ミスターとボドゲを遊んでみて 第2回まとめ

さて20回を越えたので一旦まとめよう。
ゲームそのものも大事なんだけど、振り返りもっと大事

●最近やったゲーム振り返り

14回までのは第一回のまとめに書いたので、15回目から。
イチゴリラ
雲の上のユニコーン
くるりんパニック
あぶない、工事中!
ピッチカー
メイ・カー
フライングキウイ
ピッチカーまでの導入は上手くいってたが、メイ・カーでの失敗はわりと痛い、というか
本人の不満足感を増してしまった。
とりあえず俺内悪い行いに分類しているが、不満足感を増してしまうことはなるべく避けたい。
ゲームそのものを忌避してしまうのが一番まずいので。
但し、俺自身がそこを恐れてはならないという難しい問題もあって、
キャプテン・リノ嫌いになったら困るなーということで
本人が求めない限りは基本的にゲーム出さないようにしているが、これはこれでいいのだろうか?という想いがある。
ここでそもそもの目的をもう一度確認しておくと、他者と関わる勇気の醸成も目的の一つになるので、
無理強いするわけではないが、互いにやりあえる状況ってのはうまく作って行かねばならないなと。
ミスターがピッチカーやりたがったら、次は俺がキャプテン・リノを提案する、みたいな状況はあってもいいと思う。
メイ・カーもせっかくあるので、もっと視覚的に分かり易い方向にもっていけたらいいなと思う。
他に並べたゲームはバッチリ合格ラインなので。
並べた中でベストはくるりんパニック、2位がイチゴリラ、3位がユニコーンといった感じ、他はまだ一回ずつのプレイなので
どのくらい刺さっているか測定できない。

●ここ最近のミスター

相変わらず失敗を恐れる。もうこれはそういう症状なので仕方が無いが、
完全性はとっぱらってあげないと、今後学校で苦労することが容易に想像できるし、
いま療育を受けている現状でその辺の訓練がなされてない感じなので、(できないことからは、逃げよとなっている。)
どこまでできるか、できるところまででいいからやってごらん、を落とし込むのに苦労している。
本人の中ではできるか、できないかなので。(とはいえ、出来ることに明確なイメージはない。)
失敗経験がより強力に作用している感じがする。キャプテン・リノも5Fまでしか作れなくなっているので、
ここは乗り越えどころなんだろうか?
くるりんパニックだけは食いつくので、アクションの問題かもしれんし、
積み上げた物に対してショックが比例しているのかもしれん。

●今後の目標

目標とはちょっと違うが、少なくともミスターの拙い部分が可笑しいとおもった時点で笑ったことが
本人的に失敗経験になっていやしないか、と心配している。
するだけじゃなくて、馬鹿にされたと思っていたことがあればそこはなんとか払拭していきたい。
やっぱりまだ勝負らしい勝負はできていないので、ここは引き続き。
再びキャプテン・リノで遊びきりたいな、あとは。