知的障害の子とボドゲを遊んでみる 67

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校二年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●ビークルメモリー

働く車神経衰弱。かたろーぐがやりたいやりたいと言っていたわりに
最初に指名があったのはこちらだった。

★観察できた内容
取れてるときは気分が良い、取れなくなると機嫌が悪くなるはどんな人もそうだとおもうが、
感情の起伏が激しいので、取れないときの落胆が半端ない。
トータルの数をみていないのでまだ大丈夫、という発想がない。
一度見た絵札で、外れたものをもう一回チャレンジしようとしてしまう。
A、Bという札をめくった時に、Aのもう一枚を探すために
大体はA,B以外の札をめくりに行く⇒AorBが出れば先ほどめくったどちらかをめくって取る、
というのが普通の発想だとおもっていたが、
ミスターは最初のAを基点にすることにこだわる。何故こだわるのかが分からない。
このへんホワイトボードで図式化して教えてみようかな。
ちょっとでも痛い目に遭うと逃げてしまう。立ち向かうべきときに立ち向かわない、というのは
さじ加減はともかく、ゲームやる上では好ましくないと思っているので、
その辺のメンタルコントロール?についても考えたい。
メンタルなのかどうかも分からないんで?と書いてしまったけど。

●かたろーぐ

新版出ましたな、かたろーぐ。新版の石(というかパネル?)はものすごく良いけど、
ハートトークンが木製になったのがちょっとしょんぼり、は良いとして、
なんだかこちらも定番になりつつある一本。

★観察できた内容
きちんとゲームの体裁にはなっている…はずなんだけどなんか違う。
多分俺もミスターも「競う」から脱し切れていないので、
シンクロ率が高かったですよ、という結果に納得できていないw
ミスターは相変わらず順位決めが苦手というか俺に石を置く場所を指示したりする、
いやそうだけどそうじゃないんだ、と思いつつ石を置き直す。
これはもうご機嫌取りのゲームに近しいのであまり無茶はできんな。
そろそろ新しいゲームボードを作ろうかどうか。
本当はgoogle画像検索の画面とか出せば一発なんだけど、
それやるとキリがなくなると思ってやっていない。
もう少し回数重ねてなじまないとだな。

●タイニーパーク

ゲムマ戦利品のうちの一つ。
5個のダイスを振って出てきた絵柄に対応した遊園地施設ピースを取り、
自分のプレイヤーボードを埋め尽くしたほうが勝利。
最初にダイスを作るためのシール貼りをするのが地味に面倒だった。

★観察できた内容
「パーク」という文字見ただけで興奮できるくらいの遊園地脳を持つミスターなので、食いつきは良し。
「タイニー」の意味がわからないから「テーマパーク」と連呼していたがw
ダイスが2cm角ないくらいなので、絵柄が判別しずらい。
サマリーではないが、各絵柄の名称を書いたシートが添付されているので
それを傍らに置き、なおかつ出目を俺が口頭で繰り返す。
ダイスを振って出てきた絵柄について、必要なピースに対応できる出目がなければ
3回まで振り直し可なのだが、それをどう飲み込ませていいのか分からなかったので、
ひとまず目的のピースがなかった場合には振り直して良いよ、と口頭指導。
というわけで見て判断する部分を著しく損なってしまった気がするので、
継続しながらやりかた模索。物は良かったと思う。
終了後、パパもパークを作ってと言われたので、本来のゲームではないが俺もボードを埋めた。
その後、その埋めたボードに遊びに行くという小芝居が始まった。なるほど。
で、片付けていたら「更地になってしまった」と残念がっていた。なるほど。
さらに「また遊びに来てねー」と突然店員になるロールプレイまで始まった。
ミスターは無類の観覧車好きなのだが、観覧車がなくて深い悲しみに包まれていた。
もっとも遊園地であればとりあえずの線は越えているらしいので、また是非、とのことw

ゲームマーケット2018春と中野フロチャに行ってきたヨ

住み家は大分ビックサイトから離れてしまったが、こりずに行ってきましたゲムマ春(5/6の回)。
メンツは俺、アシュくん、ゆっけ、カイトの4名。
今回はカタログと入場券が一緒になったとのことで、
おおまた元にもどったかやるじゃん、とおもったら
普通に分厚くなってお値段も倍に、いや参加費ならば喜んでお支払い致しますが。
どちらかというと持ち運びにくくなったインパクトの方が大きくて、
いかにしようか思案したが、結局電子化、ということで落ちつく。
マーキングは前日くらいにすればいいか、とおもったら盛大に読み違いしてたし
一覧性が低いから、次回はマーキングしたPDFを印刷して持ち歩こうと思った。

今回は前日入りしたので特段遅刻も無く会場入り…とおもいきやカイト体調不良にてちょい遅刻入り。
個人的うっかりでずっとノートパソコンを持ち歩く羽目になっていて、
それの搬送用に手提げがほしかった。「すずめ雀」がほしかったとの利害が兆一致したので、
まずすごろくやさんに突撃。
予定通りすずめ雀をゲット、ついでに「タイニーパーク」も買ってしまう。
ミスターが気になる系、とは思っていたがなかなか機会なくて買ってない系だったので。
ジーピーさんブースでウボンゴ3Dが2000円引きとあってしかも先着100名となっていたので
真っ先にジーピーさんブースへ向かうが、案外残っていた。
残数考えると多分午前中には捌けたんだけど、無事ウボンゴ3Dはゲット。
ついでに山羊のベッポもゲット。まさかここでベッポに会えると思ってなかったので迷いは無かった。
強力磁石でベッポを吹き飛ばすすごろくなのだが、ミスターがどんな反応するか今から楽しみすぐる。
そのままオインクゲームズさんブースへいき、気になっていた「ふくろと金貨」をゲット。
伝統的なあの大きさの箱…とおもいきや、さすがに高さが増していた。そりゃそうだよな。
しかもかなりずっしりしているw金属製コイン67枚はダテじゃあねえ。
会場入りして10分で速攻大荷物になったのでかねてから利用を目論んでいた佐川に荷物預け。
お次はチェックしてなかったけど気になったライフタイムゲームズさんブースにて
「空飛ぶカミナリ石」を試遊。

内容良かったし、ミスターにも親和性高そうだし、インストも簡単だったしなんだけど
箱が円筒形だったこと(収納しずらいんだ…)とそれなりに良い値段したので見送ってしまった。
あとから思い出した話、試遊したメンツにとまと100%さんがいた気がしたのだが、どうだったんだろう。
ぶうねん会で会ったきりで俺もうろ覚えレベルなので、失礼はいかんなと思って声がけ控えてしまってた。

ここからしばらく縦断かな、とうろうろ歩く。この間にゆっけがシープマッチを獲得していた。
俺はあとから回る予定の経路だったのでとりあえずK方面に向かって蛇行。
カナイ製作所ブースにて「LAUREL CROWN」を購入。直前に来てた人がカナイさんにサインもらってたが、
俺もやればよかったかなあ。そのときはたまたま空いてたし。

…こんな調子でつらつら書いているといくら書いていても進まない気がしたんでダイジェスト。
今回のゲムマの目的の一つである「ボドパス」をゲットするためにK23のブースへ…30分以上早く着いてしまった。
13時から受け取りだったのでまだ時間あまるなーとおもったら
kurumariの上野さんがいたのでついつい話し込んでしまう。kurumariの特典グレードアップが昨日までだったから残念、という話をしたら、
今日もやってますよ、とのこと。ありがたい。ありがたいのでなんとか食べに行く算段つけねばならんw
ここからしばらくチェックしてなかった系買い物…をいくつか。
個々のゲームは遊んでからレビューしようかな。

戦利品一部

またしてもミチトリを買っていない。
今回は買えなかったというよりもきちんと遊びきれるかどうかが不安でスルーした作品が多くて困った。

ゲムマ会場を14時過ぎに退出、アシュくんは別の用事をすませて合流ということで
中野フローチャートにGO。
中野はkurumariか迷ったんだけど、とりあえず交互に訪れよう、ということで今回はフロチャ。
というかオープン時間とか早々の空いてる雰囲気とか非常にありがたいんです。
今回は2回目ということもあってスムーズに行く、相変わらず少々歩く場所だが
ウエストエンドスタジオ行くまでの半分と思えばどうということはない。
というかウエストエンドスタジオが遠すぎる。
アシュくんとかソロだと迷うんじゃね。ということでゆっけに付近の写メを送信してもらっておいた。
到着後先客さんがいらっしゃったので、同卓することに。
予告?しておいたカレーを注文後、一発目のゲームは掴みが良さそうな
「奇々方ラルラのキラキラカルタ」
ゲムマ回っている最中に試遊卓があって、いやこれ読めねーよwwwwみたいなのが置いてあったので
俺とゆっけでそれぞれ1バージョンずつ購入してた。
内容はキラキラネームが書いてある絵札(というか字札)を取るカルタ。
キラキラネームなんだが、結構気合い入っていて読めない。
俺はもう1バージョンもっていたこともあり、今回は読み役として参加。
ゆっけが勝利。厨二力高い!(まったく自慢にならないw)

ここでもう一名お客が増えたので、やはり同卓していただくw
またしてもゆっけが取出したる「シープマッチ」
俺も買っておいてなんなんだけど、全然想像がついてなかった。
ババ抜き要素ってことくらいしか頭に入っていなかったんだけど、
ババ抜きをしつつ捨て札の絵についてのストーリーを展開し、
卓内voteで捨て札の可不可が決定する。あれこれ俺苦戦するやつじゃね?(ディクシットでダントツビリになる人)
アシュくんが合流するまでに3戦したが、蓋をあけてみれば俺2勝、
実際はチーム戦なので、チーム2勝。案外やれんじゃんこれ。メンツ次第な気もするけど今度ゲーム会にもってってみよう。

アシュくんが合流したところで6人でもやれるゲームを…ということでカイトが購入した
「世界でイチバンの国」開封。
手札の国カード7枚を手元もボードの要件(面積の最大最小、人口の最大最小…等)に合わせて配置、
他の人と順に実際の大小を競い、最大最小を出していれば場で競ったカードすべて獲得、
獲得したカード数で勝敗を決するゲーム。
アークライトさんで試遊したときからそうだったんだけど、カイトが強いw
引きに左右されるゲームだが、ブラフ要素もあって単純に引きだけのゲームじゃないのが面白い。

ここで最初から同卓してた方が時間で退出。
2番目に同卓してた方も一旦休憩ということで
4人ゲーム…今日買った「LOWREL CROWN」でもやるか、ということに。
剣闘士を雇って自分のデッキをつくり、闘技会にてデッキから剣闘士をプレイし、
剣闘士に書かれているダイス数や特殊能力で名声を獲得し、大小で競うゲーム。
バリアントで雇い方をドラフトにしたりとかいろいろ工夫もできるそう。
今回はオーソドックスルールで2ラウンド。
闘技会4ラウンド目まで名声を刻んでもわりと5ラウンド目で逆転されることが多いなと感じた。
記念すべき俺の開封なのにプレイ写真とってなかったり…。

俺の帰宅時間が近づいてきたので最後なにすっかな、とおもったが、
そういえば引越間際にゆっけ邸にてやれんかったAZULがやれないままになってしまっていたので、
あのときの約束を今果たそう、ということで
フロチャさんにあったAZULをプレイ。
なにげに初めての4人戦。
台湾版はスタートプレーヤーマーカーが樹脂製でちょっとうらやましい…。
ゲームはゆっけ、アシュくんが勝利。俺勝てねえなあ…。

微妙に時間があまったのでゆっけがオインクゲームズさんで買ったもう一つ、ナインタイル。
やるのは初。自分の手持ち9枚タイルをお題に合わせて並べ替えたりひっくり返したりする。
出来上がったときのかけ声が特に指定されてなかったので「ウボンゴ」とかゆってた。
アシュくんがかなり苦戦していた。そしてカイトは相変わらず初見つええ。
やってる最中に帰宅時間が訪れてしまったので途中でお開き。
細かいところをもちっと詰めたい感じがするゲームだった。
勝ちにいくのは覚える、かな。○を出すためにはこれとこれとこれが○が記されている
みたいな覚え方してた。
配置を工夫するとかでもよかったかも。○が出るカードは常に下段に置くとか。

なんだかんだで充実した一日になった。
帰宅時間を遅めに設定できたので思う存分に堪能できた。
次回も予算と時間が許す限り楽しみたい。