【MHXX】ネタ装備についての是非

MHXXシリーズとして、
自分のセットアップについての一々を綴っていこうとおもったが、
その前に奥さんに言われてハッとしたことがあったので
自省のための備忘録としてここに記載。

<出来事>
数ヶ月前の野良パーティ(獲物はたしかテオ・テスカトル)にて、
ゴン装備一式の大剣使い(以下ゴンとする)が加入。
スタイルはエリアル。一式のスキル以外の発動はなし。
狩り自体はゴンが2乙してなんとか勝利。
特にゴンが攻撃面でプラスがあったかというと
乙復帰時間と実際に目視した手数から考えても
さして全体に寄与したとは言い難い。
終わってから俺が一言
「いや辛かった、ネタ装備なら腕前で寄与してもらわんと」
聞いた奥さんが一言
「そんなギスギスした世界のモンハンとやらはやりたくない。」
「どんな状況下であろうと装備というか思想は自由であるべき」

<付記>
奥さんはモンハンを生まれてこの方やったことはない。
ゲームはあまりやらないが、やるゲームに関してはそこそこ頑張る方。

<思ったこと>
ある意味、正しい。
俺も時間とお金(この場合は3DSとかソフトそのものだ)費やしているけど
ゴンだって似たような対価を払っているわけだ。
互いに文句を言われる筋合いはない。
公式からゲーム内に用意されているモノを身につけて
参戦しているわけで、ゴンは特に間違ったアプローチはしていない。
ある意味、と書いたのは当時の俺の思想とは相容れないため。
俺の目的「適切と思われる装備で強い敵を協力して倒す」と
ゴンの目的「気に入った服で出かけてついでに強い敵を倒す」が
その時点で相容れるわけもない。
俺がつい口に出した「寄与してもらわんと」は
第三者から見ればわりと一方的な意見であると考えられる。

<結論>
人にどうこう言う前に自分が精進しろというか、
思い上がる前に自省しろというか、そんな事を考えさせられた。
敵に勝つ事が大目的の一つとしてゲームから呈示されている以上
勝つ為に最善を尽くすことは大事だし、
そこに至るまでのプロセスについても練るべきだが、
一方で気に入った装備を得て、着こなすことも大目的の一つなので、
どちらが正しい、という目線では決着がつかない。

 

マストドンが盛り上がっていないことと、現状感じた問題点

ポストtwitterで在ることを期待された希望の星SNS、マストドン。
ある程度WEB見てる人なら知っていると思われるが、
今年の3月くらい?から徐々に浸透しはじてているようだ。

さて、このマストドンについてだが、
twitterといくつか異なる点がある。
詳しく述べているサイトなんかいくらでもあるので、
利便性等々についての言及はそちらにおまかせするとして、
当方が期待したほどの盛り上がりには至っていない現状について、
一言書き残しておきたい。
箇条書きのようで、思いついた順なので、
どこに最大の問題が、とかそういうことではない。

★問題点
・ユーザーが少ない。
正直始まったばかりのサービスなので、
これはもっと時間が経たねばどうしようもないかもしれんが、
一番ユーザー数の多いpawooをして17万人弱。(2017/6末現在)
余り盛り上がっていないと言われて久しいぐぐたすですら、
2000万人余りが登録していることを考えると、
雑多な情報を拾いにいくにはあまりにフィールドとして乏しい。
ちなみに最初のインスタンスmstdn.jpが約14万人、
3番目のfriends.nicoからは約5万人とがくっとユーザー数が減る。
他のSNSと違ってインスタンスの累計で
ユーザー数を観測したいところだが、
インスタンス毎にユーザーが作れてしまうため、
(synitiro@mstdn.jpとsynitiro@pawoo.jpで2ユーザーとカウントできる)
実際重複しているユーザーなどを考えると
やはり全体でまだ100万に満たないのではと推測できる。
観測したのが20名以上ユーザーがいるインスタンスなので、
10名インスタンスが80万以上ありますよ、とかだったら
ごめんなさい勉強不足でしたと言う他ない。
尚、海外のインスタンスは計測できていない。
他のSNSと比較するので数えたかったのだが、
フォロワー数のランキングはあってもインスタンス内人数は不明。

・わかりづらい
他のSNSとの最大の違い、敢えてtwitterとの違いと言えるかもしれないが、
インスタンス毎にユーザーが作れてしまうこと。
そして、作らなくても良いこと。
異なるインスタンス間でもユーザーフォローは可能
但し、インスタンス間でブロックが発生している場合は
そのインスタンス毎にアカウントを潜り込ませる必要が生じる。
わかりづらいとは毛色が違う問題になるかもしれないが、
ユーザーの削除機能も無い。
分かりづらい以前に実装されてないのだからどうしようもない。
今のところ誤って過疎インスタンスにアカウントを作った場合の撤退は、
インスタンス管理者に頼んで消してもらう他ない。
違う意味でパスワード管理は慎重にw

・マストドンに行ってまで欲しい情報が無い。
これに尽きる。いまんとこtwitterで事足りてしまっている。
だからtwitterが消滅とか永久課金とかしてこない限り、
既存ユーザーが積極的に両者を活用することはない。
しかし盛り上がらないのもなんなので、一つ紹介しておくと、

Twitter -> Mastodon トゥート同期アプリ

なるものは存在する。
twitterを投稿すればマストドンにも飛ばしてくれるってやつだ。
逆はない。

・文字数500文字
短文投稿としては多すぎる。ユーザーはtwitterで訓練されているので。
ブログにしては少なすぎる。ナナメ読みするには疲れる長さ。
見せ方にも問題は生じるであろうが、そこまで考えて組める
物書きさんはいらっしゃらない。というか素人がユーザーだし。

★一般人からみたマストドンの要約
500文字投稿できるtwitterのつもりが、余分な制限が多くてがっかりした。
あと人少な杉。

★可能性として見たかった物
・ポストtwitterとしての500文字投稿可能なミニブログサービス。
・目的別インスタンスの系統整理。
しかしこれきちんと機能させるにはやっぱサーチエンジンみたいのが
必要なんじゃあないか…?
って考えたらディレクトリ型サービスみたいのが頭に浮かんだ。
で、それについての管理人を引き受ける人がいないと
成り立たない未来も浮かんでしまった。
・利便性の高いアプリ

残念ながらどれもなさそうだ…

それでもヘリが好きなのです。

こんなニュースがあった。

「性の悦びおじさん」宅に侵入容疑で「ドローン少年」逮捕https://goo.gl/8zgZeX

まったく以て迷惑な話である。

2011年に新規開拓した趣味として、ラジコンヘリがある。
高じて、ラジコンと呼ばれるモノについては
ヘリから飛行機からボートから、結局陸海空全部制覇してしまった。
そこまで手を広げていてもやはり原点にあるのはラジコンヘリ。
いい歳してからここまではまり込む趣味もないなと
我ながら思ったものである。

そのヘリ業界が最近動かない。

元々業界はクアッドコプターの市場拡大に熱心だった。

普通にラジコンヘリコプターを屋外で飛ばすためには、
回転力の強いモーター、そしてそれを制御するための腕前と、
万単位の投資と練習時間を強いられる。
クアッドコプターならばそこまで頑張る必要はない。
無練習でも離着陸が可能で、手放しでも墜落せず、
さらに投資さえすれば空撮も可能なのだから、
これほど開拓しやすい市場もないと思う。
墜落したドローンと同じメーカーのparrotが
A.R.DRONEという製品を発売しており、
記憶する限り遠隔操縦飛行機をドローンとして紹介したのは
この会社が最初だったハズだ。
但しブレイクらしいブレイクを観測できたのは
DJIがPhantomを出してからではないかと思う。
空撮の機能がようやく視聴に耐えるレベルになってからだった。

その後、2015年春に少年が善光寺でドローンを墜落させ、
2015年末には改正航空規制法が公布されてしまった。
それまで完全にザルだった空モノラジコン規制は、
本格的に取り締まりの対象となり得てしまった。
よく誤解されるのが、200g以上の遠隔操縦飛行機についての法であり、
200g以下であれば問題はない。
とはいえ、空港や官庁近くだと取り締まられるし、
善光寺のようにやめてください、と
立て看板しているところで飛ばすのも人としてどうかと思う。

業界としても、元々扱いが難しいヘリを頑張って商品化するよりも
お手軽なドローン、悪い意味とはいえ、
あれだけ知名度が上がったドローンを
どんどんラインナップしていく方が効率が良い。
ついでに言うとここ2年でジャイロの性能が飛躍的に上がった、
姿勢安定に寄与する技術だが、それがヘリにフィードバックされればなあ。

また、ヘリ側のプレイヤーの姿勢も、
ヘリは難しくて当然、というのが当たり前になっており、
ここ3年くらいで商品化された
簡単に離着陸できるヘリは小型のものばかりで、
大型のものに対する技術のフィードバックは殆どみられない。
かくして、ヘリの新機種はドローンのそれに比べて
殆どないと言って良い状況に成り下がった。
ドローンは盛り上がり、ヘリが盛り下がる市場が形成されていった。

もうすでに手遅れ感甚だしいので、
これをどう覆そうか、とは思っていない。
墜落少年コノヤロウとは思わんでもないが、それも今更な感じではある。
トリガーとして一生覚えてはおくけどな。

無い物ねだりだが、もう少し市場は盛り上がって欲しいものである。
買う人がいないのに頑張れる訳もないので、俺も微力ながら協力はする。
お手軽に新しいヘリで遊びたいわー。

 

【MHXX】スキル論(主にガンナー)

昨日のエントリ後、一応それなりに武器扱っている訳だし、

一旦知識の整理がてら、ガンナーの優先スキルについても

再評価しておこうじゃないか、というきっかけのエントリ。

凡例が役に立つ書き方になるかどうか不安だが、

◎>○>△の順で推奨スキルとする。

 

★ライトボウガン

◎●●弾UP…まずこれを搭載しないガンナーはそもそも遠隔の使用方法をご存じないと思って差し支えないほど最重要。

◎弾導強化…次に検討する。貫通弾のクリティカル距離増加。

◎特定射撃強化…なにげに4スロで軽いわりに、攻撃力アップ倍率も素晴らしい。MHXXになってからどの銃においても内蔵弾が増えているので、これも最重要スキルとなり得る。

○超会心…弾道強化とセットで検討する。一段下がったのはそれなりに重いスキルのため。尚ライトで会心率をうまく下げるものは存在しないので、裏会心は無視して問題無い。

○弱点特攻…弾導・超会心のどちらかとセットで検討する。

△反動軽減…反動が大きい状態異常弾を撃つ、神ヶ島等の場合のみ検討

△弾薬節約…弾持ちはよくなる、がこれを混ぜるならほかに見落としがないか良く見直す。

正直無属性で考えることがほぼないので、銃によって着替えが発生することはほぼ確実である。

属性弾を込めるならば最初を

◎●属性攻撃強化+2

◎属性攻撃強化

といったW属性を基点に考えると良い。

(その場合内蔵弾の都合上貫通系のUPを併用することが多い。)

 

★ヘビィボウガン

◎弾導強化…次に検討する。貫通弾のクリティカル距離増加。

◎●●弾UP…まずこれを搭載しないガンナーはそもそも遠隔の使用方法をご存じないと思って差し支えないほど最重要。

昨今の武器事情とブレイブスタイルとの兼ね合いで、

敢えてLBとは逆に書いた。

猫も杓子もまず貫通ありきで考えてしまうなら、

上記の様な書き方に。

通常や、まずないとおもうけど斬裂を速射したいなら話は別だが。

○超会心…弾道強化とセットで検討する。しゃがみ速射なら需要は極めて高いので、特定射撃より上位の検討となる。

○反動軽減…モラクなどでは◎評価。ただし盛りすぎれば足かせになる。

○弱点特攻…弾導・超会心のどちらかとセットで検討する。

△特定射撃強化…内蔵弾を撃つ機会がほぼなくなる。

案外評価の高いスキルでまとまった気がするが、

実は属性についてはさほど考えなくとも良い(グラビで睡眠速射くらい)ので

そう考えると気楽に盛れるかもしれない。

 

★弓

◎集中…エリアル弓以外では必須。入ってない弓師は弓について考え直すことを推奨するレベル。

◎●●弾UP…まずこれを搭載しないガンナーはそもそも遠隔の使用方法をご存じないと思って差し支えないほど最重要。

まず上記2点は絶対抑える。あとは好みといって差し支えないほど。

◎弱点特攻…ボウガンと違って狙い撃つ自信があれば積極的に組みたい。

○弾導強化…ちょっと離れて戦える大剣、みたいな立ち位置からわりと離れて戦える様になる。但し狙いも付けにくくなる。ブレスを吐く敵が相手ならあると役に立つことが多い。

