買い物-2

前回買い物についてで一通り買いたい物のリストをつくったのだが
実は最近になって続々新製品が登場してこまっているのである。
ここでもう一度おさらいでもしておこうかなと。

その1 VAIO typeS (VGN-S91S)
今現在所持している機種V505T4/Pの後継に相応しい。
ディスプレイがワイドになってしまっているが
ドライブが前面オーポンなので問題ないであろう。
というかオイシイ機種だなこりわ・・・(ノ∀`)

その2 iPAQhx3715
中途半端な型番の機種である。
そもそもデジカメ付きPDAとかあり得ないと思っていたのだが
なぜか惹かれた。
まずデジカメを持ち歩くことがない私なので
これを機にデジカメ使いたおすことがいよいよできるんじゃあないかという期待。
容量が実質倍増以上になったROM
なにより大きさが変わらないというのが一番の魅力。2mmほどの誤差があるんだが。
なにを措いてもこれは購入すると思われる。
実は一番の有力候補

その3 gigabeatMEG400
現在所持している機種がMEG200なんだが
たくさん曲はいるんだが、再生機能便利なんだが、リモコン使いづらいんだが
まあいろいろ弱点があって、それを補う形というか
中途半端にバージョンUPしているもの。
リモコンがまったくパワーアップしていないどころか
ネックストラップ型リモコンという完全に明後日を見据えた
斜め下のバージョンアップなんか怒りを通りこして感動すら覚えるわけだが。
とりあえずそれをすべてスポイルしてしまうほどの新機能
無線LAN接続可能・USB充電可能。に惹かれた。
買うなら無線アダプタごと買ってしまう勢い。
さりげに40Gくらいはほしかったしな。
しっかしリモコンが使いづらい伝説でも築きたいのかね、この企業は。
余談だが、MEG400を心待ちにしていたユーザーには
なんの告知もせずにいきなりFシリーズを売り出したことに
本日かなりの不信感を覚えた。
企業としてがんばる姿勢は大事だとおもうが。
ちなみにボーナスねらいなのでFが無線つきであれば
当然そっちにシフトする予定。

PDA放浪記

更新間隔伸びてきたな。うん、想定通り(ノ∀`)
とりあえず今日のお題はPDAと私。

PDAというものを使い始めてからかれこれ3年ほどたつ

俺のPDAの選定基準として最初にあったのは
・SDカードが使えること
・スケジューラが使いやすいこと
・WindowsCEであること(註:ファイル互換がスムーズと思いこんでいた)
やすいこと
以上の項目を満たし、なおかつお試し価格であればなんでもいいかくらいの勢いだった。

最初に手にした機種はCASIOのカシオペアE-700(http://www.casio.co.jp/pocketpc/e700/
なぜかムラウチの通販で格安だったのでゲト、ほんのお試しのつもりがこれがいかんかった。
PDA初心者にはカシオペアはマジお勧めである。

通常PCの世界では嫌われ者になりがちな標準添付アプリだが
どうしたことか、カシオのスケジューラはやたら使いやすかった。
というか未だにこれだけ別にパッケージ販売を切望しているほどなのである。
使い勝手についてはどうにも言葉では表現しづらいものがあるのだが。
また、この機種は入手した時点では一応型落ちだったので
この機種に関する情報も豊富にあった。
せっかくだからと買ったその日にオーヴァークロックしたのは内緒だ。
スケジューラの他にもPocketWORD、EXCELも満足いく使い勝手であった。
しかしこれだけでは使いこなすには至らないのもまた残念な点であった。
故にたくさんのソフト、最低限これだけはのソフトをいくつか見繕ったのだが
その話は次回に。
本体重量と少ないメモリさへ我慢できれば未だに使える名機だと思う。
2代目の導入に伴い、現在は同僚桑原氏に里子に出した。
彼の元では未だに現役なのである。

余談であるが、八王子近辺以外ではあんまし馴染みのないムラウチ電気
あるタイミングであり得ない価格の放出処分を行う
たしか5000円以上の買い物で送料無料であるので
興味のある方は一度いってみることをオススメする。

2代目はiPAQ 1920
HPから新品で2万を切るPDA、世界最小のPDAが発売されるということで
キャンペーン中に入手。
あまりの大きさの落差に驚いた、と同時にこれぞPDAの大きさであると思った。
アプリケーションに関しては添付のものがないため
WINCEの標準アプリのみ。
カシオペアで大分学習していたのでささっとカスタマイズを済ませる。
小さいのはいいのだが、最初は操作感に大分とまどった。
とくにスタイラスも小さくなっているので俺のように大きい手では
大分もてあましつつ使う必要があって泣けた。
なれるまでに1週間ほど。あとはすばらしく収まりのいいマシンと化した。
メモリが小さいとか通信機能がゼロに等しいとか
HPの冒険のはじまりな機種であった。
小さく持ちやすいのはいいのだが、カスタマイズせんと使えた物ではない
初心者にはあまりお勧め出来ぬどっちかってと
玄人向けの製品かもしれない。
3代目導入に伴いお蔵入り・・・のはずが
社長がPDAをつかってみたいということで貸し出し中。

3代目iPAQ 4100
現在の使用マシン。
1920とさほど変わらぬ外観の割に
内部の強化が大分ほどこされている。メモリは倍増。
内蔵無線LANも無線が主な通信手段な我が家で大分重宝している。
使用感にしても1920と寸分違わぬのだが、無線を調子にのってつかいまくると
速攻電池切れ(3hくらいか、体感では)を起こすという罠も持ち合わせる。
このへんになってくるとアプリに対してのCPUクロックも増大しているので
大分作業などもはかどってくる。
OSはPocketPC2003
手書き機能は昔からCEに標準でつくものだが
PocketPC2003になってからの識別力、ユーザビリティは劇的に変化している
つかったことないぜ、heheという方はだまされたと思って使ってみると良い。
画数の多い漢字入力が多くなればなるほど重宝まちがいなしである。
というわけでひとまずPDAそのもののレビューを簡単ながら書いてみた。
時間があればもっと詳しくやってみたい気がしなくもないんだがなー。

徒然-3

040915_2007~002.jpg
てなわけで毎年恒例の大阪出張いっとります(つД`)
まあ仕事でいったんだが、とりあえず早々に終了させ
岸和田だんじり祭(夜編)を見に行ってみた。
それが上の写真。写り悪くてなにが表現したいかさっぱりだね!ちくしょうめ!

祭りといえば地元にも踊り狂う祭りや
冬場に花火みるとか、けっこうありえないシチュエーションの祭りがあったが
ありゃどうなったんだろ
とうの昔に地元とは縁が切れているとこっちは思っているし
古くからの友人で地元にのこってるやつらが少ないことを考えると
なんか祭りそのものがなくなってんじゃあないか?という風にすら思える。

超有名なだんじり祭だが、なんでも今年は39年ぶりの平日開催とのことなので
例年70万人見込みの観客動員数が今年は50万人程度に減ってしまっているらしい。
出張のために常宿としている岸和田駅前のホテルが
10日前にすでに予約受付終了とあったときに何かおかしいとは感じていたが
実際に見てみるとすさまじい人だかり。
いつもは8時以降閑散としていてそりゃもうストリートファイとの一つや二つ
平気で開催されそうな駅前であるが、今年は全然違う。
ありえないくらい人がいる。とにかく人。まるで人間がゴミのようだ。

祭り自体は夜だったこともあってだんじりに提灯をつけて
ゆっくりひっぱるタイプのものであったが、法被着たいなせなおねーさん方見ているだけで
大分癒された。   はず。

