YAMABOKU 知的障害の子とボドゲを遊んでみる 171 そしてドミニオン

趣味全開の1泊2日だったので報告。

前回の合宿がミスターに大好評だったので、
また行く、とは書いていた。
その後ミスターはスキーが上達し、俺はやまぼくというかセルバン再びの機会を狙っていた、ところ

このイベント。

知らなかった風に書いてみた、けどネタバレするなら半分しってた。
ひろきさん曰くともかくアナログゲーム盛り上げたい、願わくば定例会を作りたい、と。
ただ、普通のゲーマー共に混じってミスターがゲームするのはまだちょっぴり敷居が高いこと、
なにより土曜日は普通に仕事なんで、終わってから参加することとなった。
いやー山田牧場近くてよかた。
そんなわけで趣味全開の2日間が始まるわけだ。
まずはヘリで優雅に現地集合

ウソです。

でも初手ヘリはホント。
集まりがどーなってるか不明だったけど、途中でひろきさんに連絡した時点では
ビリ男さんアラシさんが来ている、あと「蓼科のカップルの人が来ててシニチロさんを知っているそうですよ。」
ん?誰だ?
俺今年名前売りまくってたから誰かに知られててもオカシクないけど、カップルは一組しか思いつかん…ぱるさんか?

…正解でした。
なるほどそういや移住ゆってたわ。
てゆか来るって言ってくれれば俺もちょい早くセルバンいったのに!w

挨拶もそこそこに、というかゲームは開始されてたのでミスター込みで割り込むわけにもいかんじゃろう、
ってなわけでミスター雪遊び、俺はヘリ遊び。
本当は飛行機行きたかったんだけど、前回の飛行場は徒歩移動が困難になっていた。
雪があるのは素晴らしいけど圧雪しないと先すすまんw

久々のヘリ、いろいろ不手際があったけど飛ぶは飛んだ。
でも、しかしながら、雪山でしょう、寒いとバッテリーの持ちがすげー悪かった。
大容量バッテリを持ち込めば良かったんだけど、次の大きさになるとヘリに収まらないしなあ。
予定の一つだったセルバン空撮はできたけど、イマイチ。
やはり撮影性能はドローンの方が高い。当たり前だけど。

ヘリ終わってからセルバンに戻る。
ぱるさんが帰宅し、ビリ男ディーラーでポーカーが始まる。
さすがにそれは参加せざるを得ない。
ミスターは見学、というかタブレットで動画を見て良い許可を与え、ホールデムる。

トーナメント。ノーリミットホールデム。
プレイングディーラーを行ったビリ男さん、の運用を行ったアラシさんが優勝。
ぱおさんも含めて6人戦だったかな。
まさかポーカーやれると思ってなかったので大変満足。つーかポーカーおもしれえよ。
ポーカー終了後ビリ男さん撤収、しかしながらアラシさんいてくれたので、
飯食ってからの知ボドに突入させていただいた。
ひろきさん、アラシさんを加えての4人戦。

●重機りんりん-17

うちでは定番のおはじき集め建設ゲーム。
建設と書いたけど、解体も建設に含まれるんだよね?
もちろんひろきさんとアラシさんは初なのでインストからスタート。
真面目にインストするとすっげえシビアな印象もたれるんだよな、このゲーム。
もちろんシビアではあるんですけれどもw

★観察できた内容
ミスターが入っているので2ラウンド制ということでスタート。
でもミスター、思った通りの工事が入手できなくて涙目になってラウンドおかわりを要求。
そんなわけで、急遽3ラウンドに変更。
ともかくこのゲームは1枚でもカードを取ることが最重要なので、
とりこぼしなくカードを取りつつ、箸が一番経験値の多い俺が6点1位。
結局最後は箸。真面目にゲームするなら。
ミスターは17回目にして漸くルールが飲み込めてきた。
飲み込めてきたのはいいんだけど、そこがASDの悲しさというか、
2種の工事パワーのうち、満たしている条件から選ぶ、というところでどうしても苦戦してしまう。
がんばれ、君はまだまだこれからなのだ。

●ハピエストタウン-17

街作りゲーム。
ひろきさんはやったことある感じだったので、アラシさんにインスト。
こちらはミスターに分があるかも…しれない。
経験ありといっても子供ルールをやるのは初だし。

★観察できた内容
確か初手ミスター。
そしてミスターいきなり「家」を買う。(勝利点1、収入0)
アラシさんも家を買う。
俺とひろきさんは条件を満たすまでしゃがむプレイ。
ミスターはいつになく収入でかかったんだけど、
ひろきさんのクレバープレイに一歩およばす。ひろきさんが13点1位。
ゲーム開始直後に「このゲームに関してはミスターに対して容赦無く運営しております」
と宣告しておいたので、みなさんしっかりプレイしてくださった、本当にありがたい。

●キャプテン・リノ スーパーバトル-12

定番…にはなっていないんだけど、比較的プレイ回数が多く、
ミスターがフルルールでやっており、かつそれなりにスキルが見込めて
かつ盛り上がり、映える、という条件をクリアしていたので開始。
みなさんルール大丈夫すかね?と確認したらミスターもルールわかんなくて軽くがっくり。

★観察できた内容
相変わらずミスターの思い切りの良さは凄い。
悪く言うと何も考えて居ないのだろうけど、よく言えば切り替えが超早い。
そしてその判断が概ね良い方向に作用している。
なので、おそらくというか確信に近いんだけど、ゲームにセンスというものが介在するなら
センスは間違いなく俺より良いと思う。つまり奥さんの血かなと思う。
このへんいろいろ書いておきたいんだけど話がそれる。
うちでやる平均hightは達成し、そしてひろきさんが絶妙に湾曲するエリアを作ったおかげで
ミスターの思い切りの良さがさらに加速。
アラシさんが崩壊し、その時点でメダルを保持していたミスターが勝利。
ダイス運があるとはいえ、このメンツ相手に1位を守りきったミスターすげえぜ!

ガッツリ盛り上がったのは良いんだけど、この時点で8時半。
あ、しまった。ミスター寝る時間じゃん!ということで急遽風呂に入って寝ることに。
さすがに寝かしつけをしたあとだとアラシさんは帰宅だと思うので、御礼をいっておやすみなさい。

Reef

ミスターを寝かしつけたあと、密偵さんが「ウイスキーでうまいのあるんですよ」とおっしゃるので期待しつつ次のゲーム。
なにをしたか、Reef
積んでることをふうかさんにむっちゃ突っ込まれたゲーム。
翌週稼働させるのですよ、と大見得切ったが2週後になってしまった。まあいいか、誤差。
カードをプレイして、どんどん珊瑚礁をつくっていくゲーム。
やることは単純で、カードを引くorプレイする、だけ。
珊瑚礁の段数も4段までと制限がかかっているので見た目に反して超分かり易いゲームだと思う。もっと早くやっておけばよかった。
というか知ボドに入れてもギリいけるんじゃあないかと思っている。
最初は密偵さんと2人戦の予定が、
途中でぱおさんが入り、アラシさんを送ってったひろきさんが入り、結局フルメンバーでやることに。ありがたい。
とにかくやってみないとわからーん、ということで適宜ドロー適宜プレイの方針で挑む。
1人で回している時にはまったく気がつかなかったけど、4人でやると案外サンゴ切れが早い。
体感9ラウンドくらい。
最後は密偵さんの15点プレイで一気にまくられて終了。たしか2位。
繰り返し言うけど、すっげえ分かり易い上に映えるゲームなんで、次の夜ボドにももってこう。面白いし。

写真撮り忘れたけど、トリスのハチミツ入りウイスキー、すっげえうまかったです。

フランチャイズ

tsunagunoで一回やってる上に、ゲーマーが集まる場所なら出すべきでしょう、ということで展開。
最低90分のつもりで説明し、ぱおさんは残務があるので抜け、4人戦。
このゲーム、何故異業種同士でフランチャイズが競合するか、とかは考えてはいけない。
ともかくマジョリティを取ればいいのです。
ただし、参加したメンバーがメンバーなので、
マジョリティとるゲームだから喧嘩してはうまくいかんですよ、という説明がみんな腑に落ちてた模様。
表面上は、そしてゲーム盤上はすっげえ仲いいんだけど腹に含んだものが全員の頭で共有されるという恐ろしい展開。
90分のはずが余裕で3時間越えていた。
トリスの一滴は血の一滴ってくらいトリスうまかったし、黒龍もうまかった。
つまりダイキチさん以外はわりと酩酊状態だった気がするのだけど、勝負自体はすげーシビアだった気がする。
2時間越えたくらいでぱおさんが来て「まだ終わってないの?」と聞いてきたけど
この時点でエリア計算1箇所だけだったしな。(ただし残り8箇所の計算はある瞬間にいっきに訪れると予想していた)
2時すぎてもそろそろ寝ましょうか、みたいな話には全然ならず、
最後の一手まで思考を突き詰めて勝負してた。
勝敗そのものはひろきさんの勝利。80点越えてた。
というかひろきさん所見強い人なんかな?シントラやったときも86点とかだったし。
ちなみに俺は最下位。唯一の経験者なのに!w
1位と20点ビハインドでした。

