伊那ボドゲ合宿に行ってきたヨ

去年は諸事情によりお断りしてしまったもりりんねーさんプレゼンツの合宿、
たまたま店の休みと重ねることが出来たので喜び勇んで参加の運びに。
正直今年も諸事情により無理ゲーと思っていたのでこれはとても楽しみな回に。

到着して素敵なコテージにびっくり。あまりに素敵過ぎて写真撮り忘れてた。

(真相:かけつけ三杯とゲームしか頭になかった。)

素晴らしいコテージがどんなんだったかはにしけんさんのレポートにお任せするとして、
こちらは淡々とやったゲームを綴っていくとしようじゃあないか。

●コンテナ

合宿は9名参加だったのだが、北信3名が遅刻だったので、遅刻3人組がそのままコンテナを遊ぶ事に。
開幕重ゲーってのが実に合宿らしい、素晴らしい。
2人は初だったのでかるーくインストしてゲームスタート。
インストのたびに投資銀行の金の行先間違えるのなんとかしたい。
ゲームの概要はコンテナの売買で収益を得ること。
作ったコンテナを売りに出す。
買ってきたコンテナを売りに出す。
売りに出されたコンテナを自分の船で買い付けて競りに掛ける。
大まかに言うとこんな感じの商売。
とにかく自分のモノは原則自分で売れないってところがこのゲームの最高のジレンマにして最高に面白い所だと思う。
競りに掛けたコンテナは外国の島に設置され、最終的にそのコンテナと自分の目的カードを照らし合わせて得点になるわけだが、
一番集めたコンテナが計算から除外されてしまうってところも大好き。なんでこんなデザインにしたwww
3人戦。勝負は41点でしょーた君の勝利。
実は3人戦が初で、かつ3人だとあっという間にコンテナが枯れるというところに思いを馳せて居なかった。
でもな、次やったらまた違うゲームメイクになるんだろうなとおもうと次回へのワクワクがとまらん。

終わったところで先発隊は八八も終わり、次のゲームが開始されるところだった。
9人てのは卓分けするのに厳しい人数であるので、俺が率先して温泉にいく、というかむっちゃ行きたかったw

●カロム

えっ!?もう!?なんだけど。
温泉からけえってきたらガイアが終わらんとしているところだった。
で、終了後に2卓ということだったんでお初の方々捕まえてカロむ。
今回おはじきゲーは3種持ってきたけどやっぱしというかこいつがまっさきに動きました。
正月にもブルーラインで立ってたんだけど、そんときゃ俺インストに徹してて同卓してなかったんだな。
今回の合宿でカロムが数回立ったので個別の勝敗については失念してしまう。
ともかく楽しかった、ということは記憶に残ってんだけど。

●セット&マッチ

立卓はしたんだけど俺はインストにて。2人用なのでゆみるさんと緒美さんにプレイしていただく。
おはじきテニス。
買った瞬間にちょろさんから「サーブはいんねええ」とツッコミがきたものだったが、果たしてその通りで。
基本ダブルフォールト進行でゲームが進んでしまう。
フェルトつきの球がクレイコートっぽい感じになります、だったんでそれで進めていたけどあきらかに上級者向け。
というわけで次回からはフェルトなしの球でやろうかな、と。
次夜ボドでも稼働予定です。
プレイ感は極めてクロキノールに近い。まー狙ったところに球残すって時点でお察しだけど。

●ザ・クルー

さすがにもう寝ようか、というタイミングで寝ない。
あまつさえ卓の人数に余りが出るんだったらじゃあお初だけど参加しますわー、ということで参加。
トリックテイキングの協力ゲーム。
各自1-9迄の札を持ち、トリックテイキングを行う。
ただし、他のトリテと異なる部分はゲームというかラウンド毎に設定されるお題(ミッション)が変わること。
この日はレベル1から順繰りにミッションをこなしていった。
今までのトリテといえば基本個人戦だったからとても新鮮。
今年のエキスパート大賞を取ったゲームというから周辺でもバンバンプレイされてるけどなるほどやってみると面白さがワカル。
トリテがなにか、という所から説明せなあかんメンバーだと辛いけど、
一度やってしまえばかなりやみつきになれるゲームだと思う。
周りがじゃんじゃん導入しそうなので俺が入れるかはわからんが。

ここまでやってようやく1日目終了。

●横濱紳商伝

ようやくの2日目。
実はこれ立つ前にごいたやってるけどまー日課なのでとくに写真も記録もつけてなかった。
というか1日目もやってたな。習慣てこわい。
(ちなみに翌日もやるし、なんなら翌日は例会だ。)
ワーカープレースメント。ただしワーカーになり得るのは社長コマのみで、あとは部下。
18枚のワークスペースの上を縦横無尽に社長を操作して勝利点を獲得するゲーム。
勝利点の獲得方法は様々あって、注文書の達成、店および商館の建設、技術カード、目標…とまあいろいろだ。
ワークスペースを縦横無尽と書いたけど、どこでもワープできるというわけではなく、
手番で予め部下コマを置いた場所にしか移動することはできんし、他の社長さんがいるところでは仕事することができない。
このへんの絡みが非常にやっかいで、自分のやりたいことをやるためには
他の社長さんがなにをしようとしているかの探り合いになる。
行こうとしていた目的地が通行不可になることなんざざらなので、セカンドプラン、サードプランを練っておくのが良いかな。
やりたいことをやった結果、目的をガン無視し、実は技術もさほど取れないまま最下位で終了してしまう。
次こそはもっとうまくやってみせます!(悪の手先風に)

●凶星のデストラップ

次…の前に人数と時間調整で軽いのいきましょうか、ということとなり、
しょーた君のリクエストでデストラップ稼働。念のために仕込んでおいたというか依頼されていたというか。
今回はもりりんねーさんがエイリアン役。俺は人間…人間久しぶりだ。どうすればいいんだっけ?
サプライはしょーた君チョイスでスタート。
基本的にエイリアン不利ながら、今回は人間側のサバイバルカードもほどよく微妙で、
終わってみれば1マス差の人間勝利。
途中で「占有」という襲撃カードが出たけどあれはインパクトがあった。(人間狙い打ちでにラウンド毎に手札を捨てさせ、ギブアップするまで持続)
毒はやっぱり微妙。

●コンテナ(2回目)

今度はねーさん加えて5人戦。
旧コンテナ経験者2名が入ったので1回目と比べて随分とフェアトレードが進む。
インスト時には必ず、そして強調して言うようにしているんだけど、競りに掛けたコンテナが売れて、
かつ競りの結果を売主が受け入れたとき(受け入れないこともできるのよ)銀行から援助金として同額が振り込まれる。
これがシステムからお金を引き出す手段として超絶大きい部分なんだけど、フェアトレードが進み、
かつ人数が多いと本当にお金が回る。天下の回り物。
もりりんさんが作り、監査さんが買い付けて俺かKgwさんが競るという図式に。
今回は投資銀行があまり回らないオリジナルに近い面白い循環だったので、敢えて島をガン無視してみる作戦で。
一切島では競り落とさずに、現金勝負で挑んだ結果、2位。さすがに島無視だと勝てないかー。
やりようによってはもっとラウンド寿命を延ばせるし、その辺見極めてコンテナを余らせず、みたいなコントロールが出来たら
もっともっと面白いんだろうな。
まだまだ何度でもやりたくなるゲームだぜ。

●電力会社

2012年にやったきりなので、8年ぶり。わりと綺麗さっぱり忘れてた。
今回はKgwさんが持ってきた中国MAP。というか拡張がこんなに合ったなんて!みたいなMAPがぞろぞろ出てきてほんとにびっくりした。
プレイヤーはそれぞれ電力会社の社長さんとなって発電所を建てて都市に電力を供給する。
ただ、発電所を建てる、発電するための燃料を得る、都市に家を建てる、どれもコストがかかる話なので
基本的にお金はカツカツだ。
加えて言うとお金はあるに超したことはないんだけど、それは勝利条件とは一切関係ない。
最終的に終了トリガー(だれかが17件目を建設したとき)が引かれたら、そこで電力供給力が一番高い人が勝ち。
なので、発電所が一番無視できないんだけど、そこに至るまでのもやもやジレンマがすごいゲーム。
今回は発電に燃料が要らない風力発電を中心に発電所組んでみたけど、
いや負け無いんだけど勝てない、みたいな展開にwFCMでのキャバクラ戦術みたいなことに。
当たり前やが投資と回収のバランスをしっかりみないと厳しいなー。
実は我が家にもあったりするんでなんかのタイミングでおさらいしたし。

