知的障害の子とボドゲを遊んでみる 94

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ラビリンス

定番…昨日も結局遊んだから毎日遊んでいるなラビリンスw
ミスターは何が気に入ったのか、じっくり聞きたいし、聞かねばならぬ。
タイル挿入しきパズル。

★観察できた内容
今日は5枚でやる、とゆってたので手札5枚スタート。前回の10枚はやっぱしきつかったのかな?
それと、前回は誘導になるかもしれんとおもって言及してなかった点、
自分の宝物取った後、次のお宝を確認してから、タイルを差し込むというプロセス。
案の定というか、次のお宝を確認すると、タイルを差し込まずに自駒を移動させようとする。
うーん難しい。次のお宝を見て、道路を作っておくという話なんだけど、
それが上手く伝えられない。俺のパワー不足もある。
誘導になる部分を排除しようと頑張りすぎて、理路整然と何故次の札を見て差し込むタイルを決めるか
について説明してなかった。本当に失着だ。
普通に説明すると冗長かつ説教じみてしまうし、そういう意味でホワイトボードの投入も憚られるし、
「楽しい」を阻害せずに遊ぶ、教える。両立させるのは本当にむつかしい。
だんだんだんだんでいいから、時間の概念が身につけば御の字。
決意を忘れないように書いておこう。

●ライネンロス

選ぶー!と張り切っていたのでボドゲ棚の前で待機してたらこれ選んだ。
選べなかったらバウザックするつもりだったけど、きちんと選んだのでまあいいか。
指でボートをあやつり、盤上に描かれたルートにそって
周回(盤上は周回に見えるが、1周で終わり)するボートレース。
ただし、移動できる時間制御が変わっていて、プレーヤーの隣のプレーヤーが
ロープを巻き付け始め~終わったら移動終了というルール。

★観察できた内容
久しぶりだけどしっかりルールは覚えていた。
しかしながら、このゲームの正式ルールである「指一本で動かす」を遵守させると
相変わらずゲームにならないので、そこは見送る。
初回はミスターがブイを倒しまくってストップしまくり、普通に俺が勝利。
ここで悔しがる、しかもかなり。
なのでもう一戦することとした。
今度はミスターが早い…というかあからさまにブイに気を遣うようになった。
気を遣えば手全体を使えるミスターが圧倒的に有利なので、リベンジを果たされる形に。
肩の力抜いて遊べるのでたまには混ぜたい。

●キングドミノ


はなねこさんがお子様と遊んだとツイートしてるのみて触発された。
そういえば2版買って実戦投入してないし、いっちょやってみっか!と。
内容はドミノタイルを引いて、城を基点に同じ絵柄のドミノを敷き詰めていくゲーム。
詳細はこちら(インスト)を参照されたい。
姪っ子とやった経験から逆算して、5×5にタイルを収めるというところが
最大の難点となるに違いないと踏んでいた、ので解決策として
A4の紙でプレイマットを作成。
このマットの上、5×5マスの中にお城を置き、お城からどんどんタイルを伸ばして、
ただしこの枠からはみ出てはいけないよ、と指導。
得点計算は絵柄の中に王冠があった場合に

王冠の数×同じ絵柄のタイル数

なのだが、ミスターはかけ算ができないので、同じ絵柄のタイルだけ数えてもらって
得点カウンティングをお手伝いしてもらう、という形で計算にも引きずり込んだ。
場札に王様を置いて置いた王様のいたタイルを場に配置するというルールについては、
予め王様を場札からはずしてミスター側に置き、
王様をどれか次札一つのどれかに置いて下さい、と指さし合図。
さらに「王様は、置くだけ」とキャッチフレーズを作って、
王様を置いたタイルを配置されるのをなんとか防いだ。
書き上げたらいろいろ要素つまってるなー。

★観察できた内容
ゲームに対する誘導は排除し、慣れぬゲームに対する手番の誘導はスムーズにいけたと思う。
つまり、狙い所として「同じ絵柄のタイルを出来るだけ揃える」という所に注力した。
2版の特徴として、タイル格納用のタワーが付いていて、そこから引き抜く形でタイルを取り、配置するのだが、
副次的作用か、そのギミックも大いに受けていた。
マス目のプレイマットを用意したのも正解だった。
枠があり、そこからはみ出てはいけない、といえばとても具体的なルールになる。
というか初見で6マス以上作っちゃうのてわりとあるあるだと思っているし、実際いい大人が何人もやらかすの見てるし。
ただ、はみ出ざるを得ないが配置できないのは捨て札、という部分のみ俺が処理。
このゲームが良く出来ているとおもうのは8割くらい完成しない限りは捨て札が出てこないこと。
実際ラスト1ターン以外で捨て札が生じるのはよっぽどだと思う。
絵柄を合わせることでの混乱もなく、一戦目終了。
それなりに調子合わせてやってるとおもったら2点差でミスター勝利。おや?

これに気をよくしたし、実際ゲーム気に入ったのですでに就寝時間オーバーしているにも拘わらず2戦目。
今度はミスター意識的に洞窟(高得点が多いけど札の枚数が少ない)を取りに行き出す。
王冠マークは大して考えていないだろうから絵柄と波長が合ったんだろうな。
また引きも良かった。洞窟だけで40点取られたので2戦目はダブルスコアでミスター勝利。
計算できればもっと楽しいかもしれんが、現時点でかなり楽しんでくれた様子だった。
継続できれば本当に楽しかったんだろうな。これからに期待。

緊急インスト会in長野市SUBBOXに行ってきたヨ

行ってきましたSUBBOX(https://bgcafesubbox.tumblr.com)2回目。
今回は長野市ゲーム会の主催者でもあるホリケンさん起案のイベントで、
マスター(店長さん)に大人数のゲームをインストしてもらって遊ぶ会。

のはずでした。
平日にも関わらず集まり良くて、マスターもお話しなきゃだし、
新聞社の取材もあったしで、本題からは大分ずれてしまった感のある
普通のゲーム会になっていた。いや俺は遊べればいいと思っていたのでアリなんだけど、
マスターのインスト力?向上のための会のはずだったので、
今回無料開催だったのだけども帰り際に申し訳ない気分に。
また機会作って遊びにいかしてもらいますと自分の中での解決。

遅れていったわりには、5ゲームも遊べて大変満足。

やったゲーム
1.HANABI
やはり遅れてきたぱるさん、しまさんと3人プレイ。
2013年ドイツ年間ゲーム大賞。インディアンポーカーが近いかな。
なんだかんだで人生3度目なので、それなりに慣れた気がする。
手札を公開し(自分は見ることができない)色を合わせて数字を昇順に
場に出していく。ゲーム終了は、

花火が全色5まで打ち上がる。
ライフを3失う。(場に出せないカードを出してしまう。とライフ1失う。)
山札が尽きてからもう一巡する。

手番で出来ることは他のプレーヤーのカードの属性を教える(色か、数字か)
手札を場に出す。手札を捨て札にし、山札から一枚補充する。
数字は1~5まで、たしか5は一枚、1は3枚くらいあったっけっかな。
低い数字ほどダブる。
協力ゲームではあるので、最後の手番終了後に場に出ている数字を合計して
全体評価をして終了。
22点だったかな、うっかり写真撮り忘れ。

2.テレストレーション
6人でプレイ。実はこの会でマスターにインストしてもらう目論見だったのだけど、
マスターが新聞取材に入ってしまったので断念。
最初にお題カードを引き、ダイスを振ってカードに書かれた内容のお題について絵を描く。
(絵オンリー、テキスト書いちゃ駄目)
描いたら左の人にノートを渡し、そのノートに描かれた絵のお題を
左の人が書く。(これはテキストオンリー)
それを繰り返して、正確にお題が伝わっているか判定するゲーム。
正確に伝えきった人が勝ちというよりは当たらない加減で盛り上がるほうが面白い。
2戦目のぱるさんのお題

それを見た俺の絵

に対するホリケンさんの回答

なかなかショッキングな結末がまっているのもこのゲームの醍醐味。
というか如何にお題とずれた方向に誘導するかって楽しみ方もあるかもしんない。
いろいろ可能性が見える一品。
ミスターとのゲームにも当然俎上に上がるわけだけど、
ミスター絵がかけても字というか単語表現が未熟なので、
採用はもうちょい先かな。マンツーマンでやるんもきっついし。

3.ラビリンス
ここから4人戦。
時間があるからなんかやりましょう、ということでラビリンスをチョイス。
毎日やってるしなw
しかしながら正式ルールかつ4人戦は初めて。
ぱるさんは子供向けのゲームも模索中とのことでサジェストしておく。
言い忘れたことがあるとすると、瞬発力はないんだけど
達成感が非常に強いゲームなので子供にお勧め。
軽やかにインストしてプレイ。
しまさんが1位で終了。6-5-3-3。

4人戦初めてやったけど、やっぱりワンサイドゲームにならなくて、
よく練られたゲームだよな、とつくづく思ってしまう。

4.キャプテン・リノ
しまさんが「おぼえなくていいゲーム希望」とのリクエストがあったので、
一番わかり良いこちらをチョイス。
2戦連続で取り仕切らせて頂いて若干恐縮ではある。
こちらはそれなりの回数やってるし、手練れてる自負があったにも関わらず、
俺がひっくり返して終了。西側重心傾いてるよ、何やってんの。状態であったw
こちらも子供と遊ぶべきゲームとしてサジェスト。

5.パンデミック
ぱるさんにチョイスしていただく。クトゥルフ版をプレイしたことがあるそうで、
ならばこちらも親和性が高いだろうとのことだった。
流れでコレもたどたどしく俺がインスト。
前回HSKメンバーでやったときは勝利したが今回はどうだろう。
ちなみにエキスパート、衛生兵、管理官、検疫官の4名。
結果はプレーヤーカードの山がつきて、時間切れ敗北。
あと1枚だったので本当に惜しかった!

