知的障害の子とボドゲを遊んでみる 8

ミスター(息子)のステータス
6歳(小学校一年)
文字…部分的に書ける、読める。
計数…1から順に指を折ればできる。但し20以上は怪しい。
計算…できない(算数の授業はとりあえず数字の書き取り)
会話…語彙が足りない、が、部分的に通じる。

本日-いつにも増して集中力がない。
おそらく連日とかいろいろ要因があって疲れている。
間にマリオカード8DXをはさんでしまったのも一因かもしれない。

●メイクンブレイク

10色の積み木ゲーム。ルールは昨日策定したライトルールで回す。

★観察できた内容
・本来は課題カードに描かれた色と合わせねばならないが、そこは無視して突き進む。
(色指定がないカードもある)
・思い切りは相変わらず良い、まあバウザックであれだけ積めるのだから
 最初から直方体しかない積み木は楽勝か。
・ただ、集中力が切れやすい。ゲームに飽きたというより別の要因が考えられる。
(自分の手番において、他の動作で目を引こうとはしない。)
・勝ち点はゲームチップという形に置き換えたが、若干効果があったようで、
 一緒にカウントすればどちらが「優勝」したか把握できていたようだった。
・人の手番の最中時計のボタンを押してカウントを止めてしまう。
 時計も操作したいんだろうな…という気持ちはわかるが、さていま説明してよいものだろうか。
 もう少し様子を見ることにして制する。

●くるりんパニック

こちらもいつも通りのルールで回す。今日も対面戦。
尚、夜になって畏友Tが加わったので、初めて3人戦も経験する。

★観察できた内容
・いつもなら2~3周するくるりんパニックですら今日は1週。やっぱり疲れているだろう。
・3人戦はコイン1枚だと止めるタイミングがわからないので、
 俺が銀行役になって、ロストしたプレーヤーが出た瞬間生き残ったプレーヤーに
 ゲームチップ配布、という形をその場で作ったけど、雑運用になってしまった。
 先に説明しないとミスターもなんのこっちゃだったかもしんない。
・レバガチャがない。元々そうだったけど、飛行機が飛んでくるタイミングはしっかりと見ている。
 無駄押しがない。これで適切な力加減で飛行機飛ばせればもっと強くなるだろう。
 防御のタイミングもあまり間違えない、もしかして俺よりよほどしっかり見ているのか?

●キャプテン・リノ

今日はそもそも食指が伸びなかった。伸びなかったけど、
3人戦を誘ったらこちらはきてくれたので、バウザックよりは若干上のステージなんかな?

★観察できた内容
・疲れているから、かもしれないが、自分の手番をきちんと待った。
 一回机の上に乗るがあったが、それ以外は比較的おとなしかった。
・相変わらず思い切りが良い置き方をする。というかわりと俺はガチでやって
 最終的に負けました。
・線の上にきちんと置く、というのはむつかしいが、
 なんとなく線の形に柱を置く、はできてきたし、キャプテンリノ人形は間違いなく移動できる。
・課題が見えてくる。手札を見て、相手のジャマをできそうなカードの置き方を…と教えようとおもったが、
 まずはカードの効果を一個一個覚えさせたほうが良さそうである。

疲れの原因は詰め込んだ知識が多いのもさることながら、
それを処理するストレス、守らなくてはという意識のストレスもあると考えられる。
だが最も問題と思われるのは「褒め」が少ないことと思われる。
俺もできるだけオーバーアクションで褒めるように心がけているけども、
やっぱり奥さんにも報告して褒められたいという感情もあろうし、
実際それが回復手段になっている節もあるので、次回はもう少し奥さん元気なときにしようかな。
奥さんにもそういう事情を話しておこう。
効果的な「褒め」のネタも考えておこう。