●闘球盤(クロキノール)

恒例?のにしけんさんと闘球盤。
以前そる亭でにしけんさんを完封したので、今回も完封するつもりで全力を尽くす。
カロムと違っていかに盤上に残すか、が大事なところなんだけど、
今回は300点先取マッチで3回50点を叩き出すという素晴らしいプレイで寄せ付けず。
終わったあとはまたカロムが立つという展開にw

●カロム(2回目)

今度はお初の緒美さんとしょーた君交えた4人戦。
なんつーか深夜テンションで始まって深夜テンションで終わったみたいな。
にしけんさんが緒美さんをわざわざ対面からどかして放ったオイルサーディンショットが最高のハイライト。
今回合宿のふいんきを録画するためにGoproを稼働させようか迷っていて、
結局コンセンサス取れそうにないから見送ってたんだけど、このときほどGopro回して無くて後悔したタイミングはない。
にしけんさんがジャックを落としたあたりで何かを察するべきだった。

●3日目

2日目から画像情報減っているんだけど、自分のリソースをゲーム以外に回せてない、というのがよく分かる。
3日目は10時チェックアウトだったので軽いので時間潰しましょうということに。
カロム、ごいた、セット&マッチ。
尚隙あらばごいたをするのは俺の標準仕様なため、実は書いてないけど結構な回数やっているのではないかという疑惑。
途中1卓余ってしまったことからもう1セット持ってくるべきだったか、むしろ例会ここでやるべきだったかもしれんと。

チェックアウト間際になって「10時に解散するのはなんかもったいない」説が浮上。
急遽7人でLINさん邸で遊ぶことに。
LINさんは今回の合宿に諸事情でこれなかったし、単独であらば遊ぶのはいいんじゃあないか、と思った次第。
夜はごいたの例会だし、昼過ぎくらいまでなんかすれば満足できるであろう。とこのときは軽く考えていた。

LINさん邸に到着後、まずハイパーロボット。
しょーた君と緒美さんが初だったのでインスト後、プレイ開始。
これにしけんさんの独壇場になるやつなんだよなーと思っていたら案の定。
余裕でチップの山を稼ぐばかりか、あまつさえ寄生獣読みながら最善手を出してきよる。これは俺もコソ練するしかないパターンか?

ハイパーロボットが終わったあたりで全員集合(一旦ばらけて行動してた)したので、
LINさんkgwさんにしけんさん俺の4人で麻雀。
LINさんとは麻雀しかやったこと無いけどボドゲやるのは新鮮だなあ、と思っていたら速攻既定路線にもどった。うむ。
隣でASULやキングドミノのインストを聞きながら麻雀は半荘2試合。1回目4位2回目2位。

麻雀2回目が終わったところでASULも途中で切り上げて全員でデクリプト。
LINさん宅に置いてあったデクリプトが未開封だったので組み立てしつつインスト。
というかまたこのパターン。人生でデクリプトの箱出しを何回やってんだろう。
デクリプトが広がるのは素晴らしいのでたまたまこういう場面に複数回遭遇できるのはある意味ラッキーなのか。
3戦して2勝1敗。ラストはドミノがお題に出たタイミングで思考を散らすためにオーバーベット気味の「王様」というヒントでいったけど
これが間違いなく敗着。
心がけとしては敵側に「どうとでもとれる(2~3の選択肢が生まれる)」という暗号を製作するのがベストなんだけど、
あまりぶっ込んだ内容にすると味方にも伝わらないし、相変わらずそこらへんのさじ加減の調整が難しいのが最高だぜ。

てな感じでデクリプトも無事終了。この時点で17時。
昼過ぎに出ればいいやどころか例会に間に合うのも危ぶまれるという事態にw
それでも例会にはきちんと間に合わせたしボドゲも十二分に堪能できたので、この3日間の満足度は極めて高かった。
次…に参加できるかどうかは分からないがチャンスがあればまた参加したし。
次はコンテナもビッグシティももってっちゃうぜ。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。