ボードゲームLAND 長野市に行ってきたヨ その3

基本的にLANDは水曜かぶりがあるので参加できないことが多い。
でも、でもだ。
先週金曜、Kalabar勢が「来週も長野行くっすよ」と言うならば、
ぱるさんが卒業してしまうならば行かざるを得ないではないか。
ということで今回も参戦してまいりました。

やったゲーム

●トポロメモリー

とりあえず4人だったので、なんか軽いのを…というリクエストを元に展開。
山札から一枚めくって場に出す、だけ。
場に出た札が2枚以上になり、かつトポロジー的に一致した場合に早い者勝ちで札を2枚一組で取ることができるかるた。
この「トポロジー的に一致」という部分、ぶうねん会でやったきりで思い出しつつやったんだけど、
正確なルールは

「パーツの数と穴の数が一致」

したら取れるらしい。
andでなくorで運用していたので最後場札が余ってしまった。
最初は勢いよく取れていたけど後半大幅にまくられて負け。
大体インストの妙は掴んだので、隙間に突っ込む有用なゲームとして持ち歩きたい。
スペース的にも!

●サントリーニ

tsunagnoに引き続いて立てた。二夜連続。
勝利条件は3Fに自駒を立たせること。
手番でやれることは一歩動いて1個建設すること、だけ。
建設そのものはレベルを1上げてけばいいのだけど、
一歩動く部分について、1フロア上がるは可能だけど、
2フロア上がれないという部分が相変わらず絶妙。
そして今回はトモさんお勧めの3人戦やってみることにした。
とはいえ、俺以外は初心者だったのでゴッドパワーの使用はない。
3人戦だったので考えることがむっちゃ増えている。
でもやることは変わらないのでくんずほぐれつの闘いになってしまう。
当たり前だけどガンガン建物が出来ていくのもプレッシャーに。
ラストは強制2択になったんだけど、
俺側の3Fが塞がれる形に。これはこれで悔しい。
ゲームと直接関係ないけど、土台を着色するときに、
当初は地面の色、つまりグリーン系というか芝生で統一しようかなと思っていた。
思っていたんだけど、やらんでよかった。
結局頭髪と同じ色にして視認性を上げる試みにしてみたけど、試みは当たったと思いたい。

●ダイヤモンド

ご存じインカの黄金

の原版。

元々はこっちのゲームが始まりで、それが版元変わったりだのなんだのでインカの黄金になったようですねえ。
そして俺、インカの黄金もっているにも関わらずダイヤモンド手出しました、何故か。
コンポーネントがステキだから。
インカの黄金は財宝カードというパワーカードがあるのが素晴らしいんだけど、
行くか戻るかをどちらかのカードを示して決めねばならない、これが案外面倒くさい。
本来は、というかダイヤモンドでは人形を握り込むか、握り込む振りして手の中をからっぽにするかなので
とても分かり易いしオペレーションが楽だった。
また、今回のダイヤモンドは改版ということもあり、
とにもかくにも獲得した宝石を入れる箱が豪華だ。
いろいろブラッシュアップされてるのはいいのだが、惜しむらくはなぜかインカの黄金から逆輸入されたカードによる行くか戻るか選択。
人形ももちろんあるので、今回は人形でプレイすることにした。
ただ、この人形をラウンドトークンと考えると、
たとえば人形を立てているプレーヤーは探索継続、寝かしたプレーヤーは探索終了みたいな見方ができるかもしれない。
それカードで代用できるやつなんだけど。
とまあ、軽やかにインストして開始。
この数年インカで勝ったことなかったのだけど、今回は欲の皮突っ張らせてみた結果、ダントツ一位が取れてしまった。
運ゲーということを強調したけど、本当に運ゲーだった。
運ゲー言うなら、入っていた飯島さんが後半のラウンドほぼオートプレイだったにも拘わらず
全体で2位という凄まじい好成績だったんだけどw
ラウンド3あたりでKalabar勢合流。

●デクリプト

俺はインストしかしていない。しかしながら、日本一デクリプトをインストした人を自認しているので、
だいちさんがインストしているところをインスト泥棒させて頂きました。
日本一インストしているかどうかはわからんが日本一デクリプトを楽しくプレイさせるという称号は欲しいかも。
経験者のKalabar勢が2人いたので白黒それぞれのチームにわかれてもらい、
改めてインストしてスタート。
以前上越でインストしたときには敢えて採用していなかった、
しかし長野ではデフォで採用しているハウスルール「解読30秒」で運用。
2ラウンド目で白が伝達失敗していたのでこれは長くて5くらいかなーとおもいきや、
俺も見たことがない8ラウンド目まで突入していた。
試合としては8ラウンド目で2解読成功の黒チームが勝利。
そしておなじみの単語当てクイズをしてみたが、これが意外に白チーム勝利…
というかほぼ4つ当ててた。(牢屋を檻といっていたくらいでほぼほぼ正解といえる)
多分白先行じゃなかったら勝負逆になっていたなー。

●pitango(pitango)

飯島さん持参のゲーム。
本当はこの直前にワードスナイパーやっていたのだが、
司会+ジャッジに徹したので参加せず。
デクリプト以来ワード系で攻めていたので、最後までワード系ゲームで攻めていったw
札を出しながらしりとりしていき、手札を全て出し切ったプレーヤーが勝利。
ただし、札にはお題が書かれており「まるい」とか「強い」とか
それと合致する文章をつくりつつ、単語はしりとりしていかなければならないという変則しりとり。
上記の例だと、

「まるい」>りんご
「強い」>ゴリラ

みたいな出し方になる。
文章の体を成していないなど、物言いを付けたければ?パネルを出すことで異議申し立てが出来、
同意が得られない場合は手札を出したプレーヤーは引っ込めなければならない。
基準は曖昧だが、とりあえず?は出していったほうが盛り上がる。
勝ち抜け方式ではじめたのだが、早々に勝ち抜けが出たので2周目が出たりして
勝負そのものは誰が勝ったか失念。俺は負けたってのだけ覚えているけど。
ペナルティをもっときつくすれば大人同士でもっと盛り上がれるかもしれん。
引っ込めるだけでなく+1枚とかw

今回はLANDというよりKalabar勢もてなしたいを優先したので、
ダイヤモンドを片付けきらずにデクリプトインスト始めてしまうとか、
わりとあるまじき行為をしてしまったことが悔やまれる。(しかも自分のゲームなのに)
メンバーが揃っていたとはいえ、蓋を閉めるのは持ち主がすべきであろう。

あとヘンリーさんがきていたのにキングドミノまたしてもやらずに終わったのが悔やまれる。
どのタイミングでやるか迷うのですよ。

わりとバタバタしたまま終了。
デクリプトは超絶気に入っていただけたようなので、次のLANDにももっていこうかな?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。