こっちの記録は永遠に(しときたい所存)

誰にも知られたくなかったとはいえ
サヨナラが言えなかった、言わなかったにもかかわらず
まったく記録も、語るべきこともなく埋もれていくのに耐えられなかったので
敢えてこっちの日記にも、我が大切な友人が亡くなったことを記録しておく。

Profile

image
Synitiro
すでに17年もダラダラ続けていたらしい

New Entries

Comment

Categories

Archives(208)

Link

Search

Login

Free