というかうちで積んでるパンデミックレガシー:シーズン2やりてぇー。

というわけでオトモダチは増えるわ5ゲームできるわで大変充実した(俺にとっての)会となったのだった。
ぱるさんは今月末地元の超近所のカフェで親子ボドゲ会を開くそうなので参加予定。
ミスターもつれてこう。
俺は俺で帰り際にゲーム会を開くのか、はたまた別の事をしたいのか、考えながら車を運転していた。
なんのアクションを起こすにせよボードゲームには相手が必要なんだから、
界隈で「聞いた覚えがある」くらいにはなっておかんとなー。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 93

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ガイスター

ボドゲやる人にとっては定番、うちにとってはお初な、例えるならば変形将棋ゲーム。
手駒は裏側に赤いピンが付いている4体、青いピンがついている4体それぞれのオバケで、
青いオバケが敵陣の両端にたどり着けば勝ち。
もしくは赤いオバケを相手に4体取らせれば勝ち。
オバケは前後左右に一歩ずつ進む事ができる。
また、相手オバケに体当たりすることで相手オバケを回収できる。(持ち駒ではなく、破棄扱い)
なので、陣にツッコんできた敵駒をとりまくってると赤4取らされて終了とか、
赤3取ってしまったから4匹目警戒して取らずにおくと青にゴールされて終了とか、
駆け引きが超絶熱いゲーム。

★観察できた内容
数字が出てこないからこっち方面に興味持ってくれないかな、2人用だし、とおもってやってみた。
拒否反応はまったくない、他のいろいろなゲームでオバケに親和性が出てきている。
(だったら夜のトイレも一人でいってほしいんだけどなあw)
ただ、単純だとおもったゲームは実は極めて複雑で、
いやそりゃまあ前後左右に動けるってだけでも無限の可能性に等しいのに
さらにそんなのが8体もいるんだから途方に暮れるレベルだよなあ…。
ミスターの名誉のために補足しておくと、決して考えないわけではない。
決してゲームに向き合っていないわけではない、むしろ逆。
真剣にゲームに向き合って、どうやってパパに勝つかを考え、
どうやってゴールしようか、オバケをどうやって動かそうかを考える。
4つとったら負け、は考えない。勝利条件のみをまず検討。
ラビリンスのときもそうだけど、自分に与えられた自由が多ければ多いほど悩む。
悩み全開な感じで困っていたので、今日は駒の動かし方、どうすれば勝てるかの条件を再確認した感じで終了。
赤いオバケは警備員、向かってくるオバケをやっつけろ、と喧伝してみたら、
銃火器で撃つ、という対応をするようになってしまった。武器の使用を禁じる。(武器モチーフは勿論存在しない。)
また、ナナメに移動して取ろうとする。警備に夢中になる。
従って青いオバケがゴールにつけばいいという条件が頭から抜ける。
書きながら思ったけど、赤抜きで一回やってみようかな?

●空飛ぶチーズ

軽めのゲームをやりたかったのか、こちらを選択してきた。
多分Airportゲームとか記憶が薄れてんかな。
パドルにのっけたチーズ(がモチーフのスポンジ)をゲームボードの9マスの中に撃ち入れて、
中のカードをゲット。7枚取ったらゲーム終了。
取得したカード内のチーズ食べているネズミの数で勝負。

★観察できた内容
パドル操作は以前より上達している。
また、角度を変えて射出すると、ある程度狙いが定まる、少なくともボードから外れることはない、
とわざわざ説明しながら射出してくれた。偉すぎる。
ただ、その狙いがそもそもどこに向かっているのかがまだ判然としないというか、
狙いないんだろうな。
このゲームのミソは得られるカードがすでに提示されているところだと思うので、
高得点のカードが提示されていたら、そこに向けて撃つのだ、と次に言うことにしよう。
今回は特殊効果カードも混ぜてやったので、目を瞑って射出とか、小指で射出とか
難しいアクションにも挑戦してもらった。
挑戦そのものに背を向けなかったのが大変よろしかった。失敗してたけど。
しかしながらゲームはミスターが勝利。俺が特殊カードばっか引いてて得点とれてなかった。

●ラビリンス

ここ最近の定番ルール引き続き。今日は手札何枚でやる?ときいたら10枚!と勢いの良い返事がきたので、
本当に10枚配る。あと2枚で完全に正式ルールやで。

★観察できた内容
まず手に10枚持てない。大人が10枚持っても視認性大幅に下がる。
そこで地べたに並べてごらん、と提案した。

視認性は上がったようだ、お宝カードをとって「これをとりにいく!」と宣言してプレイ開始。
ちなみに実際は宣言せずにこっそり取り、タイルを差し込む。
相手の意図が読めないので差し込むタイルの位置も必然的に駆け引きの対象になるのだが、
それはまた別のお話。
序盤は順調にお宝をとってったミスター。しかし5枚目のお宝あたりで
迷宮内の自駒に近いものからお宝カードを選択する、という行動になってしまった。
そこに行き着くまでの道程を見なくなってしまっている。
最初は明らかに道程を見てカードを選んでいたので、疲れてきたってことなのかな。
自駒とお宝の位置しかみていないので、行き着くまでにタイルが動いてしまい、ジレンマが生じていた。
というわけで俺が後半まくって勝利。
今日は泣きはしないし、普通に「負けてしまった。あーあ悔しい。」と言っていたので、
勝敗自体の認識もできていた模様。次は勝つ、の類の話をしていなかったが、気持ちは伝わった。
負けてふて腐れるわけでもないので、今はこのくらいでいいのかな。

●ワニに乗る?

少し時感があまったので久しぶりかつ軽いゲームでこれをチョイス。
リアル動物タワーバトル。
こちらも以前と違って正式ルールの運用でプレイ開始。

★観察できた内容
負けを引きずって「あーこの積むゲームはパパに負けてしまう」とか言ってた。
しかし以前やったときとはまるで別人。安定感が違う。
キャプテン・リノであれだけ積めるんだからやれないわけがない、とは思っていた。
今回はきちんとダイスの目で、相手に置いてもらうとかチョイスしてもらうとかも混ぜたんだけど、
それも普通にこなしていた。
負けちゃうかもといってたミスター、最後にダイス目で2個を引いて逆転勝ち。
普通にプレイしてワニに乗る?負けたのが実は人生初だった。悔しい!w

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 92

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

そんなに早い時間に始めたわけでもないのに、今日はなぜか5ゲームもできてしまった。

●ピッチカー

おはじきカーレース。昨日までの隘路偏重がきつかったので、
今日はマニュアル通りのコースを作ってみた。

★観察できた内容
ジャンプ台が難しい。なまじピッチカーだから、
勢いを付けた方がリードできると思い込んでしまう。
タンブリンダイスのときは落っことしたら失格だから慎重だったんだけどなあ。
とくにコースアウトでのペナルティがないのでガンガン進めてしまうから
コースアウト多目。これはどうしようもないか、
コースアウトしなければ早いかというとそんなこともないし。
決着は同着。んぐぐ、ってなってた。
今日は虫の居所が悪かったか、同着に不服であったかいずれかなのか、
片付けを嫌がっていた。といって2ラウンドやるわけでもなく終了。
余ったガードレールで弾いてもらっていたけど、予想外に路面が傷つくので、
別の物でやってもらおうかな…。

●ヤギのベッポ

久しぶりにやる、パチンコ玉でヤギのベッポ(の駒)弾き、止まった絵柄のマスまで進むスゴロク。
ダイスを使わない、ベッポを弾く方向は任意ということで、子供向けなのに案外なガチバトル。
これはそもそも正式ルールでやってたので問題無くできる。
ま、4歳~のゲームだしな、パチンコの威力、磁力が全然4歳無理なんだけどw

★観察できた内容
駆け引きが身についていない。また、ベッポを弾いて相手の駒(か、自分の駒)を弾くと
ベッポに見つかった!ということで振り出しから、となる。
これが難しいらしく、とりあえずガンガン進める。
ベッポの正面を通り抜けるのが、いかなるプレイヤーでも難関なので、
その辺はきちっとミスターの駒を狙撃。
あまりやり過ぎるとミスターがめげると思ったので、適宜手心は加える。
加えるんだけど、ミスターが俺を狙撃しようと頑張ってしまう。
申し訳ないと思いつつ、どうしても勝ってしまう体制になったのでゴール。
もう本当に悔しそうで、泣き出してしまった。
ところで、ゲームに負けて泣き出す、というのは初めての事態である。
今までも俺が勝つことはあるにはあったけど、思惑がずれて、その結果負けて、
そして負けを受け入れて、泣く、というのは無かった。
その変化、ゲームを受け入れて勝敗を受け入れたことが大変喜ばしかったのだけど、
おおっぴらに喜ぶ体制でもないし、かといってフォローしないわけにもいかない。
「負けて悔しい気持ちをとても大切にしてくなさい、その気持ちがあればいつか勝てる」と声がけをした。
今は分からなくても、繰り返すことで経験はきっと溜まるはずだ、みたいなことも言いたかったけど、
あまり言うことが多くても処理しきれないし、実際経験点貯めたのって俺も中学くらいからだし。
でも、ゲームが好きであることは間違いないと思った。
こんだけ、91回もゲームを開催して、それでも尚ミスターがゲーム好きかどうかを図りかねていたので、
この確信で俺のモチベーションも大いにアップした。

●ラビリンス

手動生成ダンジョン探索ゲーム。ルールは昨日同様、手札5枚から好きな順でお宝を目指す、
5枚のお宝を先にとったプレイヤーが勝ち。

★観察できた内容
長いこと手札が一枚のルールでやってきたんでそれが染みついている。
5枚の札から取りやすいの一つ選んで歩けばいいよ、と促しても札と盤面を照合する方法が分かっていない模様。
普通に考えたら札一枚みて盤面みて自駒に近いかどうか判定し…を繰り返せばいいじゃないというこの話、
普通を期待すると予想外の返答が返ってきます。
ミスターは札を一枚しか見ることが出来なかったのは前述の通り。
では5枚見てもいいよ、というと5枚とも見る。
そして…一番上の札と盤面を照合する。
そこで、「どの札が一番ちかいお宝かな?」と言うと、大混乱を来す。
一番上の札と自駒の関係性は分かる。その関係性を破棄して次、が無理。
ASDの子にはわりと禁じ手なんだと思っているが、「どれか」と言うと直近の物事でしか判断できない。
例えば、というか実例であるのが、渋滞の最中に信号だけみて、青になったから進めと激突をサジェストしてくるみたいな。
(車を進めるためには他の車を避けようとかそういう発想はない、青になったら進めるしかない。障害物とかない。)
今日はそこに俺が気がつくので精一杯だったので、ちょっとだけ誘導して進めてしまった。
頭の中で試行錯誤ができない、バッファがないなら、バッファを外に出すしかないか、
例えばホワイトボードに試行錯誤を記述し、そのなかから「どれか」というなら可能かもしれない。
見えていないものに思いを馳せる、我々もきちんと出来るかどうか疑わしいことを、
発達障害児にきちんとやって頂くのは大変ハードルが高い。もう少し工夫しよう。
こんだけ回数やっても未だ工夫。多分一生工夫。

●ウッドマン

ここまでで30分弱しか経ってないので、普段3ゲームのところを
悔しかったところを埋めたいセール?のためにもう1ゲームやろうと提案。
選んでといったらウッドマンが出てきた。微妙に懐かしい。