○超会心…会心系が組めていれば入れ込んでも良い。単体では組まない。

△特定射撃強化…剛射があればOK、もっともエリアルだとグレーアウトする。

スタイルによってもスキルの評価が変わってしまうので、一概に評価できたものではないが、こんなところだろうか。

★共通

△隠密…正直ヘイトが見えない値を参照するので、どれほど効果があるかわかりづらい。隠密効果で敵に狙われにくいという状況はもちろんないときより生まれやすいが、そこに乗じてもちろん手数を増やすと逆にヘイトが増えることに繋がりかねない。FFXIみたいに揮発ヘイト、累積ヘイトみたいな考え方はあるんだろうか。謎は深まるばかり。

△調合数アップ…ネセト一式でお守り副作用ででたら付けてもいいのではないか。

△回避性能or回避距離…あるに越したことは・・・とおもったが機会損失の方がはるかに大きい。

基本的に生存について脅かすようなスキルは除外した。攻撃は喰らったら死ぬモノとおもってまず考えている。属性特化武器を担いだ場合などケースで異なることもあるが、それは具体例を交えつつ検討すべき。

 

防具論を書くための下地は出来上がったので、次回があれば具体的なセッティングについて書いていきたい。神おまではないので妥協の産物オンパレードだが。

【MHXX】スキル論(主に剣士編)

書いてから20分でミスに気がつき、読み進めて剣士にしか言及がないことに気がついた

…ので改題。

ガンナーについてはもう武器毎にかなり異なってくるので

実例を交えた防具論に混ぜて話したほうがいいかな、なふいんき。

 

ハマっているわりにブログでの言及が少ないモンハンについて、

カテゴリを立てつつちょいちょい書き残していく。

内容は2017/06/26現在でのMHXXに準拠したものとなる。

第一回は防具論、として書こうとおもったが、その前段の話として、

以前DPS内モンハン部(今思いついた身内のモンハン会名)にて

珍から「どういったスキルを組めば?」という質問を受けた。

その中身は主にエリアルスタイルを運用するに当たっての内容であったが、

防具選定の上でも総合的に役に立つ内容になるように、まずスキルの話からすることとした。

尚、対象は並ハンターレベルを想定している。

プロハンターは…と、脱線するので後述。大した内容ではないけど。

 

とりあえず回答した内容からスキルを並べ、評価してみる。

◎>○>△の順で推奨スキルとなる。

何か集団作戦行動を取るならば◎が2個以上乗った防具で臨みたいとした内容を列挙。

 

◎高級耳栓…立ちでも乗りでも耳塞ぐ時間なくなるのは手数に直結する。

◎回避性能+2…エリアルなら欲しい。回避のジャンプ頂点~下りがほぼ無敵

◎業物…切れ味ゲージが単純に倍加する。

○集中…大剣、太刀、双剣、ブレイブ以外のハンマーには利用価値を見いだせる。
双剣プロハンはまず切るスキル、でもプロ以外はつけとけ。
切り払いをどれだけ早く出せるようになるかが双剣使いへの第一歩。

○切れ味レベル+2…盛れたら。攻撃力UPに繋がる。但しMHXXは紫と白の攻撃力差がそんなにない。
よってまず目指すは業物、両立はさせやすいのでさらに+2は選択肢となりうる。

○飛燕or乗り名人…飛燕はジャンプ攻撃全てと乗り蓄積に効果あり。乗ったあとは効果なし。
乗り名人は乗り陸績と乗った後の切りつけゲージ増加に効果あり。
他がエリアルやってることも多々あるので、
チャンス増やし攻撃力増加を狙うために俺は飛燕を使うことが多い。