昼間は超高速で進むだんじり、そうとうに修練を積んだ猛者しか
ひっぱることを許されぬらしい。
ビデオ「ザ・だんじり 2003」(定価4500円)を見たが
たしかにすさまじい。
地元の方に聞いたところ、死人もほぼ毎年といっていいほど出るらしい。あたりまえだ。
全力疾走する5メートル立方の物が突然横転、したじきになれば
どんなバッファローマンでも即死だ。

で、戦利品はなにか。
出店で食料は基本として、ゲーム屋を数件回る。
同僚の桑原氏と。プロマシアのフラゲをねらってみたわけだ。なかったけど。
全く無関係のポケモンエメラルドをフラゲする、無駄に4300円の出費(つД`)
桑原氏はなんかくじびきやってた、うまい棒4本となんかプラ製手裏剣。
世界一高級な手裏剣は同僚原口に送られることになった。
というかすでに東京便で送ってしまった。やつが有効活用することを願う。
しかし法被ねーちゃん、いいね!

ふらっと拾いもの

付き合って2ヶ月の彼女に「今日親いないから」って家に呼ばれた。
まだ交わりをかわしてなかった俺は今日がその日だと思った。
彼女の家のあるマンションに着いて、大事なものを用意していないのに気付いた。
運よくマンションの一階に薬局が入ってた。
店主がおっさんだったので気楽にゴムを買えた。
レジでそのおっさんがニヤニヤしながら「兄ちゃん、いまからか?」と聞いてきた。
俺もにやつきながら「今日初H」と答えた。
おっさんは「がんばれよ」とか言って送り出してくれた。
彼女の家に着くなり「ごめんもうすぐ親が帰ってくる」と言われた。
今日はダメか・・と思ったが「とりあえず挨拶だけしていって」ということだったので彼女の親の帰宅を待った。
5分ほどで彼女の父親が帰ってきた。
下の薬局のおやじだった。

iPAQ?

昨今は大変忙しく、日記を綴る暇がまったくなくて(てゆーか今もなんだがね)
書こうとおもっていたことを次々忘れていき軽アルツな状態。
というか話題ふってもらえればありがたいのだなとか思っていたところ
丁度たきたき氏よりiPAQについて教えてとあったので
iPAQについていろいろ暖めていた。これが今朝までの状態。

そして先ほどまあ一段落というか
これ以上連続稼働したらサーバの前に俺が力尽きることを直感したため
本格的にiPAQについて書こうかな、と
その前に白ぺ見ておこうかな、と

そこで見た文字

2004年09月12日
色々とインストール('Д')

・・・・!?
買ってんじゃん。。。リナザウ

とはいえ、書くといってなにもせんのも癪なので
さわった感想とか

↑ここまで書いたとこで
また猛烈にいそがしくなったので
メッセでたきたき氏に八つ当たりを一方的にしたとこで
終了、続きは追々(つД`)

徒然-2

N'sLaboについて考えてみる

私がこのドメインを取ってからすでに5年近くたっているわけだが
その間のメインコンテンツは日記とビマニ
そんでとうとう日記の割合が増えたので
ブログを作るに至ったわけだが。

与えるより与えられた方がはるかに消費がすくない
書き物に対するエネルギーが常に回っているわけでもないのに
こういったものを継続するのは非常に苦痛なんだが
メモみたいなもの、なきゃないで寂しいものがある等の事情があって
細々続けている。

一人称について
「私」とすることが多い。
理由はいくつかあって、最初に俺と使っていた頃
ネット草創期だな
ドリキャスでネットしてた時代くらいに初めてチャットしたんだが
あんまりにもあげっぴろげで痛い自分がそこにいたので封印、若かった。
(というか相手の元暴走族とやらも相当に痛かった)
とかくそのとき以来、ネットにおける自分は他人と一定の距離を保つべきであるとの認識が生まれた。

それとホームページを開設するにあたって
ひいてはそこに書き物をするにあたって
下ネタは極力封印するという努力目標があった。
変な意味で達成されてはいるんだが。
あげっぴろげになるということが自分にとっていかに危険なことであるかをよく認識しているので。

赤裸々ってのは疲れる。
俺が〜とか非常に距離感が曖昧になる感じが自分ではして
それがとても疲労になってしまうんだが、受け取る側はどうなんだろうか?
とか思ってしまう。

かく言うわけでこれからは「私」や「俺」など
なんか統一性の無い一人称でつづることにする。
というか制約設けて物書けるほど文章うまいわけでもなんでもないしな。

下ネタに関して

現在に至るまでN'sLaboでは意図的に下ネタを慎んできた。
書き物としてサイトに人を集めたいならば
やはり下ネタ、日記に頼るのが一番とわかってはいるんだが。
意図的に。と書いたのは
このブログの作者が品行方正な人物でもなんでもない普通の人、
と強調しておくための前置きなんだが。

下ネタに対する判断基準てのは人それぞれではあるとおもうんだが
私の基準から述べさせていただくと

○出し惜しみはしちゃあいけない。

の一言に尽きるのである。
概念的なことが多分に含まれる基準なのでどうともいえないが。
我が相方とも小一時間この話をしたんだが、
理解してもうらには至らなかったことも付け加えておく。

では出し惜しみしない下ネタとはどんなものか
言葉で言い表すことができるのかどうかイマイチ不安だがやってみることにする。
岩本君(仮名)と、菊田君(当然ながら仮名)のケースを例にとってみる。
ちなみに過去までの例で彼らは日記に出演しているわけだが
テキスト書いている最中にアルファベット打ちするのがめんどいということで
新たなるハンドルが与えられることになった。

岩本君はとても下品な男である。
もうね、挨拶が下ネタ。学生時代の友だが、出会ってなじむ前に下ネタ。
下ネタに関する考え方に関してはすでに達観したレベルの思想も持ち合わせていた
まあなんというか端からみればかわいそうな人である。
我が人生で遭遇した変な顔ランキングベスト3に入るほど
ユニークな顔を真顔にして(普段はどこか一点ゆるんでいる)下ネタを発す姿は
なんというか下ネタが人生か人生が下ネタかようわからんレベルなんだが。

菊田君は岩本君よりは理性的な部分を持ち合わせているので下ネタの出し方が対照的である。
なんというか、自分のなかの芸術点に及第した時点で下ネタを吐く。
というか彼の下ネタそのものの回数が少ないので
説明出来る特徴はこんなもんなんだが。

で、俺の下ネタはどんなもんか、結論から言うと菊田君に近い。
いや、タイミングが近いだけで芸術点は及第してないとは思うんだが。
で、昇華できんってのが一番の問題点。
菊田君にも面と向かって言ったことはないが、
この下ネタの昇華って非常に大事な部分なんじゃあないかと。
もう岩本君やら菊田君のおかげさまで異常に下ネタ判定に厳しくなって久しきことこの上ないのだが、
まあ出た結論は普段から隠す部分があるような所があるやつの下ネタってのは
もうなんというか粘っこくて見ていらんない。というか自分にゃできない。
出し惜しみって表現をしたが、これはつまり下ネタを発す人そのものの気質の事を言いたかったのだが、なんか書いているうちに軽く脱線してしまった。

出し惜しみをしない境地に至ってみたいものだ、
さすればもうちょいオモロイ書き方できるのに。

でもな、岩本君
修学旅行で部屋割り一緒になったメンバー全員に腰をくねらせながら
自分の一物を披露するのはどうかと思うぞ。まじで。
あまりの出来事に菊田君が君の尻を渾身の力を込めて殴ったが
それはそれで仕方ない、こっちは実害なかったんで大笑いしていたが。
ケツ抑えながら「俺なんにも悪いことしてないのに(つД`)」って
全く自覚がないのもどうかと思った。

てかやべーくらい疲れているみたいだな。
仕事一時間>煙草(ネタが浮かぶ>消える)>とりあえず書いてみる
で17:00、気づいたら17時になってた、おそるべし。

同僚の妹が結婚するためにお祝いをメールでおくりたいとの相談を受け
軽く職場アンケート「自分の妹分、弟分が結婚したら凹みますか」
やべーまじ疲れてる(つД`)

勢いって大事ですね(´_ゝ`)

040906_1847~001.jpg


むしゃくしゃして買った、今は反省している。

ぽこたん

ぽこたん知らぬ者は以下参照
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1093928693/l50

6955_1.jpg

サルベージ-1 白様の誘い方

57 名前:既にその名前は使われています 投稿日:02/12/21
白様の誘い方
例1)
「拝啓 朝晩の涼しさに秋らしさを感じる今日この頃、白様におかれましては毎晩レベル上げにご精勤の事とお慶び申し上げます。
さてこの度、当方戦ナ獣黒狩平均30最大31はバタリアにてエビ狩り執り行うこととなりまして、是非白様のPT加入をお願いいたしたくtell致しました次第です。
お忙しいところを誠に恐縮ではございますが、どうか前向きにご検討下さりますことを重ねてお願い申し上げます 敬具」

59 名前:既にその名前は使われています 投稿日:02/12/21
白様の誘い方
例2)
拝啓 昨今の暖気でジャグナーの歩木は24日頃が見頃のよし、きたる20日、歩木狩りをかねてレベル上げをやろうかと戦・暗・ナ・黒・赤の諸氏と語らいましたが、白様のご参加があればいっそう喜ばしく存じます。
当日はジュノ上層で22時に落ち合い、徒歩でジャグナーに至りレベル上げ、24時頃やはり徒歩でバタリアを経て25時頃帰京の予定でおります。
上の次第ですから、お差し繰り御同行いただきたく、何分の御返事至急お待ちしています。
取り急ぎ乱文お許しください。
敬具

はりきってみようじゃあないか

熱心に仕事をしていた。
最近は怒濤の如く新システム導入なんで
エンジニアである私も馬車馬の如く働くわけで。
というか、調べ物を黙々とやっていた。

ちなみに日記をまた休んだことと忙しいことは全く関係ない。

一段落したとこで今度は工場側より資料が届いたのでにらめっこ
この辺で肩の痛みが唐辛子の限界に達したので
気分直しにノートのショートカット整理。
普段からデスクトップにアイコンを5個以上だしておく者は
地獄の業火に焼かれる者達だ!を標榜している私は
さほどショートカットおかぬわけだが、ことプログラムファイルが多すぎなので
そっちの整理にとりかかる。

さて、ひさびさに見るプログラムの多いこと多いこと
そういや半年ぶりくらいだなということで
試しにWindowsメッセンジャーを立ち上げる。

いきなりメッセージが入る

たきたき(仮名) さんの発言:
(´,_ゝ`)


ナズェミテルンディス!!!!111!!11!
もうね、心底びびった、てゆーかまじめに仕事しやがれ
てゆーか応答返すなシニチロ!

というわけで雑談に一花咲かせてしまったわけで、
管理者って立場を利用していけないことはしちゃダメだよって教訓に…

話題の中、トラックバックについての話がちと出たので
実験がてら利用させてもらう、
どんなものか非常に興味があったし
ブログについて調べるにつけ
「トラックバックすることにより云々」
なんて記述を山のようにみたしな。
ちなみに彼のページのトピックとはなんの関連性もない。
何事も壮大な実験だ

★サーバ管理について★
IPアドレスかわっちゃうと大変ですね(ノ∀`)
僕も今度から気をつけなくちゃなあ

Profile

image
Synitiro
すでに17年もダラダラ続けていたらしい

New Entries

Comment

Categories

Archives(208)

Link

Search

Login

Free