知的障害の子とボドゲを遊んでみる 38

ミスター(息子)のステータス
6歳(小学校一年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●すすめ!海賊さん

なんか前々回のエントリおもいっきりタイトル間違えてるな、直そう…。

★観察できた内容
宝箱ルールも2倍という言葉はおいといて、
チャンスカードという認識はもったようだ。
あとは追い風マスと、宝箱をいつ使うかという部分が
きちんと整理できればもうちょっとゲームっぽくなるかな?

●雲の上のユニコーン

定番スゴロクその2、てゆかスゴロクとそうじゃないの交互にやればよかった。

★観察できた内容
後半になるとどうしても集中力が落ちてしまう。
今回は比較的先行逃げ切りでミスターが進めたので悲観的ビジョンはなく、
そのままわいわい進んだ。
慣れてくるといっきに3進めようとして実際2しか進んでいないなど、
見た目と実際の数がかけ離れることが多い。
ので、ここらへんはしっかり一緒に数えてやろうとおもう。

●スティッキー

棒倒し、というか崩壊エンドしたことがないんだよな実は。

★観察できた内容
したことがない、と書いたがミスターが崩壊させて今回は終了w
点数はともかく、棒の数を数えて、赤が多いからパパの勝ち!みたいな数え方にしてみた。
納得はしたが負けたことは悔しかった模様。
次はどう勝つ、には繋がらないんだけど、それは今後の目標ってことで。

●トーキョーハイウェイ

アルファベットでTOと打てば第一候補になるくらいうちでのレギュラー率高い
ジオラマ構築ゲーム。

★観察できた内容
車6台で開始。2週やんなかったのが響いたのか、手元がおろそかになりがち。
次に建てる柱は前の柱の数プラスマイナス1個までなのだが、
そこが飲み込めない。
また黄色は分岐用のコネクタなんだけど、
黄色が目立つという理由だけで使いたがる。
あと数十回くらいやってなじみきったら徐々にルールを浸透させるつもりで気長に見ようぞ。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。