第47回長野市ボードゲーム会と上田テーブルゲーム会をハシゴしてきたヨ

ようやるもんだ。自分でゆっとく。
とりあえず上田だけ長野県アナログゲームガイドに掲載されていたので、
そっちいこうかな、HITさんも来るだろうし、で予定立てていたら
きょうきょ長野市も同じ日に開催、ということを知り、
長野市もここ3回くらい連続欠席な気がするし忘年会というか
年内もっかいくらい顔合わせしておきたいぞ、と思った結論が

両方出ればいいじゃない

だった。
というわけで午前中は柳町へ。

やったゲーム

●グリッズルド

実は! 協力ゲーム。
何故実は か、あまり協力しなかったためw

やることは手札から一枚カードを場に出す。
カードに描かれている天気もしくは兵器が3枚場に重なったら
ミッション失敗。
カードはもう一つ負傷カードというものがあり、
悪い意味で特殊能力発動。
4負傷出したらやはりミッション失敗。
出すカードがなく、撤退をするとサポートタイルを場に出すことになる。
その場合、誰をサポートするかを決めることになる。
一番サポートを集めた人は負傷か手札を減らすことができる。
手札をなくして鳩側の山札を切らせば全員勝利。
途中のラウンドまでルールを読み違えていて、全員の手札枚数を合計して
墓場側の山札から鳩側の山札へその枚数を送る、という処理をしていなかった。
いけんじゃね?くらいに思っていたゲームは実はむっちゃ厳しいゲームだったという現実。
やることは大体把握したし、デラックス版はそもそも買う予定だったので
ここで経験できて大変ありがたい。
インスト+持ち込みしてくれたツチノコさんありがとうございました。
(割り込みしてしまった的な意味でも)

●バスルートをつくろう

春ゲムマで購入した品物で唯一開封していなかった一品。
とはいえ、俺のではなくツチノコさん持ち込みの品物。
個人ボードにはそれぞれバスの進行ルートが6色分書かれている。
山札を引いて対応する色の進行を全体ボード(というか京都マップ)に書き込む。
マップに書かれたアイコンに対応した乗客を乗せ、
所定の場所で降ろすと勝利点。また個別に配布される目的地カードの目的地3箇所達成でも勝利点。
いろいろ勝利点要素があって進行ルートに頭を悩ます。
自分のルートに侵入しない限りはひとまず手詰まりになることはないが、
渋滞に入りすぎたり、進路変更を多数行うと失点に繋がる。

面白かった。いやこれピンときて買ったんだけど
なんで今までやってなかったんだろ。もったいない。
というわけで次なんらかゲーム会があればもっかいやりたし。
秋でもなんか新作出ていたけどそっちも気になってきたゾ。
オリジナル終わってなかったからとりあえずスルーしてしまったけど。

ここまでやったところで11時。
上田行くと決めていたわりに、HITさんに頼まれていたゲムマ品を
自宅に忘れるという大失態を犯したため、
一旦取りに行く兼昼飯を済ませようと言うことで柳町より撤退。

お次は上田、アリオ横。
初上田会、初サントミューゼ。ワクワクもんだぁ。
サントミューゼの不思議な構造を見学しつつ、第一会議室へ。
広さは柳町の午前部屋と同じくらいか。もっと広いかと勝手に想像してた。

やったゲーム

●ナンジャモンジャ シロ

写真撮り忘れ。
のっけから参加させて貰えたので、勢いで連取。
4人戦で唯一経験者が俺だったらしく、わりと容赦無くやってしまった。
最初にどう名前を付けるか、で場の空気が生まれるんだよな。
~ちゃんとか~くんとか付けて進むと、
ちゃんか君か分からなくなる+その後もしばらくそのノリが続いてしまう。
やっぱり空気を変えるのは敬称略にすること、
なぜか短い名前を付けてしまうこと。かな。
大人同士だったこともあって随分と分別のあるナンジャモンジャだった。
いや冗談抜きで子供混ぜるとクソ長い名前とかザラだからな、
大人は思い出すだけでリソース使い切るみたいな。
久しく上級者ルールやってないからどっかで久しぶりにガチルールやりたし。

