ゲームマーケット2018秋の戦利品で遊ぶ会@長野市SUBBOXに行ってきたヨ

実は10月11月が忙しくてまったくSUBBOX定例イベントに行けていなかったというか、
ゆるドミ以外行ってないことが記録を見て判明した。
今回はそういうわけで久しぶりなイベント参加。
主旨はゲムマの戦利品を遊ぼうだったが、どうだろう。
いろいろやりたいことを絞り込んで10本程度を持っていったが、
やっぱり時間に限度がある。でも楽しかった。
なんだかんだで0時近くまで入り浸ってしまう。

てなわけでやったゲーム

●CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~

もうね、ゲムマのカタログにあんだけでかでか書かれていたら
知らない方がおかしいみたいな状態になってた本作、
…実は並びそうだな面倒くさそうだなということと、
カナイさんが監修ならなんらか流通に乗るだろうということで様子見していた。
ところ、本日初顔合わせのヒラさんが持ってきてくれたので、
まずこれからプレイ。
中身は協力ゲームだった。
一言で言うと子供達が悪夢から脱出する。
ナイツのお話っぽいアレです。
進むにつれてダンジョンがめくられていくのはマジックメイズのようなメカニズム。
ただしこれは相談全然おっけーなゲームなので、
マジックメイズ本編より大分敷居が低いし、
実際に悪夢(=悪魔)を追い払わないと脱出不可能なので、
冒険している感が強かった。
とりあえず初級編でやったけど、普通レベルや上級レベルも遊んでみたい、
というか流通に乗ったら持っててもいいんでねえか。

●ラメットサミット

買った経緯はゲムマ編で書いた気がするので割愛。
あとこれは書いていなかったが、面白そう、桃鉄という感じじゃあない桃鉄というか、
やって面白さは担保されそうとピンときたわりに、長野は誰も買わなそうと思ったのも
購入動機の一つだったりする。
なにこれおもしれーじゃんという声が聞きたい欲とでも言おうか。
で、今回満を持しての登場。
インストについては一回マニュアル読んで感心した通り、ささっと済ませる。
マニュアルのリズム崩したくなくて完結に進めた結果、
3箇所ほどルール伝え漏れがあったのでメンバーに平謝りしつつゲーム。
基本的には行脚写真カードを沢山集めるゲームなのだが、
場に写真カードを置かないとゲーム終了時の加点にならないし、
アップロードすると加点対象となり得るマジョリティが取れなくなったりと、
なかなかジレンマが働きつつそれでもサイコロの目通り進めなければいけない
ひと味違ったすごろくになっている。
今回は7~8ラウンドやって終了。勝者はヒラさん。
というか飛行機一回も使わないで写真収集で勝利。
次回プレイすればもっと違う戦略が取れるだろうし、また遊びたい。
難を言うとフレーバーテキストの類がないシンプルなデザインなので、
子供の食いつきがちょっと心配、くらいか。

●COLOSSEUM

対戦格闘カードゲーム。
ちょっと2人卓ずつでやりましょうかなノリになったので、
ヒラさん持参のこちらで遊ぶ事に。
手札は双方同じ。
キャラと必殺技をそれぞれ選んで、間合いを詰めつつ攻防。
こうやって書くととてもとてもふるよにっぽいが、
デッキ構築要素ないし、間合いもショートミドルロングと3レンジだけなので、
格闘ゲームとしては分かり易い。
ただ、素の格ゲーでもそうなんだけど、キャラ把握するまで
立ち回りが全然わからないのですよ。
そういう意味では勝負になっていなかった気がするので、
機会があればちょこちょこ手出しておきたい感じ。
これも格ゲーと同じで練習しないと何ができるか分からないので。

●大ボラカレー

simple500シリーズ。
今回俺はこちらを見送って、「ゾンババ」と「全てをそこに置いてきた」を手出したので、
正直ここでやれるのはありがたかった。
ヒラさん持ち込みの一品。
お客と店員がカレー屋さんで繰り広げる正体隠匿系ゲーム。
やることは4種類の味のスペシャルカレーのうち、どれかを客に提供する。
提供していないカレー3種は場札としておいておく。
お客は自分の手札と場札のうち2枚を見て、どの味のスペシャルカレーが提供されたかを

30秒で議論する。

議論終了後、せーので客側はカレーの種別を選択。
ここでカレーの種類を外した場合はボンクラトークンを獲得。
次に店員がどの客がスペシャルカレーを提供された人なのかを当てる。
インサイダーゲーム同様に、正解に誘導していった客が怪しいのだが、
30秒という推理時間ではなかなか判断材料として弱い、というか無理だったw
スペシャルカレーを提供された客を当てない限り、客を指名するたびに1ボンクラトークン獲得。
敢えて混入するカレー、場札の置き方等を工夫して、
会話以外の手がかりもチェックしておくのがいいのかな。
ヒントから答えを絞り込む系の隠匿は多くあったけど、
答えを形作っていくことを要求されるってのは新鮮だった。
これで500円とは…。

●横濱紳商伝DUEL

2回目。けんじさんが是非やってみたいとのことだったので、
前回の経験を活かし、インスト込みで1時間で終わらせることを目標に建ててみる。
けんじさんがゲーマーゆえにいろいろ飲み込みが早くて助かった部分が大きく、
結果として1時間で終了。
今回は70vs63でこちらの負け。
今回ならべてみて思ったけどやっぱりこのゲームスペースが大量に必要、
というかとても2人用ゲームとは思えないw
コンポーネントの豪華さもさることながら、
解決できる事柄が本当に多い、そしてそれがすべて眼前に広がっている。
卓上の整理棚とかあれば、もうちょっとスペース削減できそうではあるが、
ゲーム本体よりも持ち運びが大変になるためむつかしいだろうしなあ。
全方位に面白いのは相変わらずなので、遊びやすくする方法をもっと前向きに検討したい。
どうやったら勝てる、を追求するのはその後か?

●ZIXZA(ジグザ)

ハッピーゲームズの今回の新作。一方その頃我々はグラギャモンにゃんの試遊に忙しかった。
というわけで新作ガン無視でグラギャモンを購入(ただしアシュくんが)していたので
ジグザを触るのは今日が初めて。
タンブリンダイスと同サイズのサイコロで陣取りをするゲーム。
ただし、サイコロはマスを進める際に必ず面を進行方向に回転する必要がある。
手番で出来ることは進む(兼進行方向への回転兼アタック)その場で90°回転の2つ。
アタックについてはアタック前の面の出目同士を比較して、
大きい数字のものが勝つ。
ただし1は6に勝てるなど、基本的には場が進むようになっている。
マス目の中央の3箇所を占拠するか、相手のサイコロをアタックで2個除去するか、
相手の陣地の中央を占拠すれば勝ち。
おお、シンプルで面白い。普通に負けてしまったけども。
こちらも軽めなんで、見る機会があったらまたやりたい。

結局自分の未開封は一個しか開けていないのだけど、
えらい充実した時間になったというか、いつもながらまだまだやり足りないし、
やってないゲーム多いのう。
というわけで突発的にまた開催するかも、俺が。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 152

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ハピエストタウン-2

昨日に引き続き街建設。
ミスターにツッコまれて初めて気がついたが、
ミスターの大好きな施設、消防署がない!w
ないならないでしょうが無いんだけど、あったらもっとモチベーション上がったというか、
ひょっとしたらそれしか買わないという事になってたかもしれない。
(ルール上同じ施設2軒は建てられないけど。)

★観察できた内容
ゲームの手順については分かってきた模様。
しかしながらまだ収入をカウントするのが苦手なようだ。
カードの左下のアイコン(矢印のついたコインアイコン=収入)
左上のアイコン(コインアイコン=購入時のコスト)
の区別がよく分からないらしい。
収入フェーズのたびに、一緒に数えてあげることでなんとか切り盛りしている。
難しすぎず、でも一人でやるにはちょこっと壁がある。
一番やりたいレベルの難易度ゲームだな、今のところ。

