してがっくしくるのは
ゆるドミですでに味わっているけども、
体調不良とかもろもろの事情加味しても冒頭で書いたとおり
やはり告知不足が否めないので、
もそっと本腰入れて告知かまそうと思います。
サボっていたつもりはないが、リソースの振り分けをちょっと上げてみる、
みたいな感じで。

というわけで次回は来週

2019/01/22(火)18:30~

の開催となります。
宜しくお願いします。

ボードゲーム会@そる亭に行ってきたヨ その6

月一開催のそる亭(http://www.cafezac.com/salty/)ボードゲーム会に行ってきました。

前回は女子多くてびっくりしたけど、今回は開幕時5人しかいなくてびっくりしたw
風邪流行ってますなーとおもいきや、終盤は大体いつも通りだったので、
ボドゲ熱の方が熱かったということで。

やったゲーム

●ソクラテスラ

開幕はカルカソンヌが立っていたのだけど、俺は途中からだったので当然入らず。
カルカソンヌが終わったところで10人くらいになっていたので、
6-4で分けますか、ということでソクラテスラを立てさせて貰う。
というか買ったはいいけどやってない系のやつだった、ルルブすら読んでいない。
ということで久々にルルブ読みながらのインスト開始。
偉人を召喚し、召喚した偉人のパラメータで勝敗を競い、
場の全員に対して勝利すると聖杯が頂ける。
聖杯を2個獲得すると勝利してゲーム終了。

偉人の召喚だが、手札7枚の中に偉人の左腕、胴体、右上が存在すればOKで、
いろんな偉人が組み合わさる。(写真参照)
名前も面白いし、召喚した暁には是非フレーバーテキストも読んで欲しい。

なんかね、うん、見覚えがあるなとおもったら
CreatureCrushだこれw
というわけで同様のゲームを持っている俺はなんとなくルールを把握してしまう。
聖杯にそれぞれ異なる勝利条件が書かれているので、
自分の偉人に対して仕込みが行えるのが特徴かな?
ラウンド毎に勝利条件が変わるってのは面白いんだけど、
場の全員と闘う都合上、仕込みは実はあまり意味を成さない気がするんだけども。

今回は結局第三次世界大戦(通常バトルではなくバトルロイヤル形式)
で2回勝利したゴーさんが勝利。
バトルロイヤルのがスピーディーに進むが、
場の全員と闘うためには全員召喚できるように手札がばらける必要があって
なかなか厳しいバランスのゲームだな、と。
テキストは真面目に面白い感じなので機会があればもうちょっと人数絞って展開しようかな。
ギルガメ帝とか一見弱そうだけど強かったなぁ。

●ヒトトイロ

お初のおうじさんが参戦卓となった。
初心者はまかしておけ状態になるので、俺が全力でお相手しよう…というか
いきなりバチるゲームではなく、こんなんありますよ系の話がしたくなったので
ヒトトイロを立てる。
場のお題に対して、手持ちの札が差し出せるイメージを持った単語か文章を宣言する。
全員宣言に沿った色の札を裏向きにして出し、
5枚目のお題が終了したら、答え合わせ。
というとイメージわかないかもだが、「野菜」というお題で、手札にきみどりがあれば
「キャベツ」と宣言する感じ。

今回使用した2版はお題がちょっとむつかしい?引きが悪かった?
通常は難易度によってそのレベルのお題を読み上げていくものだが、
今回は手番順に難易度を上げていくほうのルールを採用した。
いきなり難易度高くてごめんなさい、高い方が盛り上がるものでw

途中で「作家/漫画家」というお題を引いてしまう。
手札には6色。うち1枚は銀色とかどーすんだこれ?みたいなことになった。
年齢層も割とバラバラだし、うーんこまった、ということで
「荒川弘」
と宣言。
銀の匙でもハガレンでもいいし、年上の人は「いやまあこの色はねえべ」ということで銀を差し出すことを期待し、
見事に銀一色達成。が、そこでハイライト終了。

いや俺いつも最後いけそーなタイミングでずらすのです。
今回はじゃがいもを「黄色」で差し出し、これはピザに「茶色」だすべきところで詰みました。いやーむつかしい。俺だけw

●ブラフ

シニチロ3大ゲームというものがございます。

ドミニオン
ボツワナ
ブラフ

(ここで思い出したけどボツワナのインスト書いていない、書かねば)
3大ゲームはあまりに好きすぎて、俺のほうから「やりましょう」と言わなくなるレベルのゲームで
かつ、プレイ回数が他と比べて著しく高い、みたいなゲーム。
ただ好きなゲームとも言う。
うち、ブラフに関してはここんとこ碌にやっていなかった。
アラシさんが持参し、ありますよとゆってくれたので展開。
ここぞとばかりに流れるようなインストを行ってプレイ開始。
みなさん奮ってゲームしてくれたってことはインスト当たったってことでいいかな。

ゲームの内容についてはこちら

アラシさんがカップを忘れてきてしまってさーどうしようということで
にしけんさんがもってきた鉢植え皿を使ってみる。
ダイスが隠れて、回転出来れば何でも良いのですよ、偉い人にはそれがわからんのですよ。
大きさ的にはあまり問題はなかったが、反響が大きくなったゆえか、
ダイスシャッフル時の音が兆でかかったw
そしてインストしたあたくしですが、速攻死亡w
インストすると死ぬなー。

●デクリプト

なんか期待されてる感じのゲーム。
たしかに多人数1卓で、かついろいろ考える感じのゲームとしてはいいかもしんない、
しんないんだけど、お初の人は暗号考えて居るときのダウンタイム耐えられるかな?
とかいろいろ考えてしまっていた。
そもそもはホリケンさんいたらやろうくらいのニュアンス、
御守り代わりにカバンにいれとこうくらいのニュアンスで持参してたゲームだったんで。

ゲームの内容についてはこちら

いつも通りの軽妙インスト、そして練習ラウンド…とおもいきや
比較的ガチ勝負になってしまっていた。
案外ストレートに類推できそうな暗号作ったつもりなんだけどなあ。
それはそれで疑心暗鬼を生じる元となるというか、
そこがデクリプトの面白さなのかな、練習が練習じゃなくなったラウンドを終え、
ガチ勝負ということでもう一戦。
にしけん俺アキチームの勝利、インストしたけど勝てた!
毎回アラシさんが一生懸命暗号仕込んでいる姿には感動する。
俺はわりと即興詩人型なので。
やりようによっては暗号仕込みでも愉しいし、解読でも愉しいし、
相手が切歯扼腕している姿見ていても愉しいし、
分かりさえすれば一粒で何度も美味しいゲーム。
インストも大分慣れてきたので、今一度ハウスルールではなく元のルールでやってみようかなと思ったり。
(ハウスルールでやる一番の理由は「時間切れで暗号が作れない」問題が解決しないから)
慣れた連中だけで集まれば暗号作れない問題はなんとかなりそうだ。

第六回ゆるドミin長野を開催しました。

私のブログを読むような方々ならすでにご存じ、
ゆるーくドミニオンをやる会、略してゆるドミの第五回長野会を開催しました。
参加者は5名。
前回は最大人数でわっしょいでしたが今回は最少人数更新w
インフルなのか、風邪なのか、はたまた連日のボドゲイベント続きのせいなのか。

という俺も3日連続ドミニオン出来てるんですが、しょんぼりしつつホクホクです。

ドミニオンの説明は「こちら」

入った卓回想
1
研究所 山賊 拡張 救貧院 橋の下のトロル 農民 開拓者/騒がしい村 小妖精* 急襲* 司祭* 縁日*
https://dominion.highemerly.net/card.html?k=16,260,105,155,216,229,235,277,305,307&pj=2149

