ゲームマーケット2019春の戦利品で遊ぶ会@長野市SUBBOXに行ってきたヨ

分身の術を使いたいくらいいろんな会に出たいシニチロです。
というわけで本日はポーカー会とかぶっていたため、前半SUBBOX、後半ポーカー会とスケジューリングし、
さらにSUBBOXは軽いゲームばっかりやろうと勝手に心がけていた。生き急いだ感パネエ。

というわけで入店して5分でゲーム開始。ばかか。

●ポンプ消防隊

トリテ。実はゲムマ始まる直前までバケツ消防士(クニツィア作)と勘違いしていたやーつ。
己の不明についてはごめんなさいと言うしかない。
インスト4分の3くらい終わったところで俺到着だったので、
マストフォローと切り札の話だけ聞いてゲームスタート。
さて、なにをするかっつーと、マストフォローのトリックテイキング。
場に最初に出た札の色合わせで札出してって、一番数字の大きい人か、切り札の同色だして一番数字の大きい人がトリックを獲得する。
で、トリックを取った…内容で勝利点が変わる。
いずれもラウンド内の行動評価で、2回だけトリックとったら勝利点とか、
まったく取らずにいたら勝利点とか。
なのでトリック取ればいいというものではなく、どのタイミングで取るかが一番重要かな。
って書き方すると他のトリテとの差別化が分かりづらいけども。
ルールがラウンド毎に変わるトリックテイキングと言えば良いだろうか。
ラウンド毎に固定のルール5個と、変動するルールが1,2,3,4ラウンド目で1,2,3,4とラウンド数分増えていく。
ラスト5ラウンド目は持ち越したルールすべて適用になるけども。
なかさんが序盤から積極的にトリックとってって1位逃げ切り。
俺は猛追したものの、固定ルールのトリックをとりこぼしまくっていたので2位。
店長タキさんがずっと目を付けていただけはある、面白し。
ちょっとだけ苦言を呈すと、日本語マニュアルにバックストーリーが載っていない(俺の見落とし?)ので
バックストーリーが頭に入ってこなかった。
トリテだからいいっちゃいいんだけど、どうせならフレーバーまで味わいたいよねえ。
ミスターにはタイトルで刺さるゲームだけど、トリテはまだ大分早いんだよな…。

●君が撃て 俺が葬る

バッティング、と言えばいいのか。
ルールだけ書こう。
プレイヤーは担当のカラーを決めて、ガンマンになる。
なると、色に沿った5枚のアクションカード(撃つ2枚、避ける2枚、タバコ吸う)
そしてターゲットの色が記されたカードが配られる。
原則アクションカード以外は全部公開情報。
10カウントダウン(カウントダウン役の任意のスピード)の合図でアクションカードを出し、ターゲットを撃てれば勝ち残り。
生存は1点。撃てば1点。単独生き残りで2点。
10点取ったプレイヤーが勝利。
前回のゲムマでは気になっていたのに買い逃すということになっちゃってたので、
今回のゲムマは真っ先に食いついた一品。
これは軽くて良いゲーム。思ったよりは軽く無い…感じがするかもしれないが
最初の一撃が決まるとわりとあとはサクサク進むんだ。
撃つカードが同時に出た場合はカードに記載されている数字が低い方が勝つ。
なおかつ、ご丁寧にターゲットカードに相手が持っているshotカードの数字が記載されている。
本当に公開情報ばかりなので悩ましい…ので、カウントダウン役が任意でスピード変化付けられるってのは良いアイデアだと思う。
囲んだメンツがゲーマーばかりだったので追加ルール全アリで進める。が、そこがよくなかった。
追加ルールの把握に時間がかかった、というか一手間一手間かけるので、
例えばカウントダウン役の追加ルールだけ適用とかにすれば全然サクサクいったはずなんだ。
良いゲームのテンポ損なってしまった感が勿体なかった。楽しめたからよかったんだけども。
俺とヒラさんがわりと早期脱落、みりあさん兄弟が同着一位だったっけかな?

●公国のペレストロイカ

ここらで人数が増えてきたので卓分け。
最近ブームになっているペレストロイカ。というか作者様自らツッコミいただきましたので、
あらためてきちんと運用したかってのがでかい。
やはりというか3人戦。
今回お初のムラヤマさん、キョウさんだったけど、2人ともそれなりにボドゲの心得があるようだったので
まったく気が抜けない。
その上、俺がディーラーやるタイミングでのみタタール発生w
結局蓄えた資源はことごとくタタールされてこまかーく作るしかなくなっていた。
ムラヤマさん一位。43点くらいだったかな。
サマリーには60点超えると皇帝って書いてあるけど、
とてもとても、そこまで行く気がしないw
もうちょっと煮詰めるべきなんかなあ。
プレースしないけどワカプレみたいな煮詰め甲斐があるよこれ。

前半だけ参加の予定だったんで今日はこれまで。
まだまだ開けねばならんもんが多いなー。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。