ヘリ列伝 その21(Agusta109 中身:T-REX450 DFC)

2014/6 購入

半完成キットを6月に購入したにも関わらず、実際の初飛行は8月、組立て物は実に時間が掛かる。
これを機に本格的に450クラスへのチャレンジおよびFUTABAプロポを購入。20機目にしていろいろターニングポイントとなる。
電飾は6灯。8灯つけようとおもったが余分なので2個削除。電飾と強めのピッチを掛けるため、電源不足解消用BECを追加。
左右非対象の航空灯はわりとお気に入り。スケールヘリ自体は初ではないが、引き込み脚は初。初モノなので2回ほど脚骨折。
一回目はなぜかアイドルアップのパラメータがそのままで混乱して接地させてしまったとき、
二度目は砂利の上でハードランディングだった。

20号機からそうしているが、このクラスだと従来の発着場でははみ出してしまうため、基本的に使用していない。
が、こやつだけはなめらかな床だと引き込み脚のサーボが動作しなくなるという欠点を抱えているため、
屋内で飛ばす場合は発着場を用いることがある。

当時はなんてでかいヘリなんだって思ったものだし、450サイズをして小型ヘリってどんな世界やねん、と思ってたけど
今見るとまあちっちゃいなw
このくらいがいろんな意味で一番安定株だとは思うけど。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。