知的障害の子とボドゲを遊んでみる 147

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ねことねずみの大レース-9

なにげにコンスタントにプレイされているすごろく。
気がついたら9回もやっているのな。
元々はミスターのリクエストで購入したものだから、
もっともっとやっていただきたいものではあるんだけども。

★観察できた内容
2回プレイした。以下理由。
それなりに慣れた、成功経験も積んでいるはずなのに
なぜかまたその経験がリセットされている。
すごろくを進めることが目的になってしまい、
本来の目的である「チーズを沢山集める」が疎かになる。
もちろんゴールに置いてあるチーズは6Pだから
これを沢山集めたほうが勝利に近いのだが、
ネズミを一匹ずつしか操作できなくなってしまっている。
前回は途中で俺が複数ネズミを操作したことで
ハッと記憶が戻って複数ネズミを操作してチーズを確保していたが、
今回はそんなそぶりもない。
よって、ちょっと方針変えて心を鬼にして容赦無くチーズをゲット。
ほぼダブルスコアで俺の勝利。
で、泣く。さめざめと。
そこで一手一手確認。
まず目的のチーズ集め、それからチーズを沢山集めるためには
ネズミさんたちをどう動かせば良いのか。
珍しいことで、それらのお浚いを行った後、リプレイ希望がでたので
もう一度プレイした。
今度は積極的に穴蔵に入ってチーズを取っていくミスター。
複数操るのはまだ意識的にむつかしいところもあるんだけど、
とりあえず勝利点の確保が上手くいっているので黙って進行。
結果、35vs29でミスター勝利。
こんどは大げさに褒め倒して次のゲーム用に気分アゲアゲにしておいた。

●キャプテン・リノ-14

前日スーパーバトルで敗北したから最悪やらないかな?とか思っていたけど
その気分はどっかにすっとんだようだ。
昼間にアイススケートと川中島Hirobaに遊びに行ったのがとても楽しかったようで、
そこの尾を引いている。(表現がどうかとおもう自覚はある。)
スーパーバトル同様、こちらも薬前後で反応がかわっていまっているかどうか、
そこが心配だった。

★観察できた内容
心配したようなことは実は全然起きなかった。
普通にカード効果も理解し(覚えては居なかった)普通に積む。
どちらかというとタイマンなのに5枚配りで初めてしまった俺こそ問題があるw
(タイマンの場合は7枚スタート)
そんなわけでこちらも結局2ゲーム行う。
1ゲーム目も2ゲーム目もミスター見事に勝利。
というか崩壊がまず起きなかった。
これはこれで気分的には良い物なので2人で万歳。
ん、いや、これ高さ記録更新だ!

●のぼるカエル城-5

定番になりつつあるカエル城。
ミスターには基本ちょっと躓くゲーム2個、
躓かない作業が出来るのを1個ってバランスになるように
ゲーム難易度を調整しているのだが、
前回あたりで書いたけど本当に調整しようがないほど楽ちん。
というわけで今日からリテイクなしのゲームにした。

★観察できた内容
ま、リテイクなくてもカンケイ在りませんでした。
ミスター的にはとても頑張った上での報酬を得ているので、
どちらかというと俺にもっと枷をかける必要があり、
うーん、なんか制約手札とかつくっちゃおうかな、と考えている。
片手でプレイするとか、そんな感じの。
砂時計があって、俺だけ適用にしているけど、
余裕で間に合ってしまう。
これアイデアはとてもとても面白いゲームなんで、
大人向けにも楽しめる難易度調整がしてみたくなった。
というわけで今日もミスター10俺8でミスター勝利。
あ、ミスター的な難易度としてはいまくらいで丁度いい。
本日はリテイク無しだったので失敗1カウント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA