徒然-3

てなわけで毎年恒例の大阪出張いっとります(つД`)
まあ仕事でいったんだが、とりあえず早々に終了させ
岸和田だんじり祭(夜編)を見に行ってみた。
それが上の写真。写り悪くてなにが表現したいかさっぱりだね!ちくしょうめ!

祭りといえば地元にも踊り狂う祭りや
冬場に花火みるとか、けっこうありえないシチュエーションの祭りがあったが
ありゃどうなったんだろ
とうの昔に地元とは縁が切れているとこっちは思っているし
古くからの友人で地元にのこってるやつらが少ないことを考えると
なんか祭りそのものがなくなってんじゃあないか?という風にすら思える。

超有名なだんじり祭だが、なんでも今年は39年ぶりの平日開催とのことなので
例年70万人見込みの観客動員数が今年は50万人程度に減ってしまっているらしい。
出張のために常宿としている岸和田駅前のホテルが
10日前にすでに予約受付終了とあったときに何かおかしいとは感じていたが
実際に見てみるとすさまじい人だかり。
いつもは8時以降閑散としていてそりゃもうストリートファイとの一つや二つ
平気で開催されそうな駅前であるが、今年は全然違う。
ありえないくらい人がいる。とにかく人。まるで人間がゴミのようだ。

祭り自体は夜だったこともあってだんじりに提灯をつけて
ゆっくりひっぱるタイプのものであったが、法被着たいなせなおねーさん方見ているだけで
大分癒された。 はず。

昼間は超高速で進むだんじり、そうとうに修練を積んだ猛者しか
ひっぱることを許されぬらしい。
ビデオ「ザ・だんじり 2003」(定価4500円)を見たが
たしかにすさまじい。
地元の方に聞いたところ、死人もほぼ毎年といっていいほど出るらしい。あたりまえだ。
全力疾走する5メートル立方の物が突然横転、したじきになれば
どんなバッファローマンでも即死だ。

で、戦利品はなにか。
出店で食料は基本として、ゲーム屋を数件回る。
同僚の桑原氏と。プロマシアのフラゲをねらってみたわけだ。なかったけど。
全く無関係のポケモンエメラルドをフラゲする、無駄に4300円の出費(つД`)
桑原氏はなんかくじびきやってた、うまい棒4本となんかプラ製手裏剣。
世界一高級な手裏剣は同僚原口に送られることになった。
というかすでに東京便で送ってしまった。やつが有効活用することを願う。
しかし法被ねーちゃん、いいね!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。