【インスト】ブラフ

・ゲームの説明
手持ちのダイスを振り、同じサイコロの出目がいくつあるかを予想し、
最後までダイスがなくならなければ勝ちのゲームです。

・やり方-準備
各プレイヤーはダイスを5つ、それを振るためのカップを一つ持ちます。
またボードの1の場所に赤のダイスを置きます。
プレイヤー数が6人に満たない場合には、ボード中央のダイス置き場に
ダイスを並べておきます。
その後、最初のプレイヤーを決めます。

・ターン毎に行う事
全員一斉にカップの中でダイスを振ります。
自分のカップ内のみ、振り終わった結果を見ることができます。

・手番が来たら行う事(一番最初の人)
自分のカップ内のダイス数を見て、
場に同じ目のダイスがいくつあるかを予想・宣言して、
ボード上の赤いダイスを宣言した数まで動かします。

 ダイスの数は実際の目と★の数の合計となります。
 たとえば「5/5/★」と出ていた場合は5が3個という数え方をします。
 ★自体も出目として考えるので、上の例の場合は★が1個という言い方もできます。

また、赤いダイスで予想した目と同じ目を上にしておきます。
この宣言は「(ダイスの目)が○個以上」という風に言うと分かり易いです。
(そう言わなければならないルールはありません。)

・手番が来たら行う事(2番目以後の人ずっと)
前の手番の人が立てた予想に対して、判断をします。
もし場に出ているダイスの目の合計が前の人の予想より多いと判断した場合には、
再び「(ダイスの目)が○個以上」と宣言し、ダイスをより大きい数字へ進めます。
また、同じ合計数でもダイスの目だけを増やすことは可能です。
現在1が6個と予想されている場で、
改めて2が6個と予想し直すことは可能です。
但し、数字を小さくすることはできません。
上の例で1が6個と予想されているものを4個と予想し直すことはできませんし、
5が6個と予想されているものを3が6個と予想し直すことはやはりできません。

もし場に出ているダイスの目の合計が、予想より少ないと判断した場合に、
「ブラフ」と言います。
その後、判定を行います。

例として前の手番の人が1が6個以上と宣言したとします。
予想通り(例:1が8個あった)→8-6=2個、ブラフと言った人がダイスを失います。
予想外れ(例:1が3個だった)→6-3=3個、予想を立てた人がダイスを失います。
予想通り(例:1が6個あった)→予想を立てた人以外の全てのプレイヤーがダイスを1個失います。

失ったダイスはボード中央のダイス置き場に並べて置きます。
判定終了後、赤いダイスをボードの1の場所に戻し、
ブラフと言った人から予想を開始します。

・終了
ダイスを失ったらゲームオーバーです。
最後に一人だけダイスを持っている人が勝利となります。