★観察できた内容
前回までは3回叩けるルールだったけど、こちらも本来ルールに帰着。
一回だけ叩いて良い。ただし幼児ルールも適用。皮を取ったら追加でもう一回叩いても良い。
木の幹マイナス5点は激しすぎるので、マイナス2点で計算した。
幹を取ることになってしまったら皮を2個廃棄にする。
そーっと叩いて、はミスターかなりやれるようになってきた。
成長してそして力加減というものも多少は身についたようだ。
というか常に全力だとこっちが持たぬわw
ミスターは慎重に叩いて、かなりリードをしていたのだが…最後の3皮くらいのところでちょっと強めに叩き、
幹3つ献上でマイナス6点。ここで俺が逆転勝ちしてしまう。
悔しい、またしてもパパに負けちゃった、といっていたがさすがに泣いてはいなかった。
場数と悔しさが比例するのだろうな。

●タイニーパーク

ダイスを振って出目に合わせたタイルを取り、遊園地に敷き詰めていくゲーム。
これもウッドマン並みに久しぶりかも。一時期は毎日やっていたのに。

★観察できた内容
こちらもはなから正式ルールでやっていたのでルールそのものは問題なし。
ただし、いつもは種類別に分けていたタイルをぐちゃぐちゃにおいた。
あと誘導を8割減らした。どのタイルから狙っていくのが正しいか、
場数を踏んで覚えていってほしいので、トライ&エラーを繰り返してほしくて。
さすがにどのタイルが何種類?まで覚える必要はないけど、
振り直しについては是非覚えて欲しいので、そこだけ誘導。
ミスター、ダイスの引きはよろしくて、単体タイルで埋めることが殆どなかった。
結果もそのまま逃げ切ってミスターの勝利。
以前と違って、完成後の遊園地で遊ぶことはなかったし、
ミスター勝利後俺に遊園地を完成させろと促すこともなかった。
おかしいなとは思いつつ、すでに5ゲームもやってるからへとへとなんだろうと解釈し、
本日は終了。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 91

100本へ向けてのカウントダウンが始まってしまった…。
いえ、淡々と記録します。そういうエントリなので。
(とはいえ子供は基本褒めちぎります。)

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ピッチカー

おはじきカーレース。昨日の拡張が気に入ったので本日もやるとのこと。
コースはミスターが作成。

★観察できた内容
相変わらずというか分かっていたことだが、この拡張の隘路、
設計は素晴らしいと思うが逆転要素がなくなるw
よって最初のラウンドは俺の勝ちになった。
煮え切らないミスターはコース変更を提案したので了承。

2度目はちょっと難易度が下がった?感じ。
ジャンプ台も実はかなりくせ者で、きちんとまっすぐ飛ばすのが至難だった。
タンブリンダイスで4点狙いするみたいな。
ある程度コースを狙うことはできても、力加減が適正でないと余裕でコースアウト。
ジャンプ台は設置位置を考えないと抜けられずに数手消費してしまう、次回の改善点か。
今日もミスターはコースアウトしたら自ら戻す、相手の手番をしっかり待つなどの紳士だった。

●ラビリンス

いよいよ本番と同じルールにしようかな、ということで手札制を導入。
いつもは山札から次の目標にすべき札をめくり、単独の目標に向かって迷宮を進むが、
今回は最初に配られた手札の好きな順で宝物にアタックしていいという通常ルールにしてみた。
但し、本来2人用の場合の手札は12枚となり、その中から適切なものを選ぶのは至難なので、
手札5枚とした。

★観察できた内容
案の定混乱した。
いつもなら提示される単独の目標が、選ぶべきものが5倍に増えたので大混乱。
札と、盤上をみて、一番取れそうなやつを狙いな、と言って見たが大混乱。
仕方が無いので初手だけ誘導した。
一番辛そうにしてたのは宝物2-3取った後。
この辺の選択肢が、一番見渡せて、かつ混乱を招く元になるらしい。
つまり、多すぎれば諦めて一番上に見えている札に向かって突き進むけど、
残り手札が2枚とかになってようやく場全体が見えるような感じ。
そして場全体が見えたらどの情報から処理して良いのかが分からなくなる。
うーむ仕方ない、ここはどうしてもだんだん慣れてもらうしかないかな、と思ったので
黙って見守る。いや投げ出しそう(嘆くモード)になったときは
「試して、それで駄目だったら嘆きな」
という感じでなだめすかす。どうしても「選択する」ということだけは叩き込みたかった。
俺は俺でイマイチ「選択する」ことに大してのリアクションが薄いとこれ書きながら反省していたので、
次回は選んだときにもうちょっとこっちがリアクションしてあげる必要があるなと記録しておく。

●ワンニャービスケッツ

ミスター用にと2017秋のゲムマで購入していた一品。
手札3枚持ち、場札から一枚とって4枚の中から任意の一枚を場に出し、
数字の合計が14になったらビスケットを貰えるゲーム。9つのビスケット争奪戦。
14以上出すと失敗となり、場札は全てなくなり、警告カードを得てしまう。
ビスケット1点、警告カードマイナス3点。
結論から言うと、ミスターにはまだ早すぎた。一応6歳~のゲーム。

★観察できた内容
最近は随分ミスターのゲーマー度が上がったし、測定の意味合いも込めて
ルールに算数が登場するゲームをやってみるか、ということでとうとう解禁。
だがまだ早かった。
どこが早かったのか、まず足し算が苦手。出来ないわけではないのだが、苦手。
引き算にいたっては出来ないに等しい。
引き算が出来ないのに-1カードとかあるから意味不明になる。
足し算も4+4とかならできるが、8+6とか指で足りない数になると計算不能になる。
ふざけてやっているわけでも面倒くさがっているわけでもなく、処理ができない。
普通は出来ることなので出来る人に例える文章として表現しずらい。
busy,busy Airportとかでやっている足し算は、足し算のふりをした計数なので、
モチーフがあればなんとかやれる。
ワンニャービスケッツは数字が札の半分を占めていて、モチーフたる犬猫の足跡の数がわかりずらい。
ビスケットを5個とか書いていてくれれば分かり易かったんだけど、
そうもできない事情があるしなあ。(ビスケットは報酬だ)
とりあえず3ラウンドやっているが明らかにミスターが限界突破しているので、そこで終了。
とくにルールに改変は加えなかったけど、難しい。
昨今のミスターの成長につい忘れてしまっていたけど、ルール5個以上はやっぱしだめだ。
そして苦手なことをルールに混ぜてしまうのはだめだ。
計数とかそういうことも必要かもしれんが、まずはゲームそのものが面白くなければならない。
そんなことを久しぶりに思い返すきっかけになった一戦だった。

ミスターとボドゲを遊んでみて 第9回まとめ

●最近やったゲーム振り返り

busy,busyAirport
空飛ぶチーズ
かたろーぐ
キャプテン・リノ
キャプテン・リノ スーパーバトル
ラビリンス
タイニーパーク
タンブリンダイス
それは俺の魚だ!
ブン・バン・ゴールド
ゆらゆら海賊船
穴掘りモグラ
オバケだぞ~
みんなのレシピ
ピッチカー
カルカソンヌジュニア

16種。今節は圧倒的にラビリンスの出番が多かった。
ラビリンス偏重だったと記憶しているが、それなりに種類もやっていた。
かたろーぐ無双、ついに無くなる。もう少しお喋りはしてたかったんだけどなあ。
またブームが来ると思うのでそこらは備えておこう、主にゲームボード的に。

●ここ最近のミスター

大体半年経過な感じだけど、ここにきてものすごく成長した。
5月から対ADHD用として薬の内服もあって、落ち着きが当社比2割増したよね、と妻とも話していたが、
落ちついたことと戦術脳が進化したことはなんか相関があるのだろうか。
進化フローとしては、

落ちついた┬相手のことを待てるようになった⇒観察する機会が増えた。
       ⇒ルールを守るということを覚え始めた。
     ├注意深く駒を操作する、ということを覚えた。
       ⇒やたらと場を崩すことはなくなった。
     └多少の未来を予測するようになった
       ⇒悲観的ビジョンだけではなく、
        どうすれば勝ち目が見えるかを考え始めた。
      └手番が多少複雑化しても耐えられるようになった。

書き漏れあるかもしれないけど、ざっとこんな感じ。
あとは他者との関係性がどう進化したか測定したいけど、他の子とゲームやる機会はまだないからなんとも。
 

●今後の目標

なんとか同年代とゲームする機会を作ってやりたい。
ミスター的な目標というより俺が環境を整えてミスターが進化する土壌を用意するというか。
きっかけありきなんだな、ということを今更ながら繰り返している。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 90

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ピッチカー

実は結構前に拡張2の輸入は終わっていたんだけど、
こちらの手間(主にセットアップと片付け)の都合で黙っていました。
そろそろいいだろうか、ということで今回初の拡張2。
内容はいつも通りおはじきカーレースだが、
拡張2からはジャンプ台や隘路などもう見た瞬間にイカスギミックてんこ盛り。

★観察できた内容
絵だけでセットアップするのは毎度の事なんだけど、
今回ジャンプ台周りをどうすればいいか全然分からず、3分くらいマニュアル眺めてしまった。
片側ジョイントナシのまっすぐレールを見つけてこれか!とかリアルで言う始末。
ピッチカー自体はミスターも大分慣れているのか、特に問題無く…いやいや
久しぶりのわりにきちんと手番待つわ、勢いで2回打ったらごめんね、といって元の位置に戻す(!)わ
大分ゲーマーとして成長している。いや戻すとか今まで無かった行動なんだが、
「マナー」と明文化して教えたことないけど、ルールを守る事で共同体感覚を磨く、が
ようやく出来てきたのかと思ってしまう。確かめたわけじゃあないんだけど、きっとそう。
ゲームはミスターが2週目からぶっちぎってそのまま逃げ切り。
この拡張無茶苦茶良く出来ていることは間違いないんだけど、今回写真のコース、
逆転する要素があんまりない、隘路で逃げ込んだらわりとそれで勝負が決まってしまう。
なんかやるとしたらジャンプ台なんかな。他のコースも是非試したい。
今回のあわせて拡張2個所持だけど、さすがに拡張2個混ぜでやるガッツはなかった。

●カルカソンヌジュニア

記録見返したら半年ぶり。読み返して気がついたんだけど、
第2回でいきなりやってんのね、しかもそんときの表記がカルカソンヌキッズとタイトル表記揺れしているので
過去記事漁ってでてこねー!ってなった。今回以後はカルカソンヌジュニアで表記統一する。(原作表記準拠)
通常のカルカソンヌと違って、タイルが大きめ、ミープルは8個。
道路を繋いで、終端を作ったら、路上の妖精の絵(4色の妖精)の数分ミープルを置ける。
先にミープル置ききったプレーヤーの勝ち。

