Hyper-Vマネージャを利用した仮想マシンのNICが芯だ場合の対処について

まず検索用に単語で並べておくか。

Hyper-V マネージャ NIC ネットワーク 仮想マシンから つながらない

いいかなこんな感じで。
もいっこ書いておくか。
Hyper-V 仮想マシン NIC 死亡

症状:
HYPER-V配下にいる仮想マシン>外部へのネットワーク疎通が不能となる。
外部>仮想マシン      ×
仮想マシン>外部      ×
Hyper-Vホスト>仮想マシン ○ (←これのせいで察知が遅れたのは余談)
仮想マシン>Hyper-Vホスト ○

原因:
Hyper-Vホスト側のNICがビジー状態になったと推測

対処:
仮想マシンホスト側のNICを再起動(無効→有効)する。
※仮想マシンネットワーク(仮想用NIC)を再起動しても効果は無い。

本日の今更備忘録

症状1:
ADのレプリケートがどうも不完全(netlogonやらsysvolやらが表示されない等)
症状2:
イベントID:1054
コンピュータ ネットワークためのドメイン コントローラ名を取得できません。(予期しないネットワーク エラーが発生しました。 )。グループ ポリシーの処理は中止されました。

考えられる症状:
DNSがおかすい。

切り分け:
DNSでDCが引けているかどうか
DNSの目視
netdiag

対処:
レプリケート再試行

netdiag /fix(当方はこっちで修復)

Office2010 Beta アンインストールできなかった問題

会社のVISTAにOffice2010 Betaをつっこんでたんだが
気がついたらアンインストールできずに大変がおきてた。
来週使えなくなるわけだし、ダメだこいつ、早くなんとかしないと!状態だったんだが

MicrosoftFixit50450.msi

で解決した。
ひさびさにMSやるなと一瞬おもったのだが
そもそもアンインストールできねえソフトつくんじゃねえよダボが!ってことで
評価取り消し。

…そんで結局製品版インストールしたわけだが。
このページを参照するのが手っ取り早い。
http://support.microsoft.com/kb/290301/ja

【PCトラブル第二話】WZR-G108とアドレス変換とハンナとその姉妹

第二話にして早くもPCじゃないトラブルについて書くことになってしまったが。。。
しかも書いてみたら超長文だった罠。

現在当家ではWZR-G108というルータを使用中である。

もう発売して2年たつ機種だし
まだIEEE802.11nとかなかったのでMIMOというアンテナ二本つかって
通信速度を向上させる技術がのっかっていたりする。使ったことも
対応カードを購入することもついになかったがw

これがどうトラブったか。
静的アドレス変換の操作がうまくいかんのである。

@最近当家に導入されたEM・ONEであるが
Puttyだのqmailだのぶちこんで
接続して遊んでいるわけだが、
当初ルータに阻まれて接続ができないことが多発した。

Aそれと、当家サーバのSTARTSSL、SMTP認証が急にうまくいかなくなった。

B加えて、EM・ONEにて無線LAN機能を試そうと思ったが
これが全然接続できない。
ネットワークキーが違いますと蹴られてしまう。
解法
まず解決した順番から異なるのだが、とりあえず時系列順
Bについて試行
DHCPをとりやめて、ネットワーク設定をすべて静的に設定してみる

ルータの設定画面でアダプタブロックをOFFにしてみる
(超根拠ないが、いじれるところはすべていじってみようという試み)

つながる

ここまでうまくいったのだが、再起動したらまたつながらなくなった。
今度はアダプタブロックをONにしたところつながるようになった。
アダプタブロックをON、OFFするタイミングでうまく繋ぎにいけばいいんだ。

         (ノ゜o゜)ノ

やってらんましぇん。
ちなみにDHCP状態ではどうあがいても接続できなかった。
PocketPC3.1、2002、2003時代はなんら問題ないことだったので可能性順に
1)WindowsMobile5.0とWZRの相性が悪い
2)EM・ONEとWZR相性が悪い
3)AOSSが悪い
あたりかなあと思いつつその日は寝た。

Aについて翌日考えたところ
いろいろ試しても埒があかない。
とりあえずWZRのログに
FIREWALL Access denied from (PHSのIP)to(うちのIP):465
となっているのでアドレス変換できてないっぽいことが分かった。
ちなみに成功する場合は
NAT Access Accepted from (PHSのIP)to(サーバのIP):(ポート)
ってなるはずなのである。
パケットフィルタリングでDNSの応答をスルーするようにしていたので
これをTCP、UDPの分で2個削除してみる。
というか静的アドレス変換通しているのにパケットフィルタリングでも通すって
昔の私は何を考えていたのだ。というか昔も業を煮やしたんだろうな、とか思いつつ
接続してみたが、つながらない。
ここで全然別方向からアプローチ
現在当家ではBfletsを利用していて、ルータには
PPPoEマルチセッションでプロバイダとフレッツスクウェア
両方接続できるようにしてある。
ログにはもちろんでてこないが、もしかしたらフレッツスクウェア設定が
悪さしてるんじゃないかすら?ってことで削除してみたらビンゴ。

             (ノ゜o゜)ノ

接続できるようにはなったのだが、なにか釈然としねえ。とりあえず寝る。

翌日@について悩んだ。
EM・ONEからどうしてもSSH接続したい。
したところでなにがどう変わるわけでもなんでもないんだけど、
とにかくいじりたい、楽しみたい。
ついでにいうと外側からmysqlもいじれるようになりたい。是非。
SSHは22番追加するだけですぐにすんだのだが
mysqlがどうしてもつながらない、ガッデム
我が家の静的アドレス変換は
HTTP
ftp(20-21)
IMAP4(993)
SSL(443)
SMTP(465)
DNS(TCP53)
DNS(UDP53)
DNS(59445)
FTP(pasv60000-60031)
SSH
だった。ここに書き足すだけなのだ、なのにつながらない。
で、謎な59445というポートを削ってみたら
正常に動作するようになった。
どうもWZRのアドレス変換テーブルは
処理できる数に限界があるらすい。

            (ノ゜o゜)ノ

そろそろ買い換えるべきなんかのう・・・(つД`)

【PCトラブル第一話】office2007(ノ゜o゜)ノ

職業が職業なだけに今までこの類のエントリがなかったのが不思議なんだが
とりあえず作ってみた、今更。
整備士の肩書きあんだし、自己アーカイブはいるよな・・・

さて第一回目はoffice2007 文字化け
こやつはVistaネイティブ対応の初officeなんだが
もちろんXPなどにもインスツールは可能である。
そんで、とりあえずテストとしてフルインストールしてみた。
あくまでテストとして。

結果
・Shuriken2007がビューワ以外文字化け
・ieのツールバー系全文字化け

・・・とりあえず操作試す前に他が死にました。
とりいそぎofficeアンインストールするも、治らず

いろいろ漁ってみるが芳しい情報もでてこない。
とりあえず
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20070312/264548/?ST=vistaの話あたりがあやしいなとニラんでみる。
わりととてつもない検証になりそうだったんで
とりあえずシステムフォントがいかれたことを立脚点にしようとおもったんだが
デスクトップとかは無事だし、
真相はとりあえず闇の中である。

結局どうしたかというと
検証につかったVAIOさんをリカバリ。
リカバリ後にこりずに検証したところ
office共有ツールのフォント関連を全くインストールしないことで
状況は回避できることが分かった。やっぱフォントじゃねえか(ノ゜o゜)ノ

とりあえずの対処はできたのだが、またいやなソフト作ったモンだM社

まったく余談なのだがFFXIでノートのキャラに装備あずけたまま
リカバリを開始して今日はなんもできんかった。
リカバリ後にまた納得できない部分が発生したので再度リカバリ。死ねと?
ただofficeツールに来てるフォントを選択しないだけでなく
「インターナショナルサポート」そのものもインストールしてはいけない。
つーか罠ありすぐる

さらに後日談
26時間の格闘の末、治すことに成功した。
やったこと概要
レジストリいじってシステムフォントが抜ける用にする。
(わすの場合はメイリオをシステムフォントにした)
再起動

システムフォントをofficeインスコ前の状態に差し替え
(XPが複数あったので何ら問題なし)

レジストリでシステムフォントを治す
再起動

書くとたった3つの出来事なんだが、行き着くまでと
作業内容がものすごい、もうやりたくねえ(つД`)
しかしレジストリはまとめた。

Profile

image
Synitiro
すでに17年もダラダラ続けていたらしい

New Entries

Comment

Categories

Archives(208)

Link

Search

Login

Free