息子の宿題を監督してみる-第3話

まさかの連日監督。
というか夕飯までに宿題終えておくとかそういう習慣づけせんでいいのか?
(俺帰ってくるタイミングだと風呂まで終わっている)

今回の宿題は「線をなぞってから色を塗りましょう」という物だった。
わかりやすくいうと、塗り絵+線引きの練習。
線は縦線、横線、曲線、のこぎり波をなぞるというもので、
塗りについてはどこに塗れとも何色を塗れとも指示がない。
正直問題として不十分なのではないかと思うのだが、
知的障害者に対してのアプローチなので、何らか意図があるのかも知れぬ。
俺には汲み取れないなにかが。

相変わらず宿題への取り組みは素晴らしいの一言。
やろうぜって言ったら2つ返事で取りかかってくれる、本当に楽だ。
まさかこの人は勉強、机に向かうことが楽しいとでも思っているんじゃないだろうか。
楽しいからやるんだろうけどw
俺にはなかったと思われる感情なので見ていて新鮮。

今回も名前書きから開始。
次は線引きに取りかかる…のだが、
塗り絵の絵の線をなぞり始めた。(線引き用の薄い線は別途用意された欄がある。)
ひとしきり絵をなぞり、それから本来の線引きを終える。
ここで鉛筆を置く。
すわまた50点コースなのか!?とおもったが、何も言わないので、
「いろをぬりましょう」のところがまだですよ、と告げたところ、
塗り始めた。
 
  欄外を
       空色で。

なるほど想定外だった。
但し、塗りましょうとは書いてあるが、前述の通り色も場所も指定が無いので、
空を塗るというのはアリだ。流れに身を任す。
先ほど線をなぞった絵にはまったく触れない。
ある程度空が塗れたら色鉛筆を置く。
そこで絵の中を塗るかもしれないという期待を込めて
「他の色は使わないのかね?」と問うたところ、
今度は赤の色鉛筆を装備して、
絵の上に盛大なアーチをかける。
「なにこれ?」と問うたところ、
「虹」という返答。

なるほどな。空あるんだったら虹もあるよな。

ただ単色なのはどうなのかということで、虹には7色あること、を伝えた。
なぜ7とか色の順番については興味がなさそうだった。
とりあえず数色の色鉛筆を装備して輪状に持ってアーチ。
まあこれも線をなぞって色を塗ったことには違いあるまい。
ということで今回は100点をあげることとした。

息子の宿題を監督してみる-第2話

続きを書くことになると思っていなかったが、
昨日は妻が疲れていたようだったので、
前回に引き続いて宿題の監督を頼まれた。

今回もひらがなの書き取り…だったが、
前回のものとは趣が違い、余分なオブジェクトは見えず、
マスの上に薄く書かれた平仮名をなぞる仕様になっていた。
全部これでいいのに。

ミスター、基本的に取りかかりは素晴らしく良い。
えー勉強なんてー、ってことがあまりない。
2回しか見ていないのでサンプル少なすぎるが、とりあえず取りかかり良好。

前回と違って今回は自分の名前を書くところから始めた。
たった2週間で随分進歩した印象を受ける。

書き取りもすいすい始めた。
あいうえお かきくけこ
まで書いたところで、さたなはまやらわ、と横書きになっていった。
理由もなく横書きをするということは俺も実はよくやったので、
かけてさえいれば問題ないということで不問。

横書きをつらつら書いていたところで、
「ゆ」
で引っかかる。何故。
「ゆ」のみならず、全体的に曲線を含む文字は苦手なようだったが、
特段「ゆ」が嫌われる理由は考えられない。
ミスターの名前に「ゆ」が含まれるので
2回もこの苦痛を味わうのがいやだったのだろうか?
理由はわからないまま、続きを書き切って、「ゆ」以外の書き取りは終了。

