ボードゲームLAND 長野市に行ってきたヨ その4

会場の都合でしばしの間木曜日開催になっているボードゲームLAND 長野市
いやポーカーとかぶってるし無理くね?と思っていたところ、
様々な要因が重なったため久しぶりの参加をしてみることに。
いやほんとはもっと行きたいんすよ?家から最寄りのゲーム会ですしおすし。

やったゲーム

●クゥワークル

夜ボドでだーれもやったことがないゲームだったので、
こちらでも出してみることに。4人戦。
簡単で良いゲームだと思うんだけどなあ。日本語版がないのが問題かな。
タイルを置いて、得点を得るだけの簡単なお仕事です。
ただし置けるタイルに制限があるってのがむつかしいところ。
同じ列にしか置けない、同色もしくは同じ形で違う色でしか置けない。
俺以外はお初だったんだけど、引きの運もございますので、
最終的に得点は平たくなる…とおもいきや、
あきさんが124点でわりと圧勝という。
クゥワークル(6点+6点)警戒したつもりだったのに、気がついたら5本くらい取られてたヤーツ。

●カルカソンヌ

クゥワークルには得点ボードがない、あればいいのに。
なわけでカルカソンヌの得点ボードとミープルを流用していた。
クゥワークルがお開きになったけど、しまうのもったいないし、
さらちゃんはボドゲ初心者だしなので、そのままカルカソンヌになだれ込む、4人戦。
手番でやることはタイルを引いて、置くだけ。そして手持ちのミープルを置くだけ。(ミープルは置かなくても良い。)
地形が完成すればミープルは場から返却される。
こちらも置くだけなんだけど、すでに置いてあるタイルに対して地形を合わせておかなければならない。
なんだかんだでリアルカルカソンヌを月一くらいでやれているんだよな、俺はラッキーな気がする。
さらちゃんの引きの良い教会に便乗し、あきさんの育てた種籾(広がっていく都市)に便乗し、希瀬さんの道路に便乗し、
要するに便乗しまくり4番手で勝利。
草原なしでやったのでラストの逆転もなく、淡々と逃げ切りに徹したぜ。

●カロム

夜ボドでやり足りない感じだったので、また持って参りました彦根伝統遊戯。
カロムって名前とかボードとか、彦根伝統感がかなり薄まっておりますが、伝統遊戯です、間違いなく。
そのままのメンバーで4人戦。俺は希瀬さんとペア。
端的に言っておはじき+ビリヤードなんだが、盤が絶妙に滑る、滑りやがるので、
少々力を込めると余裕で3跳ね返りくらいするし、場外ホームランもあり得る。
かといって弱く打つと全然滑らないで起動が滑ったーみたいなことも余裕であり得る。
きっと練習すればものすごーく絶妙な勝負になるんだろうけど、
普通にフィーリングでやっても十二分に面白いから困るw
途中残1まで攻められたんだけど、このゲームって差がついてからが本当の勝負というか、
攻めている側がいつの間にか劣勢になっていたというか、
いつから勝ったと錯覚していたというか、そんな流れで相手陣がまさかのジャックを先に入れてしまう。
夜ボドと違ってガチゲームとしていたので5点分のペナルティ。
というわけでそこからはミスないようにショットしてって逆転勝利!


余韻に浸ってたら片付け開始してたので慌てて盤だけ撮影するなどw

LANDの告知時間になってから、そういやパルさんは?みたいな話題になる。
パルさんひまになったらこいやー。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。