ゲームマーケット2019春(一日目)とごいた喫茶マーブルに行ってきたヨ

長野に引っ越してから2度目のゲームマーケット。
今回も行くことは確定していたので、宿はとりあえず取っておいた。
しかしながらどうやって行くか、については適当だったので、
まずヒロキさん(Qlios.Inc)に乗っけていって貰おうかナーと画策し、連絡。
快諾頂いたので前日入りで東京に。

●ごいた喫茶 マーブル

マーブルに行くんだったら当然カイトも呼ぶことに。
店内に入ったらねんがんの草場さんに遭遇!
俺の周囲はみんな一緒に遊んだことあるちゅうに、俺だけ会ったことなくて…だったので
挨拶もそこそこに遊んでいただく。

●おろかな牛

牛を押しつけあうゲーム。といってもニムトみたいな感じではない。
手番で出来ることは

1.カードを1枚出す。(と同時に動物効果を解決する。)
2.同じカードを2枚同時に出して、上家に動物を押しつける。
3.パスして、山もしくは場から1枚カードを引く。

全員出す札がなくなったらラウンド終了。
最初はわかりづらいんだけど、
合計3ラウンドでの累積負債で勝敗が決まる。
動物はともかくマイナス点なので、できるだけ引き取らないように頑張る。
おろかな牛 との題名通り、牛がラウンドの動物札で常に最低点。
なので、できるだけ牛を引き取らないようにラウンドを終える必要があある。
やった感じは失敗の次には成功!みたいな出し方が出来るようになるので
どうしても起伏が付く感じが大変面白かった。
2ラウンド目以後は持ち札を気にしつつ押しつけるスタイルでいったので
3ラウンド目終了時点で草場さんと俺が-13点の同率1位。
分かっているんだけど一枚引いといたほうがいいかな、いや止めておこうかな?
ああ、これ洗面器ゲーだ。ゲムマのゲーム消化が一段落したらいただこう。

●ラマ

ドイツキッズゲーム大賞にノミネートされたクニツィア博士のカードゲーム。

くらいの知識しかなかったのでここでやれる機会もらってラッキー。
またもや草場さんにインストしてもらってゲームスタート。
手札を全て無くしたプレイヤーが勝ち抜け、残ったプレイヤーは手持ちのカードを累計してマイナス点にする。
これを繰り返し、マイナス40点に到達したプレイヤーが出たらその人の負けで終了。
手番で出来ることは

1.場札と同じか一つ上の数字を手札から出す。ラマのカードは7扱い。
2.山札から一枚引く。
3.ラウンドから降りる。(以後ラウンド終了までお休み)

手札が出せなくなったらラウンド終了。
尚、ルール誤読でリシャッフルはしないところをしてたりとかしてたので実はもっと早くケリついたかも。
手札は累計するとすごいマイナスになる感じだけど、
同じ色の札は一枚分しかカウントしないので、1とか2が重なった程度だったら
さっさとラウンドから降りたほうが得になる場合がある、
というかそれ分かって無くて意地になって出し切って終了を狙っていたら
後半高価なカードを引き取り続けるハメに…。
わりと速攻で40点オーバーして沈没。うーん、悔しい。
熱中したため写真撮り忘れたw

●ごいた

カイトにごいた教えねばなーとは前回ドミニオンしたときから思っていたけど
今日はせっかくのマーブルだし、環境整ってんじゃん!ということで
俺、カイト、ひろきさん、仙台支部かたすみさんの4人戦。
インストスキーな俺だけど、今回はかたすみさんのインストを聞いてみたかったので聞き役に。
基本のルール説明と例外処理(5し以上の対応、王の使い方等)の説明終了後、スタート。
結果は160vs60くらいで俺ひろきチームの勝利だったが、
感想を聞いたら「思ったより分かり易くて楽しめた」とのことだった。
やりたくなったらこれほど恵まれた立地に住んでるお前はもっとごいたっていいんじゃよ、
とアドバイスを入れておく。だが人見知りだからなー。

●ドミニオン

マーブルでドミニオン、も課題の一つだった。
ごいたももうちょっとやりたいところだったが、時間が差し迫っていたのでドミニオンに。
というか東京支部のこやしさんがすげーやりたがっていたのでこれは俺も乗っておく必要があるな、とw
じゅんこさんに何セット出していいすかね?と聞いたら2~3と言われたので、
したら陰謀と帝国にしますかね、と適当にチョイスしてランダマイズ。

鉱山の村 戦車競走 神殿 公共広場 軍団兵 ワイルドハント 城 剣闘士 投石器 技術者

俺 18
ひろき 41
こやし 39
カイト 29

たしか3番手4-3スタートで神殿銀。
カイトが5-2初手軍団兵で終わったーと思ったが、諦めないでそのまま打ち続けるも、
神殿が沈むし沈む。
沈んだ神殿が仕事しない間に下家のこやしさんが着実に廃棄進めて
戦車競走を挑んでくる。いや対抗できないですってばw
俺は蜂の巣。カイトとこやしさんは資金力あるけどパーツが揃ってない状況の中
ひろきさんが城で潜り続ける。気がついて居たけど資金力がまったくないので対抗できない。
うーんこれダメージ大きくする前に3山にしちゃうか、ということで3山エンド。
点差だけ見れば俺は完全に諦めている…w