★観察できた内容
最近のミスターのゲーマーレベルの上昇に期待して開封。
前回は超絶簡略化してもゲームにするには厳しかったけど、今回は通常ルールのまま致すことにした。
ミスターがお話を膨らませるのを好きだというのも重々承知していたので、
今回はインストのプロローグから読み上げたのだが…あれプロローグ難しくねえ?w
「動物たちは厩舎で平和の訪れを享受します」のあたりが絶好調すぎて
俺が読んでて笑ってしまった。この文章だけでどれだけの説明をせねばいかんのよ的な意味で。
さてゲーム。
普通に説明して、普通に道路つくって、終端を設置し、
路上の妖精に合わせてミープルを置く。たったこれだけ、なんだけど。
たったこれだけをやるために費やした半年間ちょっとがようやく実った感じ。やっとゲームが出来た。
なのでミープルをミスターが置いたとき異常な勢いで褒めちぎってしまった。
まだ駆け引きのできる段階ではないとおもうんで、対応する色のタイルが
後半に偏ってしまったときの対応とかができない。(というか出来たらこええ)
数字的な把握はまだまだ厳しいが、ゲームをきちんと遊べるようになってきているミスターを
いつも通りではあるけど、大変に評価したい。
なんかうれしさを書き切ることができずにもどかしい。やってることは普通のゲームだからかな。
この普通に至るまでが本当に険しかった、とだけ書いておこう。

●ラビリンス

定番も一個はやっておきたい、というより本当にミスターはラビリンスにハマっているようだ。
ハマったら飽きるまでとりあえずやっておく、というのは奥さんの気質に倣った感じがするよ。

★観察できた内容
今回は初期配置が良すぎてミスターがトントン拍子で宝物をゲットしていく。
最初の引きとかは完全にランダムだったので今日はラッキーだったのだろう、
俺が3個目の宝を俺が取る因果のために、5個目の宝をミスターがなんなくゲットして終了。
プレイするタイルの順が完全に噛み合いすぎていたので、
むしろ道が繋がっているのに道に迷うという謎の現象を起こしていた。
順調すぎるとそれはそれでなんらか回路が狂うものなのだろうか。
悪く言うと近視眼的なところはものすごく強い(発達障害なんだから当たり前すぎる)ので、
この盤面みて、全体から選択をする、ということがもう少し得意になれればいいな。
前回が初期配置も引きも悪杉だったので、こういう回もたまにはいいんじゃないか。
それでもワンサイドゲームにならないから、本当にこのゲームは良く出来ているなと感心する。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 89

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ラビリンス

定番迷路ゲーム、ルール変更がようやくなじんできた感じだけど、
まだ横で「動いてから、タイルを差し込む」と言わないと手順を忘れてしまう感じではある。

★観察できた内容
今日は初期配置が悪かった。悪かったので互いに取れないまま6ターンくらい潰してしまう。
その間、ミスターの意図とパパの意図が噛み合っていないのでミスター悔しがる。
今日は俺の配牌が良かったというか、わりと立て続けに5枚ゲットしてしまった。
せっかくだから、勝った人にはいつもパパがやるみたいに「おめでとう」したほうがいいよ、と教えた。
いつもミスターが勝つ試合ばっかりなので、相手の褒め方を知らない。
これから相手を褒めることも徐々に覚えさせて行こうと思う。
ミスターはそしてやっぱり負けると悔しがる、でもプレイ中のぐぐぐ、って感じじゃあなく、
負けたというよりは「勝ち、優勝」という状態変化が無くなったという捉え方が表現として適切かもしれない。
まあ相手も俺しかいないしな。
それでも、勝てなくてもやはりラビリンスが好きだと言い切るので、
これもなんか引っかかる部分が多大にあるんだろうな、いずれ言葉で教えて欲しいものだ。

●みんなのレシピ

やってないゲームやりたい、選ぶ。
そういって、レシピを選んだ。いややってるじゃんw
長野でやるのは初めて…また記憶喪失である。(本当に喪失している可能性が高い。)

★観察できた内容
これに限らず、記憶を喪失している、あるいはバッファが足りずにとどめて置けない、という事とすると
ゲームをやる上で極めて重要となる「失敗の蓄積」が出来ないんじゃあないか、と思い始めた。
思い始めたのだけど、俺も失敗の蓄積を明文化して開始したのが中1の終わりくらいだったから
そこまで心配しなくてもいいか。蓄積を文字に起こしたのは中3くらいからだった。
(勝ち負けを●×でカレンダーに記載する、が最初だったはずだ。)
ただ、蓄積じゃなくゲームをやった記憶そのものがすっぽり抜けて、あるいはとどめておけないのは
ちょっと寂しい感じもする。そういう症状なのでどうしようもないんだけど。
やれることはより一層経験させてやることしかない。
さてしんみりした。
ゲームという行為になれてきた、蓄積が出来てる部分もちゃんとあるので、
今回レシピも初めて全カード使用の上、ちゃんとしたルールで遊んだ。
2人だと捨て札の枚数が半端ないのだが、まあそれもゲームのうちとおもって割り切った。
今回はゲーム作法(相手の捨て札を取るときのレシピ宣言、5枚揃ったらごはんですよ宣言)などお浚いしつつ、
きちんとした手順の説明しつつ、それでもミスターが普通に勝利。
ラビリンスでなんとなく相手を助けること、相手を邪魔することを覚えはじめているので、
レシピもそんな感じで慣れるといいな。
あとこれ2人だときっつい、はよ同年代の子と遊べるようになるといいなw

●キャプテン・リノ スーパーバトル

昨日はスーパーバトルがラビリンスに化けたので、今日はやる、と張り切ってプレイ開始。

★観察できた内容
若干疲れていても、結構周りが見えるようになってきた。
手前の柱を組むときに奥の柱に手をぶつけて崩す、なんてことはしょっちゅうだったのに
ここのところあまり心配しなくてもそれなりに落ちついて建設出来るようになってきた。
もちろん思い切りの良さは相変わらずなのだが。
しかしながら、今日は比較的序盤でミスターの凡ミスにより俺が一勝。
わりと早く終わってしまったので2ゲーム目にいくとき、
「柱を片付けてー」と言ったら
「どうするの?わからないー」と返答されてしまった。
通常ゲームエリアの横に作業台を置いて、その上に長い柱、小さい柱を置くことにしているのだが、
もちろんゲームが一旦終わったからそこの材料エリアに纏めて、という意図でこちらは片付けてーと言った。
言って、返答があってから全然具体的じゃないことを思い知らされた。
誤ったあと「長い柱を黒い机の上(作業台)の長い柱の場所に纏めて」と言い直してようやく事なきを得た。
そのせいでメンタルが崩れたのかわからんが、2戦目は俺が頂上の屋根置き失敗でミスター勝利。
建設レベルが揃ってきて本当に楽しい。よくぞここまで育ってくれたありがとう。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 88

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●穴掘りモグラ

やったことのないものを、と所望されたので、これまた入手してから随分立つけど、
そろそろやっとこうかなーとおもった穴掘りモグラをチョイス。
ダイスではなく、手札となる6枚の数字カード(1,2,2,3,3,4)をめくってモグラを出目で進め、
ボード上の穴に入れていく。全ての穴が空くとステージがめくられ、
穴に入っていなかったモグラ以外は脱落、最下層までモグラを進め、スコップを取った人が勝利。
一文マニュアルを抜いて読んでしまったので、手番の人から時計回りに
裏に伏せた数字カードをめくるところを、
ゆらゆら海賊船のごとく、同時に差し出す方式にしてしまった。こちらは訂正しよう。

★観察できた内容
ラビリンスのときもそうだったけど、選択が多岐に渡ると大変迷うし、かんしゃく気味になる。
自分の選択に自信がもてないのが起因している。
主に俺のせいでもあるし、両親のせい。分かったところで致し方ないのだが、
そして最近は随分改善もしつつあるが、まだ無理なところが多い。
モグラはまっすぐに進めなければならないのだが、そこの徹底が不十分だったので、
カーブを作ろうとしてしまっていた。
最終的に10匹いるモグラのうちスコップが取れるのは一匹なので、そこは手心を加えてみたり。
しかしながら、以前やったような初回のルール改変をせずに、
しかも手駒として複数の制御を行うことが出来るようになったのを見られたのは良かった。
ねことねずみの大レースもそんな感じで進められれば良いな。
そういえば初の8歳以上ゲームかもしれん。いやバウザックとかもそうだけど、
8歳以上のゲームでルール改変しなかったんは初じゃないか?
今回俺も初だったんで、インストにイマイチな部分が出てきてしまったので残念だった。
それから手札が決まっているなら大きい数字を出した方が先に手番獲得、
とかのほうが面白いんじゃないかとちょっと思った。

●オバケだぞ~

珍しく入手したばかりのゲームが遊べることになった。基本はすごろく。
プレイヤー駒をゴールに進めた人が勝ち。
しかしダイス目でオバケが出た場合、プレイヤーの内一人にオバケが被さってしまう。
また、被さったのちにオバケの目が出れば2オバケの位置を交換しなければならない。
これらの要素がただのスゴロクの難易度を跳ね上げている。

★観察できた内容
ミスターは基本怖がりなので、オバケも勿論怖がるのだが、
なぜかこのゲームは大丈夫だったっぽい。オバケのフォルムが宜しかったからかもしれん。
今回は選択肢がほぼないので、すらすらとスゴロクが進む…のだが、
全員がオバケをかぶることになってしまった。(2人でやるときは残り2体のオバケも中立として盤上に出す)
トップ目のミスターを沈ませたり、逆があったりして、わりと訳の分からぬ事になっていた。
結局中立キャラが一位だった。
ところがミスターそれを見て「あーあ、悔しい」と言い出した。
む、芽生えたか?

