ヘリ列伝 その30(RC EYE One Xtreme RTF:登録抹消済)

2014/11 購入

まったく余談だが、ドローンという呼び名は好きではない。
無人航空機というくくりに入れればまったくその通りではあるが、クアッドコプター(4つのプロペラついたヤツ)というのがやっぱりしっくりくる。
ドローンの方が言いやすいことは間違いないんだけど。その言いやすい呼び名が今日の無人航空機の不遇を生み出しているともおもっているけど。
(もちろん悪いのはマナー無き運転手が、なんだけど。)

と2014年当時は思ってて、でも結局ドローンが市民権得たよねと思ったのが2020年。
ここまでヘリ漂白時代が続くなんて思ってもみなかったな、当時は。

本題
ハイテックが満を持してクアッド出す、しかも安定していて、なおかつブラシレス(パワーがある、という解釈でおk。)なので外飛行も余裕。
ということで発売日に速攻手を出す。予想以上に飛行性能は高く、またいろいろ実験してみた機体だったけど、
GPSとかはついていないし、パワーがあるといっても軽量カメラしかついていないのでだんだん飛行回数が減っていった。
時代はすでにFPV主流に動きつつあったし、すでにphantomも続編2というベストセラーが出ていたし。
RC Logger社の設計思想は未だにスマートで大好きなんだけど、
結局主流になれないままおわっちゃったなあ。FPVセットまで揃えたんだけど、どれもイマイチな使い勝手だったのが残念。

機体についている目とかは付属のシール。本当は目なしの黒い卵なんだけど。
それでは無骨にすぎる妻から批判があったことと、せっかく付属しているシールは使い給えとアドバイスをうけて貼付。

追記
当ブログにも2エントリくらい書くくらいには熱心に弄ってたのでそんときのリンクも貼っておく。
http://synitiro.com/snd/archives/422
http://synitiro.com/snd/archives/432

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。