知的障害の子とボドゲを遊んでみる 49

ミスター(息子)のステータス
7歳(小学校一年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●オフビート

リズムゲーム?療育講座参加後必ず行くすごろくやさんにて
何買おうかなーと迷っていたらサジェストされてしまい、しかも刺さったので買う。
ミスター向けにしたいが、最悪ミスターあかんくても盛り上げ要素にはなるだろう、と
よく分からないまま購入。そういやこういうドキドキな買い物久しぶりだ。
内容は盤中央にセットされたルーレットに指示チップをはめ込み、回す。
矢印の位置の指示からアクションスタート、リズムは一定…のはずがだんだん早くなっていいらしい。
正直マニュアルだけだと把握むつかしいわw

というわけで珍しくプレイ動画とか貼ってみる

★観察できた内容
俺が把握できていないのにミスターが把握できるわけもなく、そもそも体動かすのは
大変な訓練を要するのにこんなゲームしてもいいのか、なんだけど、
とりあえずさわりということで、それぞれのアクションの把握、
パパと交互にアクションしてみよう、ということでやってみた。

両手で盤叩く、片手で叩く、シーっ!(ビークワイエット)とする、拍手、指鳴らし(できないときは「スラップ」という)
オーレ!と言う
の6アクション。
スラップはなじまないのでなんか別のアクションに差し替えようかな。イェイ!とかのほうが喜びそうだ。
オーレ!をやるたびに声量があっぷする。うちだからいいけど過剰な声量は勘弁してもらいたい、とお願いした。
可も無く不可も無く、とりあえず5分くらいやって終了。まだゲームは成立せず。

●ブン・バン・ゴールド

定番ダイナマイトアクションゲーム。ダイナマイト刑事と誤認されるような表記になってしまった。

★観察できた内容
両手で取って良いよ、と言ってあるのだけども、律儀にパパのマネして片手で1個ずつ取るようになった。
ということは周りを見てどうすれば良いか少し考え始めたってことかな。
楽しいことほどルールを守りたい気持ちが出てくるのかな。
些細な変化かもしれんが、いろいろ考えさせられてしまった。

そして、ついに32個を完全に自力でカウントした。5個ずつおいた。
これは極めて大きい変化と言える。よくやった。偉い。(もちろん褒めちぎった。)

●ゆらゆら海賊船

バランスゲーム。荷物は変わらず5個乗せ。
これはそろそろインスト書きたいな。大人同士でも楽しいと思う。
クリアまでが地味に遠いゲームだけど。

★観察できた内容
考えずに乗せられるのはどうも3つが限界っぽい。
こっそり手を添えて船を安定させたらきちんと乗る…ことを学習したようだったので、
「船をまっすぐにしてから乗せて良いよ」といったら
あっという間に5個乗せた。
では次回最初から「船をまっすぐ」指示を出してやってみよう。
もしかしたらこぼさずに乗せることができるかもしれん。