知的障害の子とボドゲを遊んでみる 99

さて、100まであと一回となりました恒例ゲーム遊び。
ちょっとついったで気になった一言があったから抜粋。

発達障害の特別支援にボードゲームを導入するのが流行ってますが、ちゃんとした見立てと知識がないとただ遊んでいるだけになるのを教育関係の方は是非ご留意ください。
あと、軽々にエビデンスのないことは言わないでください。

俺はそもそも教育関係の方ではないので留意することもないんだけど、
実際にそういうのが流行っているのかな?というくらいの意味合いでリツイートした。
見立てと知識がないとただ遊んでいるだけになるというのは全くその通りで、
松本先生も常日頃からボードゲームは何かを解決する魔法のツール「ではない」と仰っている。
重要なのはゲームを通じて課題を浮き彫りにすることで、
解決はやはり当事者同士で行う必要があり、そのための手段の一つとしてゲームを用いるのはありなのかなと。
方や、こういったツールを主に使う教育関連の方々が
ギリギリの人数予算でなんとか日々回しているという現状も知っているつもりなので、
俺の方こそ軽々にツールを使うなよ、とは言い切れない実情もあったり。
流行廃りというよりはすがる気持ちなんだろうな、と
アナログゲーム療育講座に行ったときもすごく感じた。
大変悪い言い方をすると、ツール利用者側がゲーム好きかどうかはあんまり重要視していなかったのを
肌で感じてしまったというんがあるのだけども。

99回もやって何か解決しましたか?と言われると胸張って解決したものとはと
具体的には何も言うことがない。
でも着実に何かを得るという体験はしている。少なくとも俺は。
ミスターはわかんない。分かりようがない。
ルールを履行できるようになったのも、手番を待てるようになったのも
放デイのおかげかもしれんし療育のおかげかもしれんし、薬のおかげかもしれん。
コミュニケーションを取ること、その記録。
何かを得た体験の記録。
それらを淡々とつけていく。(淡々…に自信はちょっとない。)

100回の振り返りで書こうとおもったことを少し書いてしまった。
残りはもちっと練って、改めて書こう。

本題

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ラビリンス-14

ブーム去ったと思っていたのだが、又来た。
キングドミノと交互なのかな、違うのかな?
今日も手札7枚でスタート。

★観察できた内容
最初にボード上にタイルを33枚散らすのだが、この手順でミスターは一生懸命
簡単なルートを作ろうとしていた。まだお宝カードは配っていない。
ともかくスタート地点から進めるようにすればなんらか取れるだろうという目論見。
大体あってる。
序盤はトントン拍子で5枚ほどもってったが、
どうしても固定タイルの王冠や髑髏で引っかかってしまう。
半べそになりながら、どうしてーと嘆いているものの、どうにかしようという構えがあまりない。
もしくは方法を思いつけない。(思いつかないのではなく、つけない)
普段の生活なら金切り声で誰か助けてくれるものな。助けないよ。
もう少しこんな感じで続けようと思う、助けてを具体的にしたい。
ゲーム自体も6-7で俺の勝利。
今日も今日とて泣き叫びました。
でもどうすればいいか分からないと泣き叫ぶので、

パパ助けてを出すのなら出来るだけ助けて欲しい札についてお話する。
人とお話するときは集中する。
悔しいことがあったらどうして悔しいのか考えてみる。

ということをお話した。
ゲームの攻略はおいおい話すかもしれないし、話さないかもしれない。

●チケットトゥライド ファーストジャーニー-2

食いつきはイマイチだったけど、なんとか橋頭堡を築いておきたいので、
再びプレイ。
前回の反省を生かして今日はわりとかっちりルールを守る。

★観察できた内容
分かってはいるんだ、選択肢が多い。
ミスターがやった中で間違いなく1手順でできる最大の選択肢だ。
本来手番で出来ることは2つ
・列車カードを引く
・手札の列車カードを必要な色数だけ場に出して、鉄道を建設していく。
この2つだけだ。
ところが鉄道を建設するためには、
1.まず目的地を確認し
2.目的地までに自分の路線が引かれているかを確認し
3.目的地に対して不足な路線があれば建設し

路線の色路線の数を検討し、手札を出していく。
目的地の確認の時点で目的地カードが2枚あり、どちらを目指すか
すでにある路線で途中まで繋げ、新たに繋げるために材料がいかほど必要か
カードは足りているか。
いろいろ検討すべき項目があった。
ミスターも難易度を肌で感じたようで、「むつかしい」といっては
面倒くさそうにカード引いてた。建設は生き生きとするんだけど。
たしかにむつかしいのでもう少し時間を空けてから再チャレンジかな。

●カヤナック-7

こちらはわりかし久しぶり。釣りゲーム。
前回まではわりとダイスに拘わらず行動できるようにしていたが、
これもルールを明確にして、
ダイス目の指示以外は実行できないようにした。

★観察できた内容
ようやく穴の上をマス目と認識してくれるようになった。
前回まではクレバス区切りの島単位で移動していたから、
この慣れはゲーム進行上本当に助かる。
ダイス目の厳格化についてもすんなり受け入れてくれた。
もっとも、穴開けに関してだけは、制止しないと穴を開け続けてしまうので、
今後も要観察。楽しい作業に見境ってないものな。
わりと早々に、というか睡眠時間はとっくにオーバーしていたので、
サクサクと全島に穴開けして終了。
なんとスコアは同点だった。握手して終了。

ボードゲーム会@そる亭に行ってきたヨ

長野での暮らしもようやく慣れてきたので、
出来るだけ顔を売る、自分が楽しむという目的を享受したいがため、
時間が作れる限りゲーム会に参加しようと思っています。
最終的には自分の居住地でゲーム会を開きたいがためなのですが。
もっというとお子様達が気軽に遊べるボードゲーム場を作りたいわけですが。

と欲求全開な自己紹介もそこそこに
長野はメモリアルパーク裏にあるそる亭(http://www.cafezac.com/salty/)にて月一回開催されるボードゲーム会に行ってきました。
1ドリンクであとはご自由にというなんだここ天国?見たいな状況でした。
なんか今度呑み行かないとむしろ申し訳ないみたいな気分に。
(車で行ったので今回飲酒なし。)

やったゲーム
・キングドミノ
とりあえず3人戦だったので、インストがすぐ済みそうで軽いヤツということで白羽の矢が立つ。
ルール詳細は上記リンク参照。
ひさびさに…とおもったがなにげに3人戦初だった。
12枚抜いてプレイ開始。
普段の訓練の結果というか、ここ最近ミスターに負けていてなんか負のパワーが溜まっていたからというか
2枚捨て札にも拘わらず1着とらせていただきました。
キングドミノというレギュラーメンツということも相俟って写真撮り忘れ。

オー・マイ・グーッズ!
ワーカープレイスメントなカードゲーム。
炭焼き小屋が最初から自分の持つ施設で、場札を見てカネを生み出せそうな施設に
自分の予想札を置いていく。
予想通り場札が出るか、手札を切って施設に資源を入れればお金が生み出せる。
生み出したお金で新たに施設を建てたり、弟子が雇える(弟子はお金プラスとか)
施設を建てて記載のある勝利点をゲットするのが目的。
8個目の施設を建てて、次のラウンドが終わったら精算して終了。
わりとぶっちぎって最下位だったけど、面白かった。
施設を建てるだけではなく、どうお金を生み出すか。
とくに施設に資源を投入したあと手札や既存施設から資源を投入して連続チェーンするというのが
新鮮だった。
もう少し練習したい一品。夢中になっててうっかり写真撮り忘れ。

・ザックンパック
俺内積みゲーをプレイさせていただいた。
元々トラックが好きなミスターに合うかなと思って導入してみたが、
ルールを訳してあれこれアクションゲームだし、かなり立体感覚ないと辛いしで
お蔵入りになってしまった。入手してから半年くらいしてようやく初プレイw
最初に5色のダイスを振って荷物を割り当てられる。
その後、トラックタイルを各自引いてくる。
合図で一斉にトラックタイルを表返し、自分以外のトラックタイルを引く。
トラックタイルには番号と広さがあり、広さは見た目のまま、置ける荷物の量が制限され、
番号が2以上だと、その階層まできちんと荷物を積み上げる必要がある。
もちろん枠外に出てしまう荷物は配置できない。
大体は把握していたのだが、経験者が2名いたおかげでインストからお任せしてプレイ。
積みきれずに放置した荷物は荷物のマス分X2点減点。
トラックにスペースが空くと、空いたスペースマス分X1点の減点。
原点75からスタートして、最初に0点に達した人が負けというルール。
大分助けていただきました。そしてゲームはぼろ負けw
俺アクション初見弱いなやっぱり。

減点パターン

・ダブルナイン
中野kurumariでは毎回やってた気がするけど、こっちでやるのは初めて…と思いきや
5名居たので、俺経験してるし、インストに回る。
手札を1枚ずつ場に出していき、2桁の数字を作るのが目的。
山札が尽き、手札をプレイしきった時点で一番大きな数字を作った人が勝ち。
各カードのプレイ時効果は書いてあるので細かいインストは不要…とおもっていたが、
各カード2枚ある、については言及しておくべきだった。反省。

・キャメルアップ
ラクダレース。詳細は上記リンク先にてインスト参照されたし。
こちらもインスト担当、ただし8名までプレイできるので、今回は参加。
5人て初めてだし、今まで3名までしかやったことがなかったのでどんなものか期待したが…
面白かった!
3人のときと違って、各人1回ずつダイス振るのが精一杯だし、
そんな状況だからおちおち投票している暇もない。
駆け引きの度合いが跳ね上がって新鮮だった。
機会があれば8人プレイも是非やってみたい。

・ラー
カイトがゲムマで購入というか、俺が買ってくれと強請ったやつw
(主に手持ち荷物の都合だった気がするw)
それまで3人戦までしかやったことがなかったので、
今回にしけんさんが持ってきてくれた上、4人戦で立ちそうだったので参加。
クニツィア先生のゲームらしい「競り」がメインコンテンツなゲーム。
手札に3枚の太陽駒を持ち、駒に書かれている数値がお金となり、
場に出されていくタイル群を競り落とす。
このゲーム、袋から引いて場に出されるタイル以外オープンな情報だらけで、
ダイス要素もなく、頑張ればカウンティングもできるのだけど、
それだけではなくやはり任意のタイミングで競りができるのが面白いと思っている。
勝ちの要点は何か、とそる亭のマスターが聞いてきて、
俺はやっぱり「競り」をどう運用するかかな、と思っている。
必要なタイルが種類バラバラだったら競りを待てばいいし、
一点集中型なら狙い所がわかったところで競りをかければいいし、
その結果低い太陽駒ばかりが手札にきたら今度は競りを待てば良いし、
みたいに臨機応変に戦略を変化させる、考えるのが本当に面白い。
ただモニュメント8種は挑戦したことないなあ。わりと戦略縛られてしまうので。
(ゆえに当たったときのリターンもでかいんだけど。)

というわけで書き出したら6品もプレイできた。
何度も言うし、これからも言うと思うけど平日のゲーム会地味にありがたい。
(休日は確実にミスター縛りが出るので)
こんな機会を設けてくださってありがとうございました。
そる亭ならびに付き合ってくれた方々へ。