Nintendo Labo ファーストインプレッション

あー…ひさしぶりにビデオゲームの話書く気がするゾ

ついにやってきました、ニンテンドーラボ。

https://www.nintendo.co.jp/labo/

と、わくわくな感じで書き出したけどつい先週までは買うかどうかをとても悩んでた。
ゲーム好きとしては勿論速攻手だしてあれこれ言うべきなんだけど、
うちにはミスターがいる。自称ペーパークラフト好きなミスターがいる。
ミスターのペーパークラフトはビルからクレープ屋からともかく多数の作品が残されているが、
どれも最終的にはハサミで切り刻まれる運命にあり(制作者みずから総括する)
もしそうなったら…どうしよう…とてもおっかない…とか考えていたわけで。

が、やらないことには始まらない。こんな面白そうなことを手ださないわけにはいかないという
つまり好奇心が勝ってポチる。
本当は体験会とかも行きたかったんだけど順番待ちできないミスターのために断念。

ポチったのはバラエティキット。
本当は両方のキット試したかったが、体動かす系はミスターきっついかな?と思い、
とりあえずダンボールデバイスになれてもらう目的でバラエティ。
箱が来て驚いた、案外重い。というか塗装済み上質ダンボールの塊なんだから当たり前か。

さて、肝心の内容だが…
順番につくっていこうということで、まずはリモコンカー

https://www.nintendo.co.jp/labo/play/rc-car.html

どんな具合かはリンク先を参照してほしいところだが、
joy-conのバイブで振動させて進むリモコンカーを作る、というものである。

ダンボールについては質感も耐久性も十分な様に感じられた。
この軽さと耐久性の両立には相当なテストがあったと考えられる。
とりあえずミスターに作らせてそれなりにきちっとできたんだからそこは評価したい。
で、実際に走らせてみると、どうしてもjoy-conR側が上手く進まないので、周回してしまう。
このへん要調整なのか、joy-conR側のモーターがへたっているのか。
(一応スプラのときかったもう1セットのjoy-conはそれなりに動いた。)
とはいえ、部屋がカーペットなのであまり堪能できず。

2番目は釣り竿作り。
パーツ数はリモコンカーの5倍くらいか。急に難易度が上がった感じ。
釣り竿を作ったところでミスターが就寝時間だったので、本日はここまで。

しかし誰が作ってもきちんとペーパークラフトになるように調整するってすげーなー。
しかもコントローラを繋げて遊べてしまうとか、コレ考えたお方偉すぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA