ヘリ列伝 その13(Hubsan H101D:登録抹消済)

2013/8 購入

FPVハマりはじめシリーズの最初。
空撮そのものは興味あったものの操作しながら画面見えないとだめなんじゃ?とおもってたので見事のニーズに合致したので購入。
もっとも2号機ですでに空撮の楽しさについては触れてはいたんだけども。

最初はbanggoodで購入しようとしたが、注文後にoutofstock食わされたので購入先変更。
期せずしてbanggoodカスタマーサポートがしっかり機能することを検証してしまった。つまり返金はスムーズになされたのでよかったって話。
肝心の飛行性能は大味。室内では荒馬、室外ではおとなしすぎというなんか4号機みたいな飛行性能だった。
それなりには飛ぶので風速4mくらいまでだったら楽しめるはずだ。
というわけで飛行実験を重ねた結果、近所の広場で10mくらい上空までは飛ばせた。

全体的に性能のいいメカが搭載されてるのに調和が上手くいってないある意味残念なマシン。
結局ジャイロがV911に及ばなかったのと、空撮の振動を吸収するためにはやはり高性能のジンバルを数年待つことになる。
未だにディテールはすごく好き。当時改造技術があれば中身の入れ替えを比較的真面目に考えたと思う。
あとカメラの時刻設定ができないのが残念すぐる。ボタン電池でdate保持とかしとけばよかったろうに。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。