ゲームマーケット2019秋(二日目)に行ってきたヨ

ゲームマーケット2019秋(二日目)に行ってきたヨ

わりと遅くに寝たはずなんだけど、朝7時半くらいにすがすがしく目覚める。
今日も行きましょゲームマーケット(二日目)。

前日の凄まじい暴風雨の中の待機列が本当に苦行だったし、
今日は並ぶ目当てのブース予定もないしのんびりいこうと、のんびり支度して出発し、
会場には開場20分前くらいに到着。
待機列は6人並びになり、昨日橋を2列にしていた列はなくなり、
傘ささなくてもいいくらい雨は上がっていてあまつさえお日様が顔出してた。
そうだ、俺って晴れ男のハズだったんだけどなんか今回に限っては
金曜日入りしてからずっと雨だったな。他にMP消費してたんかな?とか考えつつ暇つぶししてたら開場。はええ。

買う品物を確認すると、切削らぼランクDさんところで予約し損ねたごいたがあったから
とりあえずそこいこうと、並ぶ事に。こんときで10人待ちくらいだったかな。
並んでる最中になかとーさんに出会う。ついったアイコンのTシャツ着てればそりゃ分かるw
ちょっと話したらなんと去年俺と遊んだあとくらいからごいたにハマリ始めたとのこと、素晴らしい。
是非あとで打ちましょう。今日は長野のごいた打ちも開場に来てるんで、と固い約束を交わして列に入る。

運命がいたずらしたら黒檀買えるかもとおもったがそちらは届かず。
代わりにねこごいたおよび木製およびついでにごいばん迄買ってしまう。致し方ない。

お隣では三月類さんが陰謀を遊び尽くす本を出しているのを知っていたので、これも即購入。
mさんに確認を取ってmさんの分も確保。売り子のうりはりさんは何度かあってるけど著者の三月さんとは初めましてだった。

あとは予約品の受け取り。春は予約しておいて受け取り忘れ、バナナに代理受け取りしてもらうという大失態を演じた
ウニゲームズさんへカリフを受け取りに。
夏に一回挨拶してるんだけどキョトンとされた後、「着物じゃないから分かりませんでした。」
もっともな話すぎて返答に窮する。

今日は昨日殆どできなかった試遊卓で遊ぶ!をメインに考えていたのでうろうろ歩く。

途中で恒例のkurumariブースへ。カードスタンドはすでに所持しているので本当にご挨拶だけになってしまったけど。
つーか今年全然kurumari行けてないな、いかねば。
そしてなんとここできむにぃさんに会えた!
もうついったでは何度となく会話してるのにニアミスで会えない連発してたけど、ようやくw

試遊のほうは、残念ながら相手いる卓がなかったので、よち工房さんにまた顔を出す。
で、よち犬さんと紫檀残念でした、みたいな話してたらゆずって頂けることに、ありがとうございます!!
というわけでごいた関連だけで国家予算の3分の1越えました。

ここでやはり早めの昼食…なんだけど圧倒的に昨日より人少ないのでスムーズに食事が終わってしまう。
前日あまりに人がいて諦めたトルコ風アイスは今日出展してないし、なんてこったい!

昼食後に希瀬さん、なかとーさんと合流して自動卓ごいた。
おぎやさん人数超過しちゃってごめんなさいだった。
とくに説明せず、突然卓からせり上がる駒に俺以外の3人がびっくりする様をニヤニヤ眺めていました。
ごいたは希瀬さんが全勝。つええ。
昨日は2連続6し合計120点喰らって劇的まくられ負けだったけど、今回は普通に辛いハンドだった。

ごいた終了後はまたブース巡りに。

ニューゲームスオーダーブースでしげしげとミニチュアを眺めてしまう。
そう、昔は想像するしかなかった城門とか塔とか、いま2,000円くらいで手に入ってしまうのね。
むっちゃ良い時代になりましたね、とか案内の人と話してた。
俺がTRPGやってた25年前は白紙に見取り図書いてたもんなあ。
どのミニチュアも展開できるばかりか、階段がきちんと接続されて
あまつさえ部屋ごとの扉もきちんと開閉して組み立て済みとかどんだけ良い時代なんだ…。



