知的障害の子とボドゲを遊んでみる 83

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●busy,busy Airport

定番となりつつある空港ゲーム、お使いゲーム。
今日はちょっと街と森を離れた位置に設置してみた。

★観察できた内容
わりかしコンポーネントが多いので、セットアップやクローズを手伝ってもらうのだが、
今日は盤上のお客様をセットしておくれ、と頼んだ。
したら興味深い事に、本来まばらに4つずつおいておけばいいお客様を
目的地別に4匹ずつセットしていった。
このゲームは目的地それぞれに1-4点あるので、
分散するよりは集中した目的地に達したほうが期待値が大きくなる。
(つってもダイスに左右はされるんだけど)
そこまで考えているとは思えないが、意外なところで拘ってきたのでメモる。
ずっと飛行機を持っていたい気持ちは大変わかるのだが、
きちんとお客さんを目的地で降ろし、お土産を回収し、
空港に戻るところまでやりましょう、と指導。
同時に相手の手番を待つことも指導。
しかしながら手番待ちについては、空港では空港のお仕事があるよ、とか
世界観にあった指導をすべきだったなー。

●キャプテン・リノ


ガキ使の影響で久しぶりにやりたくなったことは否定しないw
一緒に風呂に入っている最中に、キャプテン・リノはいかがか、と提案したところ、
快諾いただけたのでプレイ。
今日は予め本当のルールでやること、今まではミスターがやりやすいように
簡単なルールにしていたことを説明。

★観察できた内容
本当のルール、といいつつ各自の持ち札は5枚(本来2人戦は7枚ずつ)
基本的なゲーム構造は今まで守っていたつもりなので、
あとは各カードの効果とミスターが手に手札を持つという物理的な部分のクリアが
このゲームの障壁となっていた。なんとか障壁クリア。
ツイートには書いたのだが、スーパーバトルと混同して、
手番の最後でリノ人形を動かすと思い込んでいたのが、
実際は手番の最初のフェーズでリノ人形移動なので、それに準拠。
結果8階作成時点でミスターの手札がゼロになって勝利。
いや普通にできたし、なにげに階層記録も更新だ。素晴らしいぜミスター。

●かたろーぐ

定番、間違いない。プレイ回数も1位じゃねえかな。
余談だが、所持118種のゲーム中、ミスタープレイ済みは34種。
種別までチェックしたから今度は回数チェックでもしようかな。
内容はいつも通りの神経衰弱ルール。
風呂場で「ぼくかたろーぐが一番スキ!」といってたので、
ミスター的にも不動の一位なんだろう。それはそれで良いことだ。
ランキングがこんな処でも役に立つとは。

★観察できた内容
ミスターの石置きからスタート。
俺が消防車にランキングをする形になるが、
前回からシートを最初に作ったものに戻したので、正解率は下がってしまった。
今回以後はしばしハシゴ車中心のランキングにしていこうと思う。
ミスターのランキングもブレる。大分。
初見は赤い乗り物が好きとかそういう傾向があるかもしれない。
パパがラジコンでもっていたものはランキングが高目だが、
それでも赤い乗り物にはかなわないらしいw