どこが問題か分からないので、一緒に書こうか?と提案するも拒否。
では頑張って書いてください、と言うと「ゆ」の位置に×を付ける。
うーむ困った。
そのうち「50点でいいです」とか言い出す始末。
完全な答案を出したくない、ということなのだろうか?
話合いによる解決が難しいと感じたため、持久戦に持ち込むこととした。
つまり、待つ。

で、結局10分ほど待ったところで妻が限界を突破。
寝る時間だったしな。
結局妻が無理槍一緒に書くことで泣きながら書き取り終了。

問題点:
・どこに問題があるのかが分からなかった。
→「ゆ」が書きたくなかったのか、答案を不完全にしておきたかったのか。
 のどちらかの線だと良いが、それ以外に問題があった場合の解決の道筋模索。
・パパは結局問題解決していない。
→そもそもパパと一緒に宿題やることに拒否感がでないかどうかが心配。

ブラフのインストをしてみた

4泊5日という家族旅行に行ってきました。
うち3泊は私と長男のみで…旅行のことはとりあえず割愛。

一族で旅行にいくと必ず我が母がえんえんとトランプをやるので、
ここはいっちょ違うゲームも提唱してみようと思い、
初めてブラフ(http://amzn.to/2vlo2gD)を開いてみた。

とりあえず弟(36)弟の長男(10)我が母(69)と
普段のボドゲの集いではまずやらんようなレンジの年齢層にどうやってルールを叩き込むか。
逆にこのメンツに染み渡る要諦が得られればどんな状況でもブラフが楽しめる、かもしれないという
甘い目論見も少しあった。

以下言ったこと。
1.ゲームの目的
サイコロが最後まで残っていた人が勝ち。

2.やること
a.手番が回ってきたら場にサイコロの目が「○○個以上ある」といって赤いサイコロを盤上で動かす、
 もしくは、★以外のマスで前の数字より大きな数を「○○個以上ある」と宣言する。
b.前の人の宣言に異議を唱える。(ブラフと言う)

3.ブラフと宣言したあとやること
a.宣言通りぴったりだったら全員ダイスを取られる。
b.宣言通りだったらブラフと言った人が実際の場のダイスの数との差分のダイスを取られる。
c.宣言より下回っていた場合は宣言した人が実際の場のダイスの数との差分のダイスを取られる。

インストは以上6行程度にまとまるようにした。振り直しに関する条項は入れなかった。
実際にカゴをオープンにした状態で、全員ダイス3のままでプレイし、感覚を掴んでもらう。
その後、ダイス3のままプレイ。
しばらくして、俺のみダイス1でプレイ。

反省点
ダイス3なら予想が立てやすかろうと案じての配慮だったが、
逆にいろいろ考えさせてしまうこととなった。
特に弟がシンキングタイム長かった。
小学生は案外早くなじんだ。が、弟の次男(9)が入ろうとしたときに
「○○以上」についてのインストがやりきれなかったので断念してもらうこととなってしまった。
母はそれなりに理解していたものの、酒が入っていたため早々にリタイヤ。
上記に記した通り、「○○以上」と敢えて言わせたのは分かりやすかったようだ。
(実際には別に言う必要は無い。)
俺自身の手加減が下手。そういうブラフも考えにゃいかん。
もう少し絵的に分かりやすい部分をつくろうかどうか検討中。

余談
キャッチミー(http://amzn.to/2vkGXs8)を次に開催。
こちらはとっつきやすかったらしく、
おまけに翌日再開催のリクエストまできた。

シニチロハウスルールを以下に付け加える。

・下にタオルを敷く(ルールっつーかマナーだなこれ・・・)
・ダイスの指定色のネズミを持つプレイヤーが逃げればいいルールだが、
 指定色以外の人が逃げた場合もネコ交替というお手つきルールあり。
・ダイス振る役はネコ以外が交替で行う。
・3回捕まったら負け

本来はエンドレスなゲームなので、ちょっとだけ制限を付けた、ちょっとだけのさじ加減が好評でよかった。