で、試遊開始。

●つらつら椿

ここだけは前日買い物してたしせっかくだから試遊もしたかったものの、
俺が行くタイミングでなぜかいつも卓が埋まっているという状況が続いたので
かなり遅くなってからの入卓となってしまった。
入ったら入ったで夢中になって写真を撮り忘れていた。
8枚の手札で役を作るセットコレクション。
基本的な流れは麻雀と一緒だけど、数字がないので子供にも扱いやすく、
そのため対象年齢が6歳~となっていると思われる。
自分も麻雀ライクのゲーム(雷轟)のインストを書いている都合上、
かつばやしさんのインストを超傾聴。
家に帰ってからマニュアルとかを読み返そう。
どうしても役について、が分かりづらくなってしまうのは麻雀の宿命だと思っているだけど、
なんか虫の良い分かりやすい方法ないかな、については模索し続けたい。

以後はブースが空いてたら入る、みたいなことやってた。
ブースが空いてたらそれはそれで大変だと思うんだけどさ…。

●トコトコ

「トコトコ」と呼ばれる人形を指一本で操り、目的のトークンへ誘うゲーム。
目的トークンをトコトコで踏むことが出来たら、指は隣へシフトする。
人差し指でトークン踏めたら次のラウンドは中指で…みたいな感じ。
一番最後にトークンを踏んだ人はドボンライフを1失う。3ライフ失ったら脱落。
最後の一人になるまでそれを繰り返すバトルロワイヤルなゲームだった。
3人~ってなってるのはバトルロワイヤルじゃないと面白くないからかな。
アイデアはとても良かったと思う。ただし精密操作が必要なので年齢差が出ちゃうゲームにはなりそう。

●イロトカタチ

お題カードを引き、その後色カードをランダムで10枚引く。
お題カードのモチーフを10枚の色カードでなんとか表現する。
見事に当てることができれば、当てた人と出題者がそれぞれ得点。
尚出題者はある程度なら質問に答えることも可能らしい。
ボブジテンを色カードでやってる感じのゲームだった。
みかん、とかくるま、とかならまあなんとかなる感じだったけど、
最後の人が出題したバレンタインは全く分からなかったw
(赤いの棒から青い棒へピンクのカードが移動する、という表現だった。)
俺的には出題者は会話禁止でも良かったんじゃあないかな、とも思ってしまった。
激烈に難易度上がるかもしれんけど、色カードがせっかくあるからそれだけで勝負、という
尖ったメカニズムの方が交換が持てると思ったので。

ここまでやったらもう終了まで1時間切ってた。
うーむもっとじっくり試遊したかったぞ、ということで
一度も行ってなかったジーピーブースを改めてみてみたり、
再びごいた自動卓戻ってカサイさんや笹親父さんと同卓してたり。

そうこうしてたらあっちゅうまに2日目も終了。
実はゲムマずっと参加してるけど、終了の拍手まで聞いたのは今回が初。
なんだかんだでいつも終了前に帰宅してたからなー。

終了後はおぎやさん、希瀬さんと合流してにしけんカーにて長野へ帰還。
途中飯どうしますかね、できれば長野にはない場所いきましょうか、ということで
「東京飯店」に。そら長野にはないわな。
飯店というから中華のお店かなと思いきや中身は焼肉屋さんだった。
今週木曜に俺にしけん希瀬は焼肉行くこと確定してるのに!また焼肉!みたいな事に。
結局ビビンバとかクッパとか食して誰一人鉄板は使わなかったのだけども。

そして4人が1テーブルに座っているのでとうぜんおっぱじめる。

結果は…どうだったっけ、たしか2戦して全勝なんだけどどちゃくそ疲れてて記憶が曖昧である。
家まで送ってもろて、強制解散。
戦利品を愛でるまでも無く風呂入って速攻床についたわけです。
2日で歩いた距離はおよそ4万歩。
震災のとき歩いて調布まで帰ったあの記録的歩数を超えている気がするけど気にしない。
非常に密度の濃い2日が過ごせた。また来年!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。