△連撃の心得…5秒以内に2撃目がぶちこめるという状況ならアリ。操虫棍ならほぼ入れる。
太刀やブレイブハンマーでも混ぜておくと期待値にかなり貢献するだろう。

△超会心…会心が出た場合に攻撃計算倍率を上げてくれるけど、ここまで盛れない場合が多い。

△スタミナ急速回復…双剣、ランス、ガンランスでエリアルのときに検討する。

★以下はお守りのみで発動するなら付けるかもとか、使う武器の性能が偏っている場合検討
見切り …武器とお守り次第で盛る。あと5個目のスキルがなくて寂しいときとか。
弱点特効…弾かれない自信があってかつスロットに余裕があれば会心UPとして用いる。
心眼  …切れ味緑が主体となる武器には必要。鈍器使いとセットで使う。
鈍器使い…心眼とセット(略
破壊王 …部位破壊をしたい場合。相手と武器を選ぶ目と練習が必要。

ざっと見て偏っている。火力は二の次になっている。

前述の通り、プロハン仕様ではないという自負があるので、

まず手数を稼ぐ、という観点からの評価。

プロハンターと並ハンターの境目は単位時間あたりにどれだけ攻撃を当てられるか、であり

具体的には危険度8のモンスターを0分針で仕留められるかどうか、くらいだと思っている。

プロの中でも差はあるのだろうけど。

そこまでに至らない、という場合(もちろん書いている私も含める)

まずはどれだけ攻撃を当てることに支障をなくすか、が第一の考え方となり、

その後火力か、生存かで好きなスキルを盛れば良いと思っている。

そういう意味で一番はやはり高級耳栓を起点としてかんがえてみた。

さらに経験が増せば別の検討も生まれるかもしれないが、とりあえず現在はこんな所である。

太刀姿近影

主にゲーム的に、最近やっていることとこれからやること

2015年に移転する、と決めてから何日…何ヶ月…年と経過してしまい、
定期的に書いているつもりだったゲーム系の予定だとか日記系の話が
埋もれまくったので、また折りを見つけては書き残していこうと思う。

★現在掛かり中

・モンスターハンターダブルクロス

3月18日の発売日以来、病に伏せった日を除けば

ほぼ毎日やってるんじゃあないか、と思われるほどのめり込む。

シリーズ毎のプレイ時間はまだ第二位なので、

NSW版が出たら余裕で追い越すと思われる。

てかNSW版にデータ移すタイミングで性別変更できないだろうか、

無理なんだろうなー。

 

・ゼルダの伝説 BotW

NieRが一段落したので、次いで始めてみたアクション。

というかSwitch買って真っ先に購入したローンチであるはずなんだが、

間に挟まったソフトに夢中になりすぎて今に至る。

モンハンでそろそろクエが全部完了するので、

スプラトゥーンまでに促成栽培でクリアできれば、といった感じか。

できるのか?

面白いことは面白いのだけど、まだ始まりの大地を降りたくらいなので

細かい言及ができない。

 

・マリオカートデラックス 8?

発売日まで買うつもりがなかったのに、しかもレースゲームは

俺内封印中のはずなのに、

「ハンドルアシスト」なる機能が気になって購入。

やってみたら面白い。さすがにマリオカートである。

SFC版を高校時代にやりつけて、3DS版の7をアンバサダーで手に入れた、

くらいしか接点がなかったけど、普通に走れるし面白い。

じゃあやり込んでいるのかと言われると否。

どちらかといえば息子専用ソフトになっている。

俺の出番は接待時のみ、となる予定。

 

★掛かっていた

・NieR:Automata

なにげにNieRシリーズ初体験だったが、面白かった。

あきやまかおるが出演している縁で体験版をDL、

体験版ではどこまで面白いかがよく分からんかったが、

きちんと製品版で話が通って素晴らしい体験ができた。

なんだかんだで今年一番やり込んだソフトになってしまうかもしんない。

とおもったが、FFXVも相当やってんだよなあ。

 

・Final Fantasy XV

今年…ではなかった、書いてから思い出した。

プラチナトロフィー取得したのが今年なので、今年モノかと勘違い。

まあいい。

映像の出来もゲームの出来も、ヤリコミ要素も素晴らしいの一言。

さすがは天下のFFクオリティと言わざるを得ない。

ただ注文があるとすれば初見だとそこまでノクトに感情移入できないので、

家臣とノクトのエピソードをもう少し足せればよかったのかな、

と思わんでもない。

毎回同じ事を喋ってしまう日常感演出も後半は聞いていて辛い。

そういう感じだったよなーってイメージだと思うと余計辛いw

 

・サガ スカーレット グレイス

これも今年のゲームではなく昨年末のゲームだが、

このブログ内で言及しないのは誠に申し訳ないこと山の如しなので、

敢えて書いておく。メモとして。というかこれをベタ褒めするだけのエントリーを一本書きたいくらいだ。

それくらい素晴らしかった。

PSvitaはまだハードとして寿命が続くけど、vita史に残るといっていい傑作。

モンハンのため一旦中断しているが、また進める予定。

全コンプまでは果てしない。

ようやく移行

移行するつったの2年前だったのね…

去年始めたとばかり思っていつつ移行作業に言及したエントリみたら

2015年とかでびっくりした。

なんにせよこれからはここ主体で行き、ドメイントップは死滅させる気なので

今後とも宜しくお願いします。

あきらめて続きをエントリー

あけましておめでとうございます。(×

一年以上も放置していた。なぜなら昨年末よりワードプレス化をすべく
別ディレクトリにコツコツと引越の準備をし続けてきたため。
というのは口実半分、実際忙しかったってのはあるけど、
全コンテンツの半分も移動していないので、ちょっと見通しくらくなってきたので、
一旦あきらめて続きをエントリーすることとした。

ここ最近はラジコンも陸海空に手を出すこととなり、
そちらのことを書きたいのは山々なれど、とりあえずごく最近いじった件としては

Xiaomi redmi 3 Pro(http://bit.ly/2cE3mrR

を紹介したい。

続きを読む “あきらめて続きをエントリー”

RC EYE One Xtremeちょこっと追記と注意喚起

当ブログの分析をすると検索語句1位はもちろんRC EYE One Xtreme
となるので、一応その後の話とちょみっと注意喚起

・飛行性能について
FUTABAのプロポ使用一択ですが、上々。
前のレビューでも書いたが上空での不安定さが抜けないので、
後述事故ついでにプロペラ径でかくしたので、それでもっかい試してみる。

・オプション品
いろいろ出ている。

●RC Logger HD2 Cam(純正カメラ)
実は所持しているものの、飛行させて試してはいない。解像度は1280×720。
カメラマウントに両面テープで貼り付けよ、になっているのだが、
貼り付けよ、にすっごい抵抗がある。
カメラ単体のテストはなかなか良い性能だった。
あのサイズ重量のキーレスカメラでチルト可能なものってほぼないしな。

●Xtreme カメラ台座
●Xtreme ランディング ロングレッグ(79mm)
まあここまで書いたらあれなんですが、すでに公式では取り扱い終了の
アップグレードカメラセットでエアリアル脚も購入した。
脚そのものは従来のものと大差ないのではないだろうか。
台座はそれなりに硬い。というか平たい板あればいらねんじゃね?
アップグレードカメラセットそのものはとてもお値打ちなセット。
というかお値打ちすぎてすぐ取り扱い終了した疑惑。

●大容量LiPoバッテリー(1150mAh)
一発目に購入したオプション。従来品より飛行時間2分のびると思ってもらっていい。

●Xtreme 大径プロペラセット (150mm)
後述する事故のために予備プロペラにしようとおもったが、
せっかくだから200円足して大口径にしてみた。
屋外未挑戦だが室内でも安定性向上に貢献している気がする。

●RC EYE OneStation(純正充電器)
ハイテック公式だと10,000円もする、なぜだ。
もっているけど、まだ試しておらず。
鰐口クリップがオプションで売っているが、
EyeONEユーザーが安定化電源もっているとは到底思えない…。
12V 3.5AのACアダプタで動作するので、類似品で調査してみる。
(T-REX150用のACアダプタがぴったりなんだよな…)

その他、カメラ系をいろいろ試しているが、
ペイロードより上空飛行を安定させるのが課題な気がする。

・事故
プロペラが本当にゆるむ。正確にはプロペラを止めるスクリューが超ゆるむ。
3回毎、できれば毎回飛行前にプロペラの締めを確認すべし。
買った時点で緩んでいたのを確認したので増し締めしたが、
全然緩んでた。おそるべし。ネジロックも視野にいれるが、
補修のこと考えるとどうもなあ。