お 30
て 30
し 36

3人戦(てぃーさん、おすしさん、俺)
トロルかな、やっぱりトロルかなーという仕込みを最初からすれば良かったんだけど
廃棄が進んでから教師トークン置いたほうがいいよね、ということで
セットアップに鬼のような時間を掛けてしまう。
もうお金は全く必要ないと思ったので全部廃棄、救貧院をトロルの元手にあてる。
さすれば山賊はまったく恐るるに足らず。
ドローがたんないとおもったので研究所混ぜたりちょっと寄り道が多すぎたけど、
最終的に6トロル7購入12金で捲って終了。
やりたいことは出来た気がするけど、教師まで頑張らずに騒がしい村と研究所でスマートに決めればよかった。

2
地下貯蔵庫 外交官 真珠採り 大衆 道化師 よろずや 官吏 掘出物 雇人 レプレコン* 宮殿 下水道*
https://dominion.highemerly.net/card.html?k=0,267,48,95,120,131,142,225,227,282&la=2086&pj=2153

お 34
て 44
し 15

迷いが生じる。下水道があるからよろずや廃棄と下水道廃棄でいけんじゃん?
とおもったけどそれは屋敷廃棄で得するだけで、あとはよろずやが邪魔になるから
雇人多くしたほうがいいんじゃねえ?と思ってたところ、5金。
そしてその5金で官吏に進んでしまう。ばかだ。
そして官吏のあとの5金で大衆に行ってしまう。ばかだ。
後半はヤケになって真珠で8金出す夢見たり(一応出たけど)宮殿があることをすっかり忘れて
セットアップに夢中になってたら終了しておりました。2位からもダブルスコアってw

3
商人 船着場 鍛造 掘出物 開拓者/騒がしい村 ヴィラ 守衛* 偶像* 山村* 発明家*
https://dominion.highemerly.net/card.html?k=262,72,107,225,235,245,275,298,306,324

お 15
て 19
あ 15
し 7

あ、ログ書いててきがついたけど、これも上位とダブルスコア…。
アラシさんが加わって4人戦。3番手。
山村偶像いこうかな、というところでなぜか発明家を取ってしまう。
したら発明家で山枯らそうかなとおもったら、下家のアラシさんが山村買い出す。
偶像は1番手てぃーさんに4枚。おやおかしいな?とおもっていたら呪いが5枚も手元に。
逆に山枯らせると偶像持ちに利すると思った時は手遅れだった。
てぃーさんにそのまま逃げ切られて終了。

4

宰相 議事堂 職人 借金 狩場 呪いの森 失われし都市 農民 忠犬* 彫刻家* 下水道*
https://dominion.highemerly.net/card.html?k=4,15,259,87,152,219,220,229,274,312&pj=2153

あ 48
お 53
し 67

たけくらさんが来たので2卓に。再び農民。
今回プラコロ用意したのにまったくハケないので、意地になってプラコロ場にしたら
超長引いてしまった。
3人とも借金下水道で手札の純度を上げつつ、教師トークン置いて都市狩場奪い合い。
おすしさんとアラシさんが呪いの森行ってたが、手札残しは無いはずと判断して
俺だけ都市続行。
途中おすしさんが26金3buyとか出てて焦ったのだが、
ハンドに植民地来たら引き切りが終わるとおもって作戦継続。
結局都市に$1トークン、狩場にアクショントークンを置き、
毎回引き切りつつ、門下生+職人で公領も枯らして
ラストターンで引き離して終了。
どうしてもトラベラーのセットアップは時間掛かってしまう。
3山いくだけだったらもうちょいいろいろ思いついたんだけど、
せっかくプラコロを用意したので植民地買いきりたかった意地を見せた。

そんなわけで全身全霊で楽しませて頂きました。
みなさん楽しんで頂けていれば幸いですがいかがでしょうか。
次回は2月予定なので、参加出来る方は宜しくお願いします。
もっともっとドミニオンの裾野が広まることを期待しつつ、継続することが大事ということで
今日のまとめにしたいと思います。