知的障害の子とボドゲを遊んでみる 11

ミスター(息子)のステータス
6歳(小学校一年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●くるりんパニック

1週間ぶりなので、計数とかは忘れておるかな?と思いつついつも通りのルールでプレイ

★観察できた内容
このゲームを遊ぶ直前にゲーム選びでいろいろあって迷う、少し参ってしまっている感じだった。
プレイ自体は普通に滞りなく行う。
見通しについて聞くのを忘れてしまう。

●キャプテン・リノ

食いつきがイマイチになってきたので、大分気分を盛り上げてからプレイ。
お手伝いするよ、とかなんとか。

★観察できた内容
達成感を味わってもらうことを念頭に、7階建てにしたら優勝、という
さらに変形したルールにしてみた。
くずれるときのガッカリ感、かんしゃくに移行するタイミングがなくなったので、
TPOでルールを使い分けようかな。
キャプテン・リノもくるりんパニックも本人がポイントした時点で
必ずハイタッチをするようにした。
ハイタッチ目当てに次もやってくれるといいが、を期待しつつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA