知的障害の子とボドゲを遊んでみる 162

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●かたろーぐ-23

不動の稼働数1位。2位に結構迫られていますが。
最近競争するゲームばっかりだったので、
競争しないのをたまにいれたいなーということで、逆に俺がリクエスト。
3つ目のゲームをどれにするか決めかねていたというのもあるけど。
決めかねるくらい数があるボドゲから重機りんりんとハピエストタウンは
相も変わらず選ばれ続けるわけだけど。

★観察できた内容
久しぶりなので、ルールのお浚いから。
今回は机が広くなったので、カタログが小さく見える。
前の机なら丁度よかったんだけどなー。
あと机が広くなったので、カードスタンドからカードを置くときに
チラ見できてしまうことがわかったので、
こちらはカード置くタイミングでこちらが目を瞑ることで対応することに。
今回はとても驚くべき事件というか、説明があった。
今回は1番に選ばれた消防車(化学車)についての説明を聞いたところ
(いつもならポンプ車なのになあ。というこちらの情報もあった。)

「初代が一番スキ」

と言う。ナニソレ。
一番に選んだのが一番好きっていうのはちょっと理由としてわかんない。
言い間違えなのかなと思ったので、
好きになった理由を教えておくれ、と再度問うても同じ。

「初代ってなんのことさ?」と聞いたら

「この化学車は被災して使用不能になったので今は2代目なんだけど、
 こっちのほうがデザインが好き」

と予想外の方向から理由が飛んできた。まじかその情報。
と、ソースを確認したが出てこない。
オフライン文献で震災関連読み込んでいるからまんざら出鱈目でもなさそうだし、
胸張ってそういってるんだから多分真実なんだろう、おそるべし。
かつてやったときよりも明らかに文章力というか論理構成力が上がっている。
毎日成長するものなんだなあ。としみじみ。
ハートは2個しか取れなかったのでミッションは失敗だったけど、
得るものは大いにあったんだぜ。

●重機りんりん-12

ずっとやり続けている。
そういえば俺も将棋覚え立てのころは毎日やったし、
ある程度年月がたって、中学に上がってからは自分で星取り表作って
毎日親父に相手してもらっていた。してもらっていて普通にあることだと思っていたけど、
365日(のうち何日か病欠しているけど多分)同じゲームをやるってなかなか大変だな。
うちはインターバルがあるとはいえ、よく同じゲームを続けているもんだと思う。
俺もミスターもだけどw
面白いゲームってものは案外そういうものなのかもしれん。
何がどう誰に響くかってのは人それぞれだけど。
と、ドミニオンほぼ毎日回している俺が書いてみる。
本日も2ラウンド制の短縮バージョン。

★観察できた内容
今日は「重機パワー」が計測できない問題の対策のため、
テンデイズコインを使って数字を明らかにしてみた。
そしてミスターだが、なんと初手で箸を使った。うそーん。
こちらの心の準備wが決まる前だったので、急遽箸の得点は2倍にするから頑張ってねルールを適用。
頑張って箸に挑んでもらって、たので、途中でタイマーを止めて
4つ乗せたら13点あげちゃう、というルールを追加。
時間無視でなんとか4つ乗せて貰う。
ふとおもったんだけど、この4つ乗せて13点が成立するんだったら
制作者のちょんまげ工務店さんには申し訳ないんだけど、
普通にエジソン箸(箸の使い方練習する箸)使って練習したほうがいいんじゃないか?
と思ったので明日ジョーシンいってエジソン箸購入だw
ともかくやる気はすごい見せて貰った。
ただし、そのあとでパパのプレイを見ずに他のことやりだしたので
そこだけは強めに窘める。人のプレイみるの大事。
人と一緒に遊びたいなら人のことも見てあげなきゃだめ、と。
(そしてそのときは近く訪れる)
黒13点とったから理論上どのカードでも取れるよ?と言ったのだけど、
今日は2点カードと3点カードを取った。
点数よりもどんな工事がしたいか、を重要視していた。
それはそれで大切な視点だと思う。思うんだけど、容赦無くこちらは6点取って勝利。
やりたいことをやることとゲームの勝敗はまた別なのである。
しかしながらきちんとやりたいことをやって満足してくれたので、
そこは素晴らしい、良いセンスだと褒めちぎっておいた。

●ハピエストタウン-12

定番についての話は大体重機で書き終わっているんだ。
なのでこちらはさらっとしか書くことがないんだけど、
毎回毎回違うアプローチで街建設してくれているので、そういう意味で目が離せないゲームになっている。
試行錯誤大事。

★観察できた内容
相変わらず初手2金の意味に混乱するミスター。
毎回やるんだから本当に大変そう。大変なんだけどこちらは手出せないからなあ。
数重ねて納得してもらうしかない。
こういう些細な繰り返しに苦労している様を見ると毎度申し訳ない気持ちに。
ミスターの特性云々を作った可能性のある俺らの話と、
そもそもは初回に2金を持たせていなかった俺の責任。(後者の比重が大きいことは間違いない。)
前回住宅施設を増やして勝利点に結びつかなかった記憶が強いのか、
今日は住宅を買いかけて…やめていた。
驚くべき事には、まずインフラカードを見るようになった。
ただ、その思いが強すぎて、最初に収入の無い公共施設を買いにいってたが。
5金問題は今日も俺が積極的に促したことにより、収入獲得時は前回よりスムーズになっていた。
ただ、頭の中で引き算がまだできないので、
10金を5金x2で渡した場合のオツリの計算ができない。
繰り下がりの計算だしなあ。
算数ドリルは足し算引き算繰り上がり下がりなしで30ずつといたら
ちょっとレベルを上げようかな。
ただ暗算が出来た方が強いけど、今そこまでの要求は考えてないんだよなあ。
暗算が出来るようになることよりきちんとミスなく計算できるほうがよっぽど重要だと思うので。
あとこれも俺等のせいであると思うんだけど、なにかにつけてスピードを求める。
例えば片付けでなにかをしまってくれ、と言うと早くしまおうと急ぐ。
急がなくてもいいんだ、きちんとしまえればいつまでも待つのに。
と、伝えたい、伝えたいし、伝えているけど伝わらない。
親の片付けスピードが速くて、そこに近づきたい思いが強いんだろうなと推測している。
実際俺にしたって、スピードを求めてコケるときいーっぱいあるからな、
確実性をつけてほしい、どうすりゃいいか、これはこちらの試行錯誤だけど。
と、ゲームと関係ない部分が大半を占めている気がするが、
勝敗は今日も俺の勝ち。惜しかったんだけど、
インフラカード俺も取ったので、その分の差か。
もうその差を埋めるならインフラを取られないように先に施設を買い占めて
相手の行動をカットするとかそういうレベルの闘いになっちゃうんだけど、
そこまではまだ厳しいかな。
ミスターのプレイング自体は問題なかったので、そこは頑張ったね、と握手して終了した。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 161

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●激突カップ ドンガラガッシャーン-1

邦題がこれなんだからしょうがない。
原題はCrash Cup Karambolage
元のディスクショットの方はやったことがあって、
ピッチカーが行けてるからこれもいけるんじゃね?と思って輸入してみた。
つまり、日本語版は絶版になっていた。良いゲームだと思うんだけどなあ。
しかしながら、ファイアドラゴン然り、いいゲームが必ずしも残るとは限らない。
再版はしれっとどこかでされそうだけど。
ゲームは3種類あるが、原版に最も近いゲーム1をプレイ。
ダイスを振って、たわんだヒモをピーンと伸ばした間に入れたおはじきを弾く。
ダイスの出目同士のおはじきがぶつかれば一時得点。
連続して手番を実行できるが、ぶつかることに失敗すると一時分を失ってしまう。
こうかくと、ただのおはじきじゃな。盤面は超広め。

★観察できた内容
ミスター的にプレイアブルが悪かったなー。床に置いてやるべきだったか。
あとヒモをたわませた間におはじきを入れ、ピーンと延ばすとおはじきが飛んでいく、
この仕組みが理解できない。ヒモをひっぱった状態でダイレクトに打撃していく。
弓を使ったことがないからか、張力というものをそもそも実感したことがないんか。
いろいろ考えられるけど、体を張って一緒にレッスンすることに。
もう最初の10ターンくらいは練習。
ここでミスターが慣れない体操作によって機嫌を損ねてしまう。
そういうときは立っているだけで体力も精神も消費するのです、まるでコアラ。
加えてダイスの出目同士のおはじきをぶつけるというのが至難。
もうここはダイス部分をカット。スティッキー方式だな。
慣れたらだんだん要素開放してくということで。
今回は広い机だったから場が丸ごと机の上にのって、あれいけるんじゃね?
だったんだけど、いけてなかった。
慣れれば上手くいくのか、はたまた二度とやらんのか。
もう少し体の操作が上手になってから再チャレンジか。
初見ゲームは必ずといっていいほど速攻めげる。
他のゲームは稼働数多ければ多いほど試行錯誤してるんだから、
同じようにやればいいのに、と健常者の感想で思ってしまう。
それはそれ、これはこれなんだよな。わかっちゃいるけどやめられない。
いやわかっちゃいないのか、毎度新鮮な体験だから続くのだし。

●重機りんりん-11

ぶれない。一節越えてもなおプレイする。
そのうち同一世帯内の稼働数世界一とか取れるんじゃないか、このペースw
前回に引き続き、通常ルールだけどラウンドだけ短縮したバージョンでお送りします。

★観察できた内容
うーん、箸避けるなあ。箸を使う事に対するインセンティブを何らか与えたいが
どうしたもんだろう。

1.通常ルールをガチ適用して、両者の色パワーを貯めないと工事取れないようにする。
 そのとき箸を使っていれば片方のパワーだけで取ることが可能。
2.箸を使ったときのパワー貯蓄を倍にする。

このゲームとは直接関係ないけど、
パワー値がよく分からない問題に対応しようと思って
入手したばかりのテンデイズコインを使おうと思ってすっかり忘れていた。
次は使ってみようと思う。
パワーと引き換えに工事を得る、という部分を分かって欲しくて。
ハピエストタウンみてて「通貨」があればいいんじゃないかと思ったのが動機。
この置き換えが成り立つとやれるゲームも随分増える気がする。

●ハピエストタウン-11

こちらは重機ほど変化なし。よく言えば最初から完成されているのか。
変化無し、と書いているもののミスターの変化は随時おきているのです。
ゲームそのもののプレイルールについて変化させずともずっと食いつけるというのは
ウマがあったこと、ゲーム自体の完成度が高いってことだと思う。
あくまで主観です、と断りはつけておくけど。

★観察できた内容
もしかしたら?とおもったので、
今回は収入フェーズの際に収入だけ確認して貰って、
(というか促さずとも勝手に口頭で収入確認してくれるんだけど)
5金を俺が渡して「あといくら?」と聞く方式にしてみたところ、
すんなり5金を使う、という行動が元に戻った。
今回はミスターの建物の買い方も随分変わってて、
収入が全く得られない家、アパート、タワーマンションをすべて購入していた。
しかしながというか、偏った構成だったので今回はインフラカードが取れず、
12vs10で俺の勝ち。てかインフラ取られてたらやばかったんじゃあないか。
普通に8金くらい出てたし。
「試す」という言葉を知らないか、使い方を分かっていないか、
分かっていても使わないかは分からないけど、
ハピエストタウンに関しては着実に試行錯誤の跡が見られる。
だからやめらんない、ミスターも俺も。

ミスターとボドゲを遊んでみて 第16回まとめ

15回のときはニンテンドーラボ挟んで随分時間かかった気がするけど、
今節はさっくりな上にやるゲームも大分固定化されていたので、
いつもとちょっと違う趣な気がしている。
気がしているかどうか検証するためのまとめでもあるんだけど。

●最近やったゲーム振り返り

キャプテンリノ:巨大版
ハピエストタウン
重機りんりん
ワードスナイパーファミリー
タイニーパーク
お宝はまぢか
雲の上のユニコーン
パカパカお馬
トーキョーハイウェイ
双六俳諧紀行おくのほそ道

10種。少な!w
3分の2を同じゲームやったのだから当たり前か。
1節同じゲームで回しきったのは初かもしれん。

●ここ最近のミスター

もうどうしようもなく重機りんりんにハマっている。
薬はいろいろ変わったけど、前回と同じ薬で10の容量を朝6夕4とすることで
落ち着ける時間が増えたようだ。
落ちつくのは落ちついた時間内に学習できる事柄を増やすため。
落ち着ける時間がないとともかく先に進まない。
変更してからはそれなりに落ちつく時間が増えているので、
いろいろ学習できていることも多いと思う、それが経年によるものなのか、
落ちついた時間の定着率アップのせいなのかは判定できないけども。
ハピエストタウンをして明らかに数字が見えるようになっている上に、
損得勘定が成り立ちつつあるというのは本当に大きい。
ゲームの勝敗のみならず、
立ち向かうべき場面で敢えて先にリスクを取って苦しい場面をやり過ごす、
具体的には予防接種を一人で粛々とやれるようになる(もちろん薬もあるとおもうけど)など、
先の見通しが若干立った、だけでも周りには成長著しい。本当にすごい変化だと思う。
ついでに、ハピエストタウンは2勝8敗か?明らかに俺が勝っているんだけど、
これに関して、負けは悔しい、悔しいけれども
なんで負けたのかを毎回俺に問う。これすごい重要。
重要だし、よく出来るようになったなー。
多分に運要素があるので、具体的には今回金量足りなかったね、とか
町の人が少なかったね、とかは言えるのだけど
まさか状況を読んで選択肢を変えろという超絶難易度上げを要求するわけにもいかず、
せっかく子供がやる気出しているのにここらが具体的にアクションできないのは逆にもどかしい。
客観的に自分の勝敗を俯瞰する、ということがようやくなりたちつつあるわけだ。
願わくば客観評価と、他人に対する関係性も考えられるようになって欲しい感じ。
あ、これは目標に書くべきか。

●今後の目標

前回「客観的な勝敗評価が出来るようになって欲しい」と書いているけど、
ゲームによるのかもしれないが、わりと出来るようになってきちゃっている。
とすると、俺とのゲームしかやっていないので、
そろそろ俺以外の他人ともゲームをやってみなければならないし、
他人の勝敗についても評価してあげられるようにしなければならないし、
ともかく自分中心という世界をなんとか開国に向かわせねばなー。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 160

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●重機りんりん-10

定番工事ゲーム。
前回鶏肉会でやったときに初めて通常ルール適用したが、
ミスター的に冗長というかダウンタイムが耐えられなかったらしく、
途中で電池切れを起こしていた。
起こしていたんだけど、慣れの問題もあるのかなとおもったので、
今回も通常ルール適用。ただし2ラウンドで終了にしてみた。

★観察できた内容
いつもは工事を選んでから重機を取る、でやってしまっていたので
まずその行動の補整から。
最初に重機をガツガツ稼働させて、溜まったパワーで工事を取る。
という指導にしたんだけど…ミスター的に分かりづらかった模様。
重機のパワーは5色ある。で、パワーそれぞれに数字があり、
手元のサマリを見て足りる数字で最大得点が取れそうな工事を選択する、が正しいのだけど
まずそこまでのバッファがミスターにない。
具体的には一色のパワーをカウントし終わってから、もう一色数えると
先に数えた数の記憶はそこにはない。
まだある。
本来カードに適用するパワーは2種である必要があるが、
複雑化防止のために一色でいいよ、としたのが、複数色パワーを集めるという動機を希薄にしている。
サマリを見やすくする、今あるパワーをより数字でわかりやすく表現するなど
もう少し工夫を凝らしたいが…。

●ハピエストタウン-10

定番街作りゲーム。
こちらはそもそも通常ルール(とおもったけど得点計算は子供向けバリアントだ)でやっているので、
齟齬が生じにくいけど、実はミスターにとって一番シビアなゲームになっていると思う。
そして実際に一番負けが込んでいるゲームでもあると思う。

★観察できた内容
ここ2回くらいはやる度にスコアが落ちている。
原因はいろいろありそうだけど、とりあえずお金の計算がやはり苦手というか、
カウンティングが本当に苦手。
また、収入いかんでというか欲しい施設で買い物をしてしまうので、
手元の金量がいつも俺を下回っている。
今回はそれでも後半巻き返して9金(9あればなんでも買うことが可能)出る様になったけど、
勝利点マイナスの施設を取ってしまっていたので結局敗退。
毎回負けたら悔しい思いしているはずなんだけど、頑張るなあ。
ミスターのとても良いところはそれでも施設を見て買う(偏った施設の街にしない)ので、
インフラは絶対取得できていること。狙ってやっているわけじゃあないんだけど、
公共施設も家も店も満遍なく取るので、大体6ターンくらいでインフラ取れている。
本当に勝とうとするならカード全種覚えて効率狙いにすべきだが、
そういう戦略要素は口出ししない方針なので、
都度金が足りなかった、住人が足りなかった、等の反省だけして終了するようにしている。
なんであれ興味を削減しないようにしなければいけないので。

●トーキョーハイウェイ-20

この間のポーカー会でルール適用ミスが大幅にあったことが判明したので、まず謝罪。
なんでパパが謝っているのか意味不明だったと思うんだけど、謝罪。
で、改めてルールの説明、正式な方で。
しかしながら「はじめてまたぐか、くぐるかした道路にだけ車走らせられる」が
ミスターに取って判定が大変厳しいことになることが分かっていたので、
そこだけ削除。まず立体交差をすること、それからこれが重要な変更だが、
建設する柱は必ず段数にプラマイ1の差を付ける必要がある、というルールでやる。
また、ルール変更してちょっと思考を変える必要があると感じたので、
ミスターが車3、俺が車5走らせたら終了、にした。

★観察できた内容
なんとか段数に差をつけるルールは飲み込んでくれたようだ。
立体交差したら走らせられる、はほぼ従来通りで問題無い。
ただルールを変えていきなり敗北したら気持ち沈むかなーとおもった車3だったけど
あっちゅうまに走らせてミスター勝利。
そらそうだわな。としか言い様がない。
ちょっとハンデ付けすぎた、というかもうちょっと長くやってもよかった気がするので、
次は5-7くらいでやってみるか。
相変わらず落っことして罰符柱も払うのだけど、
そもそも車が少ない闘いなので、あまりというかまるで影響がない。
だんだん車増やして遊んでいかんとなー。
(さすれば知ボドの時間1時間では足りなくなるのが悩みどころなんだけど。)

ボードゲームnight !in長野市tsunagnoに行ってきたヨ 第六話

今月も行って参りましたtsunaguno。
今回はクリスマス当日効果も相俟って、過去最低人数更新だとかなんとかw
それはそれでまとまった会になった感じで良かったんじゃあないかと思っていますが。

そんなわけで、記録です。

●ラミィキューブ

お初のあみさん親子が持ち込みの一品。
ラミィ自体はえれー久しぶりなんだけど、ルール覚えてっかな…。忘れていましたw
さもボドゲできる風な感じで挑んで置いてなかなか酷い体たらくを晒しつつ、
やりながらルール思い出した感じ。
やるこた数字札を引くor違う色同数字3つ以上出すor同色階段3つ以上出していくなんだけど、
最初は30以上の数字ださないかんとか、
上記のor部分をまったく忘れていたとか、いったい何しにきたんですきたんですか感がすごかった。
結果としては2戦とも負け。
前にBLOKUSでやったときのジョーカー上がり禁止(というローカルルール)のトラウマが若干残っていて
出せる札をちょっと警戒してしまっていたのがまずったかもしんない。
きちんと数戦回しておいたほうがいいかなー。
なんだかんだでアブストラクトゲームで負けるの悔しいんだやっぱし。

●EXTREAMS

tsunagunoらしくあれ、というゲームをつねにtsunagunoには持ち込むようにしているが、
前回はトモさんと横濱紳商伝デュエルというまったく繋いでいないゲームでフィーバーしていたので
今回は全員ゲームを絶対やるべ、ということで持っていった一品。
欲を言えば15人くらいでやりたかったけど、10人でも十分盛り上がれたし。
というかビリ男さんとか言う人は勝負降りよった。
おそらくメトロックス症候群だろうきっと。
読み手が数字札引いて、決まったマス内に数字を書いていき、
左から昇順に数字が並べば得点となる変形ビンゴゲーム。
前作ストリームスと合わせれば4回目になるし、そろそろ100点越えは安定してきた気がするけど、
このゲームは安定しても勝てないんだよな。
そのドキドキが毎回楽しいというか、ともかく楽しい。
もっと世の中的に広まって欲しいわこれ。
メトロックスより遙かに導入がしやすい紙ペンゲームなので万人にお勧め。
さすがにミスターにはまだできんけど。
ラミーのあとにこれを立てるってのがまたすごく因縁感じるわー。
1位はおぎやさんの250点↑おめでとうございます。
というか200点越えしたことないからやってみたいは。

●キャメルアップ 2019年度版

今回のtsunagunoにはSUBBOX店長のタキザワさんが来る、ということで
キャメルアップ新版を仕込んでいたんだけど、なかなか来なかった。年の瀬だし忙しいんだろうな。
到着されたので満を持して展開。
どうしても、どうしても6人↑でやりたかった(強力カードルールが追加できる)ので、
6人強引に集めて展開。
ルールは前作と大体一緒(こちらのリンク)
スーパーカップが多分にまざった感じになっているが、
イカれたラクダが追加されているのが最大の特徴かな。
また、ボードが正方形になって扱いやすくなっている…わけがない。
長方形にすべきなんですよ、8人用なんだし。
正方形に8人て実は辛くないか?今回は6人だったからよかったものの。
イカれたラクダは通常ラクダと逆走し、灰色ダイスの文字色で白か黒のラクダが走って行く。

終盤にダンゴになってきて

まさかの赤以外ダンゴw

通常ラクダがイカれたラクダに乗れば当然イカれたラクダに連れ去られてしまう。凶悪だ。
勝負自体はひさびさに俺が大勝利。
序盤でにしけんさんと同盟しつつ、金稼いでいったのが勝因だろうきっと。
あと赤がもうぶっちぎりだった。そこはもう少しはよ賭けてもよかった気がするが、
ラストの赤以外が一塊になるは見た目的にも圧巻だった。
というかどういうレースなんだこれw
旧版に比べるとやはりイカれたラクダが特徴的に見えるが、
6人戦だとさほど影響はなかったというか、なんだかんだでトラックが短いので
1周して捕まえられないと白黒の出番はほぼない。
また、ラクダの頭数が増えたので、砂漠タイルが全然置けなくなっているのは
仕様として狙った部分もあるかもしれないが、ちょっとマイナスかなと。
後手番のアクションが減るってことだしね。
それにしてもヤシの木が飛び出すギミックとかは本当に圧巻。
不思議な世界観のレースという部分はとても大事にしてほしかったので、
ピラミッド逆さまにする、も維持してほしかったかなー。
地味にお金を稼ぐタイミングが増えているので、廃止された紙幣は復活すべきだとも思った。
あ、ゲーム自体はやはりよく出来ているし面白いので、
まだ購入していない方は是非お買い求めください。ダイレクトマーケティング。

●真贋のはざまで

ようやく開梱できた。
ウニゲームズさんから買い求めてからおよそ一ヶ月。ようやくやれる。
そしてルールとかまるで読み込んでいなかったので、今日が初プレイ。
有り体に言うと絵画オークションゲーム。
ただし、俺の読み方ミスで大分ゲームは違う方向に流れてしまった。
最大最悪の誤読が、ルルブに記載されていた

落札した絵画は左に置いておきます。

の部分について、落札分は再出品できないと勘違いしたところ。
いやいや手持ちをオークションできないとおもろくないやん。
というところに気がついたのが3ラウンド目、時既に時間切れ。
いろいろ誤読があったので、次はきちんとやりきろうと心に誓う。
悪かった部分は洗い出せたし、だから次は面白くやれそうだとも思う。
今回の参加者の方々にも楽しんで頂けたかもしれんが、その点については申し訳なくもある。
勝負そのものはトモさんが11億点で勝利。
俺は5億7千万でぶっちぎりのビリ。
役職カードが配られた時点で加点条件が「真作のみ所持」だったんだけど、
手持ちの絵が全て贋作という満貫状態だった。
頑張れば勝ち筋にも持って行けたとおもうので、以下に要素をメモっとく。

・オークションゲーム、手持ちの絵は3枚。
・競りに掛ける際にウソは言えない。
・自分の役職カードには加点に必要な絵の相場が記してある。
・落札した絵も競売に掛けられる。
・最終ラウンドは上家に所持品のうちどれを競売にかけるか選択してもらう必要があるが、
 自分自身も落札可能。
・イーゼルは邪魔だったw

初めての人とやる場合はフレーバーテキストをしっかり読む時間を与えること、
その上でオークションをする時間をしっかり確保すること。
気をつけるべき点を守ればもっともっと面白くなると思ったので、
次の夜ボドでも試してみたい。

過去最低人数だったがゆえに、ボドゲもそうだけど
お喋りの時間が随分あった。それはそれでtsunagunoらしくはあるので良し。
いろりさんとあいざーさんからドミニオンのリクエストがあったので
次回はマストでドミニオン立てます、楽しみ。

すき焼きとポーカーの会に行ってきたヨ

前回の焼肉とポーカーの会のレポートを書いていなかったので、
今回もスルーしようかな?と思っていたところ
にしけんさんに

「あ、書かないんだ…」

と指摘されてしまったので急いで書く。書くのはいいのだが
鶏肉会より前なので時系列的に正しい記憶がたどれれば良いが。

というわけで行って参りましたポーカー会。
ここ3ヶ月くらいちょくちょくいければ行くようにしているのだが、
定期イベントとしてにしけん邸にて執り行われる食事つきポーカー会。
今回は地元のお友達であるタキさんを誘って参加。
タキさん、takiさんなど、似たような苗字が多いため、
彼にも是非識別用の名前を自分でつけていただきたいw

なんだか道路が大幅に混んでいて、本当は17時ちょいすぎに到着予定が
17時45分くらいに到着。
すでにトーナメントは開始されていたので、2卓目に入るため待ち時間というか
早速すき焼きを食してみたり、ちょーうまかった!
食べつつ、タキさんにポーカーの解説をしたりしなかったり。
ゲームはテキサスホールデム。
いや俺も都合数回目ですもんで、得意気に喋ったりすると
周りの猛者な人達からツッコミ受ける羽目になるんじゃ?とびびった部分も多分にあり。

して、1stトーナメントが終了したので、2卓目に入る。
これなんて書こうかな。結果としては10人中9位と書けばいいのか、
ともかく、トーナメントからはわりと早々に脱落。
総じて俺のゲームスタンスがホームランか、三振かなので当然と言えば当然ぽい結果なんだけど。
いや一回くらい残留目指すべきだったのか。
元手ができるとつい増やしたくなるのも性分なのです。
ハンドが弱いときにもっと張ればよかったな、とあとから反省してみたり。
流れでいろいろ考えるの大好き。負けたけど。

勝ったり負けたり食ったりしつつ、脱落組でもう一卓ポーカーリングゲーム。
タキさんも結局脱落になったので、脱落組だけでやっても7名卓とかになってたかな。
前回もそんな感じだったので、こちらのほうが優しい世界だし、
それゆえに思い切りやれる。いやトーナメントも思い切りやってたか。
今回のポーカーは悪い言い方すると良いハンドが全然こないので
引きでどうにもならんと思っていた諦めが強かった。
こうやって思い返し記事書いているとそこを逆手に取れば全然戦えたと思うので、
次の材料にしよう。
知っていれば勝てるってわけでもないゲームは知らなくても勝てるという要素を含むし、
俺はそういうゲーム大好きなので、これからもちょいちょいやってきたい。

さて、ポーカー終了後は普通のボドゲ。
俺も多人数用を多数もってきたけど、とりあえずのところでハイソサエティが立つ。

クニツィア博士のゲーム、名前は知っていたけどやったことも見たこともなかった。
お金(という名の手札)をプレイして場札(数字札)を購入していき、点数の合計で勝負。
基本は競りなので、前手番の人よりレイズしてけば良い。
使ったお金は落札失敗すれば手元に戻るし、場札落札成功ならそのまま流れて再使用不可。
また特殊カード(数字を倍にする、0にする、マイナスにする、1/2にする)というものがあり、
それは次に獲得した数字札の数値に影響する。
特殊札については一番低い金額で落札した人が落札し、かつお金は流れて再使用不可。
再使用不可のお金に関しては公開情報で、全員同じ手札でスタートなので
相手の残金を確認しながら入札できる。
もう一つ重要なルールは場札全部落札(=ゲーム終了時タイミング)で
お金を一番使った人が脱落する。
なので、下手にお金を使い切るのも考え物だ。
序盤から細かい数字を出してしまってあとで吠え面をかくハメになると思いきや、
丁度いいタイミングで9点x2を獲得して18点1位。
カウンティングとブラフかなあ。お金を使わせる楽しみってものがあった。
お手軽に遊べるので一個もっておきたいかも。

お次はトーキョーハイウェイ4PLEYERS。
シニチロ家で一番稼働率が高いゲームだ、そる亭でもやったし、
今度こそ4人戦やりたいと思っていたので立てる。
柱と棒で立体交差を作って自分の手持ち車を全部走らせ切ったら終了なゲーム。

さて、いくつか手痛いルール誤読があったのでここで晒す。
・車を走らせられる条件は「最初に立体交差でまたぐorくぐった場合のみ」
 →上下に車が走っていない道路を建設すれば車OKだと思っていた。逆にシビアだ。
・柱の上に道路をまたいで建設してはいけない。
・高速出口は柱1の場所からなら作れる。
 →黄色のジャンクションからのみだと誤認していた。
  誤認というより普通に柱1から出口をいきなり作ると詰むのでそう解釈した。
・柱の数は必ず直前設置した柱の数プラマイ1。
 →同数でも良いと誤認していた。
いやー書き出すと本当にこっぱずかしい。
なまじ稼働率が高いから最初はきちんと読んだけど
だんだん方言の割合が増えてきたことは否めない。
今度ミスターに出すときもキチンとそのへん説明しなければ…。

一回目は誤認のまま進めてしまう。(その上敗北)

誤読がいろいろはっきりしたところで、トモさんしもさんと仕切り直しの2回目。
(さらに敗北)

本当に誤読の件は心が痛んだ、全方向に。
定期的に知識の棚卸って必要だなー、全てにおいて。
楽しい時間を提供するためにはこちらも相応の努力をしとかなきゃなーと
改めて考えさせられた一品となった。

ここまでやって撤収。おぎやさん寝てたしなw
今回も楽しい会に参加させていただいて大変感謝。
次ももちろん参加するし、木曜日時間が合えばできるだけやりたし。
主催のにしけんさんお疲れ様でした!

鶏肉会を開催してみた話とボドゲとドミニオンとハンナとその姉妹とサンダとガイラとタランチュラ

有り体に言えば、だ。
クリスマス会を開催してみたヨ、なんだけど
もう十数年やっている会にも拘わらずブログに書いた事が無かった。
ボドゲをやるようになってからも数年経過しているけど、
そもそもボドゲの記事を書くように気をつけたのが去年からなので、
以下につらつら書いてみようと思う。まず鶏肉会から。

毎年例の日には鶏肉会を開催。
最初は2007年くらいだったはず。たしかBM友達のだんさんを呼んで、
パーティバーレルを食って寂しいだんさんを盛り上げようとかいう
本当に余計なお世話な企画だったと記憶している。
そのうちだんさんとは忘年会というか年越しのイベントにずれてって、
代わりにDPSというかHSKがらみの会にシフトしてって、
鶏肉ならなんでもよくなってだんだん品数が増えてって、みたいな経緯。
さすがに長野に引っ越したからもうないかな?とおもいきや、
ミスターにとってのKFCは1年に1度だけ食べられる特別な料理になっていたらしく、
今年も無事開催される運びとなった。つまり誰もこなくてもパーティバーレルは予約されていたし、
鶏肉会も開催されていた。
とはいえわざわざ遠路はるばるお越しくだすったmさんとカイトには御礼を言いたい、この場を借りて。

mさんは昼に到着していたにも拘わらず、
なんか俺の用事がもろもろあったので付き合っていただいちゃって、
ボドゲを開始できたのはカイト到着後から。
というか先に鶏肉を食すことになった。

ひとしきり食い終わって、ボドゲ…ではなく
不手際によりKFCの予約がかなり遅い時間になっていたこともあいまって、
まずミスターを風呂に入れ、寝かそうかなと…思っていたが、
当たり前なんだけど、ミスターが猛烈に皆様とゲームしたがったので
重機りんりん

こちら、初めての4人戦で、かつ初めて正式ルールで執り行う。
(ただし正式ルール適用は大人だけで、ミスターはどちらかの色パワーとれば工事成立)
4人戦でやると全然おはじきが足りないし、
正式ルールなので、ラウンド終了時に工事カード取れなかった場合の返却が痛すぎなので、
軽い工事をコツコツ熟すのが勝利への秘訣…なのか。
俺は開幕4点工事成功させたのに、次ラウンドで工事失敗で返却。
ミスターもコツコツ工事してたが、
突然ミスターの電池切れ、というかこの時点で22時だしな。
十二分に満足はしたようなので、ミスターを寝かしつける。
いつもならこれも知ボドにつけるが、ゲームやりきってないのでカウントはしないでおく。

寝かしつけのあとはカイト持参の東京サイドキック。
予てよりやりたいとはおもっていたものの、なかなか機会がなくて、
しかしこないだのゲムマでカイトが買ってくれたので、満を持して登場。
中身は協力ゲーム、協力してヒーローとサイドキック(助手だ)がヴィラン(敵)を倒す。
誰もが初だったので、カイトに最初インストしてもろたが、
解読慣れしてる俺が途中でインスト交替。
交替している最中にカイトが2人用のボードでやっていたことに気がついたので、

4人用ボードにチェンジ。

mさんがサムライ担当してくれたのと、
サムライに因縁あるヴィランが多くて、被害が軽減されたゆえの、勝利。

パンデミックっぽくてパンデミックではない、
感想としてはパンデミック面白い人なら絶対面白いし、
いろんな人に勧めていきたいし、俺超面白かった。
アクシデント(町中で起きる事件カード)システムはユニークなんだけど、
願わくばアクシデントカードのフレーバーテキストを読みながら進めたかった。
協力ゲームとしては、スーパーヴィラン~最後の敵(メナス)を倒すのに、
みんな殴るためにガンガン集合していくところが本当に盛り上がる。
惜しいなと思ったのは、世界崩壊(パンデミックでいうエピデミック)と
エネミー(ヴィラン)の関係性が薄いところ。
ヴィランが悪さするからそれを解決、そして懲らしめるという
勧善懲悪度合いがもうちょっと強ければもっと面白いかも。
話というかフレーバーよく考えてあるんだよなあ。
なのでもうちょっと世界に没入したかった、素で面白いのは間違いないので、
本当にあと一息みたいな、そんな感想。

ここまでで2時回っていたので、全員就寝。

翌朝からは起き抜けドミニオン。
ドミニオンとサイドキックっておもってたけど全部ドミニオンになった。
正確には7戦中2戦は23日、5戦は24日なので、2日にまたがったんだけど
まとめて以下に記載。

全ての席順は カイト→mhage→synitiro
1
偶像 パトロール 沼の妖婆 船着場 魔女 共謀者 宰相 執事
村 岐路
属州場-屋敷場

m -4
k 31
s 22

見た瞬間に呪いを撒こう、だった。
mさんが宰相最強説を唱えているので、そこはスルー。
カイトと俺が初手5金で、カイトが偶像、俺は魔女。
呪い撒きは大成功だったけど、俺がセットアップに時間を掛けすぎた+偶像買いすぎた。
パトロール共謀者岐路村がほどよく回ったカイト勝利。
俺の悪いところはパトロールを侮るところ。

2
伯爵 地下室 改良 橋 発明家 山村 パトロン 司祭 労働者の村 開発
(イ)大地への塩まき
属州場-屋敷場

m 22
k 21
s 20

なんか塩まき好きだとmさんに誤認されているんだよな、と思っていたが
実際塩まき好きだから誤認でもなんでもなかった、正しい。
廃棄万歳だから適宜サプライの属州削りつつ8金出そうかなと思っていたら、
カイトにカットされてしまっていた。
おのれとばかりに屋敷で詰め寄るも、3人仲良く1点差でmさん勝利。
きちんと数えた上に1点差だからまあよしとしたい。
カイトの地下室財宝大回転に最後捲られてしまった。
トモさんにもヤラレタ気がするけど地下室というか持続の脇置きこええ。

3
拡張 品評会 橋の下のトロル 易者 絹商人 泥棒 投石機 仮面舞踏会
浮浪児 真珠採り
(プ)貯蔵庫 (イ)探索
属州場-屋敷場

m 25
k 18
s 35

まず浮浪児2取りかなー、そんで3ターン目で傭兵とろっかな、としたら
上家のmさんにまったく同じ手を打たれる。
打たれたのにそのまま俺も続行してしまう。
そしてmさんが傭兵取ってから事態の深刻さに気がつくw
そこで次に(というか3ターン目のハンド見て)仮面に切り替え。
次のターンで橋の下のトロルと易者で恐ろしいことになるんじゃこれひょっとして?
とおもったので絹商人とトロルを集め始め、易者2枚目入ったところで頑張り開始。
カイトがもう少し早めに拡張コンボ張ってたら状況は違ったけど、
易者の加速度とトロルの収束性で最終ターン付近で一気に属州入れて逃げ切り。
絹商人の廃棄時効果にもすげー助けられた。

4
研究所 隊商 根城 海の妖婆 護符 宰相 農家の市場 名品 騎士見習い 変成
(プ)下水道 (イ)鍛錬

m 37
k 22
s 37 後手番勝

とりあえず3人ともチャンピオンする未来は見えたので、
最強?宰相なのか、他の手があるのか検討しながら開始。(ほんとうに「ながら」だった)
初手は根城から。呪いも廃棄する前提で根城は2枚いれ、ウォリアーでドローかなと。
下水道があるから廃棄もなんか捗りそうって思惑もあった。
あ!って思ったのはカイトが護符を買ってから。彼の打ち方は本当に参考になる。
ドローとかアクション以外の着目から入るって大事。
護符買いからいっきに隊商を6枚揃えつつ、チャンピオンも打って
大体ターン開始時に2~3枚余計にドローする体制を整える。
これに鍛錬も入れたかったんだけど、セットアップに時間かかりすぎなので諦める。
ついでにmさんが農家入れてなかったので隊商が終わったら農家のカットも忘れずに。
カイトが農家トークンを取ってけど、そこは取っていってもらうくらいの心意気で
mさんの農家が途切れるまで膠着状態を作る。
結果同点だったけどターン差で勝利。がんばった。

5
弟子 旗手 伝令官 よろずや 山村 研究 鍜治屋 神託 村 灯台
(ラ)戦場
属州場-屋敷場

m 41
k 25
s 35

さーて、どうすっかなと悩む。とりあえず旗手はマストバイとして、
そのあとのドローなどをというか金量をどのタイミングで確保するかが課題だった。
カイトが研究に走ったので、案外3山あり得るなということで、
鍜治屋ではなく旗手レースをmさんと繰り広げる。
3ターン目弟子が取れたので勝利点買いして10トークン取る、まではよかったんだけど
旗を何度か取られ、そこの取られで属州行かれているので、
どっかのタイミングで鍜治屋ほしかったなーというところと、
2人に神託打たれてサンドバッグ状態だったので、そこは灯台いれとけよって感じでも良かったかも知れない。
とはいえ、属州1枚差だったので、たらればでもうまくいったかは分からない。
非常に紙一重勝負。

6
吸血鬼 人狼 秘密の洞窟 遺物 研究所 船着場 祭壇 銀行 伝令官 投石機

m 12
k 19
s 49

「ノクターンいれてみたい」とのカイトの要望があり、
んじゃ吸血鬼と人狼どっち入れようかな、と悩んでいたら
mさんが「どっちも入れれば良いのですよ」と言ったので開始されたクソサプライw
吸血鬼でバカスカ人狼入れて、5金でたら人狼いれて、で
HEX打ちまくりつつ圧縮を進めて遺物でさらに嫌がらせをするという凄まじいヘイトプレイで勝利。
もう途中カイトは投げていて、それでいて21金2buyとかやっていたので侮れない。
投げようとしたカイトにmさんが「最後の最後まで最善手を尽くすのです」と言ってたのは
言い方悪いけどものすごく説得力があった。
HEX予習しとけばよかったとさんざんくだを巻かれたわけだけど。
可哀想なことをした、と思いつつ、でも手を抜かないので圧勝という形になった。

