知的障害の子とボドゲを遊んでみる 82

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●busy,busyAirport

3回目となった飛行機ゲーム。慣れてきたのと、
飛行機をミスターが存分に飛ばしたそうなので、そろそろ観光地を遠目に配置しようかな。
俺が動きたくないんですけどw

★観察できた内容
もうともかく飛行機をバンバン飛ばしたいので飛行場に着陸するのすら躊躇する。
観光地の上でお客さんはパラシュート降下しました、とかひどいだろうw
よって、きちんとタラップとかにも仕事をさせてあげてくれ、と伝える。
今日はセットアップも積極的に手伝ってくれた、主に飛行機の組立。
そこで自分のはきちんと組み立てたのだが、パパの飛行機を組み立てるときにトラブル。
余談だけど4機ある飛行機、全部違うデザインでしたw
ともあれ、翼の表裏が分かっていない。タイヤのあるほうが裏だよ、といっても分からない。
その前に裏返して、といっても指示が通らない。
翼が裏返しになっているから裏返して、といっても通らない。
指さしで机の下を指さし、今指が指している方向に翼が付いているから、
指指しを上向きにしてこっちの方向にして、と言っても通らない。
タイヤが下になるようにして、といっても通らない。
よく寝間着を着るときに表裏逆、というと通るのでそれでやってみたけどNG。
結局もう一度裏返して、で通ったのだが、今書き起こしてみたら
タイヤが見えていたら駄目、という指示してなかった。次はそれも試してみよう。
今回は俺のダイス運が悪くて10点差くらいで負けてしまった。
組立には難儀があったもののゲームはさして手心加えていなかったので、
これはこれでよしとするか。
もう少し飛行場っぽく滑走路とか決めてやろうかどうか検討している。

●フライングチーズ

昨晩に引き続きプレイ。
ただ、難易度低のゲームでしているので使わないカードは最初からどけておけばよかった。

★観察できた内容
昨日が調子良すぎた、そのせいでチーズを遠くへ飛ばしてしまう。
勢いはほどほどに、と言えればいいのだが、ほどほどは一番発達障害児に通じない単語、
弱くやって、というとゲームボードに届かない威力だし、
パドルそのものの設置位置を極限までボードに近づけて、ようやく命中率上がった。
何の気なしに下記写真の通り、写真写りを気にしてセットアップしていたけど、
これ系のゲームのケアとして、アクション基点を考えておこうと思った。
今日は序盤反則2回で次の人の手番、というやり方で回したが、
前述の通りミスが多すぎるので、少々の素振りとミスカウントを3回に拡大した。
で、結果はミスターの勝ち。
カード引き枚数は俺が勝っていたけどネズミ数で大負けしていたw

●かたろーぐ

定番神経衰弱。あまりにも定番だったので今日は変化を付けようと、
最初ドブルキッズを持ち込んでいた。
ところがテーブルに展開する、しようとしているタイミングで
「今日はかたろーぐがよかったなぁ。」と心の底から残念そうに言うので、
急遽内容変更。

★観察できた内容
台紙をいぜんこさえたものに戻した。俺の石置きから開始。
変化はついて楽しかったが、ミスターの基準が飛んだ感じなので、
こっちの台紙でも練習をするか。
正直ミスターの記憶力ってどんなもんなんだろう、今のところ客観的データがないので
なんとも言えないが、ボドゲに関してはタイトルとルールはなんとなく記憶している。
ただ記憶を次の体験に生かせるか、というと残念ながらそうそう上手くいかない。
記憶はある、ルールもある程度把握している。
なのに勝つ為にその記憶をどう使っていいのか検討がつかない、みたいなことになっている。
かたろーぐのみならず全体的にそうなんだけど。
注意力、想像力、この辺はやはり時間をかけて醸成していかないと大変難しいな。
学年が上がるにつれて他人との乖離が見えてくるので、本人は本人でいろいろ思っているだろうに。
今回はハート3つで終了、台紙変更が露骨に利いてる。
しかしかたろーぐ率たけえなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA