こんな場所でも死ぬんです

ゼルダの伝説、買ってから1週間ほど遊んで、すぐにニーアがきて
そんでモンハンで、つまり全然今の今までやってなかったのですが、
モンハンが一段落したので再開。

あ、攻略記事を書くつもりはありません。

死にログです。
ゼルダそのものは大変面白いのですが、いかんせんアクションゲームが苦手なもので
わりとホイホイ死にます。
ゲーム全般が好きなことは疑いようもないんだけど、
いかんせん学習能力が弱いのか、沢山ゲームやっているわりにはどうも実になりません。
いややったゲームはいいのです、まったく進まないわけじゃあないし、
それなりの腕前には至っていると思う。
それが持ち越せません。
ほんで、今日もまた呆れる死に方をしたので思わずスクリーンショットを撮影したのです。
それがこちら

3本目の塔かな、現場は。
普通に登ればいいのです、ところが、
画像中の矢印の通りに進んでしまう。魔が差したとしか思えない。
当然矢印の先には突起があるので登れない。登らずにそのままおっこちて、死ぬのです。
どうして慣れているはずなのにこういうことをやるか。
原因は2点考えられます。

1.もうゼルダもいちいち数えるのがめんどいほどのシリーズやったし、
 他のアクションゲームも沢山やってるし、
 いまさら落ちる心配などしなくとも大丈夫だろう。
2.もしかしたらこの突起に対してひょいっと手をかけてくれるかもしれない。
 2Bならきっとやってくれる。

1は慢心からの油断、2は初見ダメーズたるがゆえの妄想。

この事故はたまたま撮影してたからよかったものの、
他にも凡プレーで死ぬこと多々あります。
いずれもいちいち撮影していませんが、
というか死んだ瞬間のSS撮るくせつけたほうがいいな。
ワンプッシュで撮れるんだし。

何が言いたかったか、
人間は都合の悪いことはすぐに忘れるか適当に置き換えます。
なのでゲーム中に起きた事故はすぐにログをとらねばなりません。
失敗に学ぶ、みたいなことを書き連ねようと思いましたが、
長くなりそうなので別枠でまた書きましょう。

忘れそうなこと、あるいは既に忘れているかもしれないこと

長男がマリオカート8デラックスに夢中だ。

前に日記部分でも触れたが、
マリオカート8にはハンドルアシスト機能なるものがついており、
それがあれば絶対にコースアウトはしない。
その機能自体を俺が使うかどうか、というよりも
それがあればどんなルール知らずの子供でも遊べる、というか
ゲームの体験ができるんじゃね?ということで、
とりあえず手を出した。
勿論アシスト機能そのものにもたいへん興味があった。
俺初見ダメーズですしおすし。

ある程度こちらで操作を把握してから息子に丸投げ。
するとどうだ、とても喜んでプレイしているではないか。
買い物大成功である。
もっとも、息子はそもそも競争という概念が曖昧なので、
(知らないわけではない)
レースゲームというよりはドライビング体験ゲームという趣である。

マリオカートデラックスでは様々なコースが遊べるし、
といいつつ、過去のコースも内包していたりするので、
おとなもこどもも同様に楽しめるし、そして懐かしめる。
レインボーロードSFC版は音楽もアレンジ版ながらそのまま移植されていて
高校時代を思い出しつつ少しほろりとしたものである。

過去、というかコースの中にはエキサイトバイクコースというものがあり、
もちろんマリオカートなのでサイドビューではないのだが、
エキサイトバイクをよく再現したコースとなっている。
息子はそこがお気に入りらしく、プレイすると必ず選んでいるので、
これはいけるかもしれんということで
3DSの「3Dクラシック エキサイトバイク」を遊ばせてみた。
エキサイトバイクのFC版が立体視対応となるだけで
中身はまったくエキサイトバイクそのものなのだが、
これも大好評だった。

というかそろそろゲームというものが楽しい、という時期なんだろうか。
2年前にスマホの絵合わせパズルをやらせてみたところ大好評だったので、
こりゃいけるかもしれんとおもってコンソールゲーム機、
このときはポップンミュージックだったが、やらせてみたところ、
コントローラーをいじるのがむつかしい、との理由で
断念してしまっていた。
どうやら現在はコントローラーにもなんとか対応できているようである。
自分がDVDみたいときにきちんとPS4の電源いれて
コントローラーからダッシュボード操作してDVD選択できるくらいには
学習しているしな。

ゲームの原体験について書こうとおもったので、
前提を書いていなかったが、
長男は軽度発達障害で、分かりやすく書くと
同年代の子供より1~2年分学習能力に劣る。
難しい漢字は読めるけどひらがなの読解に苦労する、みたいな。
そんな状態なので、特段興味がなかったゲームも
学習するまでに時間がかかったのではないだろうか。
習慣づいてないことは比較的すぐ忘れる。

俺自身はゲーセンに通ったのが4歳からだけど、
きちんとゲームを呈示された中で勝ち負けを競う、と認識したのは
おそらく7歳くらいから。
それまではボタンなりレバーなりを操作して、
効果が出れば大喜び、みたいなノリだった。
このへんが、もう忘れている。
少なくとも当時は感動的だったから未だにゲームやってるハズなのに。
ゲームというものをそもそもどこで認識したか、
勝ち負けをどこで意識したか、についても出来る限り思い出したい。
テレビゲームは間違いなくテレビテニスから勝ち負けを意識したんだが、
ゲーセンのゲームはおそらくポーカーからなんだよな。
どうやったら役になるかはともかく、
メダルが出てきたらおっけー!みたいな。

俺のようにはなるな、と思いつつ、
願わくば出来る限り原風景を、楽しさと共に覚えておいてほしいな、
と無茶な振りを息子に要求してしまう今日この頃なのであった。

追記:最初期に覚えているゲームメモ
ポーカー
クレーンゲーム
(ショベルカーみたいなクレーンでタバコの箱状のものを取り、
箱に記載されている枚数のメダルをカウンターで受け取れる)

以下はやったけどルールを把握していなかった。
トランキライザーガン(勿論ゲーム名はあとから知る)

ゼビウス

書いてみたら最初期ってこんなものか。
あとはやったかもしれんが覚えていない。
ゲーセンで、ビデオゲームとして始めてルールを把握して遊んだのは
実はピットフォールが最初かもしれない。