●重機りんりん-2

こちらも定番になりそうな予感がムンムンする。
でもゲームそのものの難易度がちょっと高目なんで、
まだ簡略化の道について模索中。
ミスターが本当に気に入っているだけに、
なんとか達成感を維持しつつ、しっかり競技できるように仕立てたい。

★観察できた内容
なんか一日経ったらスプーン操作ができるようになってた。なんでだw

睡眠学習効果でもあったんだろうか。とくにスプーン練習したわけでもないのに。
で、その代わり?かどうかは分からないけど、箸が若干下手になっていた。
このゲームはターン中に4台の機材を操作し、
出来る限りの工事を完成させていく、
完成させるためには各々の機材で得たパワーを消費することで、
各工事カードに書いてある条件を満たす、というもの。
2点気になる点があって、

1.工事カードを収集する事にモチベーションが上がっていない。
2.工事カードの「条件を満たす」部分が理解できていない。

ことが見て取れた。
工事カード、表示されている標識1個1点なんだが、
これが分かりづらい。
分かりづらいというか、数値の大小で勝敗を決するということを
頭の中でシミュレートするのが不可能なので、
数値以外に具体的に見える、しかも発展要素がある絵的な部分が欲しい感じか。
ハピエストタウンの街を作ってしまうとか、
キンダーカタンのジオラマを使ってしまうとか、
なんらか工事することについてのモチベーションを上げたげたほうがいいかもしんない。
2については工事カードに記載されている色は分かるんだけど、
その「色のパワーを消費して工事カード獲得」ことと「重機を使用することでパワー獲得」が結びついていない。
仕事をして報酬を得て、ごほうびを獲得する流れが実はあまり出来ていない。
とても昔に書いた気がするけど、因果関係がわりとない。
ぐちゃぐちゃとかでなくて、ない。
そこをしっかり結びつけるためのイメージ操作が重要なんだけど、
もう少し訓練しないといかんなあ。
ハピエストタウンも重機りんりんも

仕事をして 収入を得て 獲得を行う

ということが重要なんだけど、今までのミスターは大まかに

仕事をして 獲得する

という流れのゲームばかりしてきたので、1ステップ増やした分ハードルがとても上がっている。
上がっているけどまったく付いて来れないレベルではないので、
やはりハピエストタウン同様、今後も継続って感じか。

●ワードスナイパーファミリー-1

語彙ゲーム。ルールはワードスナイパーカンタンルールとした。
山札から一枚めくり、書かれたお題について、山札に書かれている文字を言えば
その文字カードを獲得できる。
獲得したカードの点数合計が勝利点。
こちらは仕事をして獲得。2ステップだけだから分かり易いべ、と思っていたが、
以前もじぴったんで語彙ゲームがとても苦手だったのも覚えている。
果たしてどうなるか。

★観察できた内容
結論から言うとまだ単語が足りない、全然足りない。
今回は分からなければ「パス」と言えばいいよ、としたので、
パス連発。
そのうちパスと連発するのが楽しくなってきちゃったみたいなので、
そのまま継続してしまう。楽しいなら続けるのが一番だ。
ただし、ゲームそのものについてはやっぱり負けた後で
悔し泣きが見られたので、自分の語彙のなさ、
語彙のない自分をどうすればいいのか模索してもよく分からないようで
そのへんのもどかしさがとても伝わってきた。
伝わってきてもどうしようもないんだけど。
「本もっと沢山読まなくちゃね」とは言った物の、
ジャンルは偏っているものの、実は読書量はそれなりのものだと思うし、
俺が知らぬ単語もそれなりに知っていることから考えると
注視している部分も多いはずで、ミスター本人がどうしようもない部分、
インプットできる量に限度がある、ことについては
インプットの絶対量を増やす以外の解決が今のところ俺には見いだせない。
もう少し単語力がついてから再度勝負かなー。