こんな場所でも死ぬんです

ゼルダの伝説、買ってから1週間ほど遊んで、すぐにニーアがきて
そんでモンハンで、つまり全然今の今までやってなかったのですが、
モンハンが一段落したので再開。

あ、攻略記事を書くつもりはありません。

死にログです。
ゼルダそのものは大変面白いのですが、いかんせんアクションゲームが苦手なもので
わりとホイホイ死にます。
ゲーム全般が好きなことは疑いようもないんだけど、
いかんせん学習能力が弱いのか、沢山ゲームやっているわりにはどうも実になりません。
いややったゲームはいいのです、まったく進まないわけじゃあないし、
それなりの腕前には至っていると思う。
それが持ち越せません。
ほんで、今日もまた呆れる死に方をしたので思わずスクリーンショットを撮影したのです。
それがこちら

3本目の塔かな、現場は。
普通に登ればいいのです、ところが、
画像中の矢印の通りに進んでしまう。魔が差したとしか思えない。
当然矢印の先には突起があるので登れない。登らずにそのままおっこちて、死ぬのです。
どうして慣れているはずなのにこういうことをやるか。
原因は2点考えられます。

1.もうゼルダもいちいち数えるのがめんどいほどのシリーズやったし、
 他のアクションゲームも沢山やってるし、
 いまさら落ちる心配などしなくとも大丈夫だろう。
2.もしかしたらこの突起に対してひょいっと手をかけてくれるかもしれない。
 2Bならきっとやってくれる。

1は慢心からの油断、2は初見ダメーズたるがゆえの妄想。

この事故はたまたま撮影してたからよかったものの、
他にも凡プレーで死ぬこと多々あります。
いずれもいちいち撮影していませんが、
というか死んだ瞬間のSS撮るくせつけたほうがいいな。
ワンプッシュで撮れるんだし。

何が言いたかったか、
人間は都合の悪いことはすぐに忘れるか適当に置き換えます。
なのでゲーム中に起きた事故はすぐにログをとらねばなりません。
失敗に学ぶ、みたいなことを書き連ねようと思いましたが、
長くなりそうなので別枠でまた書きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA