知的障害の子とボドゲを遊んでみる 22

ミスター(息子)のステータス
6歳(小学校一年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

これやる直前まで「昨日初めてミノルンとゲームしたけど、どうだった?」を聞き忘れた。
残念無念…。

●雲の上のユニコーン

宝石獲得すごろく。
ミスターがマス目見るの苦手かな、数字貼り付けようかなと思っていたが、
なんか普通にできちゃったのでそのまま継続。

★観察できた内容
まず挨拶に始まり、挨拶に終わるを実践したかったので、開始終了時にお互いに、礼。
拾得物慣れしたのか、宝石をじゃらじゃらさせて、個数を感覚でつかみ、
ゲーム全体の見通しを立てようとしていると見受けられた。
把握はできてないようだったけど。
プレゼントマスにとまったら、相手に「どうぞ」、貰った人は「ありがとう」と
宝石を差し出すのですよ、と指導したらすんなりやってもらえた。
ゲーム自体もミスターが勝利。
ここ最近勝利したときに喜ぶ、というのが定着してきたので、
そろそろ「勝ち」という状態についても慣れつつある。
ママも一緒に喜んでくれた、喜びがマッハ。

●くるりんパニック

昨日はミノルンにあわせて普通ルールで運用していたので、
今日はミスタールール(コイン1個ドロップでラウンド終了)に戻す。やっぱしこっちのほうがいいらしい。

★観察できた内容
そういえばいつもパドルを通常モードにしてたので、今日はエキスパートモードにした。
余り手心を加えずミスターの勝ち。
くるりんパニックは他のゲームと比べて勝ち負けが分かり易いのだろうか、
勝った時も負けた時もリアクションが素晴らしい。

●フライングキウイ

いつもは畳の上にゲームボードを展開するのだが、
机上に展開してみた。プレイ感はさほど変わらなかったようでなにより。

★観察できた内容
今日も一人で射出できたので、もうカタパルトのサポートは必要ないようだ。
横1列でミスター勝利。狙ってやったのかは不明だけど、
普通に勝利だったのでこちらがオーバーリアクションで喜んだ。
こういうのをもっと大事にしたし。

新居のお祝い

チハイロ邸の新居祝いにいって来た。
この話そのものはボドゲと切り離される気がするが、
コンテンツの8割くらいがボドゲだったので記録。
というかミスターが第三者かつ同い年とボドゲするのが初だったので是非記録せねばという思いのほうが強い。

到着後、ボドゲの話の前にお食事。
よじさんご自慢の本場たこ焼き&ローストビーフ&野菜
どれもこれも大変美味しく、多分死ぬほど食ってた。
全体量を把握してなかったので、多分、なのだけど。
記録なのでいつもの形式からちょっとはずす。
子供だけでやってないゲームも多数あるので。

●くるりんパニック

最初は俺、ミスター、ミノルンの3名でプレイ。
最初はミスターに併せてコイン1枚ドロップしたらドロップしたプレーヤー以外が
チップ1枚受け取るルールで5点先取制にし、俺1位、ミスター2位、ミノルン3位。
2セット目はヨジミちゃんを混ぜて4人プレイ。ミノルン1位、ミスター2位、俺3位。
(ヨジミちゃんは無敵プレイが発生したためノーコンテスト扱いw)
ここでミノルンに併せて普通ルール(コイン3枚ドロップで負け)を採用したところ、
やはりミスターにはむつかしいらしく、ふてくされ撤退してしまった。無敵の人はそのまま。
その後しばしミノルンとタイマンで過ごし、後にアシュくんをまぜて普通ルールでプレイ。
ミスターはふてくされっぱなし。
この辺ミスターのケア役いないと辛いことになるなあ、と思いつつ一旦〆。

●あぶない!工事中

ミスターとミノルンでプレイ、俺ディーラー。(本当はディーラーなどいない)
ミスター向けルールだが、いつもはいないミノルンというライバルが発生したことで
どうなるか、を見ていた。
結果、ミノルンの圧勝。そりゃそうだわな。
ミスターは3枚差くらいついたところで、差については理解していないものの
そんなにミノルンが連続で取ったら僕はどうすればいいの?とふてくされる。想定内。
どうしようもないし、ミノルンより早く揃えるしかないよ、とだけ声掛け。
ふてくされが継続してしまってミノルンに申し訳ないので、
俺が途中からプレイ。ミノルン3枚差で勝利。

ここまでで、やっぱしミスターには輪に入っていくもう一歩の勇気と、
輪に入れなかった場合の自己アジャストの仕方をもう少し練習しないといかんな、と。
急いてなんとかすることでもないが、親以外の第三者も必要だなと強く思った。

●キャプテン・リノ

ミスターには昨日手札切らしルールで仕込んでいたので
ミノルンにカード3種分のルールを教え、アシュくんにも入ってもらって4人プレイ。
階層は8階くらいでミノルンが崩壊させ、ミノルン以外勝利。
ミスターは気後れしていたのと、崩壊ルールに対する恐怖であまり積極的に参加してもらえなかった。
出来上がったら勝ちルールは親子なら通るけど、他人には説明しずらいんだよなあ…。

