知的障害の子とボドゲを遊んでみる 131

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●キンダーカタン-2

猛烈に気に入っているジオラマ作成ゲーム。
そうだな、すごろく要素よりはジオラマ作成と言った方がしっくりくる。
自駒が動くのはすごろくだけど、最終的には市役所組み立てるんが目的だし。
今日はこれをやりたいこれをやりたいとアッピルがものすごかった。
そんなに気に入ってたか。

★観察できた内容
慣れとは怖い。
今日は2回目ということもあってルール説明はしなかったが、
いち早く完成を目指すあまり、すごろくが無茶苦茶雑になっていた。
本来というか、そこまで身勝手を許すわけにはゆかない。
見つけた瞬間に咎めることとした。
で、それが4-5回はあったんじゃあないかな。
悪く言えばズルだ。
結果を求めるだけで、なんの解決にもなりはしない。
結果を求めるあまり、過程を軽視するってのはおそらくパーソナルな部分も多分にあるんだろうな。
でもだ、仮にズルして建物を建てたとしてそれがなんになる?
という教育はこれはこれで必要な気がしてきた。
一回ズルを黙認して淡々と進めて一位とらせた上でなんも祝福しないパターンとかやってみようかな。

原則は黒服対応なんで、ルール無視はゲーム止めるかどうかの2択にしかならんのだけど。

●キャッスルフラッターストーン-1

入荷したてのゲーム。手前側の台は、実はスプリング入りの跳ね上げ板。
これを勢い良く叩くことで、スリットに置いた布製コウモリがゲームボードに飛んでいく。
中庭に落ちれば、1歩。窓をくぐれば2歩。堀に落ちたら動けないけど、お助けカード獲得。
先に頂上に登ったプレーヤーの勝ち。
かつてはたしかすごろくやさんで「こうもりの城」の邦題で発売されていたと記憶するが、
ジーピーさんが輸入代理店になってからはキャッスルフラッターストーンとなっている。

★観察できた内容
フライングキウイや空飛ぶチーズ系に続くなんか飛ばす系。
ただ今回は薄布のコウモリを飛ばすゲームだから飛びすぎやしないか、
堀に落ちまくらないかとかいろいろ心配だったけど、杞憂に終わった。
フタを開けてみれば大変楽しんでやってくれている。
事前に練習としてコウモリを数手自分で飛ばしてもらったのも功を奏したか。
また、ビギナーズラックかわからんが、窓くぐりを3回している。
考えてやったことではないと思うけど、とにかく素晴らしいので褒めておく。
そういうわけで当然ミスターの勝ち。
修行すればまた奥深き闘いが出来そうな気がする。

●Busy,Busy Airport-8

タウンかとおもったら久しぶりにエアポートのご指名。
まさか台風で水没した関空見たからとかそういうことなのか?
とあとで少し思った。
不謹慎極まりないんだけど、子供の視点、短期記憶はそんなもんなので
大目に見てやっていただきたし。

★観察できた内容
セットアップは随分慣れた物なので、今回は各旅行先について設置をお願いしてみた…ところ、
大変遠くに設置してきた。まあいいか。
お土産カード4枚を各目的地に配置する必要があるのだけど、
それもミスターにお願いした。半べそだった。
こういう些細なことから原因と結果について体で覚えてもらおう。
ミスターの戦法は相変わらず一点集中型。
マルチタスクが苦手ってこともあるんだろうけど、ことこのゲームに関して一点集中がとても役立つ。
お土産カードは1-4までの勝利点が書かれたカードが全4枚。
必然的に客をまとめたほうが最悪4失点で済ますことができる。
…ということまで考えていたら末恐ろしい子なんだけど。
今回は俺のダイス運わりと枯渇していて、
お土産2枚差の6点差負け。
運ゲーとはいえ、勝てるは勝てるんだからミスター好きになるわけだよなあ。

ミスターとボドゲを遊んでみて 第13回まとめ

前節が激しすぎたので、今回のゲーム会一回は
おとなしすぎるとつい誤認するが、これが普通。
いやもうちょっとミスターにはオトモダチを作って欲しいし、
遊んで欲しいのだけどもね、
まだまだこなすべき課題は多い。

●最近やったゲーム振り返り

おねだりマシーン
ワードバスケット
ファウナ ジュニア
ねことねずみの大レース
インカの黄金
ナンジャモンジャ ミドリ
トーキョーハイウェイ
アルボス
メイ・カー
かたろーぐ
ノアの箱舟
Busytown
穴掘りモグラ
どうぶつ旅行案内
3人の魔法使い
ウミガメの島
ペンギンの魚釣り
ヤギのベッポ
ラビットラリー
ブン・バン・ゴールド
ブロックス DUO
トイバー親子のまぐまぐ
空飛ぶチーズ
キンダーカタン

24種。
控えめになったと思ったが、前節より少ないだけで、
カウントしたら十分種類揃って居た。
書き出した瞬間はわりと唖然としていた。
案外いろいろ手出すものなんだなあ。

●ここ最近のミスター

薬のせいで地団駄を踏む回数が増えてしまったが、
最初の薬に戻して落ちついて、そして最初の薬が切れてしまったのでまた薬戻って
でもまあ当初よりは落ちついた…かな?といった感じ。
本人がどうしようもない部分でヒートするんだから、
やってる最中というかヒート時間が終わった瞬間はしんどいだろうなあ。と。
それはそれとして、必ずさんすうドリルは続けてくれている。
モチベーションすごい。
モチベーションを保つための共同体感覚の醸成が実を結んできたのだと思いたい。
ある程度ドリルを進めて、そもそも文意が分からないとか、
大小比較が分からないとかそういう根本的な事象にぶちあたったので、
数量比較のドリルに切り替えたけど。(比較の感覚がもどったら計算に戻る予定)
ミスターそのものの話じゃあないけど、あらためて保護者として教材を吟味すると、
まあいろいろ皆さん考えて居られる。本気で感心する。
いやまあ俺もいろいろ考えているけど、そこで金取ろうって話にならんもんな。
さてそこで俺もそもそもゲーム脳なので、
ミスターのやる気を更にあおるために、この様な表を作り

埋めていってもらっている。
現在レベル4に入ったところ。
レベルは実はどうでも良かったんだけど、レベル1、5、9の累計でご褒美を上げるという話はつけた。

●今後の目標

さんすうは超気長に進めようかプランなので、
一発逆転というよりは中学生になったときにカタンが出来ればいいかな、くらいの進捗で考えている。
良い感じに他人とのコミュニケーションもとれつつあるし、
なによりミスターが「お友達とゲームしてみたい」とか言い出すようになった。
なったのは良いんだけどまだまだコミュニケーションに課題があるわけで、
自分の事を出さないコミュニケーションを会得するのは
他人の事を慮るという段階を踏む必要があって、それは大分大分先だから
まずはきちんとした論理の組み立てから、かな。
関係なさそうなさんすうドリルで、突っかかったところがあれば論証させるように仕向けているので、
こちらも長期計画になりそうだけど。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 130

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(さんすうドリルのおかげか、数えることについて抵抗はなくなってきた。)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●キンダーカタン-1

たまたま手に入ったのは良かったんだけど、
手に入ったことをそもそも失念してしばらく寝かせていたのを今日思い出し、提供。
ミスターはそもそもこういうジオラマに弱い、とても弱い。
なので食いつきは最高レベルに近い具合。
ダイスを振って円形ボードを回す。自駒は固定。
止まったマスの資源をいただける。どろぼうマスに止まると1個資源を取られる。
資源を3種獲得すると、手持ちの建物を1個建築できる。2人プレイでは初期建物6個。
勝ち方が変わっていて、勝利点ではなく、
6個の建物を建て終わり、最終的に市役所を建てれば勝ち。
こちらは建物6個建てたのちに資源3種集めると建築可能、早い者勝ち。
本家と違って交渉はない。また、同種の資源はストックできない。

★観察できた内容
手持ち6個だし、案外長丁場になるかなと予想していたが、サクサク進んだ。
泥棒に引っかかったら不機嫌になるかな、と思っていたが、
こちらもすんなり進めてくれた。
泥棒にとられた、あいたたたーみたいな軽いノリで。いいぞいいぞ。
ただでさへジオラマ好きなミスターに立体造形物で、自分で建築でとか
好きな要素てんこ盛り過ぎて終始興奮プレイだった。
手番もよく守っていた。
むしろ建物建てたあととか手番ぐっちゃぐちゃになるんだけど、
そのへんも大変よく見ていた。
しばらくはこれの天下が続きそうであるw

●ノアの箱舟-6

なにげにバウザックにプレイ回数が並んだ。
同じバランスゲームでもこちらのほうが数段分かり易いしな。

★観察できた内容
今日は俺がいつもやっているディーラーをやらずに、
場札を置いてミスターと交互に取る方式にした。
こちらが本来の方式だし、取るだけだからカンタンに出来るだろうなんだけど、
ミスターの選択肢を少しでも減らそうと今までは俺が配ることにしていた。
そうした理由は2つ。
まず今日は薬が良い方向に作用している。
もしかしたら直前にみたテレビが面白かったのかもしれんし、
一緒に風呂入ったのが面白かったのかもしれんし、
なによりキンダーカタンがツボだったのかもしれんし、
とにかくおりこうさんだった。
もう一つはこのゲームにそろそろ慣れてきただろうという判断。
結果として場札から一枚だけとる、は成功していた。
触れたら一匹引き取るルールもそのまま。
こちらについては一回俺がわざと動物に触れて目的の動物を置ききる、
というデモンストレーションをしてみたりした。
覚えていてくれればいいんだけど。
結局象の2匹目が最後まで残り、それを置いた俺が全滅させました、とさ。