そんなわけで上京初日のマーブル会は終了。
宿に戻って泥のように寝る。

●ゲームマーケット2019春 一日目

今回でゲームマーケット何回目だっけ?ともかくダレてた。
元々今回はそーんな目玉の品物があると思っていなかったし、
あったらあったで取り置きすればいいし、
そもそもカタログを見るとどんどんボルテージがあがってリストアップしたら片っ端から買い求めてしまうに違いないと
いろいろ懸念があったので目を瞑っていた部分も大きかったと思う。
宿とって、しばらくしてから前日入りになって、
前の週にいっきに取り置き品確認し、2日前に交通手段をなんとかする、みたいな適当さ。
いやこれを適当と思っていたのだけど、
あとから見直すとあまり行き当たりばったりな所がなかった。もうちょい緩くてもいいか。
初日はいつもなら駅で集合するわけなんだけど、
てきとーだったので9時に駅に誰もいなかった時点で察して待機列に。
実際にはすでに待機列いってたりとか、遅れてたりとかだった。
9時待機列で、屋外かなーと思っていたらまさかの屋内。超助かる。
例年同じくらいの時間に待機するので、例年よりは若干人数多いかな?という感じ。

10時にスタート。この時点で方針が決まっていたのはa_boost gamesさんところへ行くのみ。
前回は「君が撃て 俺が葬る」を買い逃したのが地味に悔しかったので
今回は真っ先にお迎えに上がる。
同時に新作も出ていたけどピンとこなかったので見送りに。
真っ先に見たあとはアークライトのブースに行ってなんか美味しいB品ないかなーとジャンク漁り。
持っていなかったジャングルスピードとアヴァロンは即買い。
外見がフランス語で中身日本語のダイスフォージ半額品は悩んでいる間に買われてしまった。
そもそもアークライトが予定外だったからちょっと手持ち現金気にして動きが鈍ってしまった。
せっかく企業側のホールに来たのでそのままぶらぶら散策。
ここでビリ男さんに遭遇、Gentes無事買えたとのこと、すごいし、よかったなおめでとう。

すごろくやブースまで来たところでゆっけ一家とアシュくんに遭遇。

本日は15時~フロチャで味見会があるのが分かっていたので、
ぶらぶら試遊している時間もなさそうということで完全別行動で、カイトと合流するまでそこそこ試遊卓にいようかなと。
思っていたんだけどアソビションブースさんで丁度Improvement of the POLISの試遊している、
かつあと一名丁度あいている、ので、本日はこれだけ、これだけ試遊するんだ、と言い聞かせて座る。
ちなみに取り置きは済んでいたので買うのはこの時点で確定していた。

その後は以前同卓してもらった角刈書店さんとこに挨拶回りしつつデンポー!で遊ばせて貰ったり。

人に一言で説明するときは「文字版ぽんこつペイント」と言うようにしている。
これなら画力のなさは関係ないし、お題も自由に作れるのが素晴らしい。
ただ、これとどりさんが買いそうだなーということで今回は見送り。
(見送りって書くと大体本当に送って、そしてあとで買うパターンだな…)

途中見かけた台湾夜市のゲームブース。なんかシェンムー思い出した。落とし玉ちょーやった。

食事ブースでカイトと合流して今回はカレー。カレーを食べ終わってからフロチャで愛情たっぷりカレーを注文することを思い出す。ばかか。

今度は主に同人側を巡る。
気になっていたけど特に取り置きもしていなかったへうげもの
エリアマジョリティを取りつつカードコレクションするゲーム、かな。
試遊からやらせてもらった。
もともとマンガの「へうげもの」が大好きなので、買うだけの動機はわりとあったんだけど。
箱に古田織部ではなく千利休が印刷されていたのはマイナス。利休がひょうげてると思われたら困る。
中身のゲームはけっこうしっかり作ってあった。
惜しむらくはコンポーネント。
最初の出展だけあって、990円という価格設定ありきで作ったとのことだったけど、
とくに一番やりとりする銭がショボかったのがもったいないなあ、と。
1~2円くらいのトークンで代用とかだったらまだいけてたと思うんだけど、付箋ぽい紙片だったのでやりとりしづらかった。
でもカイトは大変気に入っていたのでこれからコンポーネントこっちで直してゲーム会で出してみようと思う。
ゲームそのものだけで990円の価値は十分にあったと俺も評価しているので。

あとは取り置き品を回収してたらあっという間に15時。フロチャへ移動だ。

以後後編(フロチャ~2日目)へ続く。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。