●スクラブル

チハイロ所有のボドゲ、マス目上にアルファベットのチップを置いて英単語を完成させて
チップに記載された得点を獲得していくゲーム。
初めてみた上に俺参加してないので感想は書けないが、面白そうだった。
というか次は是非やりたい。
今回は初の方々ばかりだったので、時間制約はとくになし…だったけど、
砂時計などで時間制限するとよりリアルだったかな、とは思った。

●虹色のヘビ

スクラブル中に手持ち無沙汰気味だった俺とヨジミちゃんでこっそりと遊ぶ。
コンテンツは山札から引いてきたヘビのパーツを繋げてヘビ作れ、なんだけど
2歳児に理解するのは不可能なので、
俺がパーツをチョイスして2-5枚を渡し、ヘビを作ってもらった。
とにかく繋がれば大拍手。喜んでもらえたようで良かった。

●ドミニオン

結婚祝いくだすった方々お礼周りシリーズ。
基本セットかつ「はじめてのセット」でよじさん、チハイロ、アシュくん、俺の4人プレイ。
結果はアシュくんの勝利。
インスト自体は手早く終わらせたつもりだが、
ゲームの指針を言ってしまうと楽しさがスポイルされると思い、
忘れがちな「属州を目指す」というところだけ強調した。
チハイロのカードの買い方みてて、最初の頃の自分を思い出していた。
とりあえずアクションを買って、なんかできることを増やして頑張ってみる、という思想。
というか俺未だにやるけどもw
終了後に鍜治屋の有用性だけしゃべったけど、とりあえずお金をどう集めるか、になっちゃうんだよなあ。
ドミニオンの妙ってのは人によってほんとに違うとおもうので、
あとはプレイで固めるしかないんだけど、それが物理的に難しいのがもどかしい。
面白いのにw

●キャッツパーティ

アシュくん持参のドラフトゲーム。手札から一枚キープしてドラフト、
キープ札が2枚になったところでどちらかの札をせーので開示。
同じ色のねこを沢山集めると高得点だが、同色の魚カードが開示されたら
ネコはその魚カードを開示したプレーヤーの元へ去ってしまう。
単純かつ面白かった。たまたま前日にギルドを遊んでいたので、
ゲームの要点は大体掴めた。わりに初手2ネコ出したりとか綱渡りだったけど。
初手魚待ち、が正しいのかな?

●algo(アルゴ)

いろんな処で見るので、面白そうだなとおもったが、カードが無機質すぎて手が出なかった。
チハイロが所有していたので渡りに船とばかりにプレイ。
…なにこれおもしれえ。
自陣には昇順にカードを並べる。攻撃役が山札を引き、公開せずに相手の陣に対してアタックする、
札は全体で白黒、0~11なので、ある程度アタックをすると
プレーヤーの陣容が判明してくる…ところをもう一度アタック。
アタック成立で陣のカードが一枚めくれる。
陣のカード全てがめくれたプレーヤーが負け。
対戦でもあるし、協力ゲームでもあるし、利害次第でいかようにも役割を演じれるところが好き。
もう少しやってみたい一品。
並べると結構なボリュームのゲーム会ではないか。
これだけやってまだやり残しが数点あるから大変だ。
帰りは渋滞避け回り道を選択したが、時間的に渋滞つっこんでも十分回り道に勝てそうな具合と
あとで判明してちょっとげんなり。
次は鳥会で会いましょう。お疲れ様でした。

知的障害の子とボドゲを遊んでみる 21

土曜日はミスターと遊ぶ>ぶうねん会>ミスターと遊ぶ、だったので
ぶうねん会の記事を優先して書いてたら時間なくなってログ書けずじまい。
よって今から記憶を掘り起こす…。

ミスター(息子)のステータス
6歳(小学校一年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

●フライングキウイ

2回目。結局平日俺が居ない間に練習はできたのだろうか?
とりあえず前回より明らかにうまい。

★観察できた内容
相変わらず片手ずつでしか操作ができないので、最初の内はカタパルトの保持を手伝ったが、
そのうち一人で出来るようになっていた。
その体験が嬉しかったらしく、ガンガン飛ばす。
精度はまだ甘い、というか狙いがよくわかっていない様子。
勝つ為にここを狙うとよろしい、と少しだけアドバイス。
一方で、「こうすべき」と言わないように気をつける。
上書きという概念はどこかできちんと説明しようかな。まだ早いか。
もう少し慣れてきたら壁なしで一回やってみようと思う。

●キャプテン・リノ

ゲームを選んでください、というモードだったので
久しぶりにキャプテン・リノを選択。
前回5階層積んだので今回は7階にしてみようぜ、と提案。
7階層つくったらその時点でミスターの勝ち、にした。

★観察できた内容
なんと、思い切りの良さがすこし減衰している、よく言えば少し慎重になった。
特に必要はないのだが、4階層以降は一緒に積み上げた階数を数えるようにした。
7階層も無事積むことができた。
成功体験としてとどめて欲しいので、都度ママに報告&撮影を行う。
自分の写真が大好きなナルシストっ子でもあるので、これも効果があったようだ。
というか毎回勝ちのときは撮影しようかな。それ自体がモチベーションになるフシもあるので。