2日目

相変わらずミスター早起き。俺は前日(というか当日)全ての力を出し切って眠いのに…w
朝イチでミスターがひろきさんにからむのももはやお約束。

とりあえず朝飯ということでペンギーノキッチンへ。
ここ、昨晩の夕飯もそうだし、お酒のつまみ、朝飯と
三食ベーコン尽くしだったにも拘わらず、燻製超旨かったにも拘わらず、
食い終わったあとで写真撮り忘れに気がつくという大失態。
まー食レポじゃないから良いと言えば良いんだけど、もったいない。
本当にベーコンうまかったです。

食事後はミスタータブレットタイム。
そして俺はドミニオンタイム。
前回ダイキチさんとやれんかったの心残りだったしね。
起床一番のダイキチさんが「ドミニオンやりにきましたー」と言っていたのが印象的ィw

1
玉座の間 魔女 拷問人 破壊工作員 よろずや 伯爵 案内人 軍団兵 守護者 悪魔祓い
城郭* 輪作*
属州場-屋敷場

ダイキチ 21
密偵 21
シニチロ 37

4-3で一番手。これはもうよろずやしかないなー、相手に5きませんように、と思って居たら密偵さん5-2
死んだ。と思いつつ淡々とよろず。
潮目が変わってきたなと思ったのは最初の守護者で魔女をガードしたとき。
なるほどだったら城郭と軍団兵でハンデスコンボ組んで、かつ守護者が場に残れば
デッキ枚数さほど膨らませずに8金でるんじゃね?が大当たり。
呪い被弾1枚のみで勝利。

2
研究所 パトロール 漁村 策士 シルクロード 死の荷車 橋の下のトロル 恵みの村 悲劇のヒーロー 司祭*
属州場-屋敷場

ダイキチ 15
密偵 0
シニチロ 12

うーん、策士ループいかれたらやっかいだなー、
そして一番手だし、密偵さんは確実にループいくやろから
そこをトロルで1金削って嫌がらせしようかな、というネガティブ作戦でイン。
大体あってた。でも先にトロルを集めてしまうと
アクションが回らないという不具合が高確率で発生する。
だったら策士からいけば?とも思ったんだけど点差を見れば結果論ぽいから、
ループ発生前に収束させた結果を良しとしたい。

3
大広間 広場 移動動物園 木こり 鍜治屋 幽霊船 宝物庫 へそくり 研究所 偽造通貨
[プ]城門
属州場-屋敷場

ぱお 16
シニチロ 21
密偵 33
ダイキチ 21

とうとうぱおさんも入る。
いつも見てるだけだと物足りないですしね、わかります。
ぱおさんは完全初心者なので、最初のセットでやろうかどうか迷ったけど、
密偵さんとダイキチさんが鍜治屋ステロすることは火を見るよりも明らかだったので、
この選んだサプライのまま進める。
アタックたる幽霊船を全員が持つ。
幽霊船はアタックだし、使うヤツはくず野郎ですよ と説明したけど持ち持ちw
密偵さんはキレイに移動をからめた引き切りデッキ構築
ダイキチさんは幽霊船を避けたルートのまま8金出たらリード取る作戦
俺はあいのこ、しかし初手城門
ぱおさんは効果確認しつつ偽造で金量上げていく作戦。
4者4様になった模様だが、結局密偵さんの16金2購入を炸裂させてしまい、敗退。
俺も16金2購入出してたけどやっぱし早かった。捲られた。

ここまでやってドミニオン終了。
途中で密偵さんが持ってきてくれた甘酒ちょーうまかった。

午後からはスキーの予定だったので、部屋の片付けと撤収。
かたしな高原スキー場でうまいことスキーが出来るようになったかつ、先生の言うこと聞いてくれることが分かったので
(全般聞くという判断はくだしていない、あくまでも得意科目のみ、という判断)
今回もスキー教室に入ってもらい、俺は一人滑り。

なにげない、ただの準備運動の1ショットだけど、
この写真には非常に重要な意味があって

ミスターが「不必要と思われることを」「右に倣えで実施し」「ストレスを感じていない」

見ている最中は気がついてなかったけど、本当にあとから驚いた。
この日のレッスンは小学生2人で、かつ相方が高学年ということもあってわりと気を揉んだまま送り出したのだけど、
終わってみればしっかりと止まれるようになり、エッジを効かせて左右ターンが出来るようになっていた。
運動神経が良いです、と小学校の先生には言われていたが、
間違いなく俺の小学生時代よりうまいと思う。
なにか得意なものがあるってのは自信に繋がる、褒めて伸ばそう。

なんやかんやで今回も満喫させて頂いたぜYAMABOKU
ゲームイベントそのもの、あと2日目の時計さんとのからみも実現できなかったけど
長い人生、そのへんはおいおいカバー出来そうだ、場所はあるし。
次回は来シーズンかもしれんが、必ずまた来ます。ありがとうございました。