●ラビリンス

キャプテン・リノのつもりで用意していたら、やっぱしラビリンスが一番スキとのリクエストで変更。
今回は宝をゲットしたら即座に次のお宝を見るルールに変更。

★観察できた内容
移動⇒タイルを入れるという流れになってから2回目。やはりタイルを入れてから移動したがる。
最初ヌルいルールでやってたから離れないんだろうなあ。
これもまた複数の選択肢、それからタイルを動かした後に相手手番でまたずれてしまうかもしれないという恐怖、
想定と現実とのギャップを体験するにはいい材料なんだけど、やっぱり思った通りに行かないと
深い悲しみに包まれるようだ。
意図のずれは穴掘りモグラでもオバケだぞ~でもラビリンスでも同様に起こっていたので、
これ系の相手との絡み合いで成立するゲーム、もうちょっと場数踏ませてあげたい。
昔なら意図がズレてたら放り投げていたところなのに、それでも食い下がってなんとか本人なりに考えて
実行しようとしている姿には感動を覚える。
毎度ミスターに大量リードされて、そこから猛追という流れ、どちらが勝つにしても。
そこらへんのバランス、上手く出来てるなあ、と思う。感心する。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 87

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ゆらゆら海賊船

昨日片付けの時に「明日はこれやるー」とご指名を受けた一品。
ご指名を受けたのは大変名誉であるのだが、本日開封の際
「僕コレ長野県でやるのはじめて」とか言い出す。
それキャプテン・リノんときもゆってたよな?w
こういう定型じみた言い方、ミスターは好きなのです。

★観察できた内容
他のゲームが正式ルールをボチボチ採用し始めているので、
こちらもお宝8つスタートという風にした。
(今までは5個置きやすいものをチョイスして配布してた。)
カードを出し合うのは一緒だが、5以上の場所は2個置きが出来るも本家ルールに準じた。
なかなか上手く…はなっているんだけど、素でこのゲームむつかしいので、
どうしても置くときに船に左手を添えてしまう。(本来はルール違反)
ゲームそのものは大変気に入ってくれているが、落っこちてしまうお宝のせいで、
イマイチ自分のレベルがあがったことを実感しずらいようで、やきもきしていた。
確実に実力は上がっているんだけどね。もう少し修行が必要。
これがこんなにむつかしいからバンボレオの導入見送った経緯があるくらいだしなあ。
というかそろそろバウザックの正式ルール採用もいけんじゃね?と思ってきたので、
次はバウザックだしてみよう久しぶりに。これは長野県で初めてだw

●キャプテン・リノ スーパーバトル

昨日褒め称えたので今日も是非、ということになる。
但し本日は妻が居ない。

★観察できた内容
昨日に引き続き、建設に関してはまるで問題がないことがわかった。
半年前は思い切りだけでやっていたこのゲーム、
今では一応ながら柱をに大して屋根をどう置くか、バランスを測定するようになった。
成長をまじまじ見ていると、これを体験だけで覚えるのは大変難儀ではないか、と思ってしまう。
バランスだけではなく、クレイジーモンキーをぶら下げる際の慎重さ、これも今までなかった。
そーっとって言うと園児でも「そーっと」をシミュレートするし、我々もそうする。
それが今まで出来なかった。そーっとが意味分かっていなかった。
でもどう教えれば良いのか分からないまま半年すぎて、そしてようやく慌てず慎重に、
というニュアンスを獲得した模様。言葉では説明できないけど、まずは体から覚えたみたいで良かった。
最後はそーっと置いたリノ人形のバランス問題で、頂上から崩壊してった。
そーっと置くことが出来たことで、奥までのドキドキ感が跳ね上がる。
従来の様に人間が崩す、というよりすーっと崩れていく感じ、倒壊に2-3秒かかったんじゃないかな。
崩れた後で2人でゲラゲラ笑っていた。本当に面白かった。

●タンブリンダイス

一緒に風呂入っているときに、あと一つ何にする?と聞いたら
「んー、あれ、落とすゲーム」
といってきたので、ははん、タンブリンダイスのことかなということで選ばれた一品。
ダイスを得点圏内に弾き入れて4つのダイスが飛ばされたら得点計算して終了というシンプルさが
大分気に入った模様。

★観察できた内容
一回目は速攻終わってしまった。得点圏がよく分かってないので、0点の所ばかりに乗せていたので、
普通におれ勝利。但し2回目以後は展開が変わった。
ミスターはそれなりに(今までそれなりに、という打撃は出来なかった。)強く打つ、
ピンに当てる等という工夫を凝らして、3点エリアを積極的に狙う。
俺のダイスごと4点エリアに放り込んだときには勝ちを確信したのに、
その後のミスターはわりとそつなく3点エリアを重複的に狙い、とうとう逆転勝ち。
一度ダイスが得点エリアに入っても弾かれて出目も得点も変わるので、
全然油断できないゲームになった。分かっててもどうしようもないので、
予め狙いづらい場所にダイスを配置しておくのが肝なのかな。
ともあれ、2回目は28対24、そしてなんと3回目があったのでそのまま継続したが、
56体34と大差で負けてしまった。運要素が絡んでいるとは言え、普通に負け越してしまった。
リテイク2回までOKのルールは相変わらずなのだがきちんと2打目でアジャストしてくるようになったのも
前回とは大きく違うかも。一回目力任せに打ってどんな飛びか確認し、
2回目はきっちり得点してきたのがすごい。すごすぎる。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 86

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ラビリンス

今タームの定番となるか、今回は一番目にご指名だった。
前日まではブン・バン・ゴールドを明日是非やると息巻いていたから、あれ?とおもったが
楽しみはあとにしておこうという心理が働いたのかもしんない、だとしたら超嬉しい事なんだけど。

★観察できた内容
いつもながら緩いルールで進めたところ、今日は5-1の殆どストレート負けを喫した。
5分で終わってしまったので、あまりに不甲斐ないというか、
2人とも不完全燃焼過ぎたので、改めて2ゲーム目。
今度はちょっとルールをきつくというか、本番に似せて、
動く⇒タイルを差し込むという部分を厳密にした。次の次まで考えなければいけないやつ。
本人の忸怩たる思いがとてもよく伝わってきた。うーんむつかしいよー、と。
今まではタイルを差し込んでも辻褄を合わせられたけど、今度はできないので、そこが苦しいのだろう。
しかしながらこのルールを追加というか開放してから一つしまったと思う点があった。
通常お宝をとったら次の手番の最初にお宝札をめくるのだが、
タイルを刺して動けないのなら、次のお宝のためにどうタイルを刺す、という予測が立てられず
自然とゲームが難化してしまうことに気がついた、俺の失着。
おそらく次回もこのルール適用なんで、次はお宝をとったら即時次の札をめくる、というルールにしてあげようと思う。
結果1勝1敗。

●ブン・バン・ゴールド

おお、なんか久しぶりだ。
やっぱりあんだけ沢山やったから思い出深いものなんだろうな…と思ったら、
僕長野でこれやるの初めて!とか言い出す、嘘つけ10回はやっとるわw
…みたいな、ギャグみたいな展開になるのが知的障害児との会話のデフォルトです。
記憶が無いことはそれはそれで寂しいのではあるけども、そこを笑い飛ばして次に生かす。
ついでにいうとこの欠落部分を補う効果的な方法って分かっている限りでは存在しなくて、
だからこそ出来るだけ楽しい思い出というトリガーを埋めてやらねばならない、という実情があったりする。

★観察できた内容
基本的な部分は覚えていたようなので、
今日は苦手なものチップ(ミスターの使用キャラはヘビ、俺のキャラにはオバケ)を拾った場合は
それを掴んでオバケだー、と相手に言われたら即座に隠れる必要がある、
という正式ルールを一個追加した。
余談だけど、会社員時代はルールはあとから追加するな、
最初にMAXの基準を作って徐々に緩めるならアリだけど逆は絶対にするな、と教育されてた。真逆。
出来ることが増えてきたら徐々にルールを追加してくとより楽しんでくれる。
さて、そんなルールを追加して、俺がヘビをとって「ヘビだー」と言ったらきちんとゲームテーブルの下に隠れてくれた。
いやそこまでしなくてもいいんだけど。
ミスターが隠れている最中に、ゴールド回収 …  ……  ………ミスター隠れたままだ。
しばらく待っていると「パパー、いつまでー?」と聞いてくる。しまった!!!
たしかに苦手なものチップが出たらサッと隠れて、と指示はした。
一般常識的にサッと隠れては、隠れたらすぐ顔をあげるものだ、と思い込んでいた。違った。
隠れたら隠れっぱなし。出てくるのはまた別の指示だった。
その場は取れたゴールドがわずかだったので、出て良いよ、でなんとかなったのだが、
これは出てくるための指示をなんらか出さねばならない、んだがそれやったらゲームにならないしなあ。
(相手が伏せている間にゴールドを奪う、というのが本旨なので。)
久しぶりに純粋なひっかかりを感じた一戦だった。

●キャプテン・リノ スーパーバトル

今日も選んでくれたスーパーバトル。
今日は途中から妻も参加してくれた、大変ありがたい。
ルールはほぼ正式ルール(場札を抜く)で行う。これがこなせるだけでも正直大進歩なんだけど。

★観察できた内容
今日は土台をミスターが作ってくれた。前半というか開始5分くらいは互いに普通に構築。

ミスターは順当にダイスで最上階に駆け上がり、反対に俺はダイス引き悪すぎで1Fにしか存在できていない。
途中で歯磨き途中の妻が加わって3人戦で。
妻も順当に組み上げて(というか経験者だわ)どんどん組み上がる…というかあっというまに7F以上に、俺地上だけど。
ミスターはミスターで、柱の間隔を詰めてパパの手番で崩れやすくする、
柱と柱の間に一個柱を差し込んで床を作る。
2Fの床に平行な床を設置して足場を広げる、などお前どうしたどうしてそんな進化した?といったテクニックが目白押し。
しかも覚え立ての披露を繰り返し、かつクレイジーモンキー(お邪魔コマ)を移動させても全然ビルを崩さない。
最終的には11Fまで組み上がってしまった。
全員手札がなくなったところで、チャンピオンメダルを保持し続けた妻が勝利。
俺は自分が負けたことよりも、ミスターがルール、そして相手の手番を守って
しかも11Fなどという今までやったこともない階層を組み上げたことに素直に感動してしまっていて
表彰は2の次になってしまっていた。ミスターすげえよ!

親バカ記録2017年12月

2018年6月

第41回長野市ボードゲーム会に行ってきたヨ

前回は特に書いておらなんだが、以後こちらのボドゲ会もつらつら記録していこうと思ったので、記録。
長野に引っ越してきて当然ゲームメンバーに事欠くことになってしまうので、
できるだけ都合を付けてゲーム会に出るようにすることとしている。
こちらのゲーム会は毎月月末?日曜日に開催されているようで、
前回4月は出席でけたが、5月は上京していたので不可。
ゲーム会そのもののレポートというよりはプレイしたものをつらつら書き連ねる。
本日は午前中川中島にて所用につき午後から参加。

1.ハピエスト タウン
街コロのよーな、でもダイスは使わない街建設ゲーム。
手札の街施設を充実させ、手番になったら施設から獲得する報酬でさらなる施設を購入し、
いずれかのプレーヤーの手札が10枚になった時点、スタートプレーヤーの手前番の人がターンエンドしたら終了。
得点は各自の施設に記載されている人口Xハート(幸福度)のかけ算で決まる。
街コロの様に特定条件で獲得出来る施設もあるが、そこに費用はかからない。
獲得出来るカードは手番に一枚のみ、なので手番パスをすると枚数で普通に不利が起こる。

ダイス要素がないということで、一巡だけ様子見をさせてもらいつつ、
そんなことをすると収入が凹んで上手く資源が買えないのだが、
かけ算で、特殊施設の宇宙エレベーター狙いをこっそりしかけ、勝負に勝つ。
エレベーターとれないとビリ確定だったので冷や汗ものだった。
ダイスなしとはいえ、ギャンブルはいいものだw

2.ギャンブラー×ギャンブル!
自札としてギャンブラーを2人雇って(雇うと書いたけど、いいのかな)ゲームスタート。
手札には0か1かの運命カードを持ち、場にどちらかを出す。
全員の運命カードをオープンにし、出目と同じ目を持つギャンブラー分、報酬がいただける。
報酬で新たなギャンブラーを雇うもよし、既に居るギャンブラーを裏返して
激運モード(報酬が倍になる)にしてもよし。
出目のギャンブラーがまったく場に無い場合、失敗となり
金額トップの人が財産の半分を失うというシビアなゲーム。
6コストのギャンブラーを雇って9狙いの戦略で臨むが、良い感じのところ(14金)とかでファンブル。
勝てずに終わったが面白かったので2戦してしまった。

3.The Mind
The系?ゲーム。いや実はThe系やったことないんだけどね。衝動買いに近い。
昨日届いたのを今日開封して開始。勿論事前に説明書を読み込んでおいたので、
元々のゲームルールが簡単なのと相俟って、ルールはわりとすぐ説明できた、のはいいんだけど。
難しい!
まずこれは協力ゲーム。
ルールは自分が持っている手札を場に昇順に出していくだけ。
ただし、手番は関係なく、スピード勝負とも言える。
場札より低い数字の手札が出せなくなったら失敗を宣言し、
ライフを1失う。(4人プレイ時の初期ライフは4)ライフ全損失で全員敗北。
失敗を確認した後、スター(というか手裏剣)を宣言すれば、それを投入することで
失敗を回避することも可能、但し初期スターは1個なので、いきなり使うとあとが続かない。
スターもライフもある程度のレベルを熟すことで1ずつ回復できる。
というのも、札は1-100まであり、それを出すタイミング、合図に類するものを
プレイヤー間で発してはいけない、というルールがある。
つまり完全にタイミング、間を読むだけで互いの数字を予測する。
説明書には、カードが配られたら集中するために右手をテーブルに置きます。
全員がテーブルから手を放したら場札を置き始めます、とだけあるので、
手を放すタイミングによってとかでもある程度制御が効く…かもしれない。
手札が17,80とかで、9が場に出たとき一瞬躊躇したら18を出されてしまって終了とかわりとあるあるだった。
レベルが1-8(4人プレイ時)まであり、レベルがあがるにつれて手札の枚数が増えていく。
8まで完了したら全員勝利。今日は初見でレベル5まで到達した。
それでもかなりすごい、と思っていたがどうなんだろう。4クリアで奇跡!と思って
場の全員で写メ取ってたしw

4.ごいた
やりたかったけどやれてない系ゲームベスト3に入ってたやつ。
放課後サイコロクラブで読んでは居たけど、飲み込めていなかった。
将棋の駒にみえるが、ごいたの駒。将棋と違って飛角は一枚ずつだったり、
歩ではなく「し」という駒が8枚だったり、似て非なる造形。
ルールはまったく将棋ではなく、2×2のチーム戦で、8枚の手駒から受け駒、攻め駒を出し、
攻め駒に対応する(というか同じ役割の)受け駒、自分が出す攻め駒を場に出していく。
手駒がなくなると上がり。上がったときに出した攻め駒に応じた得点を得て、
150点先取したチームの勝ち。
正直5巡目くらいまで訳判ってなかった。
相手の攻めに対する受けを出せれば出して良い、はなんとなく掴めていたが、チーム戦でこんがらがっていた。
要は自分か、相方が手駒なくなれば得点ゲットなので、互いに手駒を無くすにはどう心を尽くせばいいかを検討すればいいということが分かってから、ようやく攻めができる様になった。
ということに気がついたら相手に140点ほど取られてしまっていたが、最後に香3枚を手駒に引いて
これはいけんじゃね!?と強気に闘って逆転勝利。
わりかし配牌に左右されるゲームとおもったが、面白かった。またやりたし。
というかコレは全国津々浦々やってる人がいるので覚えているといろいろ得をしそうでもある。

5.すずめ雀
こちらはゲムマで購入して開封していなかった一つ。
すでに購入していたHITさんがいろいろ教えてくれたので、インスト乗っかってしまった。大助かり。
手配は5枚。6枚目をツモったら上がりを宣言して上がる麻雀。
但し、麻雀のような役の先付けというより、3枚一組に対する得点や
役満が設定されており、いずれかの得点が5点以上になった場合のみ上がりを宣言できる。
よって、きちんと刻子や順子が揃って居ても5点に満たなければ上がれない。
また、チョンボは全員に2点支払って続行、厳しいwちなみに原点は50点。
さらに元々は牌をバラバラにし、任意の場所からツモギリするゲームなのだが、
HITさん曰く、11枚を手前に並べて、麻雀同様にカリカリトンから起家決定、
配牌までしたほうが上手い感じにばらけるとアドバイスをうけ、そのように。
ダイスも用意していただけたので、そちらもありがたかった。
案外一瞬というか第一ツモで上がったりしてしまえるのでスリリング。
俺は最初5点さえ守れば上がれるとおもっていきなりチョンボかましたりして、
結局焼き鳥のまま時間切れ終了…。

午後から参加のわりには軽めゲームとはいえ6ゲームもできて大満足。
ちょっと場所が狭かったが、それを差し引いても良いゲーム会だったと思う。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 85

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●タンブリンダイス

お初ゲームその1。
写真を見てもらうのが一番手っ取り早いが、盤上にダイスを弾き飛ばし、
ダイスが止まった面×点数で、4つのダイスが止まった位置の合計点を競う。
極めて単純かつ分かり易いルール…なのだが、大問題があって、
ミスターはかけ算が出来ない。(支援級ってのもあるし、2年ももう少ししないとかけ算やらんじゃなかったけ?)
よって、得点計算のみ俺が行う。
本日は母を加えて3人戦。

★観察できた内容
もう単純というだけでも十分に食いつきが良かった。
このゲーム、盤外に飛ぶと失格なのだが、加減がわからんと困るだろうと配慮して、
大人のみ正式ルール適用。ミスターは2回までリテイクOKとした。
無制限だとルールにならんからな。
ただ、俺もやってみて案外加減が難しい。飛ばさぬようにすればいいじゃんと思いきや、
近場に飛ばすと×0点となり、失格とあまり変わらないじゃーん…と思っていた。
思っていたのだが、このゲーム手番順にダイスを弾く、というのがミソで、
盤上にダイスが残ってさえいれば、それが何らかの原因で弾かれて得点エリアに着地したときに
きちんと集計する。
あくまで全員がダイス飛ばし終えたあとでの結果なので、盤外と0点には大きな隔たりがあった。
1回目はミスターが28点、母21点、俺19点。ふがいないw
あまりにあっさりおわり、しかも気に入ってくれたので、2回目リクエスト。
2回目はミスター25点、母25点、俺21点の同率一位が2名。またしても俺不甲斐ないw
弾く系、初めてだったらきつかったかもしれないが、ピッチカーでそれなりに訓練した甲斐があったのかな?

●それは俺の魚だ!

お初ゲームその2。
60枚のチップ上をペンギンがまっすぐ進み、出発点のタイルをゲット。
タイルの裏には得点が書かれており、どのペンギンもまっすぐ進めなくなったらゲーム終了。
タイルの合計点を数えて多い人が勝ち。ペンギンは六角形の辺それぞれの方向に進むことができるが、
まっすぐにしか進めない。またジャンプもできない。
こちらも3人戦。

★観察できた内容
普段は乗り物にしかあまり興味を示さないミスターだが、動物園はそれなりに好き、偏ってるけど。
で、ペンギンとかは実はかなり親和性が高い。よってわりと食いついてくれた。
タイルを並べている時点で「僕にはこれむつかしすぎるよ」とか言ってたが、
やる前にむつかしいというのは良くない、と諭す。
ペンギンが進むこともジャンプできないこともすっと飲み込んでくれたが、
ペンギンの出発点でタイルを取る、というのに大変苦戦していた。うん分かりづらいだろうな。
記憶のオンオフが苦手、と俺の中で表現している。
今ある事象は見えているんだけど、直前の記憶が操作できない感じ。
ゲーム終盤で、「先にタイルを取ってから進んでみては」と提案し、ようやく形に(ゲーム的にはそぐわないことは承知)
結果は全員なぜか一点差だったが、ミスターの勝ち。
適当にやってみたが、適当同士がからんでもわりと僅差に終わったし、
動けなくなるタイミングも適当同士ならそんなにシビアにならないのが良かった。
セットアップに時間が掛かるのが難。次もやってくれるといいな。

●ラビリンス

ぼくラビリンス一番スキ、と言い出す。おめーかたろーぐはどうしたいんだえw
タイル組み替え式迷路ゲーム。ルールは従前同様。

★観察できた内容
もう少し回数やらないと傾向が読めないが、序盤で躓くと案外引きずる傾向があるかもしれない。
一つ目のお宝を取るまでに俺が3つ取得し、そのままリードを守って勝利。
ミスターは目的物までの距離が5以上離れ、かつ間に壁があると大混乱を来す。
(集中しているので端から見るとおとなしいものだが、大混乱中はこうなる)
普通に「そうだ重機を使おう」とか言い出す。それはルール違反なのでいかん、と諭す。
これも傾向っぽいのだが、横軸に目標となる宝が来ると横にしか思考が回らない。
縦にずれている分には非常に驚くべき解決法を見せるのだが。
もう少し観察用途でやりたい。いや観察ははた迷惑だろうから、勿論ゲームは全力で楽しむけど。
できればこれだけ録画したいくらい興味深い内容。

第三回ジャンボカルカソンヌ大会に行ってきたヨ

新潟は妙高までいってまいりましたカルカソンヌ大会。
そもそものきっかけはたまたまメビウスママさんのツイートを目にしたから、で
なんか近いしいっちょやってみっか!と。

前回の写真があったので、なんとなくは想像ついていたものの、
こちとら俄カルカソナーなので、ガチ勢大勢居たらどうしよう、
草原数えるルールにしてまだ3回目なんだけどなあ、とか不安に思っていたが、
乗ろう、乗っかろうの心持ちで挑むことに。
チームの皆様本当にありがとうございましたm(__)m

一回目…緑チーム

3位ですた。

2回目…またしても緑チーム

なんと1位、しかもかなり僅差だった。
最後俺空いてるんで草原で寝てましょうか、が効いたのか!?

てなわけで一位の商品、作者Klaus-Jürgen Wredeさんのサイン入りタイル頂きました。

俺このタイル持ってないじゃん!注文しなくちゃ!
ということで勢いよくメビウスママさんの目の前で注文(というかポチる、勿論メビウスWEBサイトで)w

終了後は主催さんのお店、カラバル(https://www.facebook.com/cafeandbarkalabar/)にて
BBQ二次会、飯旨かったー。
ボドゲもやっちゃえと思ったのに、酒呑んでたのと上手く人数調整できなそうと思って断念。
この人数ならEXSTREAMSが行けたとおもうので、次は忘れないようにせねばw

いろんな人とも交流、繋がりができて非常に有意義な時間となった。
あとゆるドミ初めていったとき同様にすげー刺激をうけた、もう少し本気でカルカソンヌやってみようという。
まずはタイルを覚えよう、やりながら。
で、今日は今日でミスターとボドゲをしよう、と約束していたので
律儀に18時で帰宅の途に。

最後に、主催を含め相手してくださった皆様方、本当にありがとうございました。

後日(でもない、当日)談
1.ちょっと興奮冷めやらなかったのか、帰宅してからポチった住所が神奈川県千曲市という
謎の記述をしてしまい、慌てて訂正メール。申し訳ありませんでした。

2.あんま動いていないとおもっていたが、コレ書いていたらクッタクタな自分に気がついた。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 84

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●キャプテン・リノ スーパーバトル

昨日久しぶりに無印をやったので、今日は何する?と聞いたら
スーパーバトル!との返答があったのでこちら。
これについてもいよいよ本格的なルールに移行していこうとおもう。
今までは材料をただ置くだけだったので、
今日からは手札と場札から置くべき屋根を判断し、
屋根を置いたらリノやスーパーモンキーの処理も行うという極めて正式に近いルールにした。

★観察できた内容
昨日無印でリノの処理や手札の処理を学んでいた効果なのか、
さしたる抵抗もなくすすむ。
こちらは手札がなくなったらではなく、最終的に頂上にいるときにもらえるチャンピオンメダルを所持しているかどうかなので、
そこはよっく説明した、多分話半分でしか聞いていないと思われるがw
積み方は上手になっていたし、キャプテン・リノとダイスが組み合わさる、
ダイスの出目で上がることができる階層が決まる、もなんとなく理解してくれた。すごろく訓練の成果かな?
一戦目は7Fくらいまでつくったところでミスターが倒して終了。
なんともう一戦というリクエストがあったので、もう一戦。
今度は6Fで俺が倒して終了。
半年ちょい前はダイスを組み合わせるなんて想像も付かなかったこのゲームだけど、
かなり遊べるレベルまで来ていて驚いた。
少しずつの歩みとはいえ、着実に何かを物にしていると感じさせられた。

●ラビリンス

こちらは俺がチョイス。なんとなくアクションでもすごろくでもないやつを…というチョイスだった。
パズルゲームか。タイルを差し込んで迷路を作り、宝物を得るゲーム。

★観察できた内容
開幕4連チャンで宝物を取られて終わった!と思ったら、
なんかパパを手伝うと言い出して、本当に移動を手伝ってくれた。
お陰様で猛追し、4-4まで迫る。(宝物5枚とったら終了ルールにしてた)
最後は押し出しワープを使ってミスター勝利となったが、
4-0はホントにぼろ負けで終わりかと思っていた。
手伝う、というのは意外な反応。
また、4-0のときに、5枚目阻止用にミスターを閉じ込めたが、
めげずに頑張ってくれていた。これはありがたき反応。
というかそこで学習があったらしく4-4で逆に閉じ込められたんだけど。
戦術の芽生えがあったのだろうか。

●タイニーパーク

実はかたろーぐを用意していたのだが、「今日はタイニーパークがやりたい」とのことで
急遽タイニーパークを準備。とうとうかたろーぐ連続記録が途絶える。事件だ。
ダイスの出目で対応する遊具が書かれたタイルを敷き詰めた方が勝ちなゲーム

★観察できた内容
ミスターはこのゲーム大好きなのだけども、イマイチやり方が難しいというか、
非常に苦労しているのがうかがえる。
ダイスは5個振れる、6種類の絵柄がある。
出来るだけ最初に沢山出目を無駄なく敷き詰めるには
4マスタイルから狙って、最後に1マスタイルで補完する、が定石なのだが、
振り直しがどうしてもわからない。
手助けしてあげたいのは山々なのだが、どうしてそうなる、をうまく説明できない。
未来に対する予見がまったく足りない。
場数踏むしかないのか、もう少しタイルを減らして少しずつ覚えさせてあげたいが
ゲームボードの都合上そういうわけにもいかず、悩ましい…。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 83

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●busy,busy Airport

定番となりつつある空港ゲーム、お使いゲーム。
今日はちょっと街と森を離れた位置に設置してみた。

★観察できた内容
わりかしコンポーネントが多いので、セットアップやクローズを手伝ってもらうのだが、
今日は盤上のお客様をセットしておくれ、と頼んだ。
したら興味深い事に、本来まばらに4つずつおいておけばいいお客様を
目的地別に4匹ずつセットしていった。
このゲームは目的地それぞれに1-4点あるので、
分散するよりは集中した目的地に達したほうが期待値が大きくなる。
(つってもダイスに左右はされるんだけど)
そこまで考えているとは思えないが、意外なところで拘ってきたのでメモる。
ずっと飛行機を持っていたい気持ちは大変わかるのだが、
きちんとお客さんを目的地で降ろし、お土産を回収し、
空港に戻るところまでやりましょう、と指導。
同時に相手の手番を待つことも指導。
しかしながら手番待ちについては、空港では空港のお仕事があるよ、とか
世界観にあった指導をすべきだったなー。

●キャプテン・リノ


ガキ使の影響で久しぶりにやりたくなったことは否定しないw
一緒に風呂に入っている最中に、キャプテン・リノはいかがか、と提案したところ、
快諾いただけたのでプレイ。
今日は予め本当のルールでやること、今まではミスターがやりやすいように
簡単なルールにしていたことを説明。

★観察できた内容
本当のルール、といいつつ各自の持ち札は5枚(本来2人戦は7枚ずつ)
基本的なゲーム構造は今まで守っていたつもりなので、
あとは各カードの効果とミスターが手に手札を持つという物理的な部分のクリアが
このゲームの障壁となっていた。なんとか障壁クリア。
ツイートには書いたのだが、スーパーバトルと混同して、
手番の最後でリノ人形を動かすと思い込んでいたのが、
実際は手番の最初のフェーズでリノ人形移動なので、それに準拠。
結果8階作成時点でミスターの手札がゼロになって勝利。
いや普通にできたし、なにげに階層記録も更新だ。素晴らしいぜミスター。

●かたろーぐ

定番、間違いない。プレイ回数も1位じゃねえかな。
余談だが、所持118種のゲーム中、ミスタープレイ済みは34種。
種別までチェックしたから今度は回数チェックでもしようかな。
内容はいつも通りの神経衰弱ルール。
風呂場で「ぼくかたろーぐが一番スキ!」といってたので、
ミスター的にも不動の一位なんだろう。それはそれで良いことだ。
ランキングがこんな処でも役に立つとは。

★観察できた内容
ミスターの石置きからスタート。
俺が消防車にランキングをする形になるが、
前回からシートを最初に作ったものに戻したので、正解率は下がってしまった。
今回以後はしばしハシゴ車中心のランキングにしていこうと思う。
ミスターのランキングもブレる。大分。
初見は赤い乗り物が好きとかそういう傾向があるかもしれない。
パパがラジコンでもっていたものはランキングが高目だが、
それでも赤い乗り物にはかなわないらしいw

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 82

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●busy,busyAirport

3回目となった飛行機ゲーム。慣れてきたのと、
飛行機をミスターが存分に飛ばしたそうなので、そろそろ観光地を遠目に配置しようかな。
俺が動きたくないんですけどw

★観察できた内容
もうともかく飛行機をバンバン飛ばしたいので飛行場に着陸するのすら躊躇する。
観光地の上でお客さんはパラシュート降下しました、とかひどいだろうw
よって、きちんとタラップとかにも仕事をさせてあげてくれ、と伝える。
今日はセットアップも積極的に手伝ってくれた、主に飛行機の組立。
そこで自分のはきちんと組み立てたのだが、パパの飛行機を組み立てるときにトラブル。
余談だけど4機ある飛行機、全部違うデザインでしたw
ともあれ、翼の表裏が分かっていない。タイヤのあるほうが裏だよ、といっても分からない。
その前に裏返して、といっても指示が通らない。
翼が裏返しになっているから裏返して、といっても通らない。
指さしで机の下を指さし、今指が指している方向に翼が付いているから、
指指しを上向きにしてこっちの方向にして、と言っても通らない。
タイヤが下になるようにして、といっても通らない。
よく寝間着を着るときに表裏逆、というと通るのでそれでやってみたけどNG。
結局もう一度裏返して、で通ったのだが、今書き起こしてみたら
タイヤが見えていたら駄目、という指示してなかった。次はそれも試してみよう。
今回は俺のダイス運が悪くて10点差くらいで負けてしまった。
組立には難儀があったもののゲームはさして手心加えていなかったので、
これはこれでよしとするか。
もう少し飛行場っぽく滑走路とか決めてやろうかどうか検討している。

●フライングチーズ

昨晩に引き続きプレイ。
ただ、難易度低のゲームでしているので使わないカードは最初からどけておけばよかった。

★観察できた内容
昨日が調子良すぎた、そのせいでチーズを遠くへ飛ばしてしまう。
勢いはほどほどに、と言えればいいのだが、ほどほどは一番発達障害児に通じない単語、
弱くやって、というとゲームボードに届かない威力だし、
パドルそのものの設置位置を極限までボードに近づけて、ようやく命中率上がった。
何の気なしに下記写真の通り、写真写りを気にしてセットアップしていたけど、
これ系のゲームのケアとして、アクション基点を考えておこうと思った。
今日は序盤反則2回で次の人の手番、というやり方で回したが、
前述の通りミスが多すぎるので、少々の素振りとミスカウントを3回に拡大した。
で、結果はミスターの勝ち。
カード引き枚数は俺が勝っていたけどネズミ数で大負けしていたw

●かたろーぐ

定番神経衰弱。あまりにも定番だったので今日は変化を付けようと、
最初ドブルキッズを持ち込んでいた。
ところがテーブルに展開する、しようとしているタイミングで
「今日はかたろーぐがよかったなぁ。」と心の底から残念そうに言うので、
急遽内容変更。

★観察できた内容
台紙をいぜんこさえたものに戻した。俺の石置きから開始。
変化はついて楽しかったが、ミスターの基準が飛んだ感じなので、
こっちの台紙でも練習をするか。
正直ミスターの記憶力ってどんなもんなんだろう、今のところ客観的データがないので
なんとも言えないが、ボドゲに関してはタイトルとルールはなんとなく記憶している。
ただ記憶を次の体験に生かせるか、というと残念ながらそうそう上手くいかない。
記憶はある、ルールもある程度把握している。
なのに勝つ為にその記憶をどう使っていいのか検討がつかない、みたいなことになっている。
かたろーぐのみならず全体的にそうなんだけど。
注意力、想像力、この辺はやはり時間をかけて醸成していかないと大変難しいな。
学年が上がるにつれて他人との乖離が見えてくるので、本人は本人でいろいろ思っているだろうに。
今回はハート3つで終了、台紙変更が露骨に利いてる。
しかしかたろーぐ率たけえなw

長野県初のボドゲカフェ、SUBBOXに行ってきたヨ

地元…からはほんの十数キロ離れているわけですが、
この度ボドゲ会で知己を得た@nishiken66さんのリツイートで
長野県にボードゲームカフェが初めて出来たことを知る

http://www.tgiw.info/2018/06/subbox-nagano.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

常々、なんとかして長野県でも、というか地元でもボドゲを盛り上げなくちゃあなと考えていたので
渡りに船というか、今後の参考のためにというか
ともかく行かないとなにも始まらぬ、ということで出撃をツイートしたところ
(この時点では完全に無計画、相手居なかったらマスターと喋って終わりにしようくらいの勢いw)
にしけんさんが呼応してくれ、にしけんさんのTLからさらに2名呼応してくださって
平日にも拘わらず4名でゲームが出来るようになって嬉しい限り。
やっぱまず動かないと始まらない。ゲームは相手がおらんとできないし、が信条なので。

●やったゲーム
・カタン
以前新年会でゆけーが持ち込んだとき以来なので3~4年ぶり
物の見事にルールを忘れている。よって筋も見えない。
周り3人はかなりやってらっしゃる感じなので、お任せモード全開となった。
結果はまあ……

・ドミニオン
ここで3名となったので、軽めのゲームを…ということになったのだが、
軽すぎてもなあ、先日mさんとカイトでドミニオンやってたのがうらやましかったので
ついついノリでドミニオン(2版基本オンリー)を提案してしまう。
重ゲーと言ったら「むしろ軽量ゲームでしょう」と突っ込まれたのに
世間と俺の乖離を感じた、というか一回やったら平気で10時間とかやってるのがおかしい、俺おかしいw
久しぶりに基本オンリーだったので、「最初のゲーム」サプライで遊ぶ。
ドミニオンてのはいろんなカードを得て楽しんでいくゲームということを再確認した一戦。
結果はまあ……

(ドミニオンは当たり前風景すぎて撮影忘れてた)

ゲーム終了後はマスターと30分くらいおしゃべり。
次回のボドパスには是非掲載されて頂きたいとか、わりと一方的な要望をくっちゃべってしまった。
地方が手薄になるのは仕方ないとして、長野県が一軒も掲載されてないのはなんか悔しくって。

まだまだ改善の余地はいろいろあると思いますが、シニチロはSUBBOXさんを全力応援します。
繰り返すけどボードゲームは相手が居ないとできない(いや一人用ゲームもあるけどよ)
なのでそういう試みの輪をどんどん増やしていかんとそもそもの舞台が成り立たない。
今後俺が楽しみ続けたいがために、そういう空間の醸成には体壊さないレベルで
積極的に関わっていきたい。

今日気付いた点メモ
・ボドパスには掲載されたほうが良いと思う。
・食事はあったほうが良い。(今のところない)
・ゲームリストはあったほうが良い。(WEBにはない)
・定期イベントがあったほうが良い。(今のところない)
・交通機関に対するケア(駐車場案内等)が充実したほうが良い。(WEBにはない)
・出来る限り飲み物はタンブラーに入れた方が良い(言ってなかった。濡れ対策)

あとは敷居かなー、ボードゲームはタダでさえ種類多すぎてうさんくさいので
何やるか分からないし面白いか分からないし、気軽に参加できるなにかがあればなー。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 81

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●busy,busyAirport

飛行機スゴロク、いやマスがないからスゴロクではないか。ダイスゲーム。
前回お客様を乗せて戻らないとお土産が手に入らない、と誇大解釈してしまったので、
今回お客さんは降ろし、お土産は持ち帰るという正式ルールにした。
これも誤訳だったらアレなんですけど。
飛行機はお客さんを降ろしきったら自動帰還ということにした。

★観察できた内容
開口一番「このゲームは誰が作ったの?」と聞かれる。
う、しまった。押さえてない。
まさかな、そこ気にするとは思ってなかった、思ってなかったけど大変真なる疑問なので、
すみませんが調べておきますのでご勘弁ください、と返答した。
知らないとか失礼。
ちなみにRichard Scarryさん。wikiにページまである絵本作家の人だった。
どうなんだろ、このゲーム自体の発売は多分21世紀だとおもうのだが、
実はもっと昔から発売されてたとか、絵付けだけ作者の人とかいろいろ想像できてしまう。
まあいいか、作者で。レーベルはラベンズバーガー。ミスター大好きなメモリー系ゲームの販売元ですな。
ラベンズバーガーの掌の上ですなミスター。
今日は俺がさくさくお客様をのっけてお土産回収。
ミスターは様々な場所に行きたがるけど、基本は一つのスポットに集中したほうが
得点効率は高いな。(お土産はランダムカードとはいえ、1-4点が割り振られているため。)
というわけで本日は俺の勝利。
きちんと得点を数え、大小比較してパパの勝ち、という勝ち名乗りを上げたところ、
「負けてしまったー」と言った。あれ、これは聞いた事ない。
負けを悔しがった、という解釈でいいのかな。だとするとすごい変化なのだけど?

●空飛ぶチーズ

実はこれも1ヶ月前に買ってました系。ただしゲムマではなくバネストさん経由。
フライングキウイと似ている印象を受けるが、こちらは9マスあるゲームボードに
チーズ型のダイスをパドルで飛ばして、入った場所のカードを一枚取る。
カードにネズミが描かれていれば得点、ネコが書かれていればネズミを捨て札にする。
ゲーム終了時点でネズミの数が多い方が勝ち。
獲得した札が7枚になったらゲーム終了。
ネコを取るのはリスクなのだが、それを避けられるという部分が新しいと思った。

★観察できた内容
乗り物じゃない系のゲームなんだけど、フライングキウイより単純な部分が良かったのか、大受け。
結論から言うと2ラウンド遊ぶコトになった。
パドルでチーズ飛ばす、もゴムでひっかけるフライングキウイより技術的に要求レベルが低い。
ネズミが数えやすい、終了条件も分かり易いなどいろいろ好条件が重なる。
あと普通にフライングキウイやってたころよりミスターの欲求に対する狙いが、
物理レベルで上がっている。
取るカードはランダム要素が強いと思うが、
重なった一番上のカードを取れるという意味でチャンスはわりと均等だし、
それで普通におれが負けたのでバランスもほどよいと思う。
大受け過ぎたのでまた次回に。

●かたろーぐ

定番神経衰弱。これはゲームそのものより会話がメインのゲームになりつつある。
あるんだけど、相変わらずハート6目標にしましょう、は言うようにしているし、
今日は達成できたので褒めちぎった。

★観察できた内容
今日は俺から石置き。
ミスターが手札を置いている最中は「静かに置くとワクワク度が上がるよ」とかなだめすかして
置く札のマークを言わないようにさせることに尽力し、かつ目を瞑った。
ただ、間が空いてしまった弊害なのか、好みが先週と変わっている。
好きな物については出来るだけパーツ、部品レベルでどこが好きか言っておくれ、という。
俺はそういう具合でミスターのランキング2問しか合わせられなかったが、
俺はぶれずにランキングしたので、ミスターの適合率が大幅にアップで
7ハート、目標達成したので、握手して終了。

ミスターとボドゲを遊んでみて 第8回まとめ

ミスターは映像離れが激しい。
元々神奈川に居た頃は居間で好き放題テレビが見られたのだが、
今現在そういうことはできない状況なので、時々私の部屋にあるテレビを閲覧する、
というのが最近続いたせいか、9回まではわりとハイペースだったのが
10回目まではちょっと間が空いた。
正直俺も毎日は疲労するのだけども。

●最近やったゲーム振り返り

かたろーぐ
カヤナック
トミカ えあわせカード
ファイアドラゴン
ヤギのベッポ
ウッドマン
おさかなクン
トーキョーハイウェイ
タイニーパーク
ラビリンス
busy,busyAirport
ドブルキッズ

12種。前10回の18に比べれば大分種類は絞り込んだ気がする、
というかかたろーぐが圧倒的に多いどころか、毎回やっている。
それで飽きないのがすごい、かたろーぐもミスターも。
語ろーぐの名の通り語ることが目的で、ハートトークンは2の次だから楽しめるのだろうか。
もっと沢山会話したいのだろうな、ミスターは。
ゲムマの消化もせねばいかんと思いつつ、
まだミスター向けの未開封はいくつかあるので、
かたろーぐは当面中心になると思うが、それ交えつつ次の展開狙い。

●ここ最近のミスター

とにかくゲームが好きになってくれたようで、そこが大変嬉しい。
好きなことを見つけることができたミスターすごい。
いやテレビも好きなんだけど。
明らかに受動な行動のテレビ、スマホはやっぱり楽ちんで好きな物が見られるから好き。
でもそこにゲームという能動が割り込めたことは大きい、嫌いにならぬように私の精進が望まれる。
ゲームと直接関係はないが、長野に引っ越してきてから他人とのコミュニケーションが多くなった。
もちろん話したいとかそういう欲もあるんだろうけど、一人に限界が来ているんだろうな、いろんな意味で。
まだ他人、同い年、同年代との距離の取り方が分からずに苦労しているが、
その苦労は体験しておいたほうがいい気がするので放置。
もし方法としてゲームという提案があれば喜んで乗るけど。

●今後の目標

ゲーム会が開ければなあ。まだミスターとマンツーマンでやるのが精一杯なところがあるが、
コミュニケーションの取り方の練習として、ゲーム会は開きたいんだという野望。
野望なんだけど、マスターをやるのが俺、問題が起きたときに対処する人員も俺、となってしまうと、
問題が起きたときに手詰まりになることが見えているんで望ましくない。
従兄弟同士でまたなんかやれたらなあ。
この間はゲームを探している間に時間が終わってしまったゆえ、
年代で遊べるゲームをチョイスしておかねば、ミスターに練習させねば。
ドブル、キャプテン・リノあたりが間を取っている感じなんだけども。
そういえばキャプテン・リノ正式ルールでやってないので、そろそろチャレンジしてみるか。
あとは手番待ち。なだめすかしはだんだん通じるようになってきたので、
今度は手番待ちの練習を徐々に進めて行きたい。