●みんなでぽんこつペイント

ここんとこプレイする機会が増えたな~。
直線と正円のみでお題を表現するお絵かきゲーム。
出題者がお題を皆に提示し(出題者はお題を見ることができない)ダイスを振ってお題確定。
全員描き終わったら一番画数が少ない人から絵を発表。
発表された絵を出題者が当てたら双方勝利点獲得。
(外れると獲得点数が減点されていく)

テレストと違って勝利点が明確だから、
描く方も当てる方も緊張感のあるゲームになる。
一度やればどんな塩梅か、すっと入るんだけどね。
というわけで今回は10画以上にしない、を心がけて心を込めて描いた。
いやいや、いつも心を込めて、丹精込めて描いている。うん。
といいつつ最終ラウンドまで最下位一歩手前だったんでドキドキしながら
ラストのお題で公園を最小画数で描き、一発で当てて貰って同率2位に浮上。
ぷっはあ。

●人狼

普通の人狼やるのってゆるドミ以来だ。4~5年ぶり。
ワンナイトとかはよく立つんだけどね、
普通のが立たない理由はマスターがむつかしいからかなと勝手に思っている。
いやそれも淡々と進行すればいいんだけどね。
今回は6人戦だったので人狼2占い師1平民3。
初日にいきなりピンポイントで人狼を吊ってからはとんとん拍子というか、
2日目で占い師が食われて、食った人狼を吊って、と
実質2日でケリが付いてしまった。ピンポイント過ぎw
これやっぱ知らない人同士でやったほうがオモロイ。
ドキドキ感が半端ないというかオンゲーの開幕時に地図なしで探り探り遊ぶあの感じ。
信狼会もいきてぇなー。

●ドミニオン

はいきましたメインディッシュ。ドミニオン。
ワタゆたさんえんどさんと3人戦。
ルネサンス入り。
狩猟団とパトロンの回転が良すぎてワタゆたさんが超蓄財しまくり。
しかしながらワタゆたさんの不純物を混ぜたくないという強い意志により、
+購入がなかったのでそこまで差は付かなかった、負けは負けだったけど。
2戦目はホッピーさんがきたのでノクターンルネサンス混ぜ。
吸血鬼が飛ぶように売れる。
こちらは吸血鬼一枚にして適度にHexを散らす作戦を採用。
ただ途中でイナゴによりリクルーターが吹っ飛ばされたのはちょっと悔しみ。
諦めずに吸血鬼でリクルーター補充やら、
余らせない範囲で貨幣を回しきって21点1位。
使い魔で適度に呪いをばらまけたのがなんだかんだで功を奏したと思いたい。
ワタゆたさんが彫刻家でポーション(と村人トークン)獲得、
リプレースで手札に入ったポーションを金貨に、
金貨を属州にして呪い撒きつつ勝利点獲得したときはちょっと焦ったけど
スピード差は出ていたと思う。吸血鬼ステキなカードだけど
使い方がまだむつかしいわ。

第47回長野市ボードゲーム会と上田テーブルゲーム会をハシゴしてきたヨ」への2件のフィードバック

  1. どうもお世話になりました。
    ほんと助かりましたm(_ _)m

    人狼は自分も初めてだったのですが、
    相手を確認した瞬間「あ、これ駄目だ」と思ったので順当な結果でしたw

    また長野や丸子にも遊びに行きますので、
    その時はよろしくお願いします。

    1. お疲れ様でした。
      ハピエストタウンを始めたきっかけが柳町でHITさんに教えて貰ったのがきっかけだったんで、いろんな意味で感謝してもしきれません。
      人狼は初手吊りがクリティカルすぎてびっくりでした。
      次は来年になると思いますが、今後ともよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA