夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第7話

うっかり前回のレポートにクローズ会と書いたけど
当会は「オープン会」です…。

そんなわけでお蕎麦屋さんクローズ後のゲーム会レポート。
この冒頭の文章が誤解を招く感じなんだないろいろと。

持ち込みは以下。

ケルト
スプリングメドウ
キャプテン・リノ 巨大板
ワードバスケット
ウミガメの島
カルカソンヌ
ボツワナ
インカの黄金
ファミリートレード
ホシアツメ
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
6ニムト
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
バスルートをつくろう
真贋のはざまで
ゾンババ
すべてをそこに置いてきた
ワードスナイパーファミリー

全21種
参加者8名

あれ厳選したつもりが20越えてしまっているゾ。

やったゲーム

●タイムトランクマン

先日オグランドさんにインストして貰ってバッチリ心得たので、
今日も今日とて出してみたタイムトラベル買い物ゲーム。
舞台は東京だけなんだけど、いや東京もなかなか広いんだな。
3つの時代を燃料通貨で行き来して、燃料通貨で遺物を買う。
買った遺物の合計点が15点に達したら全員手番を等しくてゲーム終了。
エネルギーとお財布が同じリソースというのがなんとも言えない。
カードをプレイしてドローする、のを手番中2回やるんだけども、
トラベルすると通貨が減っているので購入するためにうまく燃料拾わねばならないのがなんとも言えない。
今回は希瀬さんとジュニア君が探索して宝石をうまいこと俺のいる時代に出してくれたので
ハイエナ作戦で歩いては買い、がポンポン成立して18点逃げ切り勝利。
前回同様トランクの中身は常にスッカスカなのであった。トランクマンとは一体。

●ホシアツメ

女子力高目なワーカープレイスメント+エリアマジョリティゲーム。でいいのか?
邪なCM書いておくと、これをプレイして通りすがった人から声かからぬことがない。
ああ邪。でもゲームとしてもとてもよくできているし面白いのです。
採星所から2-4等星を獲得して自分の星座もしくは一等星を作って行く。
最終的に星座を沢山完成させれば勝利点なのだが、
星座完成ボーナスでさらに星が獲得でき、それを配置して星座連鎖ができたり、
夏の大三角形など特定の星座群を作ったら完成星座につき10点いただけたりと
終盤の逆転要素もすごい。
というわけで今日も淡々とバランスめいたプレイしていた…はずなんだけど、
希瀬さんに最後ぶっちぎられて30点差くらいで敗北。これ最高得点の南十字つくってもおいつかんやつやw
今回の特殊能力は一度配置した星を再配置できるタイプのだったんだが、
どうも使い道がよくわからんままだったなー。
一回それで一等星作れたけど使い処が限定されてる感じ。
俺も俺なんだけど、希瀬さんも3ラウンド目まで特殊能力の存在完全に失念していたので
俺が能力使いこなしたと仮定してもおそらく負けたw

●EXSTREAMS(エクストリームス)

ケルト…にいくまえにいっちょ全体ゲームやってみるか、ということで
EXSTREAMS7人戦。
袋の中から引いた数字札に対して、手元のシートに数字を埋めていく。
ビンゴのようなものなのだが、全てブランクマスなので数字をどのマスに書くかは自由。
マス目左から昇順にならんでいれば2個で3点3個で6点など、
つなげばつなぐほど高得点。
前作STREAMSでは俺わけわからんうちに負けていて、買うかどうか躊躇していたのだけども、
ゲムマ春でもんじろうさんに「前回からの改良点としてA面B面に分けて、導入をしやすくした」
と言われていたので購入してた。
たしかにA面素晴らしい。マス3~7つと7ラウンド制に分かれて
とても導入がしやすくなっている。
A面が終わったら25枚札用のB面をプレイし、AB両方の合計点を出して順位決め。
皆さんに申し訳ないのは数字札1-50だと思っていたこと、
実際は1-35で、特殊札4枚とか15-25が2枚ずつとかの構成だった。
間違えぬようにマニュアルにテプラを貼った。
今回は進行役兼プレイ。
A面はまだよかったが、B面の阿鼻叫喚がすごい。というかぶうねん会でのhal_99さんの気持ちがちょっとわかった。
読み手恨まれるわわーw
15連もらった!とおもったら20を連続したマスに書いていて失敗した。
とはいえ、A面でわりと稼いでいたので、タキザワさんと同着1位。

●ケルト

前回希瀬さんからリクエストあったので立卓。
セキグチさん希瀬さん俺の3人戦。
基本的にはすごろくなんだけど、手札から一枚だしたカードのルートにコマを一個進める。
戻る要素はないので進むだけ。そして手札は色別に数字昇順もしくは降順にしか出すことができない。
(同じ数字のカードは出すことができる。)
カードはプレイするか、捨てるか。
そして山札もしくは捨て札の一番上から補充する。
捨て札の2枚目以降以外は公開情報なので、非常に戦況がわかりやすい…はずなのに、
だからこそ捨てるに捨てられないカードが出てきたりして、ジレンマ抜群。さすがクニツィア博士である。
では俺…なんだけど、痛恨のプレイミス。ピンク昇順で出そうと思っていたのに
なぜか1列開けてピンクを降順で出してしまったりして、
正直ゲームの体をなしてないプレイミスをしてしまう。
とはいえ結構手番進んでしまっていたのでピンクは死に筋として継続。
マイナスこそなかったものの希瀬さんに70点差くらいで敗北、というかもちろん最下位。
拡張(裏面)もやりたいけど、真っ向勝負でもう一回挑ませてくれー。

●ファミリートレード

ゲムマ秋でジャケ買いした一品。正直よく分かってなかったけど
ピンときたからきっと面白いんだろう、くらいの気持ちで開封。こういうパターン珍しい。
ぱるさんが合流したので4人戦。
さて肝心の中身は…先物取引+麻雀だった。
どうもちょっとマニュアルの導入が不確かで、
さて俺が説明するならば、という流れで書くと

準備
1.親決め
2.ダイスを振って相場を決める
3.手札が8枚になるように山札から取っていく

手番
・1枚ツモって1枚捨てる
 マーケットメークカード以外のカード3枚一組を3組作るために手造りをする
 ポンはない
・あと1枚で上がれる状態になったらリーチ宣言する
 (ペナルティに言及がないので、リーチしないと上がれない、ということにした)
・前手番の捨て札か、次のツモで上がった場合「ダン(約定)」と宣言し上がる
・上がったらどれか一つ相場サイコロを振って相場を決め直してよい
・上がったら絵札3種類の金額を合計し、プラスだったら銀行か振り込んだ人からいただく。
 マイナスだった場合は銀行に払うか、ジャックポットにマイナス分を置く

各自親2周したら終了(半荘てことかな)
上がった場合は連荘(10連まであり)

大体こんな流れか。麻雀のごとく、組み合わせで役が発生するわけじゃあないので
どちらかというとドンジャラに近い感じかも。9枚だし。
絵札と相場を動かすってアイデアは面白い。
面白いんだけど、ちょっとプレイアブル的に難があったかな。
シートが頑丈なものだから、まっすぐにするのが大変だったので、湯飲みを文鎮変わりにしてたり、
カードが126枚あるので、説明書通り一山にしてしまうとシャッフルも配るのも大変だったり。
そる亭にももっていって見ようとおもうけど、
相場表は場所ないとき用のミニタイプ(同梱されている)
山札は適当に4山にして各自シャッフルし、
麻雀のごとく各山から2枚ずつとる、とかにすればとてもスピーディーにやれそうな気がする。
今回はそういう事情で東風戦(親一回)分しかやれんかったが、まじめに半荘分やってみたい。

その他に立っていた卓。

パンデミック 10周年記念版 
ツチノコさん持ち込み。かねてからやりたがっていたセキグチさんに入ってもらう。
タキザワさん曰く勝ったことがないとのことだったが、今回は無事勝利というか
わりと余裕勝ちだった模様。
先週俺が10周年記念版で立てたときも3人戦だったのにわりとサクサク勝利したんだよな、
もしや10周年版難易度調整されてんか!?
(とおもって戻ってからカード内容確認したけど特に差なし)

キャプテン・リノ 巨大版
ただただキャプテン・リノをでかくしたもの。
今回持ってくるにあたって、レジャーシートを用意し忘れていたので、新聞を用意していただき、
その上で床からプレイしてもらった。(俺入らず)
自宅でやったときもそうだったんだけど、重心の掛かり具合がパネエので、
7-8段積むのが精一杯だったようだ。

あと一個ツチノコさんが2人戦してたゲームを写真撮り忘れな上に名前失念してしまった、
今度聞いて補充しておこう。

てなわけで今回も参加して頂いた皆様に感謝!です。
次回も宜しくお願いします。

次回は12月18日(火)となります。
翌週になりますので参加予定の方はご注意下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。