7
行商人 剣士 橋 隊商 航海士 義賊 石切場 貨物船 実験 使い魔
(ラ)汚された神殿
植民地場-屋敷場

m 12
k 25
s 13

地味に義賊がものすごく痛かった。地味じゃないやん。
呪いは等分。
手番差でmさんが1枚少なかったけど、それはそれでいいや、と。
呪いを相殺しきれば多分僅差でいける、と思っていてそういう仕込みだったんだけど、
その最中にカイトが剣士からアーティファクトを取得。
毎回金貨取れるし、誰もカット出来ないし、という悲惨な状況が始まった上、
貯金(というかコッファー)のとりこぼしもしないので、
諦めたというか3山切れ狙いで進める、こちらは7トークンあるしな!
ということでカイトが2枚目属州入れて諦めモード。
というか植民地を何枚までで抑えるかというチキンレース。
結局植民地2枚で矛を収めさせることに成功。
義賊と剣士の使い処はよかったし、完敗です。

そんなわけであっというまに2日の日程消化。
参加してくれた2人はお疲れ様でした。
次回は新年会か。そろそろワカプレをやるべき時期な気がする。

第六回ゆるドミin長野 開催します。

100万回遊んでも飽きないステキなボードゲーム、ドミニオン。
さまざまなカードが織りなすドラマ、増えていく手札。
圧縮される思惑、いろいろな要素が絡み合ってきっと面白い是非面白いカードゲームです。

ドミニオンの簡単な説明は以下を参照してください。
【インスト】ドミニオン

私シニチロがドミニオンやりたい熱をこじらせたのと、長野市SUBBOX応援企画として、

第一回ゆるドミin長野

を企画致しました。
日時:2019年1月9日(水)19:00~
場所:長野市 ボードゲームカフェSUBBOX
料金:SUBBOX利用料金に準じます。ゆるドミ自体への参加費は発生しません。

コンセプト
ドミニオン裾野開拓。ゆるーくドミニオンを遊びましょう。
ドミニオン立たない、待ち時間等は別ゲーム立ててもOK。
初心者、リハビリの方々にはルールインストも致します。

セットは私シニチロ持ち込みの1セット。(ルネサンスまでの全拡張プロモあり)
基本カードが2セットあるのでトークンや避難所かぶりがなければ2卓立つ感じです。
SUBBOXの基本第二版をいれれば3卓(スペース的にギリギリ)立ちます。
また、お持ち込みいただける方については大歓迎です。

参加希望の方は下記フォームにてご応募ください。
飛び入りもできるだけ対応するようにいたしますが、
申し込み過多の場合はお断りする場合があるかもしれませんので、ご注意ください。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 159

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●双六俳諧紀行おくのほそ道-1

開けてなかった。箱が大きいので
ゲーム会においそれと持って行けなそうってのが理由として割と大きかったけども。
それもそうだし、ミスターに「両」って単位が伝わるのかどうかとか
いろいろ考えて開封が遅れてしまった。松元さんすみません。
というわけでとうとう開封。
わりとオーソドックス目なすごろくゲーム。
ただし通貨は「両」だったりとか、舞台は江戸時代だったりとか。
最大の特徴はダイスが4-20面(4,6,8,12,20)までの5種類用意されていること。
ダイス=交通機関となるわけだが、徒歩は4面ダイス。そして無料。
6面ダイスはおんぶ(って交通手段かな?)なんだけど利用に2両かかる、
8面は大八車で利用に5両かかるなど、リスクとリターンをよく見てダイスに対価を支払う必要がある。
途中途中のチェックポイントで報酬が貰えるが、
これも最初のチェックは5両、3両…と到着順に高い金額がいただけるものの、
次のチェックポイントは0両、3両…と到着が「遅い」順に報酬が増える等、
ただ早く進めばいいってものでもないすごろくになっている。
ゴールした中で一番所持金が多い人が勝ち。

★観察できた内容
最初に自駒に名前を書く。この行為が大変新鮮だった模様。
そうか、今まで「書く
「両」については何かで知識を得ていたのか、すんなり読めた。
…とおもったけど「車両」って単語しょっちゅう使っているので、そっちか?
両そのものが通貨だったって印象は実はないかもしれない。今度聞いてみよう。
交通手段についても大八車以外はちゃんと漢字読めている。
…なんで読めるんだ、まあいいか。
大八車は俺も小学校5年くらいまで知らなかったので全然OKだろうきっと。
「リアカー」と説明した。違うけど。
初手で10両が与えられるので、やろうと思えばリスクを承知で
最初から5両消費して12面ダイス振ってきた。
どのダイスを振っても1~の出目が存在するので、確率を考えると
いきなり大金払うのはリスクだと思うのだが、12面ダイスで11だしよった。
よって大幅にリーーード、と思いきや、
後半になると失速。
結局1位になったのだが、あと手番で無料ダイスを回しまくって蓄財した俺が1両多く勝利。
さてさてどうなることかと見ていたら、
なんかヒットした模様。「もう一度やろっか」と珍しいリクエストが来たので再戦。
再戦も控えめにコマを進めた俺がゴール付近でまくって勝利。

でな、このゲーム3人~用だった。
そら後手番有利ですがな。ちょっと申し訳ない感じじゃな。
2敗にもかかわらず、ミスター的にヒットしていたから解説はしないでおいたんだけど。
後手番の収入をもうちょっと減らせば勝負になりそうな感じではある。
ボードの大きさに圧倒されるけど、終わってみればとてもスピーディなゲームだった。
そりゃそうか、すごろくではあるけども交通手段を獲得するゲームだし。

●ハピエストタウン-9

(写真撮り忘れ)
再び5円が使えなくなってしまったミスター。
足し算は覚えているが他の事は大丈夫なのだろうか。
定番となった町ビルディングゲーム

★観察できた内容
うすうす分かってはいたものの、
最初に2金スタートする、というところが分かっていなかった。
最初は2金を獲得してスタートする。それは大人ならわかる。
でも実際置いてあるのはコンビニ(=1円)でしかない。
だから「受け取る」と本人の脳が認識すればそれは1円だけだし、
「スタートに2円」とすると2円置いてあるところに
さらに2円獲得しようとする。
徹底的に

収入→買い物

というフェーズを叩き込んだため、
「最初だけは」みたいな想定がない。
こういうところはもっと丁寧にやらないといかんなー、と
2円で買い物するミスターみながら思った。
2塁からまっすぐホームに突っ込んでくるR・田中一郎を思い出した。
今回はさらに、持ち金があればすぐ買い物しようとする。
ローコストの図書館や警察を買いに走ってしまう。
そういう状況なので、建物6個立てて収入が3金しかないなど、悲惨な状況になっていた。
最終的にも6金しか出力しなかったので、本日は16vs9で俺の勝ち。
俺の収入が一気に10金とかいくと大喜びというか
ぱぱすげぇー!って言うのは良いんだけど、自分も育てなくてはいかんだろうに。
点を取りに行けというのもなんだし、目標設定は自分でやってもらおうと思っていたけど、
そろそろインフラをどうやって取るか、について真剣にお伝えしてみるか。

●重機りんりん-9

こちらも定番、そういえば今日はトリを務めているな。
今回もショートラウンド制。(5重機使用して何点とれるか。)

★観察できた内容
本来のインスト意図とは異なるかもしれないが、
まず重機を見て、重機でこなせそうな工事を見つけてみよう、
という指導に変更した。
重機の色パワーがないとそもそも工事成り立たないので。
(パワーをストックする発想はもっとあとで)
大体これで工事と、必要な重機を割り出してくれるようになったのだけど、
他(隣の色以外のパワーならなんでも良い)について、まだ理解が出来ない。
思わず口で説明しちゃうんだけど、せっかくのチャンスなんだから
なにかから気がつけるようにできないかな。

「○○以外」

集合の概念てそもそも小学校のいつくらいに習うんだっけ?
俺その辺雑だったから高校で集合習った時もすごい苦労した覚えがある。日本語的に。
いつもミスターはこのゲームをやるとき真剣にロールプレイしてくれる。
音を出すとかではなく、ブルドーザー系ならスプーンフォークを前に突き出すし、
ショベルカー系なら外側から内側へ掬う動きをしてくれる。
取り組み方って大事。
今回は俺も頑張って震災復旧(4点プレイ)とか完成させたんだけど、
やっぱり5重機モードだと特典カード頑張って2個だな、バランスが悪い。
というか俺が一方的に負けてしまう。
壁を作る事を考えよう。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 158

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

ここ最近ミスターは眠気が強くて、本読んで寝ます、なパターンが多かったので
ちょっと間が空いた感じだった。

話題変わって、仕事用途に新しい机を購入したのだけども、
広さが十分な上に、高さの調整もできるという全方位に素晴らしい机だったので
今日はこちらの机を使ってゲームしてみた。

●重機りんりん-8

あっというまに8回。つーか今節ずっとやっているもんな。
ルールは前回同様、5重機1ラウンド制にて。

★観察できた内容
ここ最近はこなれてきてしまったというか、
箸のチャレンジが無くなってしまった。
箸でおはじきをカードの上に載せる、だけだったら良いのかもしれんが、
「縦に積む」というのは大人でもうっかり難儀物なので、
そこに強いロックがかかっていると思われる。
おはじきをカードの上に(積まないで)載せるだけで良いよ、と言っても
俺が縦積みするとマネるわけで、
かといって俺がきちんと載せないと難易度だだ下がりだし、
ちょっとうまい調整を考えねば。
箸を練習すりゃいいんだけどなかなかそんなわけにも行かず。
本日から机が広くなったため、若干おはじきを移動させるのに難儀していたので、
タイマーは甘めに判定することにした。

●ハピエストタウン-8

こちらもあっという間に8回。なぜか先発は重機に変わったのだけど。
なぜか、と書いたけど重機で土ならしってことか?(違うと思う。)

★観察できた内容
ちょっと間が空いたので、5円が使えなくなっていた。
普通覚えているべ、ってことも訓練によって成り立ったことは
ミスターの場合よっぽど繰り返しが染みついていないと、忘れる。
こういう現象にブチ当たると、やっぱ繰り返しって大事なんだな~と
つくづく思わされる。
というわけでミスターが飽きるか、「お買い物」全体が染みつくまで
このゲームは稼働し続ける予定である。
5円は忘れたけど収入→買い物ってフェーズを覚えているだけでも
大分ゲームができていると思うし、収入を見据えて買い物が出来ているのも素晴らしい。

●トーキョーハイウェイ-19

棒と柱で首都高作ろうゲーム。
この間は寝てしまっていて双方不完全燃焼だったので、改めて。
これも19回って結構な稼働数だと思う。
ミスターはビル(という名の障害物)も使いたいとおっしゃったが3人~用なんだよな。
というか使ったらミスター自身が困ることになるんだが…。

★観察できた内容
こないだよりは大分マシ。集中力が違うし眠気もない。
しかしながら永らくやってなかったブランクはやはりあるので、
例えば柱の重ねられる本数(直前の柱の+-1まで)を失念していたり、
明らかに交差できなそうな所に道を重ねてしまったりしてた、
言えば直すし、修正敷設もできたのでよしとしとこう。
どちらかというと立体交差をすると車が走る、を忘れてしまっていたので
初手でいきなり道路を手前側に引っ張って、立体交差の目を無くしていた。
自分自身と交差しようとしていたのかな。
2手目からは俺の道路に向かって伸ばしてきたので
さすがに思い出したようだけど。
今回は競争というよりリハビリだと思っていたので、
俺が配置終わってから追加の1手番を与えて同着とした。
こん次からは俺だけ10個持つとかにしようかな。
あからさまにハンデつけると子供はよくみているから、
そういうゲームと誤認されるのが怖いのだけど。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第8話

月2回の夜な夜なオープン会レポートです。

持ち込みは以下。

メトロックス
AYA 河巡る旅
スプリングメドウ
トーキョーハイウェイ 4PLAYERS
ケルト
アラカルト
ワードバスケット
カルカソンヌ
インカの黄金
ファミリートレード
ホシアツメ
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
6ニムト
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
真贋のはざまで
ゾンババ
すべてをそこに置いてきた
ワードスナイパーファミリー
タイムトランクマン

郵便馬車
支離滅裂

全24種
参加者12名

やったゲーム

●ヒトトイロ

お題カードを引き、出題者の人が
お題に沿った出題を行って、手札の色を出していくゲーム。
出す色は非公開情報だけど、出題は場にいる全員が共通認識出来る物を出す必要があるので、
協力ゲームであり、協力ゲームではない感じのゲーム。
やることは単純なんだけど、
俺はなんだか皆さんと色感覚がズレるんだよな、良い感じのところで。
というわけで今回もパーフェクトとれず。
鮭はサーモン「ピンク」を思いついてしまうし、
美女と野獣に至っては美女が紫というあとから見たらありえんチョイスをしている。
ただね、ヒトカゲは橙と言いたい、そこだけは言っておきたいw

●支離滅裂

希瀬さん持参のカードゲーム。X見た瞬間にアブルクセン?と思ってしまった俺。
メイフォローな大富豪、というのが一番近い感じかな。
パス…というかパスの代わりにリザーブからカードを獲得し、
リザーブが切れてパスということになるとライフを1失う。
自分のカードを出し切ったら上がり抜け。
ライフを2失うとゲームオーバー。
小さいカードから順に出せるのだけど、2段以上の階段で出しても良いし、
階段よりもペアの方が強いというちょっと変則的なルール。
数が大きい<枚数が多い<ペアが強い
と覚えておけばよろしいだろうか。
カードの出し方にもちょっとルールがあって、
手札の並べ替えができない。おおルクソールっぽいぞ。
ただルクソールと違ってリザーブから取ったり特殊カードで引いたものは
好きな場所に差し込むことができる。
また、出したカードの位置次第では間が抜けてコンボが打てるようになるなど、
いたずらに強いカードを残しておけばいいってもんじゃあない所は、実はすげー好み。
リソース工夫するゲーム数寄なんですけどね、だからこそいきなりバチバチやるのも超好き。
途中であらしさんが入って6人戦。ふみえさんが2ライフ失い敗北。
間の時間にやるのに適している。カードスタンドはあったほうがいいとおもったが。

●メトロックス

前回エクストリームスやったので、今回は全体ゲームでメトロックスをチョイス。
ぶうねん会の雪辱を晴らしてやらんと挑む。
挑む、というか俺以外初なのでインストから。
このゲームインストが難儀なのです。
参加した面々には恐縮だけど、今回のインストで課題は大体見えました。
できればプロジェクターというか、こういう書き方はダメっすよーって具体例が示せればスムーズなんだけど。
やることは地下鉄を走らそう、というゲーム。
ただし、走らすための数字札は代表が引き、プレイヤーは二重四角(始発駅?)に数字や星を書き込む。
数字書いただけ路線に○をつけることができる。
○が終点に達したら路線完成。勝利点をいただける。
やることはこんだけなんだけど、書き込むルールがちょっと説明しづらかった。
ぶうねん会で18点ブービー賞を取った俺だが今回は…43点一位!
勝因…星でまくり。
空欄15個もつくっておいて、星と完成ボーナスだけで50点獲得していたという強運ぷりだった。
これ一回やると飲み込めるんだけど、飲み込むまでがわりと大変。
皆様お疲れ様でした。

やってないけど立ったゲーム

●郵便馬車

にしけんさん持ち込み。結果聞いてなかったー。
都市カードをプレイしてどんどん自分の郵便局を作ってくゲーム。
橋本でやったんだっけかな。記憶が曖昧なり。

●タイムトランクマン

ここんとこのゲーム会でほぼ必ず出しているゲーム。
2卓立てる都合から、インストに徹して俺はオブザーバーでした。
でしたが、アクション→カードドローの流れを徹底しておらず、
違うプレイ感になってしまってたのは申し訳ない限り。
16点にしけんさん勝利

●アラカルト


料理ゲーム。なんか変わった感じの持ってこうかな、と急遽袋に詰めたんだった。
したらトモさんに補足される。
すごろくやさんの影響でみんな知っているけど、現物を見ることはまずないという不思議なゲームかも。
こちらも2卓立ての都合上俺はインストに徹する。
あとからトモさんに言われてルール見直したら何点か見落としというか
インスト書き漏れがあったので、慌てて当ページの文言も修正。
(上記タイトルクリックでインストに飛びます。)
そうかスプーンは煽るためのアイテムかなるほど。(×
19点トモさん勝利


写真みて思ったけど大の大人がままごとやってるようにしか見えない絵面
これはこれで見てて楽しいw

年内最後!と書いたからか、
にしけんさんが来てくれたからか、
詳細な事情はわからないけども、いつもの仲良しメンバーがほぼ勢揃いという
大盛り上がりっぷりに主催は狂気した。
わかってて遠距離から来てくれるのは本当にありがたい。ので、
来年からもよりいっそう頑張ろうと誓いを新たにするのでありました。
次回は2019年1月15日(火)となります。
宜しくお願い致します。

第47回長野市ボードゲーム会と上田テーブルゲーム会をハシゴしてきたヨ

ようやるもんだ。自分でゆっとく。
とりあえず上田だけ長野県アナログゲームガイドに掲載されていたので、
そっちいこうかな、HITさんも来るだろうし、で予定立てていたら
きょうきょ長野市も同じ日に開催、ということを知り、
長野市もここ3回くらい連続欠席な気がするし忘年会というか
年内もっかいくらい顔合わせしておきたいぞ、と思った結論が

両方出ればいいじゃない

だった。
というわけで午前中は柳町へ。

やったゲーム

●グリッズルド

実は! 協力ゲーム。
何故実は か、あまり協力しなかったためw

やることは手札から一枚カードを場に出す。
カードに描かれている天気もしくは兵器が3枚場に重なったら
ミッション失敗。
カードはもう一つ負傷カードというものがあり、
悪い意味で特殊能力発動。
4負傷出したらやはりミッション失敗。
出すカードがなく、撤退をするとサポートタイルを場に出すことになる。
その場合、誰をサポートするかを決めることになる。
一番サポートを集めた人は負傷か手札を減らすことができる。
手札をなくして鳩側の山札を切らせば全員勝利。
途中のラウンドまでルールを読み違えていて、全員の手札枚数を合計して
墓場側の山札から鳩側の山札へその枚数を送る、という処理をしていなかった。
いけんじゃね?くらいに思っていたゲームは実はむっちゃ厳しいゲームだったという現実。
やることは大体把握したし、デラックス版はそもそも買う予定だったので
ここで経験できて大変ありがたい。
インスト+持ち込みしてくれたツチノコさんありがとうございました。
(割り込みしてしまった的な意味でも)

●バスルートをつくろう

春ゲムマで購入した品物で唯一開封していなかった一品。
とはいえ、俺のではなくツチノコさん持ち込みの品物。
個人ボードにはそれぞれバスの進行ルートが6色分書かれている。
山札を引いて対応する色の進行を全体ボード(というか京都マップ)に書き込む。
マップに書かれたアイコンに対応した乗客を乗せ、
所定の場所で降ろすと勝利点。また個別に配布される目的地カードの目的地3箇所達成でも勝利点。
いろいろ勝利点要素があって進行ルートに頭を悩ます。
自分のルートに侵入しない限りはひとまず手詰まりになることはないが、
渋滞に入りすぎたり、進路変更を多数行うと失点に繋がる。

面白かった。いやこれピンときて買ったんだけど
なんで今までやってなかったんだろ。もったいない。
というわけで次なんらかゲーム会があればもっかいやりたし。
秋でもなんか新作出ていたけどそっちも気になってきたゾ。
オリジナル終わってなかったからとりあえずスルーしてしまったけど。

ここまでやったところで11時。
上田行くと決めていたわりに、HITさんに頼まれていたゲムマ品を
自宅に忘れるという大失態を犯したため、
一旦取りに行く兼昼飯を済ませようと言うことで柳町より撤退。

お次は上田、アリオ横。
初上田会、初サントミューゼ。ワクワクもんだぁ。
サントミューゼの不思議な構造を見学しつつ、第一会議室へ。
広さは柳町の午前部屋と同じくらいか。もっと広いかと勝手に想像してた。

やったゲーム

●ナンジャモンジャ シロ

写真撮り忘れ。
のっけから参加させて貰えたので、勢いで連取。
4人戦で唯一経験者が俺だったらしく、わりと容赦無くやってしまった。
最初にどう名前を付けるか、で場の空気が生まれるんだよな。
~ちゃんとか~くんとか付けて進むと、
ちゃんか君か分からなくなる+その後もしばらくそのノリが続いてしまう。
やっぱり空気を変えるのは敬称略にすること、
なぜか短い名前を付けてしまうこと。かな。
大人同士だったこともあって随分と分別のあるナンジャモンジャだった。
いや冗談抜きで子供混ぜるとクソ長い名前とかザラだからな、
大人は思い出すだけでリソース使い切るみたいな。
久しく上級者ルールやってないからどっかで久しぶりにガチルールやりたし。

●みんなでぽんこつペイント

ここんとこプレイする機会が増えたな~。
直線と正円のみでお題を表現するお絵かきゲーム。
出題者がお題を皆に提示し(出題者はお題を見ることができない)ダイスを振ってお題確定。
全員描き終わったら一番画数が少ない人から絵を発表。
発表された絵を出題者が当てたら双方勝利点獲得。
(外れると獲得点数が減点されていく)

テレストと違って勝利点が明確だから、
描く方も当てる方も緊張感のあるゲームになる。
一度やればどんな塩梅か、すっと入るんだけどね。
というわけで今回は10画以上にしない、を心がけて心を込めて描いた。
いやいや、いつも心を込めて、丹精込めて描いている。うん。
といいつつ最終ラウンドまで最下位一歩手前だったんでドキドキしながら
ラストのお題で公園を最小画数で描き、一発で当てて貰って同率2位に浮上。
ぷっはあ。

●人狼

普通の人狼やるのってゆるドミ以来だ。4~5年ぶり。
ワンナイトとかはよく立つんだけどね、
普通のが立たない理由はマスターがむつかしいからかなと勝手に思っている。
いやそれも淡々と進行すればいいんだけどね。
今回は6人戦だったので人狼2占い師1平民3。
初日にいきなりピンポイントで人狼を吊ってからはとんとん拍子というか、
2日目で占い師が食われて、食った人狼を吊って、と
実質2日でケリが付いてしまった。ピンポイント過ぎw
これやっぱ知らない人同士でやったほうがオモロイ。
ドキドキ感が半端ないというかオンゲーの開幕時に地図なしで探り探り遊ぶあの感じ。
信狼会もいきてぇなー。

●ドミニオン

はいきましたメインディッシュ。ドミニオン。
ワタゆたさんえんどさんと3人戦。
ルネサンス入り。
狩猟団とパトロンの回転が良すぎてワタゆたさんが超蓄財しまくり。
しかしながらワタゆたさんの不純物を混ぜたくないという強い意志により、
+購入がなかったのでそこまで差は付かなかった、負けは負けだったけど。
2戦目はホッピーさんがきたのでノクターンルネサンス混ぜ。
吸血鬼が飛ぶように売れる。
こちらは吸血鬼一枚にして適度にHexを散らす作戦を採用。
ただ途中でイナゴによりリクルーターが吹っ飛ばされたのはちょっと悔しみ。
諦めずに吸血鬼でリクルーター補充やら、
余らせない範囲で貨幣を回しきって21点1位。
使い魔で適度に呪いをばらまけたのがなんだかんだで功を奏したと思いたい。
ワタゆたさんが彫刻家でポーション(と村人トークン)獲得、
リプレースで手札に入ったポーションを金貨に、
金貨を属州にして呪い撒きつつ勝利点獲得したときはちょっと焦ったけど
スピード差は出ていたと思う。吸血鬼ステキなカードだけど
使い方がまだむつかしいわ。

Kalabar忘年会に行ってきたヨ

厳密には、いや厳密じゃなくてもゲーム会じゃないんだけど書いておこうかな。
ゲーム会じゃないと冒頭でいいつつゲームはしたしなw
12月15日(土)夜はだいちさん(@daichifurihata4)の招待にて
Cafe & bar Kalabar
にて忘年会に参加。

前日までは明確に行かない表明していたはずなのに週明けの上京を諦めたので
急遽参加することに。
前々からKalabar飯食いたい食いたい言ってた気がするし。

行くと決めたらサクッと進行。
地元の駅から長野いくより長野から上越妙高駅行く方が時間短かった、なんたること。

駅まではやし~さんに迎えにきて頂いて一路Kalabarへ。
といっても土地感ないので乗ってただけですが。

開始後呑み、そして飯、飯、飯。
まじで量多かった。もう20年若ければもっとめいっぱい食ったのに!
ハヤシライス大好物だったし米も美味かったし。
来年は朝から絶食して挑もうかな?
写真はサラッサラなグリーンカレー。美味かった。辛かったけどw

食べている最中にだいちさん達のライブが始まって盛り上がる。

終了後はじゃんけん大会。ジャンケンに夢中で写真撮ってなかったぜ。

その後、おちゃほさんが50人テレストレーションをどんどん回していく。
さあお題はなんだろうな?(イノシシでした)
俺に回ってきたときはすでにトニートニーチョッパーとなっていて、
以後チョッパー。来年の干支はチョッパー(これも写真撮り忘れ)

ん~なんか出来上がってきた、盛り上がってきた、
俺もなんかやりたくなったので、もってきたEXSTREAMSを出していいかとだいちさんに打診。
おっけーと、臨時に賞品が出たので喜んで展開。

使った用紙の残数から逆算して参加人数30名。
1位の方はなんと1ミス190点!すごすぎる。
2位は同率136点でジャンケンで雌雄を決して頂き、しまさんに決定。
時間があれば全員得点発表したかったとこなんだけど、
大車輪ゲームまでの繋ぎの位置だったので、100点越えをたたえて終了。
おもったよりみなさん越えててびっくりだった。
突発的かつ進行役に徹してしまったので、写真撮れず。
どなたか撮影したのあったら写真くださーい。

EXSTREAMS最中にクロさん(@DKuroyanagi)合流。
そして舞台は大車輪ゲームへ。

黄ボタンをうまく叩いて選手を大車輪させ、
赤ボタンを叩くことで選手を鉄棒から分離して、着地させる。
初見無理っしょこれw
チャレンジしたものの初回は失敗。回すのはなんとかなるんだけど
いける!ってタイミングで赤押しても分離しない。
諦めて適当なとこで赤押して失敗みたいなパターンで転ける。
リベンジ2回目くらいで成功。
やりこんだら得点をもっと細分化させて遊びたいかもしれんし、
次回は一発で成功させたし。

その後SUBBOXタキザワさんが合流し、ひとしきり歓談した後、
俺もタキザワさんも念願だった
クロさんとのクロxクロ対決w
(書くとなんの対決かよくわからん)
一回目、一応俺の名誉のために言っておくとクロさん「本気で相手します!」と
気合い入れていた。

奇跡の勝利。
そして2戦目。

ハイ負け~。こんどはさっくりいかれたというか
最初の配置で1-1だったときにえらいこっちゃと思わず言う。
その後タキザワさんvsクロさんで、タキザワさんが勝利。
あれ長野勢勝ち越し?
次やるときまでに更に腕磨いておこう。めざせ大会優勝。

そこらへんで宴もたけなわとなったので帰還。
美味しいし、盛り上がったし、また友達増えたしで
至れり尽くせりな会だった。来年も多分年末はタイトな予定なんだけど
出来るだけ参加したい~。

ボードゲーム会@そる亭に行ってきたヨ その5

月一開催のそる亭(http://www.cafezac.com/salty/)ボードゲーム会に行ってきました。

前回やむを得ず欠席だったので今回は久しぶりぃな感じ。
というか長野市のゲーム会にあまり運べてなかったし。
会場ついたら女子おおくてびびった、あえて邪な書き出しで。

やったゲーム

●トーキョーハイウェイ 4PLEYERS

シニチロ家で2番目(ドミニオン除く)に稼働率が高いであろうトーキョーハイウェイ。
ゲムマチェックで4人用を見た瞬間に買うことが決定されていた。
この素晴らしいゲームを長野でも流行らそうとかそんなノリで。

やることは手持ちの柱と棒を使って高速道路、立体交差を作り、
相手の道と交差し、なおかつその相手の道に車が走っていなければ
今引いた道に車を走らせることができる。
すでに走らせている道や車を落っことしたときはペナルティとして
柱を相手側に渡す。
全ての車を走らせて勝ち抜けするか、資材が尽きてしまったら負けぬけ。

インスト書くと短いんだけど、こういうパターンで車走りますよ、
の具体例を出すのが難しい。
そる亭ついてまっさきに立てた。ビリ男さんと希瀬さんの3人戦。
正直これは経験が出てしまうゲームだと思うので、
早々に勝ち抜け。
やりながら、ミスターとのあの練習?した日々って大きかったんだなあと超実感してた。
次に初心者の方とやることあったらハンデキャップを作ってみようかな。

●ごきぶりポーカー

新人の方加えて4人戦。
持っているし、ルールもよう知っているはずなのに、
よくよく考えたらこれやるの4年ぶりっすな。
前職ボドゲ部立ち上げ第一回のときにやった以来だわ。

嫌われ者の昆虫やら動物やらを相手に押しつけるゲーム。
なのでゴキブリとは言われているものの、ゴキブリで終わることってあんまなかったり。
押しつけられた側は同種4枚か8種最低1枚ずつを所持すると脱落してゲームエンド。
ルールは手札から一枚相手に向かって裏向きにして差し出す。
そのときに書かれている嫌われ者について正直にでもウソでもいいので申告しながら出す。
ウソを見破れば差し出した側に札が、ウソを見破れない(=申告通り)ならば出された人が札を引き取る。

あ、こう書くとインストすぐに終わるな、次試して見よう。
実に久しぶりだったので、やりかた、というかカウンティング等々忘れまくり。
ラストのデッドヒートがビリ男さんと俺というなんだかなーメンツに。
結局希瀬さんがビリ男さんに8種引き取らせることに成功して終了。
新人の方、ホントにボードゲーム初めてなん?てくらい普通に上手かった。
取り立てて我々に瑕疵?は無かったことを考えると素養があっただろうと思う。

●テレストレーション

定番お題からお絵かきゲーム。
ただしこんときゃにしけんさんの提案で12人全員でテレスト回す、ということにw
自分の書いたお題が帰ってきませんが、そこはラストに手渡しでなんとかする。
これはこれで盛り上がった。
やはり大人数で盛り上がるには丁度良い、お題と絵が乖離すればするほど尚更良い。
二回目はフリーワードで行けた(もちろん場の多数が知っている単語前提だ)ので、
「善光寺」とした。

初手、とどりさん
いや実際俺が書けって言われたら泣くようなお題ですっと浮かんだので、
若干申し訳ないと思いつつもしっかり仕事してくれてた。

さて、最終的に…


写真は2ページ目だけど以後ずっと農家w

牛がフォーカスされた模様。
一時期は屋根も無くなってたから牧場とかになんなくて良かったと思うべきか。
逆にこれが正常に帰ってきたらみなさんどーなってんの?とおもっちゃうけど。

●ホシアツメ

希瀬さんが火曜日不完全燃焼だったので、
今回もこちらを出す。
というか今回のそる亭女子多目だったんで、こちらを出したほうが
なにかと耳目を集めそうだろう(これなんてボドゲ?と問われるコンポーネントだし)
というわけで新人さん、にしけんさん、希瀬さん、ビリ男さん、俺の5人戦。
採星場に自分のワーカーを配置し、獲得した星を星座ボードに配置して
勝利点を獲得するワーカープレイスメント。
場の中でワカプレの練度が我々とステージが違うにしけんさん、圧勝w
途中で俺が30点札トスしてるとかいらんことしているんだけど、
それさっぴいても40点差とかなんで覆しようが無かった。
やれることは案外すくないので、練度を上げようかな。
久しぶりににしけんさんに負けて悔しい案件だった。
ちなみに新人さんは2位。あれ、あれあれすごいな。
ゲームに対する空間把握能力ものすごいな。

夜ノボードゲーム会in手打ちそば桜 を開催してみたヨ 第7話

うっかり前回のレポートにクローズ会と書いたけど
当会は「オープン会」です…。

そんなわけでお蕎麦屋さんクローズ後のゲーム会レポート。
この冒頭の文章が誤解を招く感じなんだないろいろと。

持ち込みは以下。

ケルト
スプリングメドウ
キャプテン・リノ 巨大板
ワードバスケット
ウミガメの島
カルカソンヌ
ボツワナ
インカの黄金
ファミリートレード
ホシアツメ
ナンジャモンジャ ミドリ
ワンナイト人狼(通常、モンスター、超人、狂気)
ヒトトイロ
6ニムト
ごきぶりポーカー
ボーナンザ
バスルートをつくろう
真贋のはざまで
ゾンババ
すべてをそこに置いてきた
ワードスナイパーファミリー

全21種
参加者8名

あれ厳選したつもりが20越えてしまっているゾ。

やったゲーム

●タイムトランクマン

先日オグランドさんにインストして貰ってバッチリ心得たので、
今日も今日とて出してみたタイムトラベル買い物ゲーム。
舞台は東京だけなんだけど、いや東京もなかなか広いんだな。
3つの時代を燃料通貨で行き来して、燃料通貨で遺物を買う。
買った遺物の合計点が15点に達したら全員手番を等しくてゲーム終了。
エネルギーとお財布が同じリソースというのがなんとも言えない。
カードをプレイしてドローする、のを手番中2回やるんだけども、
トラベルすると通貨が減っているので購入するためにうまく燃料拾わねばならないのがなんとも言えない。
今回は希瀬さんとジュニア君が探索して宝石をうまいこと俺のいる時代に出してくれたので
ハイエナ作戦で歩いては買い、がポンポン成立して18点逃げ切り勝利。
前回同様トランクの中身は常にスッカスカなのであった。トランクマンとは一体。

●ホシアツメ

女子力高目なワーカープレイスメント+エリアマジョリティゲーム。でいいのか?
邪なCM書いておくと、これをプレイして通りすがった人から声かからぬことがない。
ああ邪。でもゲームとしてもとてもよくできているし面白いのです。
採星所から2-4等星を獲得して自分の星座もしくは一等星を作って行く。
最終的に星座を沢山完成させれば勝利点なのだが、
星座完成ボーナスでさらに星が獲得でき、それを配置して星座連鎖ができたり、
夏の大三角形など特定の星座群を作ったら完成星座につき10点いただけたりと
終盤の逆転要素もすごい。
というわけで今日も淡々とバランスめいたプレイしていた…はずなんだけど、
希瀬さんに最後ぶっちぎられて30点差くらいで敗北。これ最高得点の南十字つくってもおいつかんやつやw
今回の特殊能力は一度配置した星を再配置できるタイプのだったんだが、
どうも使い道がよくわからんままだったなー。
一回それで一等星作れたけど使い処が限定されてる感じ。
俺も俺なんだけど、希瀬さんも3ラウンド目まで特殊能力の存在完全に失念していたので
俺が能力使いこなしたと仮定してもおそらく負けたw

●EXSTREAMS(エクストリームス)

ケルト…にいくまえにいっちょ全体ゲームやってみるか、ということで
EXSTREAMS7人戦。
袋の中から引いた数字札に対して、手元のシートに数字を埋めていく。
ビンゴのようなものなのだが、全てブランクマスなので数字をどのマスに書くかは自由。
マス目左から昇順にならんでいれば2個で3点3個で6点など、
つなげばつなぐほど高得点。
前作STREAMSでは俺わけわからんうちに負けていて、買うかどうか躊躇していたのだけども、
ゲムマ春でもんじろうさんに「前回からの改良点としてA面B面に分けて、導入をしやすくした」
と言われていたので購入してた。
たしかにA面素晴らしい。マス3~7つと7ラウンド制に分かれて
とても導入がしやすくなっている。
A面が終わったら25枚札用のB面をプレイし、AB両方の合計点を出して順位決め。
皆さんに申し訳ないのは数字札1-50だと思っていたこと、
実際は1-35で、特殊札4枚とか15-25が2枚ずつとかの構成だった。
間違えぬようにマニュアルにテプラを貼った。
今回は進行役兼プレイ。
A面はまだよかったが、B面の阿鼻叫喚がすごい。というかぶうねん会でのhal_99さんの気持ちがちょっとわかった。
読み手恨まれるわわーw
15連もらった!とおもったら20を連続したマスに書いていて失敗した。
とはいえ、A面でわりと稼いでいたので、タキザワさんと同着1位。

●ケルト

前回希瀬さんからリクエストあったので立卓。
セキグチさん希瀬さん俺の3人戦。
基本的にはすごろくなんだけど、手札から一枚だしたカードのルートにコマを一個進める。
戻る要素はないので進むだけ。そして手札は色別に数字昇順もしくは降順にしか出すことができない。
(同じ数字のカードは出すことができる。)
カードはプレイするか、捨てるか。
そして山札もしくは捨て札の一番上から補充する。
捨て札の2枚目以降以外は公開情報なので、非常に戦況がわかりやすい…はずなのに、
だからこそ捨てるに捨てられないカードが出てきたりして、ジレンマ抜群。さすがクニツィア博士である。
では俺…なんだけど、痛恨のプレイミス。ピンク昇順で出そうと思っていたのに
なぜか1列開けてピンクを降順で出してしまったりして、
正直ゲームの体をなしてないプレイミスをしてしまう。
とはいえ結構手番進んでしまっていたのでピンクは死に筋として継続。
マイナスこそなかったものの希瀬さんに70点差くらいで敗北、というかもちろん最下位。
拡張(裏面)もやりたいけど、真っ向勝負でもう一回挑ませてくれー。

●ファミリートレード

ゲムマ秋でジャケ買いした一品。正直よく分かってなかったけど
ピンときたからきっと面白いんだろう、くらいの気持ちで開封。こういうパターン珍しい。
ぱるさんが合流したので4人戦。
さて肝心の中身は…先物取引+麻雀だった。
どうもちょっとマニュアルの導入が不確かで、
さて俺が説明するならば、という流れで書くと

準備
1.親決め
2.ダイスを振って相場を決める
3.手札が8枚になるように山札から取っていく

手番
・1枚ツモって1枚捨てる
 マーケットメークカード以外のカード3枚一組を3組作るために手造りをする
 ポンはない
・あと1枚で上がれる状態になったらリーチ宣言する
 (ペナルティに言及がないので、リーチしないと上がれない、ということにした)
・前手番の捨て札か、次のツモで上がった場合「ダン(約定)」と宣言し上がる
・上がったらどれか一つ相場サイコロを振って相場を決め直してよい
・上がったら絵札3種類の金額を合計し、プラスだったら銀行か振り込んだ人からいただく。
 マイナスだった場合は銀行に払うか、ジャックポットにマイナス分を置く

各自親2周したら終了(半荘てことかな)
上がった場合は連荘(10連まであり)

大体こんな流れか。麻雀のごとく、組み合わせで役が発生するわけじゃあないので
どちらかというとドンジャラに近い感じかも。9枚だし。
絵札と相場を動かすってアイデアは面白い。
面白いんだけど、ちょっとプレイアブル的に難があったかな。
シートが頑丈なものだから、まっすぐにするのが大変だったので、湯飲みを文鎮変わりにしてたり、
カードが126枚あるので、説明書通り一山にしてしまうとシャッフルも配るのも大変だったり。
そる亭にももっていって見ようとおもうけど、
相場表は場所ないとき用のミニタイプ(同梱されている)
山札は適当に4山にして各自シャッフルし、
麻雀のごとく各山から2枚ずつとる、とかにすればとてもスピーディーにやれそうな気がする。
今回はそういう事情で東風戦(親一回)分しかやれんかったが、まじめに半荘分やってみたい。

その他に立っていた卓。

パンデミック 10周年記念版 
ツチノコさん持ち込み。かねてからやりたがっていたセキグチさんに入ってもらう。
タキザワさん曰く勝ったことがないとのことだったが、今回は無事勝利というか
わりと余裕勝ちだった模様。
先週俺が10周年記念版で立てたときも3人戦だったのにわりとサクサク勝利したんだよな、
もしや10周年版難易度調整されてんか!?
(とおもって戻ってからカード内容確認したけど特に差なし)

キャプテン・リノ 巨大版
ただただキャプテン・リノをでかくしたもの。
今回持ってくるにあたって、レジャーシートを用意し忘れていたので、新聞を用意していただき、
その上で床からプレイしてもらった。(俺入らず)
自宅でやったときもそうだったんだけど、重心の掛かり具合がパネエので、
7-8段積むのが精一杯だったようだ。

あと一個ツチノコさんが2人戦してたゲームを写真撮り忘れな上に名前失念してしまった、
今度聞いて補充しておこう。

てなわけで今回も参加して頂いた皆様に感謝!です。
次回も宜しくお願いします。

次回は12月18日(火)となります。
翌週になりますので参加予定の方はご注意下さい。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 157

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

冒頭ミスターがなぜか選んだゲームを並べ

「今日は日本製のばかりだねー」

と何か満足げだったので陳列模様を撮影。なんだったんだろう。

●重機りんりん-7

何かが違っていたのか、今日は重機からのスタートだった。
理由を聞くのだけども、そういう気分だから、と。そうか分かった。
おはじきをすくって建設カードを取るゲーム。

★観察できた内容
今日もショートゲーム5重機バージョンで。
今回はおはじき戻しをせずに、
最初にスプーンでがばっと必要以上のおはじきを掬うと
あとで困るよ、という状況を演出してみた。
意図は伝わらなかった。
ただの苦しいゲームになってしまったので、
一応今回はこういう話であとのほうはおはじきが無くなったのよ、と話をする。
おはじきマネジメントについてもうちょっとカードを絞り込むとかして
考えた方がいいかな。あまり考えすぎてもゲームに集中できないんだけど。

●ハピエストタウン-7

勝った、というのは何か一つの節目なのかもしれない。
定番町作りゲーム。

★観察できた内容
今日もやるわけだけど、昨日ほどお金に執着していない。
お金に執着していないんだけど、その分計算にリソースを割けていた感じかな。
書いていなかったけど、おつりの計算が超苦手。
普通の引き算はむしろ足し算より得意なんだけど、
繰り下がりが発生すると大混乱を来す。
よって、最初こそ5コインx2で10コイン取れていたけど、
そのうち計算がきつくなって5+1×5みたいな取り方をするようになっていった。
それはそれで合理的だとおもうし、もうちょっとこのまま様子見て
何が彼にとって最終解決なのか見守りたい。

●トーキョーハイウェイ-18

18回目か。まあ知ボド歴の中で2位だもんな。
久しぶりな気がするけど、大丈夫かな?
棒と柱を使って高速道路を建設、立体交差を作ったときに交差の上下に車が居なければ
手持ちの車を置くことができ、手持ちの車10台を置ききったら勝利。

★観察できた内容
久しぶりなので、5台ルールに変更、というか寝る時間間近だったし。
さてどうかな、と見てみると手つきがおかしい。
おかしいというか、眠いだろお前!w
なんてことない場所で崩しまくり。
本来崩してしまったら相手方に車を渡さねばならんのだけど、
立体交差出来る前にゲームが終わってしまうレベルで落としまくる。
結局3台くらい置いたところでミスター電池切れ。
ま、たまにはそう言う日もあるか。

中野フロチャに行ってきたのとその後の帰り道等

つまりはぶうねん会の帰り道中の話なわけですが。

前回のフロチャ時におもいきり忘れ物をしたので、
今回も上京ついでにフロチャ。
で、前回mさんが「ドミニオンセット揃っているのにやれないとは!」と
嘆いていたので、今回はmさんをまず呼んで
ドミニオン三昧のフロチャにしようかな、と画策していた。

ところが、というかそういえばに近い話なんだけど、
カイトに声をかけておいたら、当日になって新宿いるからええよ、の返答。
さらにぶうねん会で仲良くなったゆにさんもやってみたいとのことだったので、
結局4人戦になった。倍増。いいね。
やることはドミニオンだけなんだけど。というか反省レポートなんだけど。

つらつら場書いていきます。
1
木こり(3)、工房(3)、祝祭(5)、執事(3)、倉庫(3)、香辛料商人(4)、封土(4)、名品(3)、広場(4)、商人ギルド(5)、属州場-屋敷場

y 22
m 26
k 35
s 21

執事で廃棄進めつつ広場商人ギルドで作って行こうかな、

そう思っていた時期が、僕にもありました。

カイトがいきなり封土ルートにいったのでむちゃくちゃ焦る。
そして焦りはそのままデッキを膨らませ、
カイトは11金名品8オーバーペイを2連発。
平均金量を上げつつ封土が1枚5点という状況となり、
リードをそのまま守り切って勝利。
今見たら点数の桁も違っていた。封土恐るべし。
事前情報でゆにさんに
「カイトはどちらかというと未だ負けている方だけど、
 彼の奇策というか後追いしない戦略は大変為になります。」
と言った通りになってしまったw

2
詐欺師(3)、引揚水夫(4)、造幣所(5)、大衆(5)、馬商人(4)、神託(3)、不正利得(5)、宿屋(5)、武器庫(4)、偽造通貨(5)、属州場-屋敷場

y 29
m 22
k 8
s 23

こちらもむつかしい。
とりあえず大衆不正利得でアタック偏重で組もうかな、
と考えていたらいつの間にかゆにさんに持って行かれていた。
偽造通貨俺しか手だしてないし、
でも俺のハンドが3ターン目までずっと4金だったんで
どうすればいいか大変悩んだのは事実。

3
村(3)、鍛冶屋(4)、役人(4)、願いの井戸(3)、Courtier(5)、拷問人(5)、ゴーレム(4+P)、村落(2)、豊穣の角笛(5)、地下墓所(5)、属州場-屋敷場

y2
m22
k 3
s12

よくみたら村鍜冶だった。
カイトが5金スタート拷問人だったので、
あとはmさん俺カイトの3人で拷問レースばっかしていた。
いやー拷問人やーね。
というわけでゆにさんには次拡張海辺か繁栄かをお勧めしておいた。
今売っていれば帝国勧めるんだけどなー。

4
中庭(2)、貧民街(3)、SecretPassage(4)、破壊工作員(5)、海賊船(4)、航海士(4)、念視の泉(2+P)、大衆(5)、大使館(5)、略奪(5)、属州場-屋敷場

m 24
k 30
s 15

ゆにさん帰宅だったのでここから3人戦。
破壊工作員で破壊したいなー、前の2戦負けてるしなー
という感じで、念視から破壊をセットアップする準備を整える。

整える。

整えて、
整えた時点でmさんが属州3枚買ってるし、終わったw
一応念視で相手透視してから海賊船やら破壊が打てたので、
勝負に負けたけど試合には満足。

ここまでやって23時。さすがに解散するかということで解散。
毎度毎度相手がいてくれて本当にありがたい。

mさん邸にて宿泊。その後…横濱紳商伝DUELを一戦。

しかし寝起きでいきなり紳商伝やってみるのは如何な物かと思う。
あれか、なんかの合宿?

その後、やはりというかドミニオン。

5
鉱山(5)、停泊所(2)、巾着切り(4)、ブドウ園(P)、香具師(5)、農村(4)、魔女娘(4)、採集者(3)、墓暴き(5)、名品(3)、<災>陣地/鹵獲品(2)、[イ]保存(1)、[ラ]汚された神殿、属州場-屋敷場

m39
s35

いやわりと計算はできていたつもりだったのですよ。実際4点差か。
香具師陣地を中心に据えたんだっけかな。
結局死にそうだったから助けたんだけどな。
まず財宝が6個あるので、被弾覚悟で採集者を集めまくる。
未だに覚えているが、5ターン目で9金2購入が出たときに、
コイントークン3持っていたんだよね。
11金2buyで属州と…なぜか銀貨をぶっこむ、意味がわからない。
お疲れモードだったということで見て貰うしかないっぽいが。

mさん邸を辞して、
予め合流する予定だったKalabarゲーム部部長こと
池田さん(@urakihi)と調布で合流して帰宅。車で。
そもそもの話、ぶうねん会終わったあとで、
翔さんが18会(2018年ゲームマーケットに初出展したサークルの集まり)の
交流会を開くということに気がつき、
急ぎKalabarに連絡してあーだこーだなって池田さんが参加することに。
もともと3人くらい居たら前バスに乗せて貰ったし
今度は俺が運転で3人くらいだったら一緒に上京しようと画策してた。
ところがだいちさんが参加できぬとわかって、
そこからバスとろうかなとか考えているうちに、池田さん参加となって今に至る。
大会の結果は申し訳ないが正直よくわからない感じ。

池田さんとずっと北上しつつ、これからのRed i GAMESの話とか、
喋りながら帰宅。

と思うじゃん。

俺ですから、当然やるんですよ、車の充電中に、サービスエリアで。

●クロxクロ

なにげにKalabar勢とやることなかったし、今回池田さんとやれて
大変満足。負けたけど。
途中で池田さんが「テントウムシって共食いできませんでしたっけ?」
と言ってたあたりが超面白かった。
サービスエリアゆえあまりはしゃげなかったけど。

ちなみに共食いはない。

クロxクロを展開した時点で長野まであと1時間くらいの場所。
ケリがついてから池田さんを駅まで送り、
自宅に帰宅時間は予定より1分遅れで到達した俺わりと頑張った気がする。

というわけで気がつけば、いや気がつかなくても
2日間ゲーム漬けの日々でした。まさか高速ででもやるとは思えなかったけど、
それはそれで大変貴重なタイミングだったかも。
皆様お疲れ様でした、というか俺も疲れたのでここまでにして寝る…

と思うじゃん。

このあとミスターとまたボドゲしましたから。
ボドゲがないと禁断症状が起こる人みたいなことになっている。

ぶうねん会に行ってきたヨ 2年目

ボドゲブログを書いている(という前提の)ボドゲ忘年会、ぶうねん会
3回目開催にして、俺も去年とても楽しく過ごせたので、
距離は遠くなったけど参加。まっさきに参加表明。
そんなわけで行って参りました新橋へ。

会場は去年とまったく同じだったので、迷いもせずに10分前に到着。
そういや去年はマイベストゲーム「キャプテン・リノ」を持ち込んだので、
今年はマイベストゲーム「ボツワナ」を持ち込もうとしてたのを
会場についてから思い出す。まー他のゲーム持ってきてたからええか。
10分前に到着したんだけど、わりと人おらんかったので、
@TakeWatchGoさん、すごろく小僧さんと雑談して待つ。
(@TakeWatchGoさん、ハンドルネーム出していいのかわからんかったので
 とりあえずツイッタIDで表記。)

その後概ね人が集まったところで自己紹介。
今年のお題は「自分のボードゲーム環境」
喋ったことは大体このブログに書いてあることと符合するので割愛。
フットワークはむしろ軽くなったとかなんとか。
電車で都内まで往復みたいなことがなくなったのが本当に大きいな。改めて。
kurumariのしょう(@sho_kurumari)さんが全体ゲームに言及したので、
負けていられるか、俺もということで宣言。

「去年ストリームス最下位だったので今年は1位取って賞品全部持ってきます。」

と。

ちな賞品

自己紹介終了後…とおもいきや、遅刻した上野(@ueno_kurumari)さんが到着。
上野さんの自己紹介終了後に自由時間というか歓談&ボドゲタイムスタート。
つか自己紹介開始時点で上野さん寝起きだったんだから
よく間に合ったよなあ…w

というわけでやったゲーム

●タイムトランクマン

東京ゲームメイカーズ作、デザインは去年もお世話になったオグランドさん。
いやオグランドさんには毎回いろいろ圧倒されてんので、
今回のゲムマのはきっと面白いに違いないとメカニズムも大して確認せず
オグランドさんのツイートみて予約して購入した一品。
と書くと俺が持ち込んだ体になるのだが、
こちらはオグランドさん持ち込みの物。
俺はオグランドさんが参加することと、きっとご本人にインストしてもらえると固く信じて
持ち込んでいませんでしたw
予定通り?出して頂けたので真っ先に食いつく。
オグランドさんはインスト専従で、よしさん、上野さん、翔さん、俺の4人戦だったかな?
3つの時代の「(江戸)東京(ネオ・トーキョー)」を移動して遺物を購入していくゲーム。
勿論タイムトラベルしていくわけだけど、
手札は全員同じデッキ構成で、3枚のうち選んで一枚使用してアクションを行う。
アクションとドローをターン内で2度繰り返すと次手番。
タイムトラベルも、遺物を購入するための貨幣も同じ鉱石を使用する、
というのが非常にジレンマを生んでむっちゃ面白いゲームだった。あー買って良かった。
やっぱしジレンマゲーム(んなジャンルはないと思うけど)大好き。
考えて、考えて考えた挙げ句、勘で処理するわけですけど。
なんとか先手番で16点逃げ切り勝利。
癒着が成り立てばとかチーム戦にしてしまえばとか、
いろいろな思惑が作れそう。

●トポロメモリー

とまと100%(@tomatoman777)さん持ち込みのゲーム。
それ以前からついった内で長野ニアミス話とかしてて「いやいや同卓したいっすね」と話していたので
ねんがんの同卓なったぞ。
ゲーム内容はなんと説明すればいいか。
場札が配られる。
場札にはいろいろな文字だの記号だのが書いてある。
その記号の要素(1オブジェクト、穴が2つ)みたいな要素を合わせて2枚組を獲得し、
沢山獲得した人が勝利なかるた。うん、これ子供もいけますわ。
とまとさんとしばらく遊んだ後、けがわさんが参戦。
「俺強いよ」とけがわさんが自称して入ってきたけど本当に強くてびびった。
ゲムマでわりと俺のTL回りでやってる人多かったから、
やっとやれてかなりの嬉しみ。ポチっとこう。

クロxクロ

やってはいない、実は。
インストに徹した。
いやいやこれ面白いんだけどちょっと知れ渡ってないだろうということで
持参したゲームでは最低限これ出そうということでスタンバッていました。
とまとさんとオグランドさんにやっていただく。
目標としていたインスト2分半は達成。
大事な部分は「花を咲かせること」なので、
そこと、札の出し方を説明してぱぱっと1ゲームやって頂いた。

と書いたところで、俺自身のブログでまったく紹介していないことが判明した。
16マス内で互いに数字を出していき、直線or2x2のマス内で1234を揃えると花が咲く。
花を咲かせると勝利点がいただける。
概要はそんな感じで、
あとはテントウムシ札があって、アブラムシ札をゲーム中一回用いて
何か数字を食べさせるとテントウムシで上書きできるとか、
手札の数字は手札の枚数分の数字までしか出せない等のルールあり。
シンプルながら面白い陣取りです。

いや俺が売りたいわけじゃあないんだけど、やって貰えてよかった。
売りたいわけじゃあない、でも売りたい、そんな気持ち。
ともかくRed i GAMESを応援したいというか。

ここまでやったところで軽食が運ばれてくる、
概ね去年と同じ構成?と思いきやちょっと高そうな肉も運ばれてきた、肉いいぞいいぞ肉。

場がこなれてきた具合で全体ゲーム

メトロックス

いや実は持ってるんすよね。これ。
修行している時間はまったくなくて、一人用やったきりですが。
(プレイ人数は1~∞)
山から引いた数字札に対し、各プレイヤーが持つ地下鉄路線図ボード(というか紙)に対して
進むべきマスに○をつけていく。
単純に○つけてって路線を全部埋めれば良い。
良いのだが、他の路線と交差した場合は途中でストップしてしまうので、
数が無駄になってしまう。
その他スキップあり数字や、フリー(1マスだけどこでも埋めて良い)などもあり、
場の全員がどんどん違った路線を形作っていくことになる。
さて、今年は去年と違って曲がりなりにも所有しているゲームだ、
一人用でやったときもなにげに38点とか出ていたのでいけるやろとおもったら

18点。

もう一度言う

18点。

20点どっかいった。
まじかよ今年も最下位かよやべーよとわりと本気で気を揉んでいたら
上野さん17点。
うおっしゃ去年より順位1個上がった!!!(深い悲しみに包まれた)
賞品はタイニーエピックウエスタン…のトランプ。
本編はたしかポーカーやるボードゲームのはずだけど、
それのトランプ部分が独立したのかな?
ありがたく頂戴いたしました。せっかくだからすき焼きポーカー会に持っていこうかな?
インスト+数次札読み上げはhal_99(@hal_99)さん。お疲れ様でした!
そして終わった直後はなにげにショック状態でスコアシート写真取り忘れw

一通り終わった後で恒例のデザートが運ばれてくる。

ここまでで残り1hくらいになってしまっていた。
あれ去年よりやったゲーム少ない気がするゾ?
(多分自己紹介とメトロックスが分厚かった。)
ラスト1ゲーム、それでもなんとかやりたいとおもっていたところで

●ウサこまはゾンビになりたくなくて困っています

3-8人用かな?今回はたしか7人。
脱出ゲーム。ウサギこまとゾンビウサギコマのおっかけっこ。
基本的にはすごろくだけど、マジックメイズのごとく、
宝箱を開けて鍵を取り、扉に到達してゴールすればウサギの勝ち。
マジックメイズのごとく部分は、エリアの切れ目に行くと次のエリアカードをめくって接続していくところ。
ここんとこ立て続けにこういうメカニズムのゲームやってるな。
ゾンビは2ターン目からダイスを振ってウサギをおいかける。
ウサギに到達したらダイスバトル。同数以上だったらゾンビの勝ち。(ウサギがゾンビ化する)
ウサギを全員ゾンビ化したらゾンビサイドの勝利。
つまりゾンビ有利。セットアップも7人だと4人ウサギ3人ゾンビ。
フロアタイルは全部めくったけどラストの荒屋敷さんがゾンビ化してゾンビ勝利。うーむ悔しい。
(俺はウサギサイドだった)
荒屋敷さんがラスト能力カードを所持し、ダイス2個振れる対決だったのに
それでも負けたのが今回のハイライトw

今日はぶうねん会終了後にフロチャにてドミニオンが確定するくらいドミニオン好きです、
と自己紹介していたらふうかさん経由でゆに(@tubutubu245)さんも是非行きたい!とのことだったので、
同卓してもらうことに、というかゆにさんと一緒に会場を後にすることに。

今回は前回より知り合いが多かったこともあって、
もうちょっとお話ができればなーな感じだった。
結果論だけどメトロックスが長かったのかな。
これを書くために去年の記事読み返したけどやったゲームが半分だったな。
心残りはそのへんと、usalapbitさん恒例のフランスゲームに参加出来なかったこと。
俺とオグランドさんが双方同じ質問「GUILDES欲しいすけど」と言ってたのには笑った。
いやいいゲームなんですけど手に入らない。
あとでふうかさんの記事みたら終了後残った人で飯いったとあったので
来年があったらそっち参加してみようかなー。

ともあれ、今年の〆としてはやはり素晴らしい会だった。
機会あらばまた参加したい、とは去年言ったことだが、
来年も是非参加したし。


昨年去年の札を並べてみたんだぜ。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 156

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ハピエストタウン-6

町作りげーむ。もう6回連続でやっているのに、
そして毎回敗北しているのにニコニコと次のゲームを開始するあたり、
心底刺さっているのだろうなと逆に感心。
俺が将棋覚え立てのころをすごく思い出す。
あれも小学2年のときで、毎回父にコテンパンにやられていたなー。

★観察できた内容
まず結果報告。初めて、ミスター6回目にして初めて勝利。
おめでとうございます!!
このゲームでは特に手心加えることなく普通に打とうと決めていたんだけど、
今回は悪く言うとプレイミス、1手番買わないターンが発生したのと、
インフラカードを取ることができなかった、取れる組み合わせを作っていなかったのが
最大敗因。手札差出ていたらそりゃ勝てない。
ミスターは地道に買い続けていた。彼が考えられる限りの知識を総動員して。
端から見ているとミスターはふざけつつやっているようにしかみえんのだが、
本当に必死に勝ちに来ている。素晴らしい。
お金をどう出すか、についてはなんとなく分かってきたので、
今度はお金と勝利点のバランスが見えてくるといいんだけどな。
とりあえずはお金をきちんと出してハイコストを買う、という行動にまでは
わりかし結びついてきた感じではある。えらい、いいぞ、もっとやれ。

●重機りんりん-6

建設ゲーム、と書こうとしたが、解体作業とかも勝利点に含まれているので、
重機ロールプレイゲーム、とするのが正しい表現なきがしてきたゾ。
本日も短縮プレイ、なんだけど、ミスター的にはこのくらいの長さがしっくりしてきた感もあり。

★観察できた内容
今日はちょっと本気出す、というか
ミスターがハピエストタウンで浮かれまくっててなんか勝利点取りに行ってなかった。
俺は逆に黙々と難易度4の工事を完成させ、
4vs2で勝利してしまった。俺初勝利。
でもなんかミスターがハピエストタウン勝利の余韻がものすごかったので、
普通に「パパおめでとー」と言われてお祝いモードになって終了してしまう。
短いゲームにするなら今度はエリアマネジメントの要素ぶっこんでみようかな、と
やりながら考えてしまった。
今やれることをやりつつも工夫がどんどん思いつける。
作者様に悪気があって言うことじゃあないんだけど、このゲームは未だ途中だと思う。
だから俺が完成させる、みたいな話ではなく、
だからこそ面白い、ということが言いたい。

●パカパカお馬-7

ラストはすごろくになる。
これが7回目ってことを鑑みると、ハピエストと重機すげえな。
本日は障害物なしでのレースとなった。

★観察できた内容
障害物なし、を選択したのはミスター。
ミスターから「ほんもののお馬は障害物飛べるの?」と聞かれたので、
余裕で飛べる、というか飛べないと競争できない、と真顔で答えてしまった。
ちょっと「飛ぶ」という単語の定義がズレている気がしないでもないが、まあいいや。
相変わらずミスターは★が出ると

「今持っていない蹄鉄以外の道具」

から取るように行動する。ASDらしいといえばらしい。
★はなんでも取れるんだから、蹄鉄なんていう一番小さいものではなく、
出来るだけ大きい物を取った方が安心できる、と推察している。
普通に考えると数の大小なんだけど、ミスターはまず形の大小だからな。
それでもというか結局はダイスゲーム。
今日は勝てそうだったらそのまま突っ走ろうかなと思ったけど、
最終的に出目差、1馬身差でこちらの負け。
運ゲーなんだけどバランスがほどよかった。

第五回ゆるドミin長野を開催しました。

私のブログを読むような方々ならすでにご存じ、
ゆるーくドミニオンをやる会、略してゆるドミの第五回長野会を開催しました。
参加者は14名。
年内最後だからか、いつもはポーカー会やる日だからそこからの流入メンバーか、
ルネサンスが入ったからか、いろいろ理由は思いつきますが、
ともあれ14名です。とうとうSUBBOX貸し切り状態になりました。超嬉しい。
入れ替わり立ち替わりはあったものの、MAX4卓立ちました。

ドミニオンの説明は「こちら」

入った卓回想
1.初心者卓
今回はヒラさんがまったく初心者ということで手厚く指導。
余談だけど昼間も別件で手厚く指導していたので、一日に2回指導という日に。
今回は俺のデッキを使えなかったのでSUBBOXの2版初心者デッキで立ち回り。
最初のセットを行ってヒラさんがもともとゲームと親和性高いことから
次は礼拝堂入りのちょっと変えたセットで。
なかさんにも入って貰って3人戦。
ヒラさんここで時間切れだったんで帰宅となったが、
次も絶対きます!との嬉しい一言を頂けた。

2.遠くからのゲストさんとやりたかったでしょう卓
詳細は書けないけども本当に今日は長野県中といっていいんじゃないか?
というくらい遠距離からも来ていただけて嬉しい限りだったので、
せっかくだからということで長野市に住んでいない人卓(俺も含む)を作成w

中庭 採集者 大広間 戦車競走 航海士 旗手 山村 学者 吸血鬼 狩場
属州場-屋敷場

せっかくだからルネサンスもノクターンも味わっていただこうということでこのセット。
4者4様の闘いだったはずなのに
1番手 ヒロキ  28
2番手 タカムラ 24
3番手 シニチロ 24
4番手 ワタゆた 28
という測ったかのようにキレイな点差?(差ないんだけど)になって終了。
旗の奪い合いにいくかと思いきや、みんな節度を守って最後の旗は俺がゲット…
とおもいきや2連続で山村タイミングで捨て札が切れるとか。
ものすごく思い出深い一局となってしまった。ヤッテ良かった、負けたけどw
手番差でワタゆたさんの勝利。おめでとうございます。
ヒロキさんにHex読んで貰って助かったーけど、Hexにも和訳貼っておこう…。

3.たけくらさん久しぶりですね卓
トモさんとは3日前にやったばっかりだが、たけくらさんとはお久しぶりなんで
比較的レギュラーメンバーで囲む。

隠遁者(狂人) パトリキ(エンポリウム) 城塞 生贄 策士 ヴィラ
庭師 王室の鍜治屋 軍団兵 ワイルドハント
(プ)輪作 (プ)城郭
属州場-屋敷場

何しようとしてたんだけなー、最初は狂人大爆発をしようと思っていたんだけど、
あれこれ+buyがヴィラかやめようと思った、思ったときにすでに手札に隠遁者が入ってしまってて、
うーん生け贄で潰すか、潰すなら、あれ城塞あるじゃん、
城塞ピンポンして引き切りワイハで勝利点トークンとれるんじゃね?
とおもったらたけくらさんがワイハいってたのでおっと5コスは他に策士先生あるじゃん
よしループしよう、とおもったところで6ターンくらい終わっていた。終わっていた。
いきなり輪作取りにいってしまったのも意味不明。だったら庭師で勝利点稼げよとか思うんだけど
いろいろ、あとの祭すぎ。でもなぜか3着とれてしまった。
とはいえ1位のたけくらさんに圧倒的差つけられてしまってたが。

4.ちょっとシャッフルした卓(たけくらさんとおすしさんチェンジ)
プラコロ場やってみたいということで適当に選んだ。
隠し財産 銀行 石切場 鼠取り 呪いの森 案内人 公共広場 市街
仮面舞踏会 民兵
(プ)城門 (プ)艦隊
植民地場-屋敷場

並べてから気がついたけど暗黒全然やってねーな今日。
それはともかく、自分でサプライ選んどいてなにするべ?になってしまった。
トモさんはさくっと公共広場買い切り、おすしさんも仮面でとっとと引き切りつくって
あとはトモさんとおすしさんに民兵打たれて仮面という悲惨な場になっていた。
おかしい、俺隠し3枚入れてるのに全然金量あがらんとか思っていたら
(そして打ち抜かれた金貨一枚だけだったのに)とっとと植民地買われて終了していたみたいな。
公共広場もうちょっと警戒すべきだったな、唯一俺だけもってなかったし。
あと民兵仕事しすぎw

というわけで4戦できました。やったら日付変わってたけどたまには。

反省メモ1:予想外の盛況っぷりに仕切りがおっついてなかった。
初心者卓が作れたのは救いだったけどそっからは参加するか仕切りに入るか超まよって中途半端だった。
トモさんとヒロキさんとワタゆたさんには特にその辺支えてもらった感じ。

反省メモ2:ワタゆたさん持参のセットで4卓立てられたけど、
スリーブ入りが2卓までしか立てられなかったので、
油断せずに俺の基本カードセット持参やadhocセット借りるなど、
ルネサンスノクターンをやりたい人の事考えるべきだった。

反省メモ3:同様にトークンやらを分配しておくべきだった、とくにコインとVP
ルネサンスからのキューブもあっという間に枯渇した、読みが甘かった。

反省点メモ:おぎやさんとセイウチくんと対戦できなかった、心残り。

月曜日のadhocではシニチロと同卓すると楽しくドミニオンできます、とお褒めの言葉を頂いたところだったので
もっともっと皆さんに楽しんで貰えるよう俺も工夫しなければならない。と決意を新たに。

結論からいうとみなさん0時過ぎまで楽しんでいただけたようなので良かった。
この場を借りて参加者の方々に御礼を申し上げます。

そんなわけで全身全霊で楽しませて頂きました。
みなさん楽しんで頂けていれば幸いですがいかがでしょうか。
次回は1月予定(詳細はまだ未定)なので、参加出来る方は宜しくお願いします。
もっともっとドミニオンの裾野が広まることを期待しつつ、継続することが大事ということで
